レンズ千夜一夜

<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

1417 加美の通り (大阪の下町加美はホロゴン15㎜F8Uとも相性がよいらしい)



表題にああは書きましたが、
実のところ、どんなストリートでもホロゴン15㎜F8Uは相性よしのようです。
どうやら、このレンズ特有の激しい周辺減光のお蔭らしい、
そんな感じがしています。
どんなものにレンズを向けても、
この周辺減光が構図まがいの枠組みを作ってくれるからです。

そこで気づいたのですが、
ホロゴンウルトラワイド時代、
私はやっぱりまだ屈託があったらしい。
持ち方の問題です。
カメラ本体の側面から少しでも指が出ると写ってしまう。
だから、ちょっと大きめのカメラなのに、持ち方は特殊でした。
画家は構図をとるために、両手の指で長方形を作りますね。
あんな手つきでボディを握らなくてはならなかったのです。
その分だけ、カメラに気を使っていたらしい。

ソニーα7では、グリップを握ったままでも平気で撮れます。
その分だけ、カメラはさらに黒子に徹してくれているらしい。




b0226423_2157177.jpg
b0226423_21571142.jpg
b0226423_2157685.jpg
b0226423_2157095.jpg
b0226423_21565413.jpg
b0226423_21564880.jpg
b0226423_21564392.jpg
b0226423_21563733.jpg
b0226423_21563133.jpg
b0226423_21562268.jpg
b0226423_21561669.jpg
b0226423_2156923.jpg
b0226423_2156222.jpg
b0226423_21555736.jpg
b0226423_2155527.jpg
b0226423_2155462.jpg
b0226423_21553916.jpg
b0226423_21553352.jpg
b0226423_2155276.jpg
b0226423_21552182.jpg
b0226423_21551627.jpg
b0226423_21551397.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-30 22:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1416 記念碑 (三重県では主役の筈のホロゴン15㎜F8Uがチョロロボで)



三重に参りました。
実はアルトリコーダーの二重奏をするのが目的の一つ。
それ以外にもいろいろ夢中になることがあったために、
撮影した写真は30枚だけ。

Hologon15mmF8Uを持参しました。
私の撮影はいつも片手間、ランブリングフォトグラフィですが、
今回はランブリングもなし。
ただ、車から降りたときと車の中、
この2つの機会に撮っただけ。
チョロスナって言葉がありますが、
ちょろっとロボグラフィなので、チョロロボ
でも、こんな撮影も楽しいものです。

そして、何十年ぶりかで、アルトリコーダーの二重奏を楽しみました。
「荒城の月」とか「グリーンスリーブズ」といった定番をさらりとやって、
(この言葉に、ふむ、かなりできる人なんだな、とお感じのあなた、
確かな目をお持ちですね)
最後に、ジャン・バティスト・レイエの作品1のソナタをやりました。

何十年ぶりかの独習リコーダーを3ヶ月前に再開したばかり。
もちろん独習の記憶などさらりと消えていましたので、
初心者同然。
そんな私の実力ではちょっと、どころか、むちゃくちゃ上級すぎる曲です。
曲の4分の3あたりで、なぜかずれてしまいました。

相棒は、プロではありませんが、年季の入った木管奏者です。
日本を代表するフルーティスト有田正広さんに、
チェンバロで伴奏してもらったこともある人。
だから、クラッシュの理由は詮索したくないですね。
今関心を集中したいのは、
それまでは、きちんとハーモニーしていたこと!

アルトリコーダーの二重奏をお聴きになったことがありますか?
優れた演奏家がやりますと、天上の音楽になります。
優れていない私でも、こんなときは息を潜めて、
パートナーに合わせようとします。
相棒の音楽室は、最高の音質で響くように、
相棒自身が設計した広大とも言える空間です。
その空間に清らかに澄んだサウンドがひっそりと広がっていく、
そんな感じでした。

思わず涙がこぼれそうになって、相棒にそう言いますと、
「それは大げさですよ」
という言葉に、
ふむ、どうやら相棒さん、私とは異なる感想を抱いたんだ、
などと思う方は許しません!

今回の写真の大半はこの記念すべき演奏の直前に撮ったものです。
演奏の混沌、混濁の結末を予感しているな、などと感じる方も許しません。

バロック音楽にふさわしく、さまざまな異質なファクターが寄り添って、
幸せなハーモニーを作り出してるなあ、
正しくそうお感じになった方、今後も末永くよろしくお願いします。




b0226423_1571388.jpg
b0226423_157690.jpg
b0226423_157277.jpg
b0226423_1565724.jpg
b0226423_1565120.jpg
b0226423_156453.jpg
b0226423_1564078.jpg
b0226423_1563479.jpg
b0226423_1562996.jpg
b0226423_156236.jpg
b0226423_1561488.jpg
b0226423_156929.jpg
b0226423_156376.jpg
b0226423_1555796.jpg
b0226423_1555175.jpg
b0226423_1554012.jpg
b0226423_1553572.jpg
b0226423_1553044.jpg
b0226423_1552459.jpg
b0226423_1551869.jpg
b0226423_1551278.jpg
b0226423_155386.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-29 15:10 | Hologon15/8U | Comments(0)

1415 バス停 (バス停道の往還はホロゴン15㎜F8Mで鼻歌まじりにそぞろ歩き)



9月17日に戻ります。
ホロゴン15㎜F8Uでしか撮らなくなる直前、
Mマウントホロゴンはご機嫌でロボグラフィを切りまくっていました。
ホロゴン15㎜F8M全盛期の終焉を迎えようとしていることに気づかず。
後半、重複写真のような感じになりますが、
これはバス停から家路を急ぐ私の姿。
視線の方向がちょっと逆になっていることにお気づきでしょうか?




b0226423_21363577.jpg
b0226423_21362944.jpg
b0226423_21362335.jpg
b0226423_21361770.jpg
b0226423_21361115.jpg
b0226423_2136389.jpg
b0226423_21355695.jpg
b0226423_2135495.jpg
b0226423_21354392.jpg
b0226423_21353722.jpg
b0226423_21352962.jpg
b0226423_21352346.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-28 21:38 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1414 新大阪2(2015年9月19日新大阪駅はホロゴンを待っていたらしい)



前回の残り写真一挙公開です。
いくらなんでも多過ぎますね。
私も疲れました。



b0226423_14151668.jpg
b0226423_1415348.jpg
b0226423_14145777.jpg
b0226423_14145269.jpg
b0226423_14144671.jpg
b0226423_14143979.jpg
b0226423_14143345.jpg
b0226423_14142541.jpg
b0226423_14141756.jpg
b0226423_1414818.jpg
b0226423_1414084.jpg
b0226423_14135493.jpg
b0226423_14134763.jpg
b0226423_14134017.jpg
b0226423_14133589.jpg
b0226423_14132884.jpg
b0226423_14131367.jpg
b0226423_1413769.jpg
b0226423_1413030.jpg
b0226423_14125446.jpg
b0226423_14124879.jpg
b0226423_14123448.jpg
b0226423_14122778.jpg
b0226423_14122034.jpg
b0226423_14121226.jpg
b0226423_1411444.jpg
b0226423_14113792.jpg
b0226423_14112534.jpg
b0226423_14111431.jpg
b0226423_1411751.jpg
b0226423_1411039.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-27 14:16 | Hologon15/8U | Comments(0)

1413 新大阪1(2015年9月19日新大阪駅はホロゴンを待っていたらしい)


二胡のレッスンの空き時間を利用して、
周辺をぐるり一巡して撮りました。
かなり撮れました。

ソニーα7
ホロゴン15㎜F8U
このコンビはまさに黄金のコンビとなりそうです。

新大阪駅との往還での撮影分も含めて、77枚選択しました。
2回に分けて掲載することにします。




b0226423_2394824.jpg
b0226423_2394053.jpg
b0226423_239311.jpg
b0226423_2392489.jpg
b0226423_239181.jpg
b0226423_2391218.jpg
b0226423_239644.jpg
b0226423_2385965.jpg
b0226423_238146.jpg
b0226423_2374997.jpg
b0226423_2374641.jpg
b0226423_2373343.jpg
b0226423_2372645.jpg
b0226423_2372091.jpg
b0226423_237416.jpg
b0226423_2365778.jpg
b0226423_2365046.jpg
b0226423_2364479.jpg
b0226423_2363772.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-24 23:11 | Hologon15/8U | Comments(0)

1412 土曜市(2015年9月19日新大阪駅の朝は土曜市でにぎわっていた)



ずいぶん長い間、今日東寺の弘法市にご無沙汰しています。
以前はかなり通い、私家版ですが、弘法市の写真集も作ったほど。
昔はのどかな雰囲気でした。
観光客があまり多くなかったからです。

2、3年前に1度久しぶりに顔をのぞかせてみました。
がっかりしました。
観光客の渦。
骨董商たちは撮影を嫌ってぎすぎすとした表情。
もう楽しい写真の撮れるスポットではなくなっていました。

骨董商たちがカメラマンを嫌うのも無理からぬ事情があります。
土足で商品を置いた毛氈に踏み込み、
商品を置き換えて好きなだけ撮影して、
ありがとうも言わずに、ぷいっと次のターゲットに移動。

でも、実はもう一つ事情があるんじゃないかな、と疑っています。
かなり偽物が混じっているのを知られたくないのです。
段々と何も知らない土産物漁りの外国人観光客が増えて、
なんでもない小物や贋造物がかなり捌けるのです。
骨董商たちはさまざまなルートで仕入れる間に、
どうしようもない下手物、贋造物を掴まされることがいくらでもあります。
目利きなら見向きもしない代物ばかり。
そんなものまで捌ける絶好のマーケットになっているのです。
だから、撮られたくない。
目利きが見たら、どの商人か分かってしまうから。
偽物を扱い、客につかませるという評判が立ったらアウトです。
偽物を本物と思わせ、いつまでもばれないように処理する、
これが骨董商の真骨頂、正念場、なんて書いたら、
骨董商たち怒るでしょうね。
でも、そうなのだから、仕方がありませんね。

JR新大阪駅前の土曜市はもっとささやかな日常品の市です。
中古CDがちょっとフォトジェニックな形に台に並んでいます。
私はホロゴン15㎜F8Uですから、さりげなく手元で撮りました。
背後からそっとささやく声、
「撮らんといてな」
私もそっと、
「オーケー」
弘法市のようなぎすぎすした殺気がないのがいいですね。

私は関西弁はしゃべれませんが、関西弁が大好き。
その理由はこのあたりにあります。
分かっていただけるでしょうか?




b0226423_1402925.jpg
b0226423_1402339.jpg
b0226423_1401735.jpg
b0226423_1401132.jpg
b0226423_140528.jpg
b0226423_140038.jpg
b0226423_13595525.jpg
b0226423_13594984.jpg
b0226423_13594310.jpg
b0226423_13593790.jpg
b0226423_13593142.jpg
b0226423_13592533.jpg
b0226423_13592044.jpg
b0226423_1359148.jpg
b0226423_1359957.jpg
b0226423_1359378.jpg
b0226423_13585736.jpg
b0226423_13585196.jpg
b0226423_13584650.jpg
b0226423_13583971.jpg
b0226423_13583342.jpg
b0226423_13582828.jpg
b0226423_13582370.jpg
b0226423_13581791.jpg
b0226423_1358819.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-23 14:06 | Hologon15/8U | Comments(0)

1411 今津ヒットエンドラン(ホロゴン15㎜F8Uは残念ながら今津を撮れなかった)



9月20日日曜日の吉田正さんの写真教室。
昨日一日かかった二胡レッスンの疲れがまだ残っているせいか、
午前中の吉田正さんの写真教室が終わったときには、
ちょっと頭がふらっとする感じ。
朝、阪神今津駅から阪急今津駅まで乗り換えする際、
5分あるタイムラグが3分弱。
5分でも走らなければならないので、
普段は知らないくせに、全行程走り続けて、かろうじて間に合いました。
このときの疲れが響いているのかも知れません。

阪神今津駅の西洋料理店でいつものランチを、
といそいそ行ってみると、満員。
店主「カウンターでいいですか?」
私はカウンターは大嫌いなので、「じゃ、いいですよ」
駅のそばの大阪王将で餃子と生ビール中ジョッキもちょっと魅力でしたが、
なんだかニンニク臭紛々として長い間電車で帰るのもちょっと気が引けて、
駅改札口前のパン屋さんで、サンドイッチとアイスコーヒーのランチ。
これがとてもおいしかったので、
これからはここだな、と心に決めました。

行きつけの西洋料理店と駅との往復に撮った21枚だけが、
この日のHologon15mmF8Uの収穫。
頭がちょっとふらふらしていましたので、
写真もちょっとふらついているかもしれません。
でも、あなた任せ、ホロゴン任せで撮っているので、
私としては、これらの行きずり写真だって、ご機嫌です。
14枚選んでみました。




b0226423_1752105.jpg
b0226423_1752583.jpg
b0226423_1752151.jpg
b0226423_17515648.jpg
b0226423_17515114.jpg
b0226423_17514517.jpg
b0226423_17513993.jpg
b0226423_17513573.jpg
b0226423_17512957.jpg
b0226423_17512568.jpg
b0226423_1751209.jpg
b0226423_1751156.jpg
b0226423_1751919.jpg
b0226423_1751416.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-22 17:54 | Hologon15/8U | Comments(0)

1410 大和西大寺(ホロゴン15㎜F8Uでのぞく西大寺はなんだか新鮮だった)



剣によって生きる者は、剣によって死す。
そう言いますね。
レンズによって生きる者は、レンズによって死す。
これぞ、本望。

写真家はレンズによって自分の作品世界が限られるのを嫌います。
タンバール90㎜F2.2を使っての女性写真で一世を風靡した木村伊兵衛は、
誰かにこう言われます、
「タンバールに頼っている限りは、あんたは一介のアルチザンだ」
木村はただちにタンバールを売り払ったそうです。

木村伊兵衛は歴史上タンバールを使いこなしたほとんど唯一の写真家。
この誰かのお節介のお蔭で、
私たちは木村伊兵衛によるタンバール傑作群を見る機会を失ってしまったのです。
このタンバールで誰かが偉大な作品群を生み出したという話は聞いていません。
むしろほとんど誰もタンバールを使いこなせなかったのです。
だから、タンバールを愛好した木村伊兵衛は決して一介のアルチザンではなかった!
むしろ優れた芸術家だったのです。

私に向かって誰も言いませんね、
「ホロゴンに頼っている限りは、あんたは一介のアルチザンだ」
私も、そんなことを言われても決してホロゴンを売り払いませんね。
むしろ喜びますね。
なぜって、未だに使いこなせないのですから。
だから、傑作群なんかも出現しない。
誰も気にも留めない。

でも、いいのです。
私にとって、私のホロゴン写真は永遠に私のものなのですから。

ホロゴンによって生きる者は、ホロゴンとともに死す。

ホロゴンウルトラワイドから抜き出したニューMマウントホロゴン、
撮れば撮るほど、キリリと締まった感じにしびれます。





b0226423_2393196.jpg
b0226423_2392673.jpg
b0226423_2392052.jpg
b0226423_2391460.jpg
b0226423_239986.jpg
b0226423_239369.jpg
b0226423_2385759.jpg
b0226423_2385173.jpg
b0226423_2384565.jpg
b0226423_2384066.jpg
b0226423_238335.jpg
b0226423_2382727.jpg
b0226423_2382240.jpg
b0226423_2381641.jpg
b0226423_2381140.jpg
b0226423_238532.jpg
b0226423_238090.jpg
b0226423_2375481.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-20 23:11 | Hologon15/8U | Comments(2)

1409 西九条2(ホロゴン15㎜F8Uが西九条で20分間駆け回ったら?)



万が一、本ブログに足を踏み入れた方がいる場合に備えて、
誤解のないように、書いておきましょう。

日記は、記録という意味もありますが、
頭慣らしのための雑記帳のようなものです。
思いついたら、そのままざっと書き下ろし、訂正もしない。
ときには、写真も重複して掲載することだって、ざらにあります。
面倒だから、放ってあります。

白い椅子は私の大好きなロボグラフィです。
西九条に行くたびに必ず出向いて挨拶します。
旧友と出会うと、あれこれとその後のことを語り合いますね。
らちもないことばかりですが、それが友情の灯火の燃料。
白い椅子とも会話を交わします。
それが今回の写真たち。
一枚残らず掲載しています。

誰も見ないブログなので、勝手気ままに自分の場としているわけです。
私にとって、写真はこれだけの意味しかありません。
それで十分。
人に見せる?
なにを今更?




b0226423_1285629.jpg
b0226423_128401.jpg
b0226423_1283577.jpg
b0226423_1282994.jpg
b0226423_1282415.jpg
b0226423_128203.jpg
b0226423_1281461.jpg
b0226423_128849.jpg
b0226423_128468.jpg
b0226423_1275917.jpg
b0226423_1275393.jpg
b0226423_1274923.jpg
b0226423_1274188.jpg
b0226423_1272698.jpg
b0226423_1271950.jpg
b0226423_1271346.jpg
b0226423_127870.jpg
b0226423_127311.jpg
b0226423_1265534.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-18 12:11 | Hologon15/8U | Comments(0)

1408 西九条1(ホロゴン15㎜F8Uが西九条で20分間駆け回ったら?)



ホロゴン15㎜F8Uが西九条で20分間駆け回ったら?
いつものロボグラフィが撮れました。
確かにホロゴンはウルトラワイドからMマウントレンズに生まれ変わった。
でも、私は別に生まれ変わっていない。
そのせいでしょうか?

でも、気分だけは一新しています。
人から見れば、別に変わっていないけど、
私としては、また新しい世界が開けたかのよう。
自民独裁政権の支配する無法日本から、
心だけでも抜け出したい気持ちがそう思わせているだけかも?




c0168172_23325496.jpg
c0168172_23324362.jpg
c0168172_23323888.jpg
c0168172_23323337.jpg
c0168172_23322738.jpg
c0168172_23322067.jpg
c0168172_23321481.jpg
c0168172_2332998.jpg
c0168172_2332425.jpg
c0168172_23315950.jpg
c0168172_23315421.jpg
c0168172_23314872.jpg
c0168172_23314361.jpg
c0168172_23312123.jpg
c0168172_23311644.jpg
c0168172_23311038.jpg
c0168172_2331562.jpg
c0168172_23305839.jpg
c0168172_23305325.jpg
c0168172_23304730.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-17 23:38 | Hologon15/8U | Comments(0)