レンズ千夜一夜

<   2016年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1570 西大寺(パンタッカー40mmF2.3は玄妙な描写に巧みなようで)



4月25日揚琴レッスンはしご日のラストです。

午後3時からは奈良の大和西大寺が舞台。
いつも2時54分着の快速で西九条から直行し、
撮影しつつ、レッスン場に直行します。

今日はうれしいことがありました。
授業時間の終わり近くに、
髭を蓄えた堂々たる体躯の男性が入ってきました。
風格から楽器をするような人に見えなかったのですが、
前回から陳少林先生に二胡入門されたのだそうです。
入ってきておっしゃった言葉、
「CDを聴いておられると思って、遠慮して外で待っていました。」
この言葉、しっかりと記憶してくださいよ。
私が伴奏しているにもかかわらず、
録音だと思われたのですぞ!

まだ一曲する時間があったので、ちょっと緊張しました、
と言えば、これは嘘。
ちっとも緊張しません。
私は、独奏のときは緊張しますが、
伴奏のときはコンサートホールでも緊張しません。
誰も注目しないことを知っているからです。

それほどに、私は伴奏向きの人間なのです。
前回のレッスンから、
実はたったの一度も練習したことがなかった曲ですが、
なにしろ9年間練習してきた曲です。
幾度か怪しい箇所はありましたが、平気で弾き続けました。
この頃身につけた芸当です。
(嘘つけ!
現役時代も一杯しくじったのに、
いつも知らんぷりしてたじゃないか?
などとおっしゃるあなた、同類ですね)

今日は妻が2泊旅行から帰ってくる日なので、
駅への帰り道はカメラを出さず、ひたすら急ぎ歩き。
結局、往路だけ撮った写真をごらんいただきましょう。
いつもながらのロボグラフィ。

飽きもせず、よくもこんな道ばた写真ばかり!
そうお感じになっておられるでしょうけど、
これも、二胡の伴奏をするときと同じ気持ち。
誰も注目しないので、気楽に撮ることができます。
これがロボグラフィの利点ですね。

あなたは道すがらあれこれと深い思索に沈潜しつつ、
撮影されることでしょう。
私は深い思索とは無縁の人間なので、
ばりばりと撮りまくるだけ。
閉店までに在庫をどれだけ売り捌くか?
なんて、量販店の店長みたいな撮り方ですが、
大阪弁で言うと、「撮ってなんぼ?」の世界です。
どんなに深く思索をめぐらせて撮っても、
現代のデジタルレンズは超リアルな画像なので、
写ったものがつまらなければ、意味がありません。

私の場合、どんなに軽快に撮りまくっても、
古代レンズがちゃんと好みのイメージにしてくれます。
私が現代レンズを使う日は永遠に来ないでしょう。





b0226423_12473679.jpg
b0226423_12473063.jpg
b0226423_12472331.jpg
b0226423_124713100.jpg
b0226423_1247734.jpg
b0226423_1247280.jpg
b0226423_12465688.jpg
b0226423_12465136.jpg
b0226423_12464417.jpg
b0226423_12463899.jpg
b0226423_1246321.jpg
b0226423_12462786.jpg
b0226423_12462175.jpg
b0226423_12461520.jpg
b0226423_1246713.jpg
b0226423_1246152.jpg
b0226423_12455553.jpg
b0226423_12455063.jpg
b0226423_12454426.jpg
b0226423_12453936.jpg
b0226423_12453344.jpg
b0226423_12452675.jpg
b0226423_12452076.jpg
b0226423_12451464.jpg
b0226423_1245753.jpg
b0226423_1245197.jpg
b0226423_12445688.jpg
b0226423_12445045.jpg
b0226423_1244444.jpg
b0226423_12443657.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-29 12:52 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1570 西九条(パンタッカー40mmF2.3は凄いレンズだったらしい)



私が自分の撮った写真を自分の写真作品とは考えていないことは、
幾度か書いてきました。

本気に受けとって下さる方はあまりないかも知れません。
ただの文学的レトリック、気どり、
そう受けとる方がほとんどでしょう。
でも、文学的レトリックでも気どりでもありません。
現場を知っている私の実感なのです。

もちろん私はその瞬間感じます、
「うん、こいつはいい! 
正真正銘のロボグラフィだ!」
そして、私が十分と考えるだけ接近して、
ピントを合わせたら、構図のことなど考えないで、
瞬時にシャッターを落とします。

ライカM9はもちろんですが、
保有するデジタルカメラのあるものは、
私は液晶画面を拡大にして撮り回るのですが、
シャッターを押す瞬間も拡大のままです。
あるものは、フルフレームの画面に瞬時に戻ります。
でも、どのカメラでも変わらず、
液晶画面をチェックすることなく、
シャッターを落としてしまいます。

なぜ?
長年の経験のお蔭で、余分なものは写らず、
私に必要十分なだけ近づいているからです。
そのうえ、これも長年の経験のお蔭で、
水平垂直もノーファインダーで確保できます。

だけど、そのレンズが私の決めた距離でどう撮ってくれるか?
これはまったく私の予測を超えています。
なぜ?
レンズごとに全部雰囲気、味わいが違うからです。

これまで随分撮りましたが、
パンタッカー40㎜F2.3はパンタッカー50㎜に格段に劣る、
そう考えてきました。
しかし、今回の結果を見て、気づきました、
どうやら私の誤断だったらしい。

痩せても枯れても、おっと違った、
レンズがどんなに白濁しても、
パンタッカーはパンタッカー!
この40㎜、やっぱり凄いやつだった!





b0226423_15373999.jpg
b0226423_15373344.jpg
b0226423_15372631.jpg
b0226423_15372122.jpg
b0226423_15371538.jpg
b0226423_1537557.jpg
b0226423_15365921.jpg
b0226423_15364744.jpg
b0226423_15364018.jpg
b0226423_15363572.jpg
b0226423_15362937.jpg
b0226423_15362249.jpg
b0226423_15361693.jpg
b0226423_15361166.jpg
b0226423_1536517.jpg
b0226423_153603.jpg
b0226423_15355352.jpg
b0226423_15354856.jpg
b0226423_15354289.jpg
b0226423_15353513.jpg
b0226423_15352964.jpg
b0226423_153521100.jpg
b0226423_15351469.jpg
b0226423_1535954.jpg
b0226423_1535375.jpg
b0226423_15345757.jpg
b0226423_15345014.jpg
b0226423_15344433.jpg
b0226423_15343664.jpg
b0226423_15343078.jpg
b0226423_15342473.jpg
b0226423_15341812.jpg
b0226423_1534543.jpg
b0226423_15335995.jpg
b0226423_15335261.jpg
b0226423_15334412.jpg
b0226423_1533388.jpg
b0226423_15333017.jpg
b0226423_15332238.jpg
b0226423_1533159.jpg
b0226423_1533779.jpg
b0226423_15325126.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-28 15:44 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1569 バス停まで(パンタッカー40mmF2.3は襤褸は着てても心は錦)



私はブログをほとんど廻らないので、
とても狭い知見の中での推測ですが、
ほとんど同じ場所、それも狭い場所で撮り続けて、
写真を掲載しているブログの筆頭は、私の知る限りでは、
pretty-bacchusさんのブログ「生きる歓び Plaisir de Vivre。」

ご自宅のマンションの窓からの光景だけで、
多彩で華麗な写真群を掲載されるのですから、
誰も真似ができません。

後は、2、3、4、5がなくて、6位に私のバス停シリーズ、
という感じかも知れません。
とは言え、私のシリーズは田舎道だけに、
時間経過とともに、古びて行く世界。
それだけ被写体となるものは多いのが利点ですね。

リコーGX-Rに付けたレンズはアストロ・ベルリン
パンタッカー40mmF2.3

私にとって、パンタッカー50mmF2.3は、
ホロゴンの最高の伴侶なのですが、
この40mmは50mmよりも少し古いレンズらしく、
もちろん第2次世界大戦前の製品。
同じくノンコートですが、もう使い倒されて、
白く混濁して、まさにボケレンズ。
でも、なぜか存在感があって、でも、
ほっとするような柔和でおとなしい描写をプレゼントしてくれます。





b0226423_15171637.jpg
b0226423_15171136.jpg
b0226423_1517612.jpg
b0226423_15165984.jpg
b0226423_15165425.jpg
b0226423_15164866.jpg
b0226423_15162332.jpg
b0226423_15161842.jpg
b0226423_15161391.jpg
b0226423_1516888.jpg
b0226423_1516317.jpg
b0226423_15155864.jpg
b0226423_15155266.jpg
b0226423_151546100.jpg
b0226423_15154198.jpg
b0226423_15153582.jpg
b0226423_1515298.jpg
b0226423_15152459.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-27 15:19 | Comments(0)

1568 残像(ペッツヴァール75mmF2.3は忘却の彼方に手を伸ばすようで)


音楽演奏にポルタメント (portamento ) という奏法があります。
ウィキペディアの定義によれば、
ある音から別の音に移る際に、
滑らかに徐々に音程を変えながら移る演奏技法である。

往年の伝説的な大指揮者メンゲルベルクが、
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の指揮者として君臨し、
ポルタメント奏法を巧みに利用した蠱惑に満ちた熱演で
一世を風靡しました。
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」の序曲と終曲のような
じりじりとくすぶり燃える情熱の表現を得意としたのですが、
大阪梅田から奈良への帰り道に撮った写真を見ていると、
ヴェールのようにフンワリとまとわりつくようなフレアに、
このポルタメント奏法を思い出してしまいました。

ペッツヴァール75㎜F2.3って、古き良き時代の名残りとして、
ポルタメントレンズなのかもしれません。





b0226423_17231370.jpg
b0226423_1723620.jpg
b0226423_17225220.jpg
b0226423_1722463.jpg
b0226423_17224125.jpg
b0226423_17223561.jpg
b0226423_17222963.jpg
b0226423_17222353.jpg
b0226423_17221889.jpg
b0226423_1722124.jpg
b0226423_1722720.jpg
b0226423_1722041.jpg
b0226423_17215438.jpg
b0226423_17214854.jpg
b0226423_17214225.jpg
b0226423_17213754.jpg
b0226423_1721305.jpg
b0226423_1721252.jpg
b0226423_17211949.jpg
b0226423_17211428.jpg
b0226423_1721554.jpg
b0226423_172105.jpg
b0226423_17205541.jpg
b0226423_17204979.jpg
b0226423_17204426.jpg
b0226423_17203815.jpg
b0226423_17203141.jpg
b0226423_17202542.jpg
b0226423_17201892.jpg
b0226423_17201371.jpg
b0226423_1720717.jpg
b0226423_1720256.jpg
b0226423_17195615.jpg
b0226423_17194851.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-26 17:25 | petzval75/2.3 | Comments(0)

1567 バス停道(ペッツヴァール75mmF2.3のイメージは夢模様)



私は田舎に住んでいますので、
我が家からバス停までの3つのルートは、
それぞれに個性的なロボグラフィルート。

カメラはソニーα7、
レンズはペッツヴァール58mmF2.3

中将姫光学さんからお借りしている逸品です。
いかにもペッツヴァールらしいフレアに包まれて、
陳腐な表現ですが、まるで夢のよう。
このレンズがあれば、
タンバールはちょっとつらいですね。





b0226423_22332832.jpg
b0226423_22332246.jpg
b0226423_22331757.jpg
b0226423_22331274.jpg
b0226423_2233644.jpg
b0226423_2233061.jpg
b0226423_22325350.jpg
b0226423_22324733.jpg
b0226423_22324156.jpg
b0226423_22323630.jpg
b0226423_22323081.jpg
b0226423_22321813.jpg
b0226423_22321254.jpg
b0226423_22322451.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-24 22:36 | petzval75/2.3 | Comments(0)

1566 福島にて(トリプルアナスチグマート15㎜F2.9は片手間撮りが似合って)



4月16日、大阪福島のザ・シンフォニーホールでも諏訪内晶子さんの
ヴァイオリン・コンサートはもちろん妻のお伴。
でも、道中に突然姿を現すロボグラフィたちにも応えたい。
ということで、小さなバッグに潜ませました。
「№1564 バス道」にバス停までの写真をすでに掲載しました。

今回は福島でのコンサートホールと駅の往還と、
昼食を頂いたトルコ料理店ハネダンの室内装飾を撮りました。

いつもながら、とてもおいしいシシカバブでした。
お昼どきなのに、貸し切り状態だったから撮れたのです。
でも、ロボグラフィなんか撮れなくてもいいから、
ハネダンには繁盛してほしいですね。

そんな気持ちをこめて、12枚アップしました。
(こもっているはずはない!
と、おっしゃるあなたはトルコ料理嫌いなのですね。
もちろんこもっています。
関西の方、福島においでの節は、
騙されたと思って、一度おいでください。
ただし、グルメ様御用達ではありません。
安くておいしいお昼を楽しみたい方、限定)





b0226423_1643367.jpg
b0226423_16433161.jpg
b0226423_16432410.jpg
b0226423_16431939.jpg
b0226423_1643133.jpg
b0226423_164381.jpg
b0226423_1643214.jpg
b0226423_16425673.jpg
b0226423_16425074.jpg
b0226423_16424444.jpg
b0226423_164238100.jpg
b0226423_16423183.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-23 16:45 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1565 梅田にて(ペッツヴァール75mmF2.3なら、美女はますます美しく)





b0226423_2210117.jpg




4月21日木曜日、吉田正さんの写真教室でした。
飛びきり素敵な写真を撮る人が揃っています。
どなたも大変にフォトジェニックなスタイルで、
とてもとても敵いません。
その中で、薄汚れたロボグラフィというのも、
もしかすると、場違いかも?

すてきな2時間半が終わって、
新しくできた友人たちと楽しく食事をしてから、
家路につきました。
地下街で、美しい女性を見つけました。
婦人服店の客寄せ用のファッションフォトグラフィ。
とても美しい写真ですが、
これをペッツヴァールでコピーすると、
なおさらに美しくなるのでしょうか?
それとも、ほとんど効果がなくて、ただのコピーなのでしょうか?

中将姫光学さんからお借りしているペッツヴァール75mmF2.3です。
当然、後者だと、私は信じます。
by Sha-Sindbad | 2016-04-21 22:12 | petzval75/2.3 | Comments(0)

1564 バス道(久しぶりに登場したトリプルアナスチグマート15mmF2.9は貫禄で)



私がもっているレンズ中一番小さなのが、
ダルメイヤーの逸品Cマウントレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
4月16日、このレンズを持ち出しました。

ザ・シンフォニーホールでの諏訪内晶子さんのコンサートです。
いつもの撮影用バッグを持ち出すわけにはまいりません。
小型のバッグにしたので、普通ならカメラなど持ち出さない。
でも、私はカメラが手元にないと、どうも落ち着きません。
そんなときに限って、ああ、これを撮りたい、
そんなものに遭遇するからです。
要するに、カメラを持っても持たなくても、
ロボグラフィを見つけてしまうのですから。
私のものの見方になってしまっているのでしょう。
こんなときには、一番小さいこのセットの出番。
なんだかコンサートの度にこのレンズを持ち出しているみたい。

今回もまずバス停までの8分間に、
いろいろと見付かりました。
35枚中15枚をピックアップしました。

ミニホロゴンとあだ名していますが、
それは、周辺光量の落ち方がホロゴンに似ていて、
基本的にf8に絞ってノーファインダーで撮るから。
これは、液晶で見ても、暗くてよく分からないから、
仕方がないのです。
でも、今回は開放でも撮りました。
絞っても開いても変わりません。
ダルメイヤーらしい柔らかな描写が私の心を温かくします。





b0226423_17245623.jpg
b0226423_17245094.jpg
b0226423_17244548.jpg
b0226423_17244026.jpg
b0226423_17243189.jpg
b0226423_17242346.jpg
b0226423_17241624.jpg
b0226423_1724970.jpg
b0226423_1724323.jpg
b0226423_17235776.jpg
b0226423_17235166.jpg
b0226423_17234548.jpg
b0226423_17233970.jpg
b0226423_17233397.jpg






    [後書き]

      3枚目、椿に影がかかっていますね。
      95%のカメラマンはきっと椿を動かすでしょうね。
      でも、私はしません。
      no makingがモットーだからなのですが、
      実は、そんな撮影効果なんてちらっtも頭に浮かばないからです。
      この光景が良かった。
      だから、撮った、ただそれだけ。
by Sha-Sindbad | 2016-04-20 22:11 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(4)

1563 古市町(キネタール37.5mmF1.8はさすがにクックと微笑みがこぼれ)



3月27日、ちょっとした所要があって、
半時間ばかり歩きました。
帰りは車で戻るので、往路だけ撮影。

カメラはリコーGXR
レンズはクックのキネタール37.5mmF1.8

焦点距離が1.4倍になるので、52.5mmの標準レンズ。
すでに本ブログで16回も採り上げたのですから、
私にとってはお気に入りのレンズ。
最初期に手に入れた映画用レンズの一本。
スピードパンクロの後継レンズのように思われますが、
それだけの奥行きのあるレンズ。

神社の裏道を通ります。
8枚目の写真、椿がなぜか整列していました。
にやっと笑ってしまいました。
みんな上を向いて、しっかり寄り添っています。
こんなことをするのはアマチュア写真家位でしょう。
なぜか整列させるのがお好きなのです。
その分、自然さが消えることなどお気になさらないようで。
結果がすべて、という気持ちが丸見え。

昔所属していた写真クラブの例会で、
京都の椿の名所で撮って来た写真が傑作でした。
土の道一面に散り敷いた数十ではきかない数の椿。
例外なしに、全員、こちらを向いていたのです。

自分ではフォトジェニックな光景を作り出した気持ち。
指導の写真家、一言、
「ご苦労様でした」
一同笑い転げました。

でも、花の写真を見ると、手を加えたな、と、
一目で分かるぎこちなさが残る写真が多いようです。
それなのに手柄顔なのが痛々しい。
よしましょうね。




b0226423_14384865.jpg
b0226423_1438423.jpg
b0226423_14383674.jpg
b0226423_14383071.jpg
b0226423_14382454.jpg
b0226423_14381898.jpg
b0226423_14381245.jpg
b0226423_1438666.jpg
b0226423_14375984.jpg
b0226423_14375266.jpg
b0226423_14374770.jpg
b0226423_14374026.jpg
b0226423_14373592.jpg
b0226423_1437279.jpg
b0226423_14372161.jpg
b0226423_14371569.jpg
b0226423_1437914.jpg
b0226423_1437336.jpg
b0226423_14365896.jpg
b0226423_14365176.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-19 14:42 | Kinetal37.5/1.8 | Comments(0)

1562 加美(アポクロマート18mmF2はやっぱり私には過ぎたレンズかも知れない)



キノプティック、
アポクロマート18mmF2
このような響きに心をときめかす、
それがクラシックレンズファンですね。

キノプティックはかなりの人気ブランドです。
そして、各種焦点距離のアポクロマートは、
中古市場でかなりの高値のようです。
そんないわば高嶺の花を18㎜、25㎜、2本入手できたのは、
まさに穴場中の穴場に幸運にも突き当たったせい。

20数年前にも一本使いました。
アポクロマート100㎜F2
これなど、もう私には絶対に手の出ない高嶺に聳えているようです。
でも、手放したことをまるで後悔していませんね。

私の望む方向は昔も今もソフトなメタモルフォーゼ。
ところが、アポクロマートたちが向かうのは、
ハードなリアリティ、
髪の毛一本さえ切り裂く名剣の切れ味。
かなり隔たりがあるからです。

4月4日大阪加美の孫たちの世話の帰り、
電車時刻までの約15分、それなりに楽しみ、
60枚サクサクと撮りました。
その半分をごらん頂きましょう。

図抜けた切れ味には目をむきますが、
やっぱり私の求める味はダルメイヤーなんだな、
そう再確認するような次第で.............





b0226423_11305657.jpg
b0226423_11305160.jpg
b0226423_11304716.jpg
b0226423_11304282.jpg
b0226423_11303568.jpg
b0226423_11303079.jpg
b0226423_11302168.jpg
b0226423_11307100.jpg
b0226423_1130157.jpg
b0226423_11295617.jpg
b0226423_11294827.jpg
b0226423_11294241.jpg
b0226423_1129349.jpg
b0226423_11292890.jpg
b0226423_11292331.jpg
b0226423_11291777.jpg
b0226423_11291184.jpg
b0226423_1129556.jpg
b0226423_11285926.jpg
b0226423_11285365.jpg
b0226423_11284734.jpg
b0226423_11284161.jpg
b0226423_11283615.jpg
b0226423_11283073.jpg
b0226423_11282493.jpg
b0226423_11281889.jpg
b0226423_11281397.jpg
b0226423_1128826.jpg
b0226423_1128031.jpg
b0226423_11275182.jpg
b0226423_11274591.jpg
b0226423_11273624.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-18 11:34 | Apochromat18/2 | Comments(0)