レンズ千夜一夜

<   2016年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1700 こんな風に生きたい!(大台に乗った記念はやはりホロゴンで飾る)



b0226423_2256791.jpg







千夜一夜もレンズ談義を続けたい、
そんな野望に燃えて始めたこのブログ、
気がついたら、とっくの昔に千夜一夜を通り越し、
ついに1700夜を迎えてしまいました。
千夜一夜目は、次の記事です。

   1001 道(レンズ千夜一夜の最高の語り手はやっぱりホロゴン)
      (http://shasindbad.exblog.jp/22473961/)
            by Sha-Sindbad | 2014-04-19 21:21

2年8ヶ月ちょっとかかったわけです。
前回は岩に切り込まれた階段道でした。

今回は竹の根っこの写真にしました。
もちろん、ホロゴン15㎜F8Uで撮った写真です。
カメラはソニーα7。

こんなにびっしりと根を生やして、
大地をしっかりとつかんでいるのです。
竹のしたたかさが分かります。
私もこんな竹になりたい。

たった一つの趣味が旅でした。
ところが、老母が寝たきりになって、旅に行けなくなりました。
今では、私にはなんの楽しみもありません。
そんな方だっているかも知れません。
私にだって、似たようなことが起こるかもしれない。
私自身が寝たきりになるかもしれない。
どんなことが起こっても、私は自分の人生を生きたい!
自分の人生を楽しみたい。
そのためには、沢山の根っこをこの大地に伸ばしておきたい。
この竹を見つけた途端、私が思ったのはそのことでした。

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドが書いていました、
人生のあらゆる瞬間のあらゆることを生き甲斐にしよう。
文字通りすべての生きる行為に生き甲斐を感じよう。

この根っこを見つめているうちに、
ホワイトヘッドが考えていたことはこんなことなんだな、
そう納得できた感じ。

隠退してから、ちょっとそれに近くになりつつあります。
生活のあらゆる場面に重要性の差がなくなりつつあります。
「これを急いでやり終えて、あれをしなくちゃ」
そんな焦りを感じることがほとんどない。

たとえば、ブログを写真倉庫にしよう、そう考えて始めたのですが、
掲載したいのに、順番が来ない写真が数えきれないほど貯まっています。
現在のスピードは、本ブログも別ブログ「わが友ホロゴン」も1日1記事。
別ブログなんか一頃は1日に8記事も10記事も投稿していました。
でも、焦りはなくなりました。
ほかにも沢山したいことがあるんだから、まあ、これ位でいいじゃない?
そんなスタンス。

根っこが少しずつ増えている、ということであれば、よいのですが...
by Sha-Sindbad | 2016-12-27 23:01 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1697 バス道(クセノン50㎜F2.8なら何気ない光景でもキラリと輝き)



よく考えてみると、今日はクリスマスだったのですね。
でも、もっとよく考えてみると、クリスチャンじゃない私に、
クリスマスって、何なのでしょうね。
というわけで、庭の草刈り、整理をしました。

実は夫婦とも庭いじりが大嫌い。
そんなことをしている暇はない。
それなのに、一戸建ちをなんで手に入れた?
アパートが嫌いで、生涯、避け続けてきたからです。
理由は実に簡単、
騒音一家なので、なんの気兼ねもなく騒音を出したいから。
庭の草花、植木に丹誠を込めるなんて、はなから考えていない。

よく言われることがあります、
家のたたずまいを見れば、住民の人柄が分かる。
そうなでしょう。
でも、それで分かる人柄なんて、私にはなんの関係もない、
私はそう確信しているので、はなから無視。

だって、私がロボグラフィに何十年も夢中なんてことが
外から分かります?
まして、使うのはホロゴンだ、とか、
愛用レンズはホロゴンばかりじゃなくて、
とっかえひっかえ可愛いレンズたちで楽しんでいるなんて、
分かりますかねえ?
私がなにを愛し、なにを憎むか、わかりますか?

ということで、今回も気兼ねなく、ソニーα7を持ち出し、
クセノン50㎜F2.8をいつものバス道撮影に使いました。
いいですねえ..................





b0226423_23271021.jpg
b0226423_23265399.jpg
b0226423_23264680.jpg
b0226423_23261429.jpg
b0226423_23244189.jpg
b0226423_23243478.jpg
b0226423_23242853.jpg
b0226423_23242140.jpg
b0226423_23241558.jpg
b0226423_23233054.jpg
b0226423_2323225.jpg
b0226423_23231529.jpg
b0226423_2323847.jpg
b0226423_23221327.jpg
b0226423_2322371.jpg
b0226423_23215658.jpg
b0226423_23214985.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-25 23:19 | Xenon50/2.8 | Comments(0)

1695 加美下町(アポクロマート18㎜F2は雨上がりに生き生きと反応し)

2016年12月23日金曜日、
長女の家を訪ねて、長女一家とクリスマスパーティ。
私は朝早く訪れて、長女と孫プリンセスが、
「お母さんと一緒」のクリスマスショーに出かけるのを見送り、
風邪で微熱のある孫プリンスと留守番。

午前11時40分、プリンス、ぽつりと、
「お腹空いた」
5歳になったばかりの孫を残して、私一人、コンビニへ。
セブン・イレブンでしたか?
昼食のコーナーが充実しています。
電子レンジで加熱するタイプで、その仕上がりはかなり自然。
量も多いのがありがたい。
孫用には、シンプルなおうどん、私用には、チャンポン。

その往還約8分に40枚ばかり撮影。
Olympus EP-L1
アポクロマート18㎜F2
キノプティックの精彩あふれる超高画質のCマウントレンズ。
そもそもボケレンズを好む私の趣味から少しはずれています。
でも、ロボグラフィとしては意図通りの仕上げを見せてくれます。
だから、保有レンズ中屈指の回数、
34回も本ブログの記事となっています。

孫が待っていますので、すべてヒットエンドラン。
こんなときは余計に乗りよく撮影できます。
曇天なので余計にコントラストよく締まりのある画像。
使えば使うほど、キノプティックの名に恥じないレンズ、
そう納得させられてしまいます。





b0226423_1242065.jpg
b0226423_1241413.jpg
b0226423_124875.jpg
b0226423_124285.jpg
b0226423_1235664.jpg
b0226423_1234946.jpg
b0226423_123434.jpg
b0226423_1233737.jpg
b0226423_1232357.jpg
b0226423_1231735.jpg
b0226423_1231016.jpg
b0226423_12341.jpg
b0226423_1225787.jpg
b0226423_1224734.jpg
b0226423_1224035.jpg
b0226423_1223320.jpg
b0226423_1222689.jpg
b0226423_1222024.jpg
b0226423_122139.jpg
b0226423_1226100.jpg
b0226423_122175.jpg
b0226423_1215413.jpg
b0226423_1214626.jpg
b0226423_1213792.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-24 01:26 | Apochromat18/2 | Comments(0)

1694 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 3



グレン・グールドを絶えず聴いています。
近頃、ダヴィッド・フレイというピアニストが台頭しているようです。
絢爛たる演奏をできる人です。
じゃ、グレン・グールドを凌駕するだろうか?
おあいにく様。
無理なんじゃないでしょうか?
凄いテクニックなんだけど、まるで現代のレンズそっくりなのです。
圧倒的な表現力を持ちながら、どこか行き過ぎの感があって、
心に全然響いて来ない。

でも、彼のインタビューをネットで読みました。
「ピアニストというのは過酷な仕事なんだよね。
作品は膨大な数が存在するし、
練習は日々何時間も行わなくてはならない。
偉大な作曲家にはどうやったって勝てない。
ぼくは天才ではないから、
無意識に何でも弾けてしまう人とは異なり、
ひたすら作品に近づく努力をしなければならない。
だけど、あきらめずに練習を続けることで、
作曲家に対していつも敗者だと感じている自分が、
いつの日か勝者に値する演奏ができると感じる瞬間が
訪れることだってある。その瞬間がうれしくて、
ピアニストを続けているようなもんさ(笑)」

「ひとつの作品を長年に渡って必死で練習し、
ようやく自分の手の内に入ったなという感触をつかみ、
すごくうれしくなったとするでしょ。
でも、次の日になったら、
まだ階段の一番下にいると感じさせられるんだ。
偉大な作品に近づくのはそれだけ難しいということ」

なんだか、写真と一緒ですね。
この人もがんばってるんだなあ。
なんだかちょっと好きになりました。
パンタッカー50㎜F2.3に、ちょっと性格が似ているからです。

ホロゴン15㎜F8はまさに天才中の天才レンズ。
パンタッカー50㎜F2.3は黙々と仕事をしてきた、
そんな積み上げの性格を持つレンズです。
でも、どんな状況でも頑張ってくれます。
あっと驚く切れ味なんかありませんが、
なんとも言えず味わいがにじみ出てきます。
やっぱり私にとっては、ホロゴンに次ぐ、愛しのレンズ。





b0226423_16425868.jpg
b0226423_16425184.jpg
b0226423_16424331.jpg
b0226423_1642359.jpg
b0226423_16422624.jpg
b0226423_16422030.jpg
b0226423_16421430.jpg
b0226423_1642885.jpg
b0226423_1642297.jpg
b0226423_16415615.jpg
b0226423_16414951.jpg
b0226423_16414350.jpg
b0226423_16413863.jpg
b0226423_16413230.jpg
b0226423_16412792.jpg
b0226423_16412181.jpg
b0226423_16411547.jpg
b0226423_1641896.jpg
b0226423_1641144.jpg
b0226423_1640556.jpg
b0226423_16404795.jpg
b0226423_16404266.jpg
b0226423_16403694.jpg
b0226423_16403221.jpg
b0226423_16402640.jpg
b0226423_16401925.jpg
b0226423_16401159.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-21 17:23 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(0)

1693 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 2



ライカM9をも一度使いたくなった理由は、
画像をご覧頂ければ、お分かりでしょう。
ソニーα7の画像よりもずっと銀塩画質に近い。
そして、画像に厚みがある。
シノゴノいわずに、大阪加美のロボグラフィたちの続き、
ざらっと並べてみましょう。




b0226423_16501725.jpg
b0226423_16501050.jpg
b0226423_16495763.jpg
b0226423_16495070.jpg
b0226423_16494230.jpg
b0226423_16493522.jpg
b0226423_16492882.jpg
b0226423_16492127.jpg
b0226423_16482524.jpg
b0226423_16481088.jpg
b0226423_164837.jpg
b0226423_16475680.jpg
b0226423_16475061.jpg
b0226423_1647444.jpg
b0226423_16473712.jpg
b0226423_16473173.jpg
b0226423_16472234.jpg
b0226423_16471666.jpg
b0226423_1647138.jpg
b0226423_16465369.jpg
b0226423_16464074.jpg
b0226423_16463436.jpg
b0226423_16462734.jpg
b0226423_1646212.jpg
b0226423_16461412.jpg
b0226423_1646710.jpg
b0226423_1646299.jpg
b0226423_16455444.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-20 17:00 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(2)

1692 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 1

長い間、ライカM9をカメラ防湿庫に寝かせていました。
友人からは、私が生活に困っているのを見るに見かねたのでしょう、
「ライカM9、使っていないなら、売ったらどうですか?」
私もちょっとぐらっと来ました。
ソニーα7ばかり使って来たからです。
なぜ?
ホロゴン15㎜F8がすんなり使えるからです。
ライカM9には、どうやら細工をしないと、付かない。
そのうえ、ソニーα7にはヘリコイド付きMマウントアダプタが使えて、
超接近できて、すべてのレンズを超近接で使える!

でも、一つだけ、ライカM9には美点があります。
画像の質がかなり高い。

でも、売りたくもある。
なぜ?
もちろん、生活に困っているから!

じゃ、売る前に、一度だけ使ってみよう、そう考えました。
孫の家に用があり、大阪加美に出かけました。
手提げ袋2杯分、差し入れの食べ物を運んだのです。
一家は全員仕事と保育園に出払って留守。
「押し込み強盗」ならぬ「押し込みペペ」
(我が家では、「おじいちゃん」「おばあちゃん」は禁句。
なぜって、おじいちゃん、おばあちゃんではないから!)
用を済ませてから、肩の荷を降ろして(文字通り)、
カメラを取り出し、半時間ほど撮影しました。

ライカM9
パンタッカー50㎜F2.3

131枚撮って、売るのはやめました。
3回に分けて、90枚ちょっとご覧頂きましょう。
銀塩ライカのことを忘れれば、
使い心地はソニーα7を遥かにしのぎます。
ライブビューは使えないけど、
ファインダーの二重像でピント合わせは楽しい。
画像は文句無し、2段は上。
でも、ファインダーでのピント合わせがうまくいっていないのも。
これは追々慣れることで対処できます。
ソニーα7と交互に使いましょう。





b0226423_14463378.jpg
b0226423_14453613.jpg
b0226423_14452918.jpg
b0226423_14452380.jpg
b0226423_14451416.jpg
b0226423_1445812.jpg
b0226423_1445119.jpg
b0226423_14445498.jpg
b0226423_14434789.jpg
b0226423_14433845.jpg
b0226423_14433113.jpg
b0226423_14432442.jpg
b0226423_14431897.jpg
b0226423_14431189.jpg
b0226423_1443449.jpg
b0226423_14425844.jpg
b0226423_14425117.jpg
b0226423_14423863.jpg
b0226423_14423064.jpg
b0226423_14422568.jpg
b0226423_14421814.jpg
b0226423_14421179.jpg
b0226423_1442256.jpg
b0226423_14415554.jpg
b0226423_14414961.jpg
b0226423_14414283.jpg
b0226423_14413658.jpg
b0226423_14412914.jpg
b0226423_14412133.jpg
b0226423_14411438.jpg
b0226423_1441686.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-20 01:16 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(0)

1691 西大寺(ピザール26mmF1.9は暮れ方でも疲れたりせず、しっかり働き)

「二兎を追うものは一兎も得ず」

昔の人は偉かった。
大切なことを一言で言ってのけるのですから。
昔の人、とくに中国古代の人たちは、
簡潔な言葉でずばり真実を射抜く言葉を数えきれないほど残してくれました。

日本は、第二次世界大戦後、ローマ字化を考えたことがあったそうです。
よくぞ思いとどまってくれました。
ローマ字化していたら、「源地物語」も「万葉集」も、
その他の国民の遺産もほとんどがいつか消え去ってしまったでしょう。
そして、中国の古典の名言も私たちの脳裏に刻まれなくなったでしょう。
おっと、また、脱線。

私が言いたかったことはこうです、
「三兎を追うものは一兎しか得ず」

毎月第2、第2月曜日は午前午後の揚琴レッスンと、
その合間に挟まれた3時間を活用してのロボグラフィタイムと、
三本立てを楽しんできました。
11月28日の第1時限の付虹先生のレッスンはかなり快調でした。
でも、第3時限の陳少林先生の二胡に揚琴伴奏するレッスンのとき、
10年来暗譜でやってきた曲の途中で、ふっと手が止まってしまいました。
近頃、付虹先生の揚琴独奏曲がちょっと高度になってきたせいで、
第3時限の方は2週間全然復習していなかったからでしょう。
(けっして歳を取ったせいだなんて、認めませぬ)
翌日だったか、陳少林先生に、別の日の午前中に変更をお願いしました。
空き時間がなくて、空席待ちとなりました。

そこで、ちょっと真面目に反省しました。
お昼の空き時間に、大阪西九条駅界隈のロボグラフィ撮影を1時間続けた、
これがどうやら直接疲れの原因になったらしい。
そこで、12月12日は、作戦変更。
実質2本立てになるよう、写真の比率を大幅に減少しました。
西九条の撮影を駅近くの喫茶店と駅との往復だけの約10分に留めたのです。
それが前回の西九条シリーズ。

西大寺でも、駅喫茶店でしばらく休み(と言っても、ポメラで書きまくり)、
撮影はレッスン後駅へ帰る時間だけに止めました。
おかげで、陳少林先生の伴奏曲はどれもこれも空前の出来になりました
(自分で言っているのですから、間違いがない)。
これに気分を良くして、YMCAの教室からの帰りの撮影は好調でした。
暮れ方になっても、ピザール26mmF1.9は絶好調でした。
ケルン社のレンズらしく、悪条件でもしっかりと輝いてくれます。
もっとも現代風の輝きではありません。
私好みの輝き方。





b0226423_21581441.jpg
b0226423_215881.jpg
b0226423_2158181.jpg
b0226423_21575348.jpg
b0226423_2157438.jpg
b0226423_21573468.jpg
b0226423_21572840.jpg
b0226423_21572060.jpg
b0226423_21571359.jpg
b0226423_2157589.jpg
b0226423_21565715.jpg
b0226423_21565077.jpg
b0226423_2156437.jpg
b0226423_21563653.jpg
b0226423_21562870.jpg
b0226423_21562131.jpg
b0226423_2142251.jpg
b0226423_21413157.jpg
b0226423_2140813.jpg
b0226423_2140192.jpg
b0226423_21385915.jpg
b0226423_2138538.jpg
b0226423_21384558.jpg
b0226423_21383689.jpg
b0226423_21374389.jpg
b0226423_21373638.jpg
b0226423_21372912.jpg
b0226423_21371975.jpg
b0226423_21371177.jpg
b0226423_2137135.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-18 22:33 | Pizar26/1.9 | Comments(0)