レンズ千夜一夜

<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1341 お昼寝 (パンタッカー50㎜F2.3は私の心を奪う夢レンズ)



5月26日火曜日
朝、行きつけの診療所で受診しました。
と言っても、かなり軽い持病の薬をもらうだけなのですが、
年に1、2回血液検査もしてもらっています。
今日はそんなルーチーン仕事。
体は至って健康です。
先週来3度も30キロを超す重量物の運搬仕事をせざるを得ない羽目に陥りましたが、
筋肉を含めて疲労感はゼロ。
かなり歩いていますが、歩行に疲労を覚えることはゼロ。
一応、絶好調マイナスというところでしょうか?

本日は伝家の宝刀を持ち出しました。
ライカM9に付けたるは、アストロ・ベルリン
パンタッカー50mmF2.3

アストロ・ベルリンは知る人ぞ知るトップブランドの映画用レンズを制作したそうです。
あんまり凄いので、映画キャメラマンたち、レンズを使い倒したために、
ぼろぼろにヘタってしまったレンズしか中古市場に出ないという噂もあります。
私のは、そんなアストロ・ベルリンの中堅クラスの定番、パンタッカー。

魔のレンズです。
どこをどう撮っても、メタモルフォーゼが起こります。
キノプラズマートのような美的な変容とはちょっと違います。
端的に異次元にすっと移行してしまう。
このさりげない移り行きのスリリングな感触がたまりません。

これを使うたびに、パンタッカーとホロゴンさえあれば、他はなにも要らない!
私の困ったところは、他にも幾本も、同じことを思わせるレンズがあること!
ホロゴンは不動ですが、私の心を奪うレンズが半ダースほどもある、
これが私の幸せ。
でも、このパンタッカー50mmF2.3はスペシャル!





b0226423_19283226.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-31 19:31 | PanTachar50/2.3 | Comments(0)

1340 加美をぐるり (キノプラズマート25mmF1.5aならどこでもメタモル現象)Part2



キノプラズマートのようなメタモルレンズ(変容を生み出すレンズ)と、
現代の正統である高性能レンズとの違いはどこにあるか?
人によって、回答は種々でしょうね。

現代派のあなたは言下にこう答えるでしょう、
「正確に撮れるのが現代レンズ、
メタメタの欠点がモルモルあるのがメタモルレンズ」

私はこう答えますね。
「現実には人間には認識不可能なほど精密に撮れるのが現代レンズ。
空気感と情感をじっとりと醸し出してくれるのがメタモルレンズ」

ある人はこう答えるでしょう。
「健全正常な感覚の持ち主が使うのが現代レンズ。
「....................な感覚の持ち主が使うのがメタモルレンズ」

これに対して、私はこう答えますね、
「......................................................の人が使うのが現代レンズ。
 ******************************の人が使うのがメタモルレンズ」

       [注:当局の検閲により、かなりの不快感をかき立て、
       ブログ炎上を惹起するおそれ無きにしもあらずということで、
       一部、伏せ字とさせられてしまいました。
       皆さん、それぞれに空欄をご自由に埋めて下さって結構です]





b0226423_2137327.jpg
b0226423_21365765.jpg
b0226423_21365236.jpg
b0226423_21364725.jpg
b0226423_21364258.jpg
b0226423_21363439.jpg
b0226423_21362892.jpg
b0226423_21362277.jpg
b0226423_21361752.jpg
b0226423_21361190.jpg
b0226423_21355949.jpg
b0226423_21355450.jpg
b0226423_21354686.jpg
b0226423_2135413.jpg
b0226423_21353595.jpg
b0226423_21352981.jpg
b0226423_21352492.jpg
b0226423_21351885.jpg
b0226423_21351340.jpg
b0226423_2135789.jpg
b0226423_2135112.jpg
b0226423_21345380.jpg
b0226423_21344754.jpg
b0226423_21344150.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-29 21:40 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1339  加美をぐるり (キノプラズマート25mmF1.5aならどこでもメタモル現象)Part1



5月19日、大阪加美には次のセットを持参しました。
リコーGX-R
キノプラズマート25mmF1.5a

宮崎貞安さんにライカMマウントに改造していただいた逸品。
私のCマウントレンズ収集の原点であり、頂点でもあるレンズです。

孫プリンセスの家を出てから撮り始めました。
JR加美駅を超えて、行きつけのファミレス、ガストに沈没して、
スーパードライの中ジョッキとポテトフライでご機嫌。
庶民の町に大きな駐車場付きなので、
いつまでも中程度に繁盛しています。
窓際一番隅の壁を背にした定席がいつも空いている程度の、
いわば中ぐらいの繁盛が私には好都合。
おかげで、ゆっくりとビールを味わい、Pomeraで文章を2つ打てます。
半時間で137枚撮っていました。
これも定席ならぬ定石。

キノプラズマートは37.5mmの広角レンズとして使います。
とにかくよく撮れます。
1、2の例外は別として、感度を最低200にして、
白昼キノプラズマート特有のフレア写真を撮り続けました。

現場をほとんど反映しない、メタモルフォーゼ。
これが私の今撮りたい写真だ!
いつもそう感じさせてくれる希有のレンズでしょうね。

午後4時前にガストを出て、別ルートでJR加美駅に戻り、
19分発普通電車で奈良に向かいました。
別に急いで家に帰ることもない。
現在をただ楽しめばよい、
ああ、今こそ最上のときだ、
そんな心境になれるのは、当然です。

退職者の皆さんはこんなとき、
ああ、もう人生、後がないんだなあと暗くなられるようです。
私がそうならないのは、
有職時代もまったく同じように私生活を楽しんできたせいでしょう。

そんな気分になっているときに、キノプラズマートを使う、
これはベストのセットのようです。
まあ、ご覧ください。




b0226423_14595512.jpg
b0226423_14595015.jpg
b0226423_14594563.jpg
b0226423_14594023.jpg
b0226423_14593588.jpg
b0226423_14592847.jpg
b0226423_14592263.jpg
b0226423_14591716.jpg
b0226423_14591276.jpg
b0226423_1459660.jpg
b0226423_1459158.jpg
b0226423_14585134.jpg
b0226423_14584485.jpg
b0226423_14583889.jpg
b0226423_14583266.jpg
b0226423_14582714.jpg
b0226423_1458215.jpg
b0226423_14581588.jpg
b0226423_14581067.jpg
b0226423_1458382.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-28 15:04 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(4)

1338 大和西大寺駅界隈 (ペラール21㎜F4.5で標準レンズ感覚で使える超広角)3



ライカM9は、ご承知のとおり、ライブビューが使えません。
これは超広角レンズにはもってこいのボディなのです。
ホロゴンが付かないのが残念。
今度ホロゴンウルトラワイドをライカMマウントに改造してもらうときには
ぜひライカM9に付けられるように注文することにします。
でも、ソニーα7ほどに、周辺の波乱を防げるか、ちょっと疑問ですが.....

ペラール21㎜F4.5はライカM9に付けると、
ぺったんこボディなので、レンズキャップほどのボリューム。
これを手に歩いても、撮影中とは誰も気づきません。

近頃、デジタルカメラが普及して、ノーファインダーで撮る人が増えました。
でも、ぐっと両手を突き出して、液晶画面を見ながら撮るのはよしましょう。
かっこ悪い上に、撮影中であることがはっきり分かってしまいます。

でも、ソニーα7で、アイレベル撮影をしようとすると、
どうしても液晶画面が目に入ってしまいます。
水平を微調整するのに役立つので使いますが、
ついでに構図も気になってしまうのは防げません。

その点、ライカM9は潔い。
水平に持ち上げても、液晶画面は暗黒なのですから。
大和西大寺では、そんなライカM9の利点をかなり活かせたようです。




b0226423_115415100.jpg
b0226423_11541053.jpg
b0226423_1154589.jpg
b0226423_1154029.jpg
b0226423_1153565.jpg
b0226423_11535183.jpg
b0226423_11534655.jpg
b0226423_11534151.jpg
b0226423_11533534.jpg
b0226423_11533076.jpg
b0226423_11532483.jpg
b0226423_11531918.jpg
b0226423_11525393.jpg
b0226423_11524751.jpg
b0226423_11524242.jpg
b0226423_11523784.jpg
b0226423_11523281.jpg
b0226423_11522655.jpg
b0226423_11522183.jpg
b0226423_11521675.jpg
b0226423_11521197.jpg
b0226423_1152592.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-27 11:55 | Peral21/4.5 | Comments(0)

1337  西九条でも (ペラール21㎜F4.5は新鮮な表情を見せてくれた)2



通常、21mmを初めてお使いになる方は、
その画角の広さに驚き、持て余すようです。
どなたも常用レンズに適合した、自分好みの距離があります。
たいていの方の距離は3mよりも遠いようです。
いきおいまず自分の好みの距離で撮影して驚きます。
なんだ、これは?
世界がわっと破裂してるじゃないの?
人も物もなにもかもぐっと遠のいてしまっている。
まさに逃げ去るイメージ。

私の場合は逆で、ペラール21mmF4.5を使う度に、
その画角の狭さに驚かされます。
なんだ撮りたいものが半分しか写っていないじゃないの?!
21mmレンズが必要とする距離よりもぐっと前に寄りますので、
15mmFなら写るはずのものが、21mmでは写らないことになるからです。
50cmあたりを基本に、時にはそれより短い距離で撮るのが、15mm。
1mあたりを基本に撮るのが、21mmということになりそうです。

でも、yoshiさん以外の方が21mmレンズを使うと、そうは参りません。
たいてい2、3mに寄るのがせい一杯。
それ以上近づくと、
被写体となる人との接触の危険が増大するから、
尻込みしてしまうのかも知れません。
そうすると、たいてい凡庸な、いかにも超広角写真になってしまいます。
そこで、超広角レンズはつまらない、ということになります。

私の信じるところでは、15mmも21mmも、
どんな焦点距離で撮ったか分からない撮り方になったとき、
はじめて自分のものになったといえそうです。




b0226423_1855296.jpg
b0226423_18545764.jpg
b0226423_18545113.jpg
b0226423_18592852.jpg
b0226423_1854384.jpg
b0226423_18543233.jpg
b0226423_18542613.jpg
b0226423_18542055.jpg
b0226423_18541533.jpg
b0226423_1854827.jpg
b0226423_1854382.jpg
b0226423_18535761.jpg
b0226423_18535216.jpg
b0226423_18534718.jpg
b0226423_18534150.jpg
b0226423_18533640.jpg
b0226423_18533154.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-26 18:59 | Peral21/4.5 | Comments(0)

1336 ユニバーサルシティで (ペラール21㎜F4.5は生まれながらにクラシック正統派の銘玉だった)1



5月24日夜宅急便でレンズが一本届きました。
宮崎貞安さんのライカMマウントのニューレンズ、
ペラール21mmF4.5

Super Wide Triplet
そう銘打たれています。
わずか3枚玉で、この広さ、このF値!
漆黒の究極のパンケーキレンズ。
見事な作りです。
生まれながらにして、クラシックとなることを運命づけられている、
そんなたたずまいがあって、ライカM9に見事にマッチします。

21mmのような超広角で、しかも古典的な写りのレンズが欲しい、
だけど、どれもこれも高いし、レアなので、縁がなかった、
そんな方には最強の21mmになります。

早速今日25日出陣しました。
ユニバーサルシティで116枚、
西九条で78枚、
大和西大寺で69枚、
合計263枚、銀塩換算約7.3本撮りました。

3回に分けてごらん頂きましょう。
私の言葉が大げさではないことを納得していただけるはず。




b0226423_21272374.jpg
b0226423_2127184.jpg
b0226423_21271212.jpg
b0226423_2127713.jpg
b0226423_2127070.jpg
b0226423_21265521.jpg
b0226423_21265025.jpg
b0226423_21264376.jpg
b0226423_21263565.jpg
b0226423_21262815.jpg
b0226423_21262386.jpg
b0226423_21261794.jpg
b0226423_2126954.jpg
b0226423_2126475.jpg
b0226423_21255832.jpg
b0226423_21255246.jpg
b0226423_21254529.jpg
b0226423_21253974.jpg
b0226423_21253454.jpg
b0226423_21252840.jpg
b0226423_21252238.jpg
b0226423_21251534.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-25 21:29 | Peral21/4.5 | Comments(0)

1335 中崎町界隈 (ホロゴン15㎜F8Mが近頃人気の裏通りを闊歩はしたけれど)



2015年5月15日はNKさん、野本さんと出会い、
yoshiさんと梅田の裏町を歩いた記念日になりました。

yoshiさんの梅田作品群をまずご覧下さい。
Yoshi-A の写真の楽しみ 
http://yoshipass.exblog.jp/

yoshiさんの持ち味である臨場感の中から醸し出される下町の歌、
そんな調べがしっかりと聞き取れるのが驚きです。
生まれて初めて歩かれた浪速の下町なのに、
わが町、わが歌の完成度。

私もこの日の388枚から10枚選んでみました。
ノーファインダーで撮っていても、
知らぬ間に形を整えてしまう、私の悪い癖が出ているようです。
動感溢れるyoshiさんのストリートフォトの後では、
やっぱりロボグラフィって、写真コンセプトじゃないなあ、
ただの路傍写真なんだなあ、という印象ですね。

でも、ちょっと笑ってしまうことがあります。
ホロゴンは広すぎて、
やはりソニーα7でさえも、周辺を処理し切れていない。
おかげで、森山大道先生のモノクローム時代の謎めいた黒つぶれ、
これになんだか似たシャドウがしみ出てくるようですね。
これはこれで、私の意図した表現なのだ、なんて言わないのが素人。
これ、なんとかなりませんかねえ。




b0226423_1111786.jpg
b0226423_1111252.jpg
b0226423_111712.jpg
b0226423_111215.jpg
b0226423_1105618.jpg
b0226423_1105130.jpg
b0226423_1104443.jpg
b0226423_1103890.jpg
b0226423_1103224.jpg
b0226423_1102650.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-22 11:04 | Hologon15/8Degital | Comments(2)

1334 祭りの外れをニアミス (オリオン28mmF6は貧乏人のトポゴンだったのだけど)






5月17日日曜日の神戸祭りへ持参したセットは、
ソニーα7
オリオン28mmF6

このロシア製ライカLマウントレンズは傑作です。
小型軽量で、トポゴンのコピーと言われていますが、
トポゴンのようなコントラストと腰の強さはありませんが、
クリアーで抜けが良く、ほとんど破綻がない名レンズです。

あなたがレンズの味だの性能だのにうるさくない人で、
ライカマウントの28mmが欲しいんだけど、
お金にちょっと困っているのであれば、
四の五の言わずに、このレンズを選択すべきです。
あっと驚くことは必至。
もし驚かなければ、あなたの技量が不足しているだけ。

私の今回の写真はほとんど全部、
歩きながら、ちらっと視認すると、行き過ぎながら、
伸ばした手の先のレンズでノーファインダー撮影。
開放F6.3で、感度を800に設定して撮りました。

写真的には、誰でも撮れるストリートスナップですが、
自分の目でどう撮れるか確認をしないで撮っているだけに、
ああ、こんなに可愛い女の子だったの!
などと、一人、あっと驚かされています。




b0226423_22273836.jpg
b0226423_22273335.jpg
b0226423_2227282.jpg
b0226423_2227218.jpg
b0226423_22353783.jpg
b0226423_2227716.jpg
b0226423_2227058.jpg
b0226423_22265563.jpg
b0226423_22264948.jpg
b0226423_22264317.jpg
b0226423_22263761.jpg
b0226423_22263122.jpg
b0226423_22262689.jpg
b0226423_22262081.jpg
b0226423_22261324.jpg
b0226423_2226380.jpg
b0226423_2225556.jpg
b0226423_22254769.jpg
b0226423_22334579.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-20 22:30 | Orion28/6 | Comments(0)

1333 都会の顔 (ホロゴン15㎜F8Mもホラー指向に転向か?)


前回のペッツヴァールレンズについて、petzvalさんからのコメントで、
「最後の写真と最後から3番目の怖いヤツ、
かなりヤバくないですか?」というご指摘を頂きました。
そこで、ここは意地を張ることにして、
ホロゴンが大阪梅田で撮った写真をご覧頂きます。


b0226423_22562163.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-19 22:59 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1332 古都の曳光2 (ペッツヴァールSVE100㎜F2.9の本質はやさしさかな?) Part2


中将姫光学さんをお迎えして、転害門から東大寺裏に入り、
ぐるり境内を周って、水門町に抜けるコースを撮りました。

ペッツヴァールSVE100㎜F2.9、楽しんだようです。
残り18枚と思っていたのですが、さらに2枚が加わって、
20枚の後半戦はかなり盛り上がり、
このレンズの奥深さをさらに見せてくれたようです。

中将姫光学さんにお尋ねしました、
「このレンズ、いつ頃のものなのでしょうねえ?」
Society of Visual Educationなんていうブランドは、
さすがの中将姫光学さんにも未知だったようですが、
ぽつりと、
「このレンズ、コーティングがありませんね」

プロジェクターレンズのコーティングはいつ頃からなのでしょうか?
これが分からないので、
この情報が制作年代を特定するに足りるとは思えないし、
予算の少ない教育機器の注文だったので、
コーティングをはしょることで、単価を抑えたかもしれない。
そう考える余地もないわけではないのですが、
私としては、少し古いレンズなのだろう、と無理に結論づけています。

さらに、このレンズの生み出すイメージの一言で表現すれば、
それは「やさしさ」なんじゃないかな?
そして、この「やさしさ」を生み出してくれるのは、
コーティングがないから?
それとも、ペッツヴァールの本質的な資質故?
などと、あれこれ想像してしまいます。





b0226423_21524321.jpg
b0226423_21523848.jpg
b0226423_21523255.jpg
b0226423_21522717.jpg
b0226423_21522160.jpg
b0226423_21521598.jpg
b0226423_215272.jpg
b0226423_21515982.jpg
b0226423_21515154.jpg
b0226423_21513888.jpg
b0226423_21513180.jpg
b0226423_21512510.jpg
b0226423_21511942.jpg
b0226423_21511372.jpg
b0226423_2151517.jpg
b0226423_21505984.jpg
b0226423_21505429.jpg
b0226423_21504777.jpg
b0226423_21503076.jpg
b0226423_21502174.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-18 21:55 | PetzvalSVE100/2.9 | Comments(2)