レンズ千夜一夜

<   2016年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

1669 奈良町(ペッツヴァール58㎜F2.3で奈良町を巡ると、なぜか...)


また、余計なお節介をしてしまいました。

催し物を主催者から依頼されて撮るということで、
カメラマンがやおら三脚を取りだしてセッティングを開始しました。
60過ぎの明らかに定年後カメラマン。

でも、さほどしっかりしていない3段の三脚。
その任意の各段の捻子を回して、曳き出そうとしています。
たまりかねて、
「ごめんなさい。三脚の一番簡単な使い方を教えましょう。」

捻子でもレバーでも一緒。
一番高くするとき。
脚を引き出す前に、一番下の段から初めて3段とも開きます。
そして、1番下の脚を握って、一気に伸張します。
まず一番上の段から締めていきます。
脚を収めるときは、一番下の段から初めて3段とも開きます。
そして、1番下の脚を握って、一気に縮めます。
まず一番上の段から締めていきます。

こんな風に説明しながら、やってみせると、
カメラマン、なんの感動も見せず、
じっと私の顔を見て、一言、ぽつりと、
「今、三脚をセッティング中なんです」

私、「失礼しました」
三脚を急いでお返しすると、
ゆっくりランダムに捻子をゆるめる動作を開始されました。
もうしわけないことをしました。
この方、アコーディオン式瞬間開閉法なんて不要なのでした。

私は写真を始めてからこの方、撮影は瞬時を争う作業、
そう考えてきました。
一時は三脚も使いましたので、
自分で最短時間での開閉法を見つけました。
だれよりも早く三脚にカメラをセットすることができました。
人生のすべてを高速で飛ばしてきた人間の性
でも、誰もがそんな撮り方をするわけではないようですね。
余計なお節介でした。

三脚を使わないようになって、20年以上経過しました。
でも、使い方は今でも覚えています。
記憶力の悪い人間にして、なぜ?
頭ではなく、身体で覚えたから、かもしれませんね。

今は、ジッツォもリンホフも三脚は全部人に上げてしまい、
どんな状況でも手持ちで撮っています。
本当に気楽。
でも、腰の据わった写真なんか、無縁になってしまいました。

Petzval58㎜F2.3の奈良町写真。
すべて開放で撮りたいので、ソニーα7の感度を50に設定。
暮れ方に近づいているのに、そのまま撮り続けましたので、
かなり何枚もピントがずれ、あるいは若干ぶれていました。

だから、三脚を買わなきゃ、なんて、思いませんね。
今度は、感度をどんどん上げなきゃ、とも思いませんね。
ロボグラフィと出会いますと、
「こんにちわ」「こんなところに隠れていたの?」と、
シャッターを落とすという形でご挨拶。
そのご挨拶の瞬間の気持ちが醍醐味なのですから。




b0226423_171692.jpg
b0226423_1716231.jpg
b0226423_17155644.jpg
b0226423_17154922.jpg
b0226423_1715437.jpg
b0226423_17153681.jpg
b0226423_17153056.jpg
b0226423_17152334.jpg
b0226423_17151691.jpg
b0226423_1715362.jpg
b0226423_17145664.jpg
b0226423_17144786.jpg
b0226423_17144040.jpg
b0226423_17143179.jpg
b0226423_17142547.jpg
b0226423_17141782.jpg
b0226423_17141029.jpg
b0226423_1714316.jpg
b0226423_171355100.jpg
b0226423_17133461.jpg
b0226423_17132711.jpg
b0226423_17132216.jpg
b0226423_17131557.jpg
b0226423_1713887.jpg
b0226423_1713015.jpg
b0226423_17111057.jpg
b0226423_17105950.jpg
b0226423_17104641.jpg
b0226423_17103732.jpg
b0226423_17102875.jpg
b0226423_17102097.jpg
b0226423_17101258.jpg
b0226423_171046.jpg
b0226423_1795785.jpg
b0226423_1794121.jpg
b0226423_1792988.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-30 18:03 | petzval58/2.3 | Comments(0)

1668 田舎町(スピードパンクロ35㎜F2が久しぶりに大和西大寺を一回り)Part 2

スピードパンクロ35㎜F2撮影分の残り半分は、
近鉄奈良駅界隈と我が家近くのバス停付近。

光景もレンズ描写も、なにもかも地味ですねえ。
とにかく徹底的に地味。
でも、私にはこんな写真が、こんな光景が好きなのです。

昔、読んだことがあります。
天文学などの観測者、CIAの分析官は、
一枚の写真から万を単位とする情報を探り出してしまうのだそうです。
私たちはせいぜい一桁単位の情報かも知れませんが、
とにかく写真を見ると、なにかしら情報を手に入れている。

でも、その手に入れる情報は人によって全然違います。
言語情報でも多かれ少なかれ同様のことが起こりますが、
その変異度は、イメージに比べると、かなり狭い。
受け手ごとに異なる情報を与える、
この辺りが写真イメージの面白さですね。

でも、人に写真を見せる度にいつも思うのですが、
大抵の方に私の写真が与える情報はかなり限られているようです。
極めて親しい友人を除けば、ほとんどの人は無反応。
まさに、The rest is silence.




b0226423_21565014.jpg
b0226423_21564447.jpg
b0226423_21563643.jpg
b0226423_21562972.jpg
b0226423_21562150.jpg
b0226423_21561328.jpg
b0226423_2156664.jpg
b0226423_21555832.jpg
b0226423_21555139.jpg
b0226423_21554352.jpg
b0226423_2155365.jpg
b0226423_21552947.jpg
b0226423_21552221.jpg
b0226423_21551490.jpg
b0226423_2155637.jpg
b0226423_21545982.jpg
b0226423_21545357.jpg
b0226423_21544653.jpg
b0226423_21544062.jpg
b0226423_21543178.jpg
b0226423_21541643.jpg
b0226423_2154749.jpg
b0226423_21534649.jpg
b0226423_21533553.jpg
b0226423_21532983.jpg
b0226423_21532263.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-27 22:49 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1668 田舎町(スピードパンクロ35㎜F2が久しぶりに大和西大寺を一回り)Part 1

中将姫光学さんからスピードパンクロ50㎜F2をお借りして以来、
愛するスピードパンクロ35㎜F2もちょっとご無沙汰状態。

今週の月曜日、大和西大寺での揚琴レッスンに持ち出しました。
単なる行きずり写真用なので、収穫はたった105枚。
ちょっと申し訳ない気分。
61枚を選びました。

行きのバス停コース、西大寺コース、帰りのバス停コース、
サンドウィッチ状態です。
女性たちはすべて完全ノーファインダー。
距離も適当。
古代レンズのソフト描写が、なおさら、ボケたたたずまい。
そして、緑が一杯。
のどかな土地に住んでいる私の気分にはぴったり。






b0226423_21494227.jpg
b0226423_21493561.jpg
b0226423_21492649.jpg
b0226423_21491849.jpg
b0226423_2149954.jpg
b0226423_21485993.jpg
b0226423_21485050.jpg
b0226423_21484167.jpg
b0226423_21483438.jpg
b0226423_21482155.jpg
b0226423_21481267.jpg
b0226423_2148450.jpg
b0226423_21475681.jpg
b0226423_2147504.jpg
b0226423_2147337.jpg
b0226423_21472733.jpg
b0226423_21471956.jpg
b0226423_21471359.jpg
b0226423_2147653.jpg
b0226423_21465963.jpg
b0226423_21465352.jpg
b0226423_2146461.jpg
b0226423_2146387.jpg
b0226423_21463178.jpg
b0226423_21462540.jpg
b0226423_21461875.jpg
b0226423_21461291.jpg
b0226423_2146184.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-26 22:33 | SpeedPanchro35/2 | Comments(4)

1667 下町加美(パンタッカー40㎜F2.3は地味だけど滋味があって)


5月19日、孫の家に行った際、
パンタッカー40㎜F2.3で撮った写真のアップを忘れていました。

ソニーNEX-5に付けて、実質60㎜レンズとして撮っています。
1940年前後のノンコーティングレンズです。
ぼろぼろ。
でも、それは使い倒されたから。
つまり、そこまで使いたくなるレンズだったから。
こういうのを熟成と言いたいですね。

そんなじんわりと心の籠もった描写に、
見れば見るほどしびれてしまう私ですが、
鮮烈鮮鋭の現代レンズのユーザーだったら、一言、
なに、このレンズ?




b0226423_1124719.jpg
b0226423_1124085.jpg
b0226423_11232772.jpg
b0226423_11232038.jpg
b0226423_11231324.jpg
b0226423_1123648.jpg
b0226423_1122598.jpg
b0226423_11225179.jpg
b0226423_1122454.jpg
b0226423_11223790.jpg
b0226423_11223043.jpg
b0226423_11222360.jpg
b0226423_11221674.jpg
b0226423_11221074.jpg
b0226423_1122226.jpg
b0226423_11215458.jpg
b0226423_11214683.jpg
b0226423_11213981.jpg
b0226423_11213226.jpg
b0226423_11212485.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-24 12:19 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1666 通天閣界隈(ペラール24mmF4と通天閣の相性な抜群らしい)Part 2


別ブログの「わが友ホロゴン」に書きました。
660.08 ホロゴンデイ167「2016年8月24日ホロゴン的鶴橋を楽しんだ」8-完-Beautyfly
スリーイーサイエンス株式会社が販売する水素吸入器Beautyflyについて。

どなたもご存知ないでしょうね。
第一、水素吸入なんて、未体験でしょう。
でも、私の人生は7月3日大きく変わりました。
Beautyflyで水素を吸引することによって、身体が完全に活性化したのです。

ネットで調べてみてください。
人間の細胞には外来の生命体ミトコンドリアが住んでいます。
ミトコンドリアは活性酸素を生み出します。
良性の活性酸素は体に役立つ働きをするのですが、
悪性の活性酸素は体を錆びさせ、
ほとんどの病気の引き金となり、
さらには、老化の原因となるのだそうです。

Beautyflyのような水素吸入器を使って、水素を肺に送りますと、
水素は動脈を経由して毛細血管を伝わって、身体の隅々まで運ばれ、
悪性の活性酸素とだけ結びついて、水H2Oとなって体外に排出します。
余った水素は、なにしろ身体の細胞よりも遙かに小さいのですから、
どこからでも体外に抜け出てしまい、身体に悪さをしません。

このあたりの効用は上記の記事に説明してあります。
ここでは最新の変化だけ書きましょう。

水曜日の夜、午前2時に就寝し、午前8時20分に起床したのですが、
その間、午前7時20分に1回眼が覚めただけ。
木曜日の夜、午前2時半就寝し、
目覚ましをセットし忘れて、午前9時20分に起床したのですが、
その間、午前6時過ぎに1回眼が覚めただけ。

私の唯一の持病、前立腺肥大症があるために、
そもそも夜間眼が覚めるのが1回だけというのは極めて稀。
2から5回まで様々に眼が覚め、その都度、トイレに立つ、
これが長年の習慣。
もっとも、私は瞬間入眠人間なので、
別に苦になりません。
でも、睡眠が途切れることは事実。

その常態が一変しました。
Beautyfly使用開始以来、1ないし3回に落ち着き、概ね2回。
そのフェイズが一昨日の夜から一段上がったようです。
1回だけが2日続き。
こうなると、前立腺肥大そのものが減退しつつあるのでは、
とさえ思われます。

私の畏友RAさんは昨晩はじめて吸引したのですが、
昨夜トイレに立ったのはたった1回だけで、
しかも尿の流れが突然正常に近い状態に戻り、
なにしろ82歳と高齢なので、近頃毎日ずっと、
疲れがどっと出たような感じが常態だったのに、
今朝は珍しくそのような疲労感がなくなったと、
電話で知らせてくれました。

4ヶ月近くいかなるマイナスの副作用もなく、
元気一杯、エネルギー満杯の気分で生きていた私としては、
そんなことは当然、という感じで、余裕綽々と答えて、
「そうでしょう? 
なんだか水素吸引というのは特別でしょう?
これからは毎日しっかりと吸引して、
私たち二人とも120歳まで元気で生きましょう!」

さて、10月10日、通天閣近くで一働きした、
ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5。
その成果の後半をごらん頂きましょう。

いきなり田舎道に飛びますが、
これはいつものバス停から我が家への道程。
カメラを持ってたら、かならず2,30枚は撮ります。
私の宝庫の1つ。
私以外の誰もこれらを宝とは思わないのですが、
これは私にとって好都合。
お宝は誰にも分けてあげない、これが古今の鉄則なのですから。

もう1つ、
通天閣界隈で、今更ながら一番驚いたことは、
日本人女性たちがとても発育がよく、溌剌としていたこと。
まあ、ご覧下さい。





b0226423_22341388.jpg
b0226423_2234590.jpg
b0226423_22335656.jpg
b0226423_22334921.jpg
b0226423_22334383.jpg
b0226423_22333616.jpg
b0226423_22332950.jpg
b0226423_22331737.jpg
b0226423_22331114.jpg
b0226423_2233564.jpg
b0226423_2232587.jpg
b0226423_22324451.jpg
b0226423_22323836.jpg
b0226423_22322820.jpg
b0226423_22322154.jpg
b0226423_22321480.jpg
b0226423_2232896.jpg
b0226423_2232148.jpg
b0226423_22314793.jpg
b0226423_2231172.jpg
b0226423_22305440.jpg
b0226423_22304890.jpg
b0226423_2230411.jpg
b0226423_22303139.jpg
b0226423_22301792.jpg
b0226423_22301025.jpg
b0226423_2230343.jpg
b0226423_22295614.jpg
b0226423_22294897.jpg
b0226423_22282724.jpg
b0226423_22281166.jpg
b0226423_22275312.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-21 22:22 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1665 通天閣界隈(ペラール24mmF4と通天閣の相性な抜群らしい)Part 1


ちょっと忙しいので、さらりと写真たちを並べさせていただきましょう。
ユニバーサルシティ駅から新今宮駅に移動しました。
通天閣まで徒歩10分。
昼食時間40分を挟んで、せいぜい40分、
雑踏をすり抜けながら、ペラール24mmF4で主に人を撮りました。

改めて思ったことが一つ。
出会った女性のほとんどが日本人でしたが、
容姿容貌姿勢歩き方、そのすべてがかなりヨーロッパ人風に。
衣食住のすべてがそろって日本人女性をいわば現代化してきた、
そんな感じがします。

じゃ、男性はどうなの?
という質問が出てきそうですが、
お答えいたしましょう。
分かりません。
男性なんて、ちらりとも目に留めませんので。
簡単に申し上げますと、
どうなろうが、知ったことか?!!





b0226423_22322095.jpg
b0226423_22321162.jpg
b0226423_2232297.jpg
b0226423_22315549.jpg
b0226423_22314826.jpg
b0226423_22314166.jpg
b0226423_2231338.jpg
b0226423_22312682.jpg
b0226423_22312095.jpg
b0226423_22311299.jpg
b0226423_2231535.jpg
b0226423_22305857.jpg
b0226423_2230519.jpg
b0226423_22304384.jpg
b0226423_22303623.jpg
b0226423_22302873.jpg
b0226423_22302112.jpg
b0226423_22301267.jpg
b0226423_22265517.jpg
b0226423_22264653.jpg
b0226423_22263967.jpg
b0226423_22263130.jpg
b0226423_22262349.jpg
b0226423_22261649.jpg
b0226423_2226536.jpg
b0226423_22253330.jpg
b0226423_22252359.jpg
b0226423_22251686.jpg
b0226423_2225443.jpg
b0226423_2224555.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-17 23:15 | Perar24/4 | Comments(0)

1664 ユニバーサルシティ(ペラール24mmF4なら接近戦でさりげなく使えます)


YouTubeでとても素敵な歌手を見つけました。
静かなひとときにそっとつぶやくような声を静かに聞こえて来ると、
なんだか懐かしい気持ちになれる歌声です。

TIA BLAKE & her folk group - Folksongs & Ballads (1971) [FULL ALBUM]
(https://www.youtube.com/watch?v=P3nEMhibg0M)

グーグルで検索してみますと、次のような情報。
「米国の女性SSW、ティア・ブレイクが
1971年にフランスに渡りリリースした唯一のアルバム。
なぜフランスなのか分かりませんが、
1枚で終わってしまったのが惜しいと思える良盤であります。」
「歌声はかなりハスキーであんまりキュートではありません。
しかし、ハスキーだけどどこか儚げであり、
凛とした美しい響きがあります。」

なんだか私に近い年齢の方のようです。
はじめまして!
なぜたった1枚だったのですか?
今、どこでなにをしているのですか?
YouTubeが時の架け橋となってくれました。

そこで考えたのですが、
ティアは、このたった一枚のレコード(でしょうね?)を時折再生して、
今でも、瞬時に当時の自分に戻ることができるでしょう。
それって、ブログだって、同じですね。

いつも書きますが、
私は自分のブログを自分のためだけに作っています。
いつかある時に、ある文章に、ある写真に戻る。
すると、そのときの自分に戻ることができるのです。
記憶の達人は、ネットの助けがなくても、ある日あるときに戻れるのでしょう。
私はそんな離れ業ができないまま、過去のほとんどは、
私の心の奥底に深く刻み込まれた、数少ない瞬間を除いて、
すべて忘却の彼方に去ってしまいました。
(実際には、記憶の底深くにしっかりと記銘されているのだそうです。
でも、想起する手だて、機会がなければ、忘却と変わりはありませんね)
ブログはそうした離れ業で過去の瞬間を甦らせてくれます。

ペラール24mmF4をさりげなく腰にホールドしながら、
ユニバーサルシティ駅を通り過ぎました。
いつもランチを頂くチゲ店からいつもの乗車位置までの数分の旅。
その旅に出会った人たち、ものたちを、
写真にしっかりと刻み込んでくれました。
ペラール24mmF4はそれができるレンズ。
どんな境遇であれ、今日はユニバーサルスタジオジャパンで楽しもう、
そんな活気に溢れた若者たち、そして、意味不明のイメージたち、
私が素敵だと思った瞬間に永遠にその姿を留めてくれました。

ブログよ、永遠なれ!!!




b0226423_1761975.jpg
b0226423_1761272.jpg
b0226423_176546.jpg
b0226423_1755934.jpg
b0226423_1755218.jpg
b0226423_1754353.jpg
b0226423_1753669.jpg
b0226423_1752854.jpg
b0226423_1752190.jpg
b0226423_1751488.jpg
b0226423_175660.jpg
b0226423_174576.jpg
b0226423_1744964.jpg
b0226423_1732169.jpg
b0226423_17314458.jpg

b0226423_17284088.jpg

b0226423_17261197.jpg

b0226423_1722348.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-16 17:59 | Perar24/4 | Comments(0)

1663 バス停まで(ペラール24mmF4は超小型広角レンズの粋を尽くし)


ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5とアポクアリア28mmF2、
宮崎貞安さんのこの2本のニューレンズの狭間に位置するレンズ、
それがスーパートリプルペラール24mmF4です。
ダイナミックな切れ味が本領のレンズ。

17.8㎜と28mmの登場で、ちょっと負けん気を起こしたらしく、
10月10日、「僕だって連れてってよ」とだだをこねました。

宮崎貞安さんがこのレンズで導入したのが、プレミアムコレクション。
そのプラチナ仕様10本中1本目がこのレンズです。
骨董価値が出てきそうです。
大事にしましょう。
と言いつつ、乱暴な使い方では誰にも負けぬ私が持ち出すのですから、
「大事」な使い方の意味がかなり違いますね。

我が家からバス停までの3分の道程は、ロボグラフィの宝庫。
その全写真をご覧頂きましょう。




b0226423_21541578.jpg
b0226423_2154351.jpg
b0226423_21535733.jpg
b0226423_215349100.jpg
b0226423_21536100.jpg
b0226423_21525894.jpg
b0226423_21525013.jpg
b0226423_21523935.jpg
b0226423_21513259.jpg
b0226423_21512390.jpg
b0226423_21511692.jpg
b0226423_21516100.jpg
b0226423_21505382.jpg
b0226423_21504510.jpg
b0226423_21503846.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-15 22:46 | Perar24/4 | Comments(0)

1662 新大阪(アポクアリア28mmF2は二胡レッスンの合間に活躍)Part 2

今、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
同じ28㎜世界中のエスタブリッシュメントとも言うべきライカレンズ、
エルマリート28mmf2.8第1世代のシリーズを始めています。

アポクアリア28mmF2との競争をするつもりはありません。
塚原卜伝(1489年〜1571年)と宮本武蔵(1584年? - 1645年)の対決
のようなアナクロニズムにはならずとも、
大相撲の横綱とボクシングのチャンピオン、どちらが強い?
楊貴妃とクレオパトラ、どちらが美しかったの?
なんて比較に似てきますね。

私の答えはこうなりそうですね。
エルマリートとアポクアリア、どちらも優れた描写。
どちらで撮った写真も美しい。

写真の世界、レンズの世界の楽しいのは、
どっちが上か?
どっちを選ぶか?
そんな質問に答える必要がないからですね。





b0226423_2312242.jpg
b0226423_2311438.jpg
b0226423_231635.jpg
b0226423_230591.jpg
b0226423_2305129.jpg
b0226423_2304442.jpg
b0226423_2303427.jpg
b0226423_230271.jpg
b0226423_2301638.jpg
b0226423_230786.jpg
b0226423_230094.jpg
b0226423_22595345.jpg
b0226423_22594635.jpg
b0226423_22593790.jpg
b0226423_2259308.jpg
b0226423_22592332.jpg
b0226423_22591475.jpg
b0226423_2259763.jpg
b0226423_22585937.jpg
b0226423_22585281.jpg
b0226423_22583618.jpg
b0226423_22582921.jpg
b0226423_22582284.jpg
b0226423_22581569.jpg
b0226423_2258847.jpg
b0226423_2258254.jpg
b0226423_22575597.jpg
b0226423_22574952.jpg
b0226423_22574277.jpg
b0226423_22573434.jpg
b0226423_22553548.jpg
b0226423_22552951.jpg
b0226423_2255223.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-14 23:44 | Apoquaria28/2 | Comments(0)

1661新大阪(アポクアリア28mmF2は二胡レッスンの合間に活躍)Part 1


月1回の新大阪での二胡レッスンでは、
私はいわば下働き役も兼ねています。
朝から夕方まで、いろいろと用を足すのですが、
その合間が長い。
でも、その合間を自分の楽しみで埋めるのも楽しいものです。

新大阪駅界隈は1970年の大阪万博当時の地上げの産物なので、
まさに完全な新興都市で、歴史はまるでありません。
でも、50年も経つと、ロボグラフィ族も増殖しています。
同じ路地、同じ道ばかり辿るのですが、
レンズが眼の発見の先導役をしてくれるようで、
不思議にいつもおみやげがあります。

今回は154枚の収穫から60枚少々を2回に分けてごらん頂きましょう。
やはり全部F2の開放写真です。
新大阪ではかなり現代レンズならではの味が姿を現すのは、
現代の町では現代の町らしくという、再現性の発露かも?




b0226423_2328114.jpg
b0226423_23275713.jpg
b0226423_23275013.jpg
b0226423_23274458.jpg
b0226423_23273230.jpg
b0226423_23272612.jpg
b0226423_23271975.jpg
b0226423_23271128.jpg
b0226423_2327673.jpg
b0226423_23265966.jpg
b0226423_23264778.jpg
b0226423_23264134.jpg
b0226423_23263546.jpg
b0226423_23262358.jpg
b0226423_23261754.jpg
b0226423_2326475.jpg
b0226423_2325567.jpg
b0226423_23254979.jpg
b0226423_23254290.jpg
b0226423_23242457.jpg
b0226423_23241756.jpg
b0226423_23241168.jpg
b0226423_2324467.jpg
b0226423_23235282.jpg
b0226423_23234565.jpg
b0226423_23234025.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-13 23:53 | Apoquaria28/2 | Comments(0)