レンズ千夜一夜

<   2015年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

1378 机の陰に(ペッツヴァールとホロゴン15㎜F8Mが書斎で少女を見つけた)


昨日のことです。
書斎で机に向かっていました。
ふっと横を見ると、
机の影に女性が一人、
本当にその場に居るかのような立体感で浮かびあがりました。

よく見ると、フェルメールの「レースを編む女」、
ペッツヴァールの画集の裏表紙でした。
刺繍台が立体的に浮かび上がり、
その向こうに刺繍をする女性(少女でしょうか?)。
本当にその場に居るようなのです。
この後、今もそうなのですが、いくら見直しても、
そこにまだ居て、せっせと刺繍仕事をしている!

そこで、ソニーα7を取りだして、
私の現在のお気に入りレンズ2本で撮影しました。
1枚目がペッツヴァールSVE100mmF2.9
2枚目がホロゴン15㎜F8M
どちらも各レンズの最短撮影距離です。
やっぱり臨場感、立体感十分ですね。

私の知る限り、カメラ・オブスキュラを使った証拠となる、
美術史上数少ない画像の一つです。
一番こちら側の刺繍糸が前ボケを見せているのです。
ところが、少し離れて観ますと、
ボケているように見えるのではなく、
女性よりも糸の方が、観ている私にぐっと近い、
そう見えるのです。
つまり、写真においてもボケの一番の効果である立体感が、
絵の中で実現されている。

私が現実に原画を観て確認できたことは、
この絵と「牛乳を注ぐ女」の2枚は、
アウトフォーカスした光点を丸く浮かび上がらせたり、
刺繍糸やパンの表面を点描で描いたりして、
まさに印象派の技法を使っているということでした。

こうした技法は、カメラ・オブスキュラを使うことで、
フェルメールが、肉眼ではとても起こらないような、
レンズの視覚効果を自分の目で確かめ、
これを絵に活かそうとしたことを表しています。

日本人で、こんなことを言う人がいました、
「フェルメールなんて、
日本人だけがもてはやすだけで、
ヨーロッパでは二流の画家に過ぎない」

私の知る限りでは、
彼を最大限の評価をするヨーロッパ人はいくらでも居ますし、
第一、彼の絵をじかに観たら、彼がどんなに偉大な画家であるか、
一目瞭然なのに、なんだか向こう受けだけを狙った発言じゃないの、
そんな風に感じられました。

私にとっては、彼は奇跡の画家です。
我が家ではからずもそのことが再確認できた想いで、
幸せ。




b0226423_2364157.jpg
b0226423_2363579.jpg




    [後書き]
      そして、付け加えますと、
      今回の2枚、
      しかるべき位置で撮ると、
      超広角レンズも望遠レンズも同じような画像になる、
      ということの証拠となる作例、そんな風に思えます。
      いかがでしょうか?

 
by Sha-Sindbad | 2015-07-31 23:09 | PetzvalSVE100/2.9 | Comments(0)

1377 ポストまでの道(ホロゴン15㎜F8Mでちょっと散歩)



毎晩韓流ドラマを楽しみます。
それが一日の締めくくり。
純粋な人たちの微笑ましくも清々しい人生に心が清らかになります。
もう8年になるでしょうか?
それまで毎晩観ていた映画をすっぱりやめて、
それ以来、韓流ドラマだけ。
私には徹底的なところがあるようで。

このブログも、クラシックレンズ紹介ブログで始まったのですが、
いつしか別ブログ「わが友ホロゴン」に収録できない日常写真を
担当するブログに変わってしまいました。
どちらもただの日記兼写真倉庫。

写真ブログとして成功したければ、
皆さんがおやりになっているように、
紹介するに足りる傑作を選び抜くのが当然の道なのでしょう。
私はそんな道を最初から捨ててしまいました。
私の写真の性質がそれを許さないことを知っていたからです。

写真的見地に立って見る人には、はっきり言って、
私の写真は、闇雲に撮った、ただのがらくた。
分かっています。

私は写真的見地など無縁です。
写真作品など、撮りたくもない。
もっと面白いものが撮れるのだから。

私が撮った写真は、私がなにかを感じ、
なにかの化身と受け立ったものたち。
そのなにかを感じ取らない人にとっては、
無意味そのもの。

韓流ドラマはTSUTAYAとの月極16枚配送契約で楽しんでいます。
今月はまだ4枚残っています。
昨日入れないと、今月中の最後の配送に間に合いません。
どうやら未配送枚数は翌月に回してもらえるのですが、
性格上、今月中に配送してもらいたい。
そこで、近くのポストの集配時間に間に合わせるため、
朝、見終わった4枚をポストに放り込みました。

その往還約15分間、ホロゴン15㎜F8Mで撮りました。
54枚撮ったので、33枚選びました。
全部、ロボグラフィ。
ロボグラフィって、なにかのメタモルフォーゼ写真。
異形の存在がゆらり立ち上ってきます。

「何も立ち上がってこないよ...」
大抵の方はそうおっしゃる。
真っ当な方は皆さんそう。
そう、お考えのとおり、
私にそう見えるのは、
単に気のせいです。
おかしいのです。
というわけで、
さよなら....




b0226423_15465757.jpg
b0226423_15465236.jpg
b0226423_15464668.jpg
b0226423_15464026.jpg
b0226423_15463230.jpg
b0226423_15462466.jpg
b0226423_15461988.jpg
b0226423_15461320.jpg
b0226423_154679.jpg
b0226423_1546155.jpg
b0226423_15455545.jpg
b0226423_15455162.jpg
b0226423_1545464.jpg
b0226423_15454113.jpg
b0226423_15453673.jpg
b0226423_15453164.jpg
b0226423_15452698.jpg
b0226423_15452165.jpg
b0226423_15451571.jpg
b0226423_15451088.jpg
b0226423_1545338.jpg
b0226423_15445529.jpg
b0226423_15445014.jpg
b0226423_15444574.jpg
b0226423_15443974.jpg
b0226423_15443473.jpg
b0226423_15442919.jpg
b0226423_15442416.jpg
b0226423_15441957.jpg
b0226423_15441366.jpg
b0226423_1544851.jpg
b0226423_1544220.jpg
b0226423_15435743.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-30 15:47 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1376 大阪加美も炎天(ホロゴン15㎜F8Mの前にパラソルがいくつも)

孫の家に参りました。
左手に孫一家のための昼食弁当の大きな包み。
肩にバッグ。
約束の時間まで7分。
右手にホロゴンを持ち、歩き続けながら、片手撮り。

両手でホールドすると、
縦位置でもどんぴしゃり垂直に撮れます。
でも、片手撮りで縦位置を撮ると、神通力が効きません。

横位置も同様です。
でも、まだ撮りやすい。
だけども、片手撮りとなると、ソニーα7の場合、
縦位置が断然使い勝手がよい。
悩ましいところです。

失敗を除去すると、29枚中17枚が残りました。
すれ違う人を撮るときは、私はまったく明後日の方向を見ています。
だから、目の片隅の勘のようなもので、シャッターを切ります。
全部1m前後よりも近い位置です。
しかも、伸ばした手の先の写真。
こうなると、私が見た光景と言うよりは、
ホロゴンが見た光景かもしれませんね。




b0226423_1871123.jpg
b0226423_187615.jpg
b0226423_187018.jpg
b0226423_1865420.jpg
b0226423_1864949.jpg
b0226423_1864479.jpg
b0226423_1863630.jpg
b0226423_1862518.jpg
b0226423_1862015.jpg
b0226423_1861331.jpg
b0226423_18689.jpg
b0226423_186344.jpg
b0226423_1855729.jpg
b0226423_1855169.jpg
b0226423_1854552.jpg
b0226423_1854094.jpg
b0226423_1853063.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-29 18:07 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1375 炎天の女(ホロゴン15㎜F8Mの前でパラソルが揺れたら?)



先週訪れた千林商店街でのHologon15mmF8Mの収穫は471枚でした。
炎天下よくがんばったと言いたいところですが、どうもそうじゃない。
なぜ千林を選んだか?
それは撮影の大半をアーケード下でできるから。
もちろん路地専科のホロゴン君、至る所で裏通りに逸れたのですが、
終始炎天のバックストリート巡りよりはるかに楽。
しかも、随時行きつけの喫茶店に駆け込むのですから、
気楽なロボグラフィ日和でした。

私のように撮影を楽しんだ方も多いでしょう。
90パーセントはおそらく風景写真でしょう。
デジタルカメラの画素数はどんどんエスカレートするばかり。
みなさん、完璧なリアル画像にほくほく顔でしょう。

私はなんとかソニーα7の画質を銀塩画質に近づけたいと努力。
保存する画像は最低の画素数にしたうえで、
シャープネス、彩度、コントラストのすべてを最低にしているのに、
なお、この精密画質にはちょっとうんざり!
もっとも、ホロゴンというレンズ、
銀塩でもニコンCoolScan9000ED2でスキャンすると、
デジタルに変わらない精密画質なのですから、仕方がないのでしょう。

あんまりたくさん撮ったので、
そのうち別ブログ「わが友ホロゴン」に収録します。
今回はその1枚だけ。

これでも、女性は1mほど手前においでになるのですから、
いつもながらの接近戦。
親友曰く、「そんな近くじゃ、常人なら撮れませんよ」
じゃ、なんですか、私は常人じゃない?




b0226423_1714665.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-28 17:14 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1374 私の祇園祭り(ホロゴン15㎜F8Mがあれば、いつでも夢を見られる)



b0226423_17192031.jpg
b0226423_17193595.jpg
b0226423_17194519.jpg





私はホロゴンでなんでも撮りますが、
そのすべてが一様に好きというわけでもありません。

私はシェークスピアの次の言葉が大好き。
We are such stuff as dreams are made on,
and our little life is rounded with a sleep.
私はホロゴンで夢を見たいのです。

7月24日京都の祇園祭に参りました。
590枚撮りましたが、祭りの写真は一枚もなし。
でも、私のお祭りは撮りました。
そこには目覚めながら夢見る私が写っていました。
by Sha-Sindbad | 2015-07-27 17:31 | Hologon15/8Degital | Comments(2)

1373 バス停の怪物たち(ホロゴン15㎜F8Mは天気がよくても本領発揮)



4日連続で外出して疲れました。
写真だけ出しましょう。
いつもどおりバス停付近。
定刻通りに来ましたので、道中3分の収穫は10枚程度。
でも、なかなか面白いロボグラフィが撮れました。




b0226423_23281479.jpg
b0226423_2328893.jpg
b0226423_2328285.jpg
b0226423_23275695.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-26 23:29 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1372 奈良の下町(ホロゴン15㎜F8Mは小雨のときも本領発揮)Part 2



それにしても、写真が沢山並びますね。
なにか意味があるんだろうか?
なんて、詮索しても、無駄ですから、やめましょう。
ただの私の心覚え。
こうして、自分の足跡をビジュアルなものにしているだけ。

よく言いますね、
「あいつの歩いた後には草も生えない」
少なくとも私はこの種の人間ではありませんね。
我が家の庭、いくら私が歩いても、草が生えて生えて.....

でも、こうは言われているかも知れません、
「あいつの歩いた後にはビジュアルゴミが......」




b0226423_2329565.jpg
b0226423_23285718.jpg
b0226423_2327397.jpg
b0226423_23265533.jpg
b0226423_23264752.jpg
b0226423_23264179.jpg
b0226423_23263467.jpg
b0226423_23262825.jpg
b0226423_23262398.jpg
b0226423_2326181.jpg
b0226423_23261226.jpg
b0226423_2326662.jpg
b0226423_23255921.jpg
b0226423_2325528.jpg
b0226423_23254669.jpg
b0226423_23254089.jpg
b0226423_23253482.jpg
b0226423_23252880.jpg
b0226423_23252279.jpg
b0226423_23251692.jpg
b0226423_2325921.jpg
b0226423_2325364.jpg
b0226423_2324569.jpg
b0226423_23244912.jpg
b0226423_23244430.jpg
b0226423_23243729.jpg
b0226423_23243183.jpg
b0226423_2324242.jpg
b0226423_232417100.jpg
b0226423_23241096.jpg
b0226423_2324359.jpg
b0226423_23235719.jpg
b0226423_23235062.jpg
b0226423_23234325.jpg
b0226423_23233711.jpg
b0226423_2323296.jpg
b0226423_232322100.jpg
b0226423_23231560.jpg
b0226423_2323912.jpg
b0226423_2323211.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-23 23:31 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1371 奈良の下町(ホロゴン15㎜F8Mは小雨のときも本領発揮)Part 1



7月17日金曜日、台風11号一過。
奈良市では朝まだ大雨注意報でしたが、
歩いてみると、小雨だけが残っているようです。
娘と孫が産婦人科に通院するということで、
私もつきあいました。

産婦人科でタクシーを下車し、二人は医院に、
私は奈良の下町を撮影。
もちろんホロゴンソニーワイド。

Hologon15mmF8Mしか使わない、
という状態がずっと続いています。
ペッツヴァールやゾンネタールやパンタッカー50mmF2.3が
ぶうぶうとクレームを付けてきます。

でも、私のレンズ選択の根本基準は、
もし今回限りで二度と撮影できないと分かれば、
何を選ぶか?
この基準を大まじめに受けとる限り、
どこまでもホロゴンということになりそうです。

40分ほどで157枚撮りました。
70枚少々を選択しました。
適宜取捨選択しながら、2回に分けてご覧頂きましょう。
私のレンズたち、みんな雨が好きなのです。




b0226423_11411559.jpg
b0226423_1141954.jpg
b0226423_1141328.jpg
b0226423_11405752.jpg
b0226423_11405158.jpg
b0226423_1140447.jpg
b0226423_11403863.jpg
b0226423_11403113.jpg
b0226423_11402557.jpg
b0226423_11401847.jpg
b0226423_11401333.jpg
b0226423_1140497.jpg
b0226423_11395890.jpg
b0226423_11395162.jpg
b0226423_11394580.jpg
b0226423_11393932.jpg
b0226423_11393410.jpg
b0226423_11392843.jpg
b0226423_11392351.jpg
b0226423_11391727.jpg
b0226423_11391042.jpg
b0226423_1139551.jpg
b0226423_11385951.jpg
b0226423_11385321.jpg
b0226423_11384797.jpg
b0226423_11384093.jpg
b0226423_11383570.jpg
b0226423_11382983.jpg
b0226423_1138239.jpg
b0226423_11381830.jpg
b0226423_11381196.jpg
b0226423_1138596.jpg
b0226423_1137586.jpg
b0226423_11375260.jpg
b0226423_11374540.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-21 11:43 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1370 大阪加美(ホロゴン15㎜F8Mは土砂降りをむしろ喜んでいたらしい)



7月14日火曜日、孫の家に参りました。
ちょっとした災難が2つ。
どちらもホロゴン15㎜F8Mによる撮影に関して。

まず、JR加美駅から孫の家までの道中、
かなり撮ったのですが、ほとんどピンぼけ。
15㎜超広角なのに、なぜ?
行きの大和路快速の車内で窓枠を撮ったのです。
最短20㎝にヘリコイドリングを調整して。
ホロゴンを最短に設定したことなど忘れて、
加美駅下車後、孫の家に急ぎながら撮りました。
孫のマンションに近づいて、はじめて気づきました。
こういうのを「手遅れ」と言いますね。

もう一つの災難は、帰りの急行電車内で。
奈良市全域が猛烈な豪雨に襲われたのです。
私としてはこの10年で初めての出来事が起こりました。
奈良行き急行電車が王寺駅発車後しばらくして、
停車を余儀なくされたのです。
10分ほどしてようやく出発進行、
土砂降りの中徐行運転で奈良駅に半時間遅れで到着しました。
そのあたりの体験をホロゴンでご覧頂きましょう。




b0226423_22402680.jpg
b0226423_22401860.jpg
b0226423_22401170.jpg
b0226423_2240547.jpg
b0226423_22395958.jpg
b0226423_22395334.jpg
b0226423_22394740.jpg
b0226423_22394022.jpg
b0226423_22393443.jpg
b0226423_2239172.jpg
b0226423_22391114.jpg
b0226423_2239446.jpg
b0226423_2238578.jpg
b0226423_22385024.jpg
b0226423_22384115.jpg
b0226423_2238316.jpg
b0226423_2238239.jpg
b0226423_22381751.jpg
b0226423_22381176.jpg
b0226423_2238599.jpg
b0226423_22375966.jpg
b0226423_22375311.jpg
b0226423_22374790.jpg
b0226423_22374017.jpg
b0226423_22373459.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-19 22:43 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1369 大和西大寺(ホロゴン15㎜F8Mありさえすれば、何でも撮れる!)Part2



「人は何のために生きるか?」
これは人間が生きている限り、
毎瞬ごとに浮かび上がる疑問ですね。

大阪人ならこう答えるでしょうねえ、
「そんなこと、どうでもええやんか...」
本当にそのとおりなのでしょう。
毎日、人生を楽しんでおれば、それでよい。
私のやっていることも、結局はそれなのでしょう。

でも、そうでない人もいます。
たとえば、チベット人の中には、
五体倒地で聖地への巡礼をする人が居ます。
血まみれになるほどの難行苦行。
信仰ゆえの行為ですが、
副作用もあります。
幾度も挫折の危機を乗り越えて巡礼を終えたとき、
その人の人間性はさらに強靭さを加えていることでしょう。

私はそんな無理を決してしない人間なのですが、
その代わり、永続的な連続性によって、
いつしかなにかが変わり、なにかができるようになる、
そんな生き方を好みます。
始めたことはやめない、それが秘訣ですね。
嫌なことはどうしても続きませんね。
だから、永続したければ、大好きなことを選ぶべきです。

それが写真でした。
40年続いているのですから、えらいものです。
でも、40年もやれば、
なにかものになると言う訳でもありませんね。
まともな人が見ると、「なんだ、これは?」
そんな写真ばかり撮るのですから、我ながら笑ってしまいます。

でも、こうなったのには理由がちゃんとあるのです。
結局は、私の心がこんな写真を選んでいる。
誰にしても、これは一緒。
人間が変わらない限り、別の写真など撮れないのですから。

以上のことを総合しますと、
どうやら人には分からない写真ばかり撮る、私という人間は、
ちょっと変わっている、ということでしょうか?

私に言わせれば、これは正しい道を歩いているということ。
そう考えていることも、私が変わっている証明なのかも?
大和西大寺での60枚、よくまあ、これだけ無意味な写真を?
そうお考えの方、実はあなたも私に劣らず変わっていて、
だから、そう思うだけかも?
まあ、それはそれでいいじゃないですか?




b0226423_15344755.jpg
b0226423_15344237.jpg
b0226423_15343612.jpg
b0226423_15343138.jpg
b0226423_15342479.jpg
b0226423_15341817.jpg
b0226423_1534318.jpg
b0226423_153356100.jpg
b0226423_15335093.jpg
b0226423_15333746.jpg
b0226423_15333176.jpg
b0226423_15332467.jpg
b0226423_15331620.jpg
b0226423_15331085.jpg
b0226423_1533250.jpg
b0226423_15325649.jpg
b0226423_15325277.jpg
b0226423_15324510.jpg
b0226423_15323988.jpg
b0226423_15323287.jpg
b0226423_1531523.jpg
b0226423_15314665.jpg
b0226423_15313983.jpg
b0226423_15313450.jpg
b0226423_15312985.jpg
b0226423_15312584.jpg
b0226423_15311830.jpg
b0226423_1531993.jpg
b0226423_1531119.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-18 16:31 | Hologon15/8Degital | Comments(0)