レンズ千夜一夜

<   2016年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1681 西九条(晴々とした気分のときにはクセノン50mmF2.8を持ち出そう)


レチナⅡCに付いていたクセノン50mmF2.8、
日沖宗弘さんが絶賛をしていたレンズですね。

ウィキペディアにこんな記載を見つけました。

「自分の研究のために絵巻物や仏教遺跡を撮影したり、
友人の仏像研究調査のカメラマンを引き受けたりしている中で、
日本製一眼レフカメラでは、
艶、凹凸、木目、丸み、品位や風格が写らないことに失望していたところ、
父が昔作成した自身のアルバムの
ある一定期間の写真のコントラストが高いことに気がつき、
父に聞いてその時期使っていたというレチナを使用して
その写真の美しさに感激したのがレンズにこだわる最初だったという。」

日沖さんの本の記載を見落したのでしょう。
そんなこととは知りませんでした。
父親が使っていたのがクセノン50mmF2.8そのものだったかどうか、
それは分かりませんが、私の記憶では、レチナのレンズの中では、
このレンズを評価しておられたようです。

もともと、クラシックレンズで写真を始めたのですが、
日沖さんのお陰で、レチナを入手し、
これがきっかけでずぶずぶと泥沼にはまり込んだようなものです。

このクセノンを使い始めた当初から、
私の印象では、輝く色、とくに赤の発色の良さと、
水際立った切れ味が特徴でした。
今、使っても、やっぱりそうですね。




b0226423_18144763.jpg
b0226423_18143757.jpg
b0226423_18142817.jpg
b0226423_18142210.jpg
b0226423_18141440.jpg
b0226423_1814334.jpg
b0226423_18135233.jpg
b0226423_18134448.jpg
b0226423_18133627.jpg
b0226423_1813559.jpg
b0226423_18125759.jpg
b0226423_18124961.jpg
b0226423_18124215.jpg
b0226423_18123515.jpg
b0226423_18122754.jpg
b0226423_18121888.jpg
b0226423_1812913.jpg
b0226423_181222.jpg
b0226423_18115447.jpg
b0226423_18114753.jpg
b0226423_18114039.jpg
b0226423_18113349.jpg
b0226423_18112574.jpg
b0226423_18111548.jpg
b0226423_1811767.jpg
b0226423_1810575.jpg
b0226423_18105072.jpg
b0226423_1810431.jpg
b0226423_18103745.jpg
b0226423_18103042.jpg
b0226423_18102370.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-30 19:04 | Xenon50/2.8 | Comments(0)

1680 国立文楽劇場(マクロスイター26㎜f1.1をバッグに忍ばせて)

私は30年来の文楽ファンとして生きてきたのですが、
その大半を蓑助の神業のような人形遣いに目が釘付け。
蓑助が引退したら、文楽鑑賞はお仕舞い、そう決めています。
妻と一緒に蓑助に会いに行った際、
国立文楽劇場の内外で17枚撮りました。
カメラはオリンパスEP-L1。
レンズはマクロスイター26㎜f1.1。
全部ご覧下さい。
ケルンのレンズらしい、ほんのりとした温かさが身上。





b0226423_1782575.jpg
b0226423_1781646.jpg
b0226423_178959.jpg
b0226423_178282.jpg
b0226423_1775385.jpg
b0226423_1751883.jpg
b0226423_175770.jpg
b0226423_1744268.jpg
b0226423_1743458.jpg
b0226423_1742857.jpg
b0226423_174971.jpg
b0226423_174221.jpg
b0226423_1735612.jpg
b0226423_1734816.jpg
b0226423_1734144.jpg
b0226423_1733285.jpg
b0226423_1732361.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-29 18:00 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1682 道すがら(スーパーシックス25mmF1.9は雨模様が似合っているかも)


スーパーシックス25mmF1.9をebayで超廉価で落札できたとき、
私が思ったのは、もしかすると、これはスーパーシックスじゃないのかも?
そうでなきゃ、落札できるわけがない。
撮ってみて、その画像をチェックしてみて、
確信することができました。
確かに手に入れることができたんだ!
そんな証拠写真を並べてみましょう。
カメラはソニーNEX-5。
ご覧下さい。





b0226423_21524047.jpg
b0226423_2152324.jpg
b0226423_21522680.jpg
b0226423_21521352.jpg
b0226423_2152057.jpg
b0226423_2151547.jpg
b0226423_21514390.jpg
b0226423_21513057.jpg
b0226423_2151234.jpg
b0226423_21511263.jpg
b0226423_2151539.jpg
b0226423_21504280.jpg
b0226423_21503591.jpg
b0226423_21502551.jpg
b0226423_21501791.jpg
b0226423_2150982.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-28 22:35 | SuperSix25/1.9 | Comments(0)

1681 夢かうつつか?(ゾンネタールウルトラソフト50mmF1.1なら、巷にファンタジーが)

現代の稀代のレンズ制作者である宮崎貞安さんがお作りになったレンズたち、
その多くを使わせていただき、かなり所有していますが、
その中で押しも押されもしない白眉と言えば、やっぱり、

ゾンネタールウルトラソフト50mmF1.1。

ソフト仕様ではないゾンネタール50mmF1.1も使います。
でも、やっぱりソフトはスペシャル。
背景のぼけ方が尋常ではないからです。

そんなゾンネタールウルトラソフトが活躍した日、
私は幸せでした。






b0226423_23245024.jpg
b0226423_23244327.jpg
b0226423_23243513.jpg
b0226423_23242818.jpg
b0226423_23242022.jpg
b0226423_23241338.jpg
b0226423_2324615.jpg
b0226423_23235852.jpg
b0226423_23235210.jpg
b0226423_23234396.jpg
b0226423_23233635.jpg
b0226423_23233024.jpg
b0226423_23232315.jpg
b0226423_23231757.jpg
b0226423_2323107.jpg
b0226423_2323353.jpg
b0226423_2322487.jpg
b0226423_2322422.jpg
b0226423_23223494.jpg
b0226423_23222737.jpg
b0226423_23222026.jpg
b0226423_23221453.jpg
b0226423_2322792.jpg
b0226423_2322027.jpg
b0226423_23215370.jpg
b0226423_23214691.jpg
b0226423_23214026.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-26 23:57 | SonnetarS50mmF1.1 | Comments(0)

1680 王寺付近で(アポクロマート18㎜F2はちょっとビルトゥウォーゾ)

クラシック音楽界の痛恨の出来事、
そう言えば、思い出すのは誰のことでしょう?
私にとっては、「一も二もなく」じゃなくて、「一と二とあって」、

  ジャクリーヌ・デュ・プレがたった28歳で多発性硬化症により隠退したこと、
  そして、グレン・グールドがたった50歳で脳卒中により没したこと。

どちらを一とするかは、私には絶対に決めたくないことなのですが、
一つ、よりどころがあります。
グールドの演奏をYouTubeで見ても、感嘆するばかりですが、
ジャクリーヌ・デュ・プレの演奏を見ると、涙がこみ上げてきます。
グールドは期するところがあったのでしょうか?
彼を一躍世界的ピアニストに押し上げたバッハの「ゴールドベルク変奏曲」を、
死の直前に最録音することで、ある意味では、彼は運命の円環を自ら閉じた、
そんな気配が感じられるのに対して、
ジャクリーヌ・デュ・プレはまさにこれからどこまで大成するか分からない、
昇り龍が突然翼を奪われたかのようで、かの喪失感は限りがないからです。
でも、それはそれとして、この二人を見ていると、いつも、
わき起こるのは、人間の可能性の大きさに驚愕する思い。

なぜこんなことを書いているのか?
実は、今回の記事の写真の投稿手順を延々と続けている間、
私は、ジャクリーヌ・デュ・プレと夫バレンボイムによる、
ベートーヴェンのピアノソナタ第三番を聞いていたのです。

デュ・プレとグールドの演奏を聴く度に思ってしまいます、
「天才!」
一方、バレンボイムのピアノ演奏を見る度に思うのは、
「ヴィルトゥオーソ!」なのです。

ウィキペディアによれば、
「ヴィルトゥオーソとは、
演奏の格別な技巧や能力によって達人の域に達した、
超一流の 演奏家を意味する英語からの借用語。」
バレンボイムはそのヴィルトゥオーソそのものと言いたいほどに、
間然するところのない名演を超絶技巧によって繰り広げます。
でも、なぜか、この人を愛することはできない。
ピアノには、そんなヴィルトゥオーソが目白押し。
コルトー、ルービンシュタイン、ホロヴィッツ、バックハウス、
みんなそうです。
偉大な演奏家です。
でも、なぜか、愛せない。

私にとっては、この愛せるということが絶対条件なのです。
たとえば、マリア・カラスは愛せるけど、現代の大ソプラノたちは愛せない。
チェ・ジウは愛せるけど、イ・ヨンエは愛せない。
ディ・ステファノは愛せるけど、三大テナーの皆さん、
とくにドミンゴは愛せない。
マリリン・モンロー、イングリッド・バーグマン、原節子さんは愛せるけど、
現代の大スターたちは誰も愛せない。
私が古いからじゃありません。
たとえば、チェリストにして指揮者のハンナ・チャンは愛せる。
千住真理子さんも愛しますが、
他の日本のヴァイオリニストは数人コンサートで会えましたが、愛せません。
基準も根拠もなにもありません。
どうしようもなく、そうなのですから。

ここまで読んで来た方がおいでになるとして、
じりじりし始めておられるでしょう、

  「一体、なにを言いたいんだ!?
  それとレンズとどう関係するんだ!」

というのは、今回のレンズでこのヴィルトゥオーゾを思い出したのです。
アポクロマート18㎜F2
まさに間然するところのない見事な描写、レンズ性能です。
私がもっているレンズの中では、コンタレックスのレンズ群と、
キノプティックのアポクロマートたちに共通する特質です。

これらのレンズたちの写真は、常に、圧倒的な印象を伴います。
まさにヴィルトゥオーゾ!
でも、ああ、愛せない!
それなのに、目が離せない。
どうしてこんなに見事な描写になるんだろう?

アポクロマート100㎜F2ははるか昔に売り飛ばしてしまいました。
今、当時の何倍もの高値を呼んでいるようです。
それでも、後悔していません。
この18㎜F2はまだ売り飛ばしたいとは思わないのが不思議です。
レンズの風貌にとても卓抜で颯爽とした感じがあるからでしょうか?
でも、やっぱり、愛せませんねえ..............





b0226423_23302821.jpg
b0226423_23302265.jpg
b0226423_23301310.jpg
b0226423_2330656.jpg
b0226423_23295996.jpg
b0226423_23295272.jpg
b0226423_232945100.jpg
b0226423_23294087.jpg
b0226423_2329332.jpg
b0226423_23292798.jpg
b0226423_23292186.jpg
b0226423_2329237.jpg
b0226423_23285643.jpg
b0226423_23284885.jpg
b0226423_23284144.jpg
b0226423_23283464.jpg
b0226423_23282864.jpg
b0226423_23281877.jpg
b0226423_23281277.jpg
b0226423_2328523.jpg
b0226423_23275911.jpg
b0226423_23275271.jpg
b0226423_2327432.jpg
b0226423_23273667.jpg
b0226423_23273050.jpg
b0226423_2327236.jpg
b0226423_23271620.jpg
b0226423_23271034.jpg
b0226423_2327364.jpg
b0226423_23265671.jpg
b0226423_23264813.jpg
b0226423_23264050.jpg
b0226423_23263137.jpg
b0226423_23262344.jpg
b0226423_23261469.jpg
b0226423_2326623.jpg
b0226423_2326073.jpg
b0226423_23255155.jpg
b0226423_23254369.jpg
b0226423_2325341.jpg
b0226423_23251683.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-24 23:56 | Apochromat18/2 | Comments(0)

1679 天神橋筋商店街(アポクアリア28mmF2はほんとに28㎜なんだろうか?)



28㎜という焦点距離は、昔は超広角として、
ベテランでも使いこなしが難しいレンズでした。
今では、私のようなド素人でも15㎜超広角を楽しんでいるのですから、
今では、28㎜は、50㎜、35㎜に継いで、汎用性の高い常用レンズ。
時代は変わるものです。

もっとも、かなりの写真家はズームを常用しているので、
そんな焦点距離なんか意識していないかも?
とにかく28㎜は普通のレンズになってしまいました。

でも、たいていの場合、F5.6、F8辺りに絞り込んで、
パンフォーカスで使うのが常道となっているレンズです。
28㎜使いの写真家でも、
アポクアリア28mmF2の写真が28㎜だとは気づかないかも?

ついでですが、路地に張り出された昔の歌手たち、
きれいだったのですねえ。
というより、彼女たちを見て、きれいだなあ、とうっとりし、
現代の美女たちには、わっ、近寄りたくない、と後ずさりする私は、
時代遅れなのでしょうねえ...........?





b0226423_11541048.jpg
b0226423_115411.jpg
b0226423_11535367.jpg
b0226423_11533753.jpg
b0226423_11533165.jpg
b0226423_11532438.jpg
b0226423_11531819.jpg
b0226423_11531262.jpg
b0226423_1153781.jpg
b0226423_11525953.jpg
b0226423_11525277.jpg
b0226423_11524657.jpg
b0226423_11523929.jpg
b0226423_11523285.jpg
b0226423_11522419.jpg
b0226423_11521925.jpg
b0226423_11521285.jpg
b0226423_1152570.jpg
b0226423_11515887.jpg
b0226423_11515167.jpg
b0226423_1151455.jpg
b0226423_11513878.jpg
b0226423_11513270.jpg
b0226423_11512688.jpg
b0226423_11511874.jpg
b0226423_11511211.jpg
b0226423_1151641.jpg
b0226423_11505945.jpg
b0226423_11504893.jpg
b0226423_11504016.jpg
b0226423_11503358.jpg
b0226423_11502310.jpg
b0226423_11501637.jpg
b0226423_1150057.jpg
b0226423_11495392.jpg
b0226423_11494482.jpg
b0226423_1150836.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-23 13:43 | Apoquaria28/2 | Comments(0)

1678 梅田路地裏(キノプラズマート19㎜F1.5ならメタモルフォーゼはお任せ)Part 2




犬や猫と一緒に生活されたことがありますか?
それぞれに性格があって、みんな個性的です。

ときおり、同じ名前を歴代付け続ける人がおいでですが、
とても疑問に思いますね。
それじゃ、記憶がごっちゃになりませんか?
個性が違い、名前が違うから、いつまでも記憶できます。

私も子供の頃一緒に過ごした犬たちを今でも覚えています。
この25年間に我が家で暮らした猫たちのことなら、
全員、いきいきとその姿も振る舞いも個性も癖も思い出します。

レンズもそっくり同じですね。
みんな個性があり、それぞれにまったく違います。

そして、レンズの使い方も人によってまるで違いますね。
リアルに正確に撮れたら、それでよい、そう考えて、
精密描写一点張りでお気に入りのレンズを使い続ける方もいます。
ビジネスで使うのであれば、それは当然かも知れません。
自分の個性を大切にする写真家の場合は、
ご自分の個性を遺憾なく描き出してくれるレンズにこだわるでしょう。
それも当然。

写真で自己を表現したいなんてまったく考えず、
写真で人生を楽しみたいと考えている私は、
沢山のレンズたちの個性を味わう生活をエンジョイしたい。
みんな独特なのですから。

でも、あらかじめ白状しておきますが、
写真を観ただけで、「あ、これはズミクロン50㎜F2だね」なんて見抜く、
そんな力はぜんぜんありません。
ヤシカコンタックスの看板写真家だった林忠彦さんは、
コンタックスレンズで撮った写真は一目で見分けたと聴いたことがあります。
さすがだなあ、と感嘆します。

私は、気分に応じて、使ってみたいと直感したレンズを持ち出し、
撮ってみて、いつも慨嘆させられてしまいます、
「なんだ、こんな風にも撮れるのか?
レンズって、いつも同じ風に撮れるもんじゃないなあ!」
だから、嬉しい。

つまり、人間と一緒。
いつも同じ風に行動するんじゃ、
そんなレンズはガラクタ、三流、
そんな人間はロボットですね。

キノプラズマート19㎜F1.5はそんな個性一杯、予測不能レンズの一つです。
だから、飽きません。
共に歩む人生、そんな伴侶なのです。





b0226423_1548128.jpg
b0226423_1548437.jpg
b0226423_15475729.jpg
b0226423_15474544.jpg
b0226423_15473944.jpg
b0226423_15473346.jpg
b0226423_15472350.jpg
b0226423_15471733.jpg
b0226423_15471099.jpg
b0226423_1547286.jpg
b0226423_15465553.jpg
b0226423_15464753.jpg
b0226423_1545497.jpg
b0226423_15445836.jpg
b0226423_15445064.jpg
b0226423_15444390.jpg
b0226423_15443632.jpg
b0226423_1544292.jpg
b0226423_15442280.jpg
b0226423_15441553.jpg
b0226423_1544648.jpg
b0226423_1544169.jpg
b0226423_15435458.jpg
b0226423_15434663.jpg
b0226423_15433950.jpg
b0226423_15433292.jpg
b0226423_15432654.jpg
b0226423_15431925.jpg
b0226423_15431421.jpg
b0226423_1543432.jpg
b0226423_15424590.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-20 15:27 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1678 梅田路地裏(キノプラズマート19㎜F1.5ならメタモルフォーゼはお任せ)Part 1


10月12日、MHさんとリコーダー練習の日でした。
余裕をもって練習場所、大阪駅前第三ビルに着こうと、
ちょっと早めに家を出ました。
JR大和路快速が大阪駅の一つ手前福島駅に着いたのは16時。
まだ2時間あります。
突然思い立って、福島駅でお飛び降りました。
福島駅南西界隈の路地裏は呑み屋街、
なかなかの絵になるロボグラフィが一杯見付かります。

最軽量のセットを携行していました。

   キノプラズマート19mmF1.5
   オリンパスE-PL1。

このキノプラズマートは私の大のお気に入り。
超小型ですが、開放値はもちろんF1.5。
すべて開放で撮るので、いちいちピントを合わせますが、
マツモトカメラの松本さんにオーバーホールしていただいただけに、
このレンズのヘリコイドリングは最高。
カメラ、レンズの使い勝手はもちろん撮影に響きますね。
キノプラズマートで撮ることに夢中になってしまいました。
おかげで、練習場所の第三ビルに到着したのは5時15分。

都会の飲み屋街のお昼も寂しいですね。
でも、飲み屋で吞むという気分を落ち合わせない私には、
別に不足はありません。
それどころか、ロボグラファーはほくほく顔で、足取りも軽い。
絶妙のロボグラフィたちがあちらでもこちらでも、
私を待ってくれていたからです。
私もレンズも満ち足りたひとときでした。
でも、ちょっと疲れたなあ。

午後6時から1時間半練習して、
その後に夕食をご一緒する予定でしたが、
すでに、おなかはペコペコ。
地下1階のカフェミンクに入り、菓子パンとアイスコーヒーを注文。
客席はほとんどびっしり詰まっています。
退職老人が1に対して、サラリーマン風男女が3。
でも、ほとんど全員がシングルです。
誰もが何かに没頭しています。
でも、なんだか分からないけど、
ちょっと侘びしい!
寂しい!
人から見たら、私もそう見えるんだろうなあ?





b0226423_1724717.jpg
b0226423_1713761.jpg
b0226423_171318.jpg
b0226423_1711836.jpg
b0226423_1711117.jpg
b0226423_171587.jpg
b0226423_1705718.jpg
b0226423_1704966.jpg
b0226423_16591030.jpg
b0226423_1659479.jpg
b0226423_16585571.jpg
b0226423_16584937.jpg
b0226423_165842100.jpg
b0226423_16583643.jpg
b0226423_16582853.jpg
b0226423_16581838.jpg
b0226423_16581078.jpg
b0226423_1658285.jpg
b0226423_16575128.jpg
b0226423_16574491.jpg
b0226423_16573619.jpg
b0226423_1657304.jpg
b0226423_16572478.jpg
b0226423_16571770.jpg
b0226423_16571081.jpg
b0226423_1657446.jpg
b0226423_16565830.jpg
b0226423_16564679.jpg
b0226423_16563412.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-19 17:39 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1677 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 2


今日は、フェスティバルホールでのコンサートです。

  ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル

曲目は以下のとおり。

  バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
  サン=サーンス:オペラ「サムソンとデリラ」より、アリア「あなたの声に心は開く」
  ドビュッシー:ミンストレル(前奏曲集第1集より12番/マイスキー編)
  ピアソラ:グラン・タンゴ
  フォーレ:エレジー op.24
  フランク:ソナタ イ長調(原曲=ヴァイオリンソナタ)

実はフェスティバルホールはおそらく10年ぶり。
巨大すぎて、私にはイベント会場としか思えないからです。
でも、このたび改装リニューアルなって、
妻が一度体験して、一階ボックス席の音響効果は良かった、
という報告で、それじゃ、行ってみようかということになりました。

でも、3000人収容なのだそうです。
チェロリサイタルを3000人で?
と、実はまだ半信半疑。
どんな楽器にもふさわしい器がある、そう私は考えています。
フェスティバルホールは、結局その名前にふさわしく、
お祭り、イベント的なコンサート用なのではないでしょうか?
今晩をこれを確認するために参ります。
もちろんマイスキーの円熟の境地もたっぷり味わうつもり。

そこで、また、我田引水。
写真にも、人それぞれにふさわしい見せ方があるのでは?
その意味で、見る人を激しく選んでしまう、と言いたいところですが、
有り体に言えば、たいていの人にはつまらないとしか思えない、
そんなロボグラフィにはまさにブログがふさわしい、
私はそう感じて、よい器を見つけたものだと満足しています。
今回のホロゴン写真なんか、その極致、典型ですね。
一口で言えば、「ナンジャコレグラフィ」




b0226423_15251392.jpg
b0226423_1525596.jpg
b0226423_15245997.jpg
b0226423_15245244.jpg
b0226423_15244541.jpg
b0226423_15243972.jpg
b0226423_15243131.jpg
b0226423_15242430.jpg
b0226423_15241764.jpg
b0226423_15241152.jpg
b0226423_1524284.jpg
b0226423_15235640.jpg
b0226423_15235046.jpg
b0226423_15234339.jpg
b0226423_1523364.jpg
b0226423_15233048.jpg
b0226423_15232448.jpg
b0226423_15231781.jpg
b0226423_1523442.jpg
b0226423_15225391.jpg
b0226423_15224790.jpg
b0226423_15224196.jpg
b0226423_1522447.jpg
b0226423_15214346.jpg
b0226423_15213469.jpg
b0226423_1521281.jpg
b0226423_15211851.jpg
b0226423_15211143.jpg
b0226423_1521395.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-18 16:17 | Hologon15/8U | Comments(0)

1676 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 1



「ダイヤモンドに目がくらみ」ではありませんが、
どうも「ニューレンズに目がくらみ」という事態がよく起こり、
伴侶のホロゴン同伴の外出が遠のきがちですね。
いけませんね。

   ホロゴン15㎜F8U

使ってみる度に、その凄さに仰天してしまいます。
もちろん銀塩の時代の描写とは違います。
銀塩のホロゴンウルトラワイドで撮ると、もっと立体感があります。
鋭角的に過ぎるデジタル臭さもなく、とにかく自然でした。
「昔を今に成すよしもがな........」ですね。
2回に分けてご覧下さい。




b0226423_23272286.jpg
b0226423_23271412.jpg
b0226423_232775.jpg
b0226423_23245721.jpg
b0226423_23243593.jpg
b0226423_23242858.jpg
b0226423_232421100.jpg
b0226423_232415100.jpg
b0226423_2324874.jpg
b0226423_232417.jpg
b0226423_23234330.jpg
b0226423_23233757.jpg
b0226423_23232946.jpg
b0226423_23231471.jpg
b0226423_2323133.jpg
b0226423_23225632.jpg
b0226423_2322472.jpg
b0226423_23223927.jpg
b0226423_23222510.jpg
b0226423_23222058.jpg
b0226423_23221353.jpg
b0226423_2322897.jpg
b0226423_2322396.jpg
b0226423_23215628.jpg
b0226423_23214547.jpg
b0226423_23213872.jpg
b0226423_23212970.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-17 23:28 | Hologon15/8U | Comments(0)