レンズ千夜一夜

<   2016年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

1508 文房具ファンタジー(ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8で企業スパイごっこ)



1月30日土曜日、うれしい日でした。
ヨドバシカメラに修理に出していたソニーα7が帰ってきた!

まったく理由なく、と、自分で思っているだけで、
なにか原因があったはずなのですが、
突然に壊れてしまったシャッター幕。
返却カウンターで対面。
病気は完治したようです。
3ヶ月の保証付きです。
人間の病気にもこんな保証をつけて欲しいですね。
「完治保証 
保証期間は生存全期間」
まず32ギガのSDカードと電池をセット。
4月30日までバンバン使いましょう。

そして、さっそくレンズをセット。
ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8
1910年代のレンズなのだそうです。
レンズ自身の直径がせいぜい19㎜、
鏡胴の大きさも直径25㎜、
ライカMマウント部を除く長さが50㎜、と、
63㎜の長めの標準レンズとしてはかなり小型。
使えば使うほどに、持てば持つほどに、
愛着のにじみ出て来る愛らしいレンズです。

カウンターから振り向いて、
近くのベンチで待っている男性を撮影。
見事に撮れました。
早速ヨドバシの地下2階、文房具売場を撮影。

このレンズ、絞ればさらに怪物ぶりを発揮しそうですが、
性格上、どうも絞りたくないので、
当分は開放専科で使います。

レンズの包みに付いていた輪ゴムをもらって、
絞りレバーをレンズに固定。
体裁の悪いことはしたくない、そんな気持ちで、
輪ゴムなどレンズに巻く人は少ないですね。
私は身なりも含めて、完全実質主義。
みすぼらしいけど、気になりません。
人にどう思われるか気にしないのが私の性格。

F4.8もあるのですから、被写界深度がかなりあって、
一見、ボケの効果など期待できないのですが、
実は文字通り朦朧状態で撮れます。
合焦部分も朦朧。
でも、拡大してみると、ピントの芯はしっかりとしている。
ソフトレンズとしての最適条件を満たしているという感じ。

エルマジ95mmF2.4で、私のレンズ歴は打ち止めにして、
これからは生活費も足しにするために、
ひたすら売却一方に、そう心に決めたのに、
このレンズには抵抗できませんでした。

まるで禅の境地に遊ぶような幽玄レンズ。
久々の愛機ソニーα7とともに、
すっと手になじみました。
なんだかヨドバシカメラをぐるぐる回るだけでも、
楽しいロボグラフィがどっさり撮れそう。
でも、企業スパイと間違われそうですね。
よしましょう。




b0226423_13321826.jpg
b0226423_13321368.jpg
b0226423_1332840.jpg
b0226423_1332313.jpg
b0226423_13315627.jpg
b0226423_13315086.jpg
b0226423_13314351.jpg
b0226423_13313862.jpg
b0226423_13313170.jpg
b0226423_13312699.jpg
b0226423_13312189.jpg
b0226423_13311680.jpg
b0226423_13311026.jpg
b0226423_1331543.jpg
b0226423_13305858.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-31 13:36 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)

1507 大王町で試写Part2(エルマジ95mmF2.4はやっぱり女王にふさわしい威厳を) 



1月23日土曜日、三重県に参りました。
親友のAKさんとリコーダー二重奏を楽しむためだったのですが、
午前中、大王町に立ち寄ったために、
彼のお宅に着いたときは午後3時でした。
その代わり、ロボグラフィ撮影を満喫しました。

持参したセットは、
エルマジ95mmF2.4付きライカM9

大王町は風光明媚の故でしょうか、
画家の町と知られる港町。
港近くの駐車場に車を止めて、
大王崎付近まで路傍、港、観光街を撮影しました。

まず戸惑ったことは、前回最初に使ったときと同じこと、
エルマジ95mmF2.4の画角の狭さ。
おかげで、撮影ディスタンスが3m前後と、
ドラマチックに遠のきました。
かなりスケールの小さなロボグラフィばかり撮っているようです。

ホロゴンはスィープ方式。
両手をぐっと大きく拡げて、眼前の光景全部を頂きます。
エルマジ95mmF2.4はポイント方式。
前にぐっと手を指し伸ばして、指さします。
これはこれで爽快。

355枚撮りました。
別ブログ「わが友ホロゴン」にシリーズとして掲載します。
(ただし、溜まりに溜まっているので、いつになるか?)

今回は5枚ピックアップしました。

ペッツヴァールらしさがどこにあるか?
こうまともに自問してみると、
答えは一つ、
どうもよく分からない。
今まで使ったペッツヴァールとは違って、
どこかまともなたたずまい。

それでどう、気に入ったの?
そう質問を切り替えてみると、
もちろん、大いに気に入った!
とても澄んだ空気感がふんわりと漂うようです。
気品を感じます。
ローランドのクラインビルド・プラズマート75mmF2.7に
ちょっと雰囲気が似ているのでは?
そんな感じがしてきました。





b0226423_2304942.jpg
b0226423_2304263.jpg
b0226423_2303636.jpg
b0226423_2302921.jpg
b0226423_230227.jpg





[後書き]
風光明媚な大王崎に来て、
なんだ、こりゃ?
とくに、最後の写真。
ただの工事用の幕じゃないか?
そうお感じの方は、私のブログとは無縁、
そうお考えくださいね。
最後の写真は、白い髯の老人、
まあ、詩的に言えば、
離騒の詩を吟じる屈原、
その秋霜烈日の姿を感じ取られた方は、
私のお仲間ですね。 
by Sha-Sindbad | 2016-01-30 23:03 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1506 大王町で試写(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8って、一体何なのだ!!) 



親友のAKさん、おもしろいことを考えました。
レンズ特性をあれこれと考慮した末のことなのだそうですが、
そのあたりは私にはチンプンカンプンなので、
結論だけ書きますと、
ポケットブローニーベス単の単玉レンズ、
メニスカスアクロマート120mmF11を2つ組み合わせて、
ニューレンズを作ってみよう、そう思いつかれたのです。

8個だったか、10個だったか、ベス単を買い集め、
宮崎貞安さんに相性のよいレンズをテストしてもらって、
ライカMマウントレンズに仕立ててもらいました。
プロターがその典型ですが、2つ組み合わせて、
ドッペルプロターに仕立てると、
焦点距離、レンズの明るさ、どちらも半分になります。
同様の変身を遂げて、できあがったニューレンズは、
だから、たった2群2枚です。
この世にたった一本のレンズ!
私が命名したのですが、

    ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8

ソニーα7が修理中なので、ソニーNEX-5につけました。
おもしろいもので、実質126mmと、
オリジナルの焦点距離近くに戻りました。

開放値が暗いので、開放以外では撮れません。
液晶ファインダーが見えないからです。
開放値は暗いのですが、実質上望遠レンズなので、
ちゃんとぼけてくれます。
フレアもあって、実に素敵な画像をプレゼントしてくれます。

でも、その画像はなんだか不思議なのです。
大口径レンズじゃないのに、猛烈にボケます。
開放値はF4.8とかなり暗いのに、なぜかペアーピン。
でも、写りの印象は軽くはありません。
颯爽とした雰囲気はないんだけど、
もっさりと鈍重で、野暮ったいというわけじゃない。
要するに、はやりの言葉で、
「経験したことのない」描写をプレゼントしてくれます。

被写体を選ぶし、撮り方を選ぶのかも知れません。
これはもしかすると、絞り込んでこそ価値あるレンズかも知れません。
じっくりと付き合うだけのなにかを持っている、
ひとまず、そんな結論に達しました。




b0226423_18315368.jpg
b0226423_18314787.jpg
b0226423_18314166.jpg
b0226423_18313580.jpg
b0226423_1831222.jpg
b0226423_18311552.jpg
b0226423_1831265.jpg
b0226423_18305698.jpg
b0226423_18305046.jpg
b0226423_18304121.jpg
b0226423_18303194.jpg
b0226423_18302423.jpg
b0226423_18301819.jpg
b0226423_18301050.jpg
b0226423_1830340.jpg
b0226423_18295794.jpg
b0226423_18295149.jpg
b0226423_18294559.jpg
b0226423_18293878.jpg
b0226423_18293237.jpg
b0226423_18292550.jpg
b0226423_18292040.jpg
b0226423_18291480.jpg
b0226423_1829820.jpg
b0226423_1829243.jpg
b0226423_18284830.jpg
b0226423_18284247.jpg
b0226423_1828351.jpg
b0226423_18282936.jpg
b0226423_18282323.jpg
b0226423_18281671.jpg
b0226423_1828918.jpg
b0226423_1828230.jpg
b0226423_18275656.jpg
b0226423_18274747.jpg
b0226423_1827397.jpg
b0226423_182732100.jpg
b0226423_18272348.jpg
b0226423_1827151.jpg
b0226423_1827856.jpg
b0226423_18262672.jpg
b0226423_18261751.jpg
b0226423_18261091.jpg
b0226423_18255187.jpg
b0226423_18254386.jpg
b0226423_18253567.jpg
b0226423_18252716.jpg
b0226423_18251955.jpg
b0226423_1825118.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-29 18:36 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)

1505 梅田で(キノプラズマート25mmF1.5MをMヘリコイドで初使用)Part2



もう一つ利用法を思いつきました。
ヘリコイドのあるレンズはもとより、
ヘリコイドのないレンズの底にL→Mリングを接着します。
鏡胴が足りないレンズは必要な長さの接写リングを
つなげればよいだけ。
すると、たいていのレンズがMマウントレンズに変身!
未改造のレンズ、カメラが
まだ10個ほどあちこちに転がっています。
みんな名レンズたち。
試してみましょう。
カメラの分解解説書を買わなきゃ!
ワクワクしてきました。

おっと、この記事の本題は、
キノプラズマート25mmF1.5Mの作例、パート2でした。

今回は35枚ごらん頂きましょう。
中途あたりのカメラ店風景は、
日本のクラシックカメラ店の中でも有数の老舗、
カメラのマツバラ光機。

目玉ギョロギョロの映画用カメラを構成する3本のレンズは、
いかにも名画を撮れそうな面構えですが、
ご主人のお話では、すべてアストロ・ベルリンのパンタッカー。
いわば、キノプラズマート25mmのような16㎜用レンズなんか、
まだまだ甘っちょろい、ひよっこだよ、という風情。
もうこのカメラだけで、
このお店にうごめく魑魅魍魎の凄さを推測していただけるでしょう。

私はこのご主人の松原さんと話をしたくて立ち寄るだけで、
そこらあたりにごろごろ転がっている超名玉たちには、
できるだけ目を背けることにしています。
どうせ私の手の出るレベルじゃないので、目の毒。

そんな境遇だけに、
このキノプラズマート25mmF1.5M、
ますます「出来が悪い子ほど、可愛ゆうござる」というところ。




b0226423_11354414.jpg
b0226423_11353839.jpg
b0226423_11353399.jpg
b0226423_11352871.jpg
b0226423_11352335.jpg
b0226423_11351610.jpg
b0226423_11351116.jpg
b0226423_1135580.jpg
b0226423_11345959.jpg
b0226423_11345124.jpg
b0226423_11344534.jpg
b0226423_11343967.jpg
b0226423_11343458.jpg
b0226423_11342875.jpg
b0226423_11342210.jpg
b0226423_11341655.jpg
b0226423_11341060.jpg
b0226423_1134468.jpg
b0226423_11335996.jpg
b0226423_11335394.jpg
b0226423_11334797.jpg
b0226423_11334275.jpg
b0226423_11333737.jpg
b0226423_11333120.jpg
b0226423_11332619.jpg
b0226423_11332110.jpg
b0226423_1133156.jpg
b0226423_1133916.jpg
b0226423_1133330.jpg
b0226423_11325546.jpg
b0226423_1132495.jpg
b0226423_11324241.jpg
b0226423_11323630.jpg
b0226423_11322958.jpg
b0226423_11322242.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-29 11:38 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1504 梅田で(キノプラズマート25mmF1.5MをMヘリコイドで初使用)Part1



キノプラズマート25mmF1.5MをソニーNEX-5に付けると、
37.5㎜の広角レンズ仕様となります。

伝説のレンズ、キノプラズマート50mmF1.5Mは、
私が撮ったたった一枚の成果から推して、
おそらく堂々たる重厚な描写をするのでしょう。

Cマウントレンズのキノプラズマートたちは、
重厚さはみじんもなく、むしろ華麗で軽快。

吉田正さんの写真教室の後の午後を、
このレンズに、活躍の場として提供しました。
曾根崎町から中崎町まで、275枚撮ってくれました。

70枚選択して、半分ずつ、2回シリーズでご覧頂きましょう。
いつもどこかにメタモルフォーゼを浮かび上がらせてくれます。

一生付き合って行きたいレンズ。




b0226423_2241555.jpg
b0226423_224993.jpg
b0226423_224363.jpg
b0226423_2235796.jpg
b0226423_2235057.jpg
b0226423_2234412.jpg
b0226423_2233731.jpg
b0226423_2233127.jpg
b0226423_2232484.jpg
b0226423_2231778.jpg
b0226423_22311100.jpg
b0226423_223517.jpg
b0226423_2225714.jpg
b0226423_22250100.jpg
b0226423_222434.jpg
b0226423_2223594.jpg
b0226423_2222983.jpg
b0226423_2222328.jpg
b0226423_2221539.jpg
b0226423_222934.jpg
b0226423_22214.jpg
b0226423_221553.jpg
b0226423_2214610.jpg
b0226423_2213988.jpg
b0226423_2213327.jpg
b0226423_2212764.jpg
b0226423_2212181.jpg
b0226423_2211548.jpg
b0226423_221861.jpg
b0226423_221210.jpg
b0226423_2203978.jpg
b0226423_2203273.jpg
b0226423_2202590.jpg
b0226423_2201712.jpg
b0226423_220973.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-26 22:06 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(2)

1503 バス停まで(キノプラズマート25mmF1.5MをMヘリコイドで初使用)



1月21日木曜日、吉田正さんの写真教室の日。
この日もレンズテストでした。
でも、結果は「合格」と決まっている1本。

    キノプラズマート25mmF1.5M

ライカMマウント改造版です。
もちろんソニーNEX-5+Mヘリコイドで使います。
37.5mmとして使います。

バス停までの7分間、22枚撮りました。
切れ味がよく、ぼけ味もあって、
メタモルフォーゼをふんだんに楽しめるお気に入りの逸品。

Mヘリコイドの使い方が分かりました。
その4mm繰り出しのヘリコイドリングですべての用を足せる!

①スタンダード仕様。
一番単純な使い方です。
レンズを無限遠に固定しておき、
Mヘリコイドを本来のヘリコイドとして使います。
これで本来のレンズよりも接近できます。

②ロボグラフィ仕様
レンズ側ヘリコイドをロボグラフィに一番よく使う距離に
合わせておきます。
私の場合、90パーセントは2m以内ですから、
2mに固定します。
後は、Mヘリコイドで接近します。
これならさらにマクロ的に使えます。

どちらの使い方でも、
距離合わせはMヘリコイドだけを利用します。
迷いがなくていいですね。
そして、どう使おうとも、もっと寄りたければ、
レンズ側ヘリコイドを繰り出せばよい。

Mヘリコイドは、Mマウントレンズたちすべてに、
マクロ方向への新しい視野を開いてくれました。
考えようによっては、Mヘリコイドによって、
Mマウントレンズは同一平面で勝負することになりました。
ますます厳しい勝負を生き抜かねばならないということ。
私にとっては、ますます楽しい人生。

Mヘリコイドを使ったキノプラズマート25㎜、
なかなか幽玄ではありませんか?




b0226423_1612933.jpg
b0226423_1612436.jpg
b0226423_16115881.jpg
b0226423_16115329.jpg
b0226423_16114845.jpg
b0226423_16113648.jpg
b0226423_16113137.jpg
b0226423_16112564.jpg
b0226423_16112012.jpg
b0226423_16111343.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-24 16:14 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1502 5枚セット (ホロゴン15㎜F8UFの近江八幡水郷船着き場で)





b0226423_11425539.jpg
b0226423_11424929.jpg
b0226423_11424458.jpg
b0226423_11423686.jpg
b0226423_114521100.jpg






1月21日木曜日、吉田正さんの写真教室でした。
一ヶ月に一回心を躍らせる日です。
吉田正さんの講義が楽しい。
生徒さんたちの写真が楽しい。
そして、月一回、このときだけ、
人に自分の写真を見てもらうのも楽しい。
楽しいづくめの2時間です。

写真教室の生徒の写真の大半はUSBのファイルで。
少数の生徒だけプリントです。
いつもラストになります。
梅田教室では優れた写真家の女性の後、
最後が私の写真の順番になっています。
私の写真が異質なので、流れを切ってしまうからです。
正直言って、かなり見劣りしますね。
でも、人に見せることを意図しないロボグラフィが
作品性の高い方よりも優れていたら、世話はないですね。

今回は、新年撮影会の近江八幡水郷風景。
Hologon15mmF8UF
すなわち、ホロゴンウルトラワイドから抜き出して、
ライカMマウントに改造したホロゴンで撮った横位置5枚。

あいかわらずの地味なロボグラフィですが、
水郷の水辺風景なので、ちょっと風景写真風のところもあり、
いつもよりは評判が良かったようです。
先生からは、前回同様、
「どうしてこんなに色が揃っているんですか?」
とおっしゃっていただきました。
揃えるもなにも、ただ撮っただけで、プリントしたものです。
2枚ほどは濃度をいつものお好みの暗さの3枚に揃えただけ。

実のところ、私の方こそ、教えてほしいところです、
どうしてこうも地味なんでしょう?
もう少し華麗かつ多彩になりませんかねえ?
近江八幡には写真家の林孝弘さんもおいでになって、
ライカのエルマリート28mmF2.8を駆使してお撮りになった、
水郷の縦位置写真を拝見しましたが、
見事な切れ味と深みを備えた独特のモノクローム作品。
その濃度はあくまでもニュートラルで明澄そのもの。
私のはどんより闇夜そのまま。
私の方で別に変に設定しているわけではないのですがねえ......
by Sha-Sindbad | 2016-01-22 11:46 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1501 バス停まで (Mヘリコイド付きパンタッカー40mmF2.3で道すがら)



以前に友人たちと独立写真集団を作ろうか?
なんて、大それた相談をしたことがあります。
その名前の候補に挙がったのが、
「トロイの木馬」
なんのことはない、「トロいの、ぼくら」という意味。
これじゃ、ねえ.....
もちろん、話も立ち消え.......

公私全般にわたってトロい人生を送ってきた私ですが、
そして、Mヘリコイドの入手経緯においても、
トロさを全開してしまったわけですが、
こうして手には入ったMヘリコイドは使い勝手最高ですね。

我が家からバス停まで徒歩5分の道のりを10分かけ、
24枚撮りました。
カメラはソニーNEX-5A
レンズはパンタッカー40mmF2.3

写真家は被写体を選びます。
レンズ愛好家にしてロボグラフィストの私は、選ばない。
「いつも何度でも」という歌があったようですね。
これですね。
「いつも何度でも」同じモノを撮って、飽きない。
「レンズ変われば、同じモノを撮っても、写真は変わる」
楽しいものです。

19枚ピックアップしました。
大半、Mヘリコイドを使いました。
パンタッカーだったら、こんな風に見るんだな、
そんな感じがした写真たち。




b0226423_2211268.jpg
b0226423_22105516.jpg
b0226423_22104235.jpg
b0226423_22103667.jpg
b0226423_22103087.jpg
b0226423_22102160.jpg
b0226423_22101352.jpg
b0226423_2210640.jpg
b0226423_2295914.jpg
b0226423_2295410.jpg
b0226423_2294870.jpg
b0226423_2294237.jpg
b0226423_2293754.jpg
b0226423_2293178.jpg
b0226423_2291832.jpg
b0226423_2291212.jpg
b0226423_229683.jpg
b0226423_22906.jpg
b0226423_2285423.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-20 22:14 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1500 永遠なれ!(1500回でようやく決まった女王位には、エルマジ95㎜f2.4)



寒波襲来
当然ながら、寒いですね。
二重サッシの上、耳栓をして寝るので、
夜来風雨の声はまるで聞こえなかったのですが、
突風が吹いたらしく、自転車も大きな植木バチもぶっ倒れていました。
北国は大変な寒さでしょう。
yoshiさんが昨年と今年の同じ交差点の写真を並べて、
まだ雪がない、などと書いたせいだという噂も
あるような、ないような......?

午前中さまざまな野暮用で5カ所も訪ねて、忙しい。
でも、合間を見て撮りましたし、
午後は1時間45分撮りました。
ニューレンズ、

    エルマジ95㎜f2.4

名前がぽんぽん変わるのに、戸惑っておられるかもしれません。
レンズ鏡胴にしっかりと刻印されていたのです、
f=95m/m
たしかに実際の焦点距離は90㎜なのです。
でも、エルマジ社はこれを95㎜と表示したのですから、
尊重せざるを得ません。

絞りがないので、すべて開放。
撮れば撮るほど、心を奪われました。
375枚撮ってみて、はっきりと確信しました。
紛れもなくペッツヴァール!
このレンズが私の女王レンズだ!

その理由は、私がさっとピックアップした写真たちで明らか。
そう思うのですが...........




b0226423_224995.jpg
b0226423_2249313.jpg
b0226423_22485782.jpg
b0226423_22485177.jpg
b0226423_2248444.jpg
b0226423_22483843.jpg
b0226423_22483120.jpg
b0226423_22482632.jpg
b0226423_22482083.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-19 22:54 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1499 試写報告(エルマジ90㎜f2.4がライカMマウントになって堂々登場!)

エルマジ95㎜f2が今朝帰還しました!
宮崎貞安さんの手でライカMマウントレンズに変身。

変身はそれだけではありません。
宮崎さんの検査の結果、95㎜ではなく、90㎜だったこと、
開放値はf2ではなく、f2.4だったことが判明。
そこで、改名。

エルマジ90㎜f2.4

宮崎貞安さんのテスト結果では、

色収差は並で、ペッツヴァールとしては少々大きい。
磨き 良い
組み立て 微少偏芯
色 大変良い
コート 無
やや軟調だけど、球面収差を赤に補正すれば、相当解像度がup。
2群のレンズ群の中間にf3.5位のペーパー絞りを入れると、
大幅に性能がupします。

ペッツヴァール型の抜けの良さを活かすために処理も。

レンズ内部の欠けた部分に黒塗り。
ヘリコイド内面反射防止のために、コードテープ貼付。
そのうえ、不要とお断りしていたフードまで付けて頂きました。

感謝!

早速2つの実験。
まず、第1回実験「ライカM9で撮る」
書斎の椅子に座ったまま、ぐるりと椅子を回して撮りました。
まず、ご覧下さい。


b0226423_21322078.jpg
b0226423_2132863.jpg
b0226423_15381381.jpg
b0226423_1538617.jpg
b0226423_15375941.jpg






次に、第2回実験「ソニーNEX-5で撮る」
90㎜オリジナルが135㎜望遠になっています。
最短撮影距離が115㎝から95センチに短縮されています。
これもご覧下さい。



b0226423_15335878.jpg
b0226423_15334930.jpg
b0226423_15334111.jpg
b0226423_1533353.jpg
b0226423_15332051.jpg
b0226423_15331153.jpg
b0226423_15325343.jpg
b0226423_15324559.jpg
b0226423_15323917.jpg
b0226423_15323232.jpg
b0226423_15322616.jpg
b0226423_1532196.jpg





さて、2回の実験で分かって来る描写は?
どうもよく分かりませんねえ............... ?
分かることは、かなりコントラストもよくて、色もよい。
描写はあくまであたたかく柔らかいけど、
とても整然とした描写なので、
ペッツヴァールと分かる人は少ないだろう、ということ位。
やっぱり戸外のロボグラフィでないと、
エルマジ90㎜f2.4の実力を確認するのは無理なようですね。
早速明日出かけてみましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-01-18 14:58 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)