レンズ千夜一夜

<   2016年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

1620 神域 (エルマリート28mmf2.8は神さびた林の中でなにを見たか)



レンズの中には、カリスマ的とも言える別格のレンズが幾本かあります。
どれをそれに数えるかは、人によって違うでしょう。

自分で使いもしないでカリスマレンズと崇めても意味がありませんから、
自分で使ったレンズの中から選ぶことになりますが、
さて、それではどんな性格のレンズをカリスマと呼ぶのか?
これもまた、人によって違うでしょう。

いろいろなアプローチがありそうです。
レンズとしての光学性能。
描写性能の卓越性。
歴史的な貢献。
名声。
これら全部の総合評価から、評価は下されることになるでしょう。

でも、私はもう少し違った角度も加味したいのです。
要するに、コントロール可能か?
カリスマは崇拝者たちの手の届かない遥かなる高みに居ます。
ディーバに似て、いかなる意味でも誰も制御などできないのです。
私にとっては、ホロゴン15㎜F8というレンズがまさにそれですが、
コントロール不能という点ではエルマリート28mmf2.8も負けていません。

私は第2世代以降のレンズを使ったことがないので、なんとも言えませんが、
エルマリート28mmf2.8第1世代を使っていつも思うことは、
このレンズを思うように使いこなすのはとても難しい。
だから、エルマリート28mmf2.8を持ち出すときは、
このレンズにある撮影効果を期待して、ということはありません。
なにかうれしくなるような写真をプレゼントしてくださいね、
というスタンス。

雨模様の神社の林間道を半時間散歩してみました。
何時歩いても、だれかに出会うということがほとんどありません。
その代わり、ロボグラフィたちが待っていてくれました。

エルマリート28mmf2.8ならこう撮ってくれるだろうな、
などと、予測することは一切いたしません。
「お願い、ご機嫌が顔を見せてね」というスタンス。
撮ってくれた写真をつくづく眺めながら、感じることは、
やっぱりカリスマ!

蛇足ですが、また、信じがたいとは思いますが、
すべてF2.8開放で撮っています。




b0226423_17461921.jpg
b0226423_17461419.jpg
b0226423_1746865.jpg
b0226423_174623.jpg
b0226423_17455692.jpg
b0226423_17454795.jpg
b0226423_17403813.jpg
b0226423_17402969.jpg
b0226423_17402128.jpg
b0226423_17401286.jpg
b0226423_1740690.jpg
b0226423_1740078.jpg
b0226423_17395369.jpg
b0226423_17394796.jpg
b0226423_17394031.jpg
b0226423_17393479.jpg
b0226423_17392855.jpg
b0226423_17392334.jpg
b0226423_17391788.jpg
b0226423_17391190.jpg
b0226423_1739593.jpg
b0226423_1738582.jpg
b0226423_17385349.jpg
b0226423_17384770.jpg
b0226423_17383765.jpg
b0226423_17383150.jpg
b0226423_1738259.jpg
b0226423_17382049.jpg
b0226423_17381369.jpg
b0226423_1738690.jpg
b0226423_17375574.jpg
b0226423_17374882.jpg
b0226423_17374182.jpg
b0226423_17373385.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-30 17:46 | Elmarit28/2.8 | Comments(0)

1619 コンサートの午後(トポゴン25mmF4は接近戦自由自在で)



クラシックレンズの楽しさの一つに、
レンズの描写性にかなりのばらつきがあることなのですが、
それだけではない感じがします。

撮影の度に違った顔を見せてくれるのです。
もちろん基本はしっかりと保持しているのですが、
さまざまな条件で思いがけない描写を見せてくれることがあります。

カメラ、レンズを自在に駆使して自分の作品を作りたい写真家には、
このようなばらつき、遊びは耐え難いことでしょう。
でも、私のようなロボグラフィストは、
路傍のものたちが見せてくれる思いがけない顔を、
ひたすらありがたくエンジョイさせていただく向きには、
クラシックレンズこそ天与の賜物なのです。

ツァイスのオールドコンタックス用のトポゴン25mmF4、
ソニーα7に付けて、前橋汀子さんのコンサートの日に持ち出しました。

私の記憶力の貧弱なせいでしょうか?
これまでに見なかったほどの雄勁でどっしりとしたイメージ。
これだから、このブログを止めることができないのでしょうね。




b0226423_10442934.jpg
b0226423_10442462.jpg
b0226423_1044188.jpg
b0226423_10441313.jpg
b0226423_1044881.jpg
b0226423_1044144.jpg
b0226423_10435637.jpg
b0226423_10434925.jpg
b0226423_10434473.jpg
b0226423_10433887.jpg
b0226423_10433247.jpg
b0226423_10432764.jpg
b0226423_10432223.jpg
b0226423_10431694.jpg
b0226423_10431078.jpg
b0226423_1043444.jpg
b0226423_10425961.jpg
b0226423_10425344.jpg
b0226423_10424893.jpg
b0226423_10424378.jpg
b0226423_10423825.jpg
b0226423_1042328.jpg
b0226423_104227100.jpg
b0226423_10422152.jpg
b0226423_10421512.jpg
b0226423_1042946.jpg
b0226423_1042254.jpg
b0226423_10415320.jpg
b0226423_10414784.jpg
b0226423_1041427.jpg
b0226423_10413528.jpg
b0226423_10412924.jpg
b0226423_10412436.jpg
b0226423_10411761.jpg
b0226423_10411228.jpg
b0226423_1041423.jpg
b0226423_10405852.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-29 10:46 | Topogon25/4 | Comments(0)

1618 西九条(スーパーヘリアー15mmF4.5はまさに現代風ホロゴンかな?)Part 2



私はレンズのことも、レンズメーカーのこともほとんど知りません。
クラシックレンズを手に入れる機会に偶然知った知識程度。
現代のメーカーになると、ますます門外漢。

コシナという会社がどんな会社かまったく知りませんが、
販売するレンズを知るにつけ、
現代の写真家たちの心をくすぐる巧みな販売戦略を採っている、
そんな感じがします。
現代の写真家の目から見れば、眠かったり、だるかったり、
鈍かったり、濁ったりというクラシックレンズの多くに見られる、
さまざまな偏向をきっぱりそぎ落として、
超高画質の現代レンズを提供するんだけど、
そんなレンズたちに、過去の偉大なレンズ名を冠することで、
ノスタルジックなオーソリティという後光をきらめかせる、
そんな演出を駆使してきたのですから。

そんな販売戦略の中で、
スーパーワイドヘリアー15mmF4.5は、
コシナのオリジナルブランド。
ツァイスから「ホロゴン」という商標の使用許諾を得ることが
できなかったのでしょうか?
ほとんど前後対称系のホロゴンとは異なり、
レトロフォーカス設計であったことも関係しているのかも知れません。

見事な画像を提供してくれます。
傑作写真を撮りたいとお望みでしたら、このレンズの実力は十分。
周辺減光がホロゴンよりもはるかに少ないし、
現代的なシャープで癖のない描写なので、
ホロゴンよりもはるかに使い勝手がよいようです。
現代の写真家なら、10人に9人はホロゴンよりもこちらを選択するでしょう。

じゃ、お前はどうなの?
そんな質問が飛んで来そうです。
「聞くだけ、野暮じゃありませんか?」
そんな風に答えたくなりますね。
表題には、「現代風ホロゴンかな?」と書きましたが、
実はこれはレトリックに過ぎません。
ホロゴンは正真正銘比類のない不思議レンズなのですから。

親友がヘリアーを手に入れたいという気持ちを高めつつあります。
「よかったら、ぼくのを譲りますよ」、
まったく何の惜しみもなく、そうは言ってあるものの、
彼は万事形から入る人なので、二の足を踏みそうです。
(形がモチベーションを高めるので、
形が壷にはまると、無敵と言いたいほどに優れた写真家です。
形って、大切なのですね)

私のスーパーヘリアーは作り付けのフードを削り落としてあります。
Lマウントレンズなのですが、なぜかマウントにずれが生じるらしく、
私のリコーGXRに付けると、レンズが傾いてしま-い、
フードのおかげで四隅のうちの2個所が若干けられてしまうからです。
おかげで、ちょっと小振りで冴えない見かけになっています。
このあたりの風格(の欠如)を無視できるかどうか?
これにかかっていますね。

でも、このまま私の手元に残留しても、
FujiXPro-1やリコーGXRで実質21㎜レンズになりますから、
ホロゴンと競合しない撮り方も楽しめるので、
このままずっと私のサブ超広角の地位を保ちそうです。





b0226423_21371710.jpg
b0226423_21371249.jpg
b0226423_2137729.jpg
b0226423_2137153.jpg
b0226423_21365637.jpg
b0226423_21365139.jpg
b0226423_21364546.jpg
b0226423_21363851.jpg
b0226423_21363189.jpg
b0226423_21362558.jpg
b0226423_21361213.jpg
b0226423_2136553.jpg
b0226423_21355789.jpg
b0226423_21355191.jpg
b0226423_21354480.jpg
b0226423_21353728.jpg
b0226423_21352497.jpg
b0226423_21351725.jpg
b0226423_21351186.jpg
b0226423_2135529.jpg
b0226423_2135081.jpg
b0226423_21345316.jpg
b0226423_21344357.jpg
b0226423_21343424.jpg
b0226423_21342894.jpg
b0226423_21342327.jpg
b0226423_21341725.jpg
b0226423_21341010.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-26 21:42 | S.WideHeliar15 | Comments(0)

1617 西九条(スーパーヘリアー15mmF4.5はまさに現代風ホロゴンかな?)Part 1



7月11日月曜日、揚琴レッスンはしご日でした。
西九条と西大寺で道中撮影する道具は、

    ソニーα7
    コシナのスーパーヘリアー15mmF4.5

感度を800に上げ、絞りF8、距離1.7m程度に設定。
最初はレンズ本体の距離をそう設定していたのですが、
気がつくと、レンズの距離リングが動いています。
Mマウントアダプタのヘリコイドリングは容易に動きませんので、
本体の指標を無限遠に合わせて、
Mマウントアダプタで距離を1.7m程度に設定して、
ノーファインダー撮影をたのしみました。

ホロゴンのような周辺減光も、色の暴れもなく、
ふつうに撮れます。
2回セットでご覧頂きましょう。





b0226423_229987.jpg
b0226423_229067.jpg
b0226423_2285293.jpg
b0226423_2284420.jpg
b0226423_2283689.jpg
b0226423_2282822.jpg
b0226423_2282116.jpg
b0226423_228146.jpg
b0226423_228625.jpg
b0226423_2274610.jpg
b0226423_2273964.jpg
b0226423_2273187.jpg
b0226423_2272459.jpg
b0226423_2271551.jpg
b0226423_227777.jpg
b0226423_2265984.jpg
b0226423_2265176.jpg
b0226423_2264324.jpg
b0226423_2263474.jpg
b0226423_226068.jpg
b0226423_2255387.jpg
b0226423_2254785.jpg
b0226423_2253619.jpg
b0226423_22530100.jpg
b0226423_2252489.jpg
b0226423_2251846.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-25 22:11 | S.WideHeliar15 | Comments(0)

1616 雨中幻遊(スピードパンクロ35㎜F2で秋田内陸鉄道10枚セットを作ってみた)



7月21日木曜日、二ヶ月ぶりの吉田正さんの写真教室でした。
いつもは5枚セットを持参します。
今回は10枚セットを用意しました。
題して、

    「秋田内陸鉄道雨中幻遊」

このセットを作る気になったのは、写真家の林孝弘さんのおかげです。
先月お会いしたときに、2枚のプリントを頂きました。
私の「わが友ホロゴン」の秋田内陸鉄道から縦、横写真を各3枚選択して、
組写真の表題部にふさわしいようなデザインを作ってくださったのです。
「今回のシリーズはとても気に入ったので」という説明。
それにしても、私のブログ写真をコピーしたら、
Lサイズ程度なら、まったく画像劣化なしにプリントできるのです。
驚きでした。
この2枚を前後に置いて、いわば本文ということで10枚選択したのです。

角館から中途の阿仁合駅までの区間を往復しました。
たった一両の電車です。
ゆったりと一つのコンパートメントを占領し、
リコーGX-Rに付けたスピードパンクロ35mmF2.3で車窓から撮りました。

いつもは開放でしか撮らないのに、F5.6まで絞り、
20mほどの距離に設定し、
あとはノーファインダーで適当に撮りました。
なにを撮るか、いつ撮るかは私が担当。

木村伊兵衛さんは愛用の焦点距離のレンズごとに、
任意の距離でどこからどこまで撮れるか当てることができたそうです。
私にはできませんので、どう撮れるかはカメラ任せ。
だから、どう撮れても、文句は言いません。
人間としての度量が大きいからではなく、
写真作品を作るわけではないので、別にどうでもよいから。
それに、ここではここからここまで撮るべきだ、なんてことは、
私にはわからないのですから、別に文句を言う筋合いもないわけです。

それでも、レンズは80年ほど前のものですが、
名にしおう映画レンズの白眉、スピードパンクロです。
大半が雨に濡れた窓越しですが、
ちゃんとドラマチックに仕上げてくれました。

でも、ここまで書いて、はたと気づきました。
自分で自分の写真に見入るのに夢中でした。
こんな風にプリント写真を人前にさらすのはこの場しかないのですから。
そのせいでしょうか?
吉田正さんがどうおっしゃったか?
みなさんがどんな反応を示されたか?
まったく記憶していない!
なにか質問は受けただけで、
とりたててなにもおっしゃらなかったような印象もあります。
なんだかちょっと拍子抜けでこの報告を書き終わりました。





;
b0226423_10101095.jpg
b0226423_1010426.jpg
b0226423_1095879.jpg
b0226423_1095282.jpg
b0226423_1094646.jpg
b0226423_1093717.jpg
b0226423_1093184.jpg
b0226423_1092468.jpg
b0226423_1091794.jpg
b0226423_109858.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-22 10:15 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1615 お湿りの日(バルター25mmF2.3ならしっとりとした里の表情も)Part 2



映画やドラマで、こんな俳優が居ます。
最初は目立たない。
でも、ドラマが進むにつれて、
いや、この人は大した役者だなあ、目が離せない、
そんな風に心から讃嘆させられてしまう、そんな役者。
韓流ドラマの醍醐味はそんな役者が一杯居るところでしょうか?

こんな役者たちって、本当に役に成りきることができます。
だから、ちょっとした素振り一つでぐっとドラマを深めることができる。

バルター25mmF2.3をリコーGXRで使っていて、ふっと気づきました。
そんな役者に似ているんじゃないかな?
一言で言うと、

     底力





b0226423_1512421.jpg
b0226423_1512082.jpg
b0226423_15115586.jpg
b0226423_15114969.jpg
b0226423_15114580.jpg
b0226423_15113974.jpg
b0226423_15113327.jpg
b0226423_15112798.jpg
b0226423_15112239.jpg
b0226423_15111634.jpg
b0226423_15111181.jpg
b0226423_1511564.jpg
b0226423_15105934.jpg
b0226423_15104362.jpg
b0226423_15103272.jpg
b0226423_15102660.jpg
b0226423_15101433.jpg
b0226423_1510929.jpg
b0226423_1510318.jpg
b0226423_1595242.jpg
b0226423_1594236.jpg
b0226423_1593744.jpg
b0226423_1593279.jpg
b0226423_1592687.jpg
b0226423_1591962.jpg
b0226423_1591326.jpg
b0226423_159738.jpg
b0226423_159218.jpg
b0226423_1585613.jpg
b0226423_1585155.jpg






    [後書き]
      11枚目から13枚目の土嚢、
      私の大好きなロボグラフィです。
      私が路傍に次々と出会う「顔」の典型。
      なんと巧い位置に濡れ落ち葉が収まったものです。

      ついでに書いておきますが、
      私は絶対に加工しません。
      理由は簡単。
      作ったものは面白くないからです。
      
      でも、作ることが好きな人もおられます。
      あれこれ手を加えたり、取り除いたり、置き換えたり、
      そんな加工作業をして、面白い写真を作り出します。
      猫に餌をあげたりするのも同様です。
      ご自由です。

      でも、写真の出来映えに感心した人から、
      「ああ、素敵なものを見つけましたね、さーすが!」とか、
      「いやあ、絶好のシャッターチャンスですねえ、すごい!」
      なんて言われると、
      こう正直に答えるでしょうか?
      「いえ、ああやって、こうやって、手をちょっと加えたら、
      こんな風になったんですよ」

      ほぼ絶対に言いませんね。
      でも、相手にもそうですが、自分にとっても、
      これって正直な生き方じゃありませんね。

      あれこれ加工するのはご自由です。
      私はしませんが、加工するのはダメだとも申しません。
      写真制作におけるポリシーの門題なのですから。
      でも、やっぱり嘘をつくのはよくないですね。
      どちらかをよしましょうね、
      加工をするか、それとも偽りを言うか。
      折角生まれたんだから、まっとうに生きましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-07-20 15:16 | Baltar25/2.3 | Comments(5)

1614 お湿りの日(バルター25mmF2.3ならしっとりとした里の表情も)Part 1



ちょっと散歩に。
リコーGXRにMマウントに改造した映画用レンズを付けました。

    バルター25mmF2.3

バルターらしさがたっぷり味わえます。

マリア・カラスがイタリアオペラ界に君臨したとき、
この不世出のディーヴァに一歩も退かずに女王の座を張り合った
偉大なソプラノがいました。

    レナータ・テバルディ

スピードパンクロとバルターって、この二人の関係に似ています。
スピードパンクロは、鋭い眼差し、切れ味豊かな風貌、緊張感のある歌声の
マリア・カラスにそっくりだし、
バルターは、穏やかな視線、おっとりふくよかな風貌、あたたかい歌声の
テバルディにそっくり。

梅雨時のしっとりと濡れた田舎道であれこれと撮りました。
丁度半時間でぐるりと回って家に帰りました。
83枚中64枚を選びました。
2回に分けてごらん頂きましょう。

こんな人気のない田園のそばで暮らしているのです。
撮る写真、書く文章が時代遅れ、浮世離れとなるのも無理はありませんね。
時代遅れ、浮世離れがどうした?
いっそ世捨て人になりたい、
でも、それが許されないのがもどかしい。





b0226423_1412425.jpg
b0226423_14123783.jpg
b0226423_14123268.jpg
b0226423_14122645.jpg
b0226423_14121442.jpg
b0226423_1412914.jpg
b0226423_1412329.jpg
b0226423_14115827.jpg
b0226423_1411546.jpg
b0226423_14114890.jpg
b0226423_14114373.jpg
b0226423_14113725.jpg
b0226423_14113230.jpg
b0226423_14112770.jpg
b0226423_14112237.jpg
b0226423_14111524.jpg
b0226423_14111033.jpg
b0226423_1411523.jpg
b0226423_141102.jpg
b0226423_1410255.jpg
b0226423_1495466.jpg
b0226423_1494117.jpg
b0226423_1493651.jpg
b0226423_1492914.jpg
b0226423_1492513.jpg
b0226423_1491385.jpg
b0226423_149882.jpg
b0226423_149280.jpg
b0226423_1485646.jpg
b0226423_1485054.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-19 14:21 | Baltar25/2.3 | Comments(0)

1613 大正エレジー(スピードアナスチグマート25mmF1.5が描くDecline and Fall)Part 2 

 
                                             スピードアナスチグマート25mmF1.5、
残りの32枚もごらん頂きましょう。

ホロゴンウルトラワイドと出会うまでの私は、
ストリートフォト専科でしたが、今から見返してみますと、
その半ばはすでにロボグラフィでした。

でも、コンタックス、ハッセル、コンタレックスの
現場再現性に富んだコントラストの良いツァイスレンズを愛用していたのです。
現場(現実の場)を幻場(幻想の場)に一変させてしまうような、
私のいわゆるメタモルレンズへの志向はまだ芽生えていませんでした。

その時代に、クラシックカメラの愛好者たちと語り合っても、
ダルメイヤーはとても評判の悪いレンズでした。
ダメメイヤーとかダルメヤー(大阪弁です)というような異名を耳にしました。
ボケレンズの会社、そんな評判ばかり聞いていたのです。
映画用レンズのことなどまったく未知の世界でした。

考えようによっては、私も長い間レンズの神秘に目覚めなかったのです。
多くの人から見ますと、逆に、私は久しく迷路に迷い込んだまままのです。
おかげで、我がブログを訪問する方もほとんどないままに、
この迷路をあっちにふらふら、こっちにふらふら。
そんな迷路の案内者である古代レンズの中でも、
ダメメイヤーはすっかり私のよき先達となってくれています。

私の大正区の迷路巡りも見ようによってはボケボケ写真の堆積。
思えば、このようなボケ写真に悦楽を感じるようになった私の人生、
どこかで歪んじゃったのでしょうねえ。

でも、と、いつもながら、つい反撃に出てしまいますね。
歪まない人生って、どんな人生?
私はゴメンですね。

実生活上でもネット上でも変わりがありません、
私の大好きな友人たちはみんな変わっていますよ。
それもかなり大きく。
思えば、私は小学生の頃から秀才、優等生が大嫌いでしたね。





b0226423_1582361.jpg
b0226423_1581639.jpg
b0226423_158115.jpg
b0226423_158559.jpg
b0226423_1575897.jpg
b0226423_1575356.jpg
b0226423_1574332.jpg
b0226423_1573956.jpg
b0226423_1573422.jpg
b0226423_1572843.jpg
b0226423_1572316.jpg
b0226423_1571291.jpg
b0226423_157720.jpg
b0226423_157179.jpg
b0226423_1565475.jpg
b0226423_1564917.jpg
b0226423_1564356.jpg
b0226423_1563861.jpg
b0226423_1563112.jpg
b0226423_1562629.jpg
b0226423_1562094.jpg
b0226423_1561530.jpg
b0226423_156932.jpg
b0226423_156392.jpg
b0226423_1555725.jpg
b0226423_1555186.jpg
b0226423_1554557.jpg
b0226423_1554080.jpg
b0226423_15534100.jpg
b0226423_1552879.jpg
b0226423_1552031.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-18 15:43 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1612 大正エレジー(スピードアナスチグマート25mmF1.5が描くDecline and Fall)Part 1



いつも書くことですが、
私にとってCマウントレンズの双璧は、
キノプラズマート25㎜F1.5と、
今回のレンズ、スピードアナスチグマート25mmF1.5

前回のダルメイヤー25mmF1.9と同じダルメイヤーのCマウント。
ただし、ペッツヴァールではありません。
レンズの性格には不案内なのですが、
描写性は明らかに異なります。
と言っても、どちらも曰く言い難い玄妙な性格の描写なので、
これも言葉で表現するのは無理。

ただ一つ言えることは、
私はダルメイヤー25mmF1.9を慈しむようにして愛するのに対して、
スピードアナスチグマート25mmF1.5に対してまず感じるのは、
畏敬の念。

オリンパスEP-L1のパラメータも例によって最低に落としてあるのに、
堂々たる立体感と優艶なる柔和さとが両立しています。
大阪市大正区のJR大正駅界隈から旧家並み群を経て、
道頓堀川の突堤伝いに帰るコースを撮りました。
281枚中64枚を2回コースでごらん頂きましょう。
                                                                                                                                                                       

b0226423_2341279.jpg
b0226423_23405655.jpg
b0226423_23405142.jpg
b0226423_23401131.jpg
b0226423_2340316.jpg
b0226423_23395645.jpg
b0226423_2339517.jpg
b0226423_23394686.jpg
b0226423_23394188.jpg
b0226423_2339358.jpg
b0226423_23392719.jpg
b0226423_2339156.jpg
b0226423_2339713.jpg
b0226423_23385935.jpg
b0226423_23385349.jpg
b0226423_23384797.jpg
b0226423_23384128.jpg
b0226423_23383563.jpg
b0226423_2338303.jpg
b0226423_23382422.jpg
b0226423_23374311.jpg
b0226423_23373746.jpg
b0226423_23373113.jpg
b0226423_23372539.jpg
b0226423_23372085.jpg
b0226423_23371495.jpg
b0226423_23363726.jpg
b0226423_23362989.jpg
b0226423_2336238.jpg
b0226423_23361828.jpg
b0226423_23361267.jpg
b0226423_2336690.jpg
b0226423_2336026.jpg
b0226423_23355533.jpg
b0226423_23354955.jpg
b0226423_23354250.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-17 23:43 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1611 ロボグラフィ(ダルメイヤー25mmF1.9はさすがに魔のレンズだった)



私のようなロボグラフィにふさわしいレンズはなにか?
よくそう真剣に考えてみます。

現代レンズは使えません。
古色蒼然としたクラシックレンズなら、
リアリズム写真とアートの狭間に私を遊ばせてくれそうです。

ロボグラフィって、いわば「行間」の眺め。
「余韻」と言ってもよさそうです。
というより、字、文章なしに、行の線だけが見える手紙、
余韻を残す本体そのものがなにもなく、
ただ余韻のような気配が漂っているだけ、
そんな頼りなく儚いもののようです。

7月7日七夕様の日に外出したときに携えたのが、
そんな行間レンズ、余韻レンズの一つの極致、
ダルメイヤー25㎜F1.9。
19世紀のペッツヴァールの末裔がこれ、というわけです。

前回はペッツヴァール58㎜を楽しんだわけですが、
こうして肩を並べて遊ばせてみます、
なんだかダルメイヤーでも十分楽しませてくれる、
おんな印象がかえってきます。
こいつは一生の伴侶となりそうです。




b0226423_22251727.jpg
b0226423_22235972.jpg
b0226423_22234710.jpg
b0226423_22234186.jpg
b0226423_22233525.jpg
b0226423_22232970.jpg
b0226423_22231755.jpg
b0226423_22231197.jpg
b0226423_2223361.jpg
b0226423_22222070.jpg
b0226423_22221343.jpg
b0226423_2221773.jpg
b0226423_2221155.jpg
b0226423_22205591.jpg
b0226423_22204770.jpg
b0226423_22204137.jpg
b0226423_22203611.jpg
b0226423_22203012.jpg
b0226423_2220135.jpg
b0226423_2220450.jpg
b0226423_22195673.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-16 23:09 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)