レンズ千夜一夜

<   2014年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1194 あいにくの雨が一番だね (アポクロマート18㎜F2でバス停まで)



b0226423_19375483.jpg
b0226423_19384230.jpg
b0226423_19374162.jpg
b0226423_19375197.jpg
b0226423_19373064.jpg
b0226423_19372561.jpg
b0226423_19381388.jpg
b0226423_19371433.jpg
b0226423_1937636.jpg
b0226423_1937160.jpg
b0226423_19365589.jpg
b0226423_19364973.jpg
b0226423_1936636.jpg





火曜日はクロマチックハーモニカのレッスン日でした。
あいにくの雨でした。

ある私のお気に入りブログの記事が楽しい。

    そのブロガー氏、写友と待ち合わせたのですが、
    おいでにならない。
    電話をしたら、目が覚めたら雨だったので、寝直したとのこと。

笑ってしまいました。

    その方を存じ上げているからです。
    まさにジェントルマンで、お持ちのレンズはすべてビンテージ。
    雨の日に使うなど、もっての外なのでしょう。

    以前クラシックカメラ愛好者の人たちとよく撮影に出かけました。
    雨がぽつりと降りそうになると、ただちに喫茶店に撤退!
    これがコレクター気質なのでしょう。

もっとも、コレクターでなくても、たいていのカメラマンは雨を嫌います。
一方、私は写真を始めた最初から徹頭徹尾雨大好き人間。

    なにしろ濡れたような写真が撮れるのですから。
    「濡れたような美人」と言いますね。
    大地もそのあたり一緒ですね。

19年前ホロゴンウルトラワイドを手に入れました。
これもかなりのお値段で、カメラ、レンズを売って、
不足を7年間ローンでまかないました。

    貧乏サラリーマンの私には過ぎたカメラでした。
    だから、一種のビンテージものです。
    でも、雨でも持ち出して、バンバン使いました。

私が雨中ホロゴンウルトラワイドで撮る光景をごらんになったら、
それがどんなに危険かおわかりでしょう。

    両手を突き出して撮るのですから、
    撮るときはいつも傘の外。
    この言葉、私の人生にも当てはまる感じがしますが、
    それは置いておきましょう。
    とにかく濡れたらハンカチでさっと拭いて終わり。
    これで一度巻き上げが故障しただけなのですが、
    専門家から見れば、さまざまなリスクがあるのでしょう。

私にしたら、雨の光景であれなんであれ、写真が撮れなきゃ、
無価値、無用。

今日持ち出したのはオリンパスE-PL1に付けたキノプティックの広角。

    アポクロマート18mmF2

信じがたいほどにドラマチックな描写をプレゼントしてくれます。

    片手、ノーファインダーで自由に撮れるのですから、
    両手使いが原則のホロゴンよりも雨の中撮りやすい。
    バスの時間に追われつつ、雨の中撮った写真をごらんいただきましょう。

撮りながら考えました。

    レンズのプレゼントしてくれるものをありがたく頂戴している私ですが、
    そんな私でも、ああ、ここではこんな写真が欲しいなと、
    心中おぼろに念じるところがあるものですね。

クラシックレンズのすばらしさはなにか?

    そんな私の祈りをいつも見事裏切って、
    もっと喜べる驚きの画像を生み出してくれること。
    アポクロマートはそんなレンズ中でも白眉と言えそうです。

そんなとき、いつも自分勝手に考えてしまいます。

    「ただ憧れを知るもののみ」という詩句があります。
    私の大好きな言葉。
    (ちなみにこの行を思い出しますと、
    いつもチャイコフスキーの歌曲のボリス・クリストフの
    深々としたバスが脳裏をよぎります)

    私が願うから、私が驚くような画像をプレゼントしてくれるのだ。
    私はそう信じたいのです。

私だけではないでしょう。

    カメラマンのみなさんも同じ思いをもって、
    ご自分の写真を慈しみの表情でご覧になっているのでしょう。

お互いに、そのあたりの気持ちに添って受け取ることができないのは、
本当に残念なことです。
by sha-sindbad | 2014-11-30 19:44 | Apochromat18/2 | Comments(0)

1193 西九条一巡 (アンジェニュー25㎜F1.4で西九条界隈)



揚琴レッスン日はお二人の先生の教室をはしごします。

これは疲れます。

    プロの目と耳とが横でしっかりと観察しているところで、
    宿題を演奏しなければならないのですから。

    まあ、あなたが全身黒装束した泥棒さんだとして、
    鋭い目の刑事さんがぐるぐる巡回しているお屋敷に、
    白昼玄関から侵入しようとするようなものです。

    ミスしたら、必ず見つかって、「御用だ!」

大阪から奈良に移動する中継点が西九条駅。
ここで、JR線から近鉄奈良線に乗り換えるのですが、
幸いこの西九条が私のロボグラフィ宝庫の一つ。

    せいぜい20分ほどですが、乗り換え時間を利用して撮影できます。

こんなとき、開放値の明るいアンジェニュー25㎜F1.4は便利。
ピント合わせに困らないからです。
写りも、どんなレンズにも負けない、そういって良さそうですね。




b0226423_0594367.jpg
b0226423_0593581.jpg
b0226423_059301.jpg
b0226423_0592453.jpg
b0226423_0591855.jpg
b0226423_0591345.jpg
b0226423_059834.jpg
b0226423_0585960.jpg
b0226423_0585320.jpg
b0226423_0584624.jpg
b0226423_0583875.jpg
b0226423_0583233.jpg
b0226423_0582652.jpg
b0226423_0582017.jpg
b0226423_0581549.jpg
b0226423_058921.jpg
b0226423_058144.jpg
b0226423_0575620.jpg
b0226423_0575164.jpg
b0226423_0574551.jpg
b0226423_057413.jpg
b0226423_0573651.jpg
b0226423_0572991.jpg
b0226423_057206.jpg
b0226423_0571483.jpg
b0226423_057712.jpg
b0226423_0565925.jpg
b0226423_0565218.jpg
b0226423_056447.jpg
b0226423_0563868.jpg
b0226423_0563230.jpg
b0226423_0562611.jpg
b0226423_0552569.jpg
b0226423_0551578.jpg
b0226423_0545348.jpg
b0226423_2364656.jpg
b0226423_2363776.jpg
b0226423_2354389.jpg
b0226423_111937.jpg

by sha-sindbad | 2014-11-29 01:01 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(0)

1192 ユニバーサルシティ (アンジェニュー25㎜F1.4でユニバーサルシティ界隈で品良くスナップ)



25日月曜日は揚琴レッスン日。
どんなときでもレンズは持ち出します。

今回のセットは、

   オリンパスEP-L1
   アンジェニュー25㎜F1.4

アンジェニューには25㎜F0.95という映画レンズきっての名玉があります。
でも、F1.4はF0.95にけっして劣りません。

   撮ることがますます楽しくなる、そんなレンズの一つ。




b0226423_2242042.jpg
b0226423_2241394.jpg
b0226423_224824.jpg
b0226423_224263.jpg
b0226423_2235780.jpg
b0226423_2235267.jpg
b0226423_2234650.jpg
b0226423_2234152.jpg
b0226423_2233594.jpg
b0226423_2232951.jpg
b0226423_223195.jpg
b0226423_2231381.jpg
b0226423_223833.jpg
b0226423_223268.jpg

by sha-sindbad | 2014-11-27 22:05 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(0)

1191 お似合いのカップル (ホロゴン15㎜F8が久しぶりに清水寺詣で)



b0226423_11525885.jpg






別ブログ「わが友ホロゴン」に書きますが、
突如故障が続発!

    私のマックプロ、突然ご臨終。
    私の利き足である左足の骨の一部が壊れ、
    私の夜の喜びである韓流ドラマを観るためのDVDプレーヤーもアウト。

壊れるときは連続して壊れる、そんな法則があるのでしょうか?

マックは4つの内蔵ハードディスクにデータが収納されているので、
おそらく無事のはず。

    ほとんどのデータは外付けハードディスクにバックアップされています。
    だから、仕事に使っていたMacBook Airにつなげて、
    日々の生活にはほとんど影響がないのですが、
    28インチのシネマディスプレイでブログを作っていたのに、
    たった12インチのこんまいディスプレイじゃ、なんだか意気があがりませんね。

こうした負の連鎖は心にちょっと重くのしかかっている反面、
でも、揚琴、二胡、クロマチックハーモニカの音楽生活は快調。
ブログ更新は、どうせ見に来る人もまばらとなると、
いきおいかなりスピードダウンしています。

マックの臨終で一番困っているのは、ホロゴンウルトラワイドの写真群。

    マック本体のハードディスクに保存されたまま、
    ほとんどバックアップしていない。
    当分、銀塩ホロゴン写真は、外付けハードディスク内のものだけ。

近頃お休みしていたホロゴン15㎜F8Mをソニーα7に付けて持ち出しました。
その一枚をごらん頂きましょう。

    せいぜい60から80㎝の距離ですれ違いざま頂きました。
    とっても姿形の似通ったカップルですね。
    貸衣装なのでしょうが、なかなか板についている感じ。
    お二人にとっては忘れられない一日になるでしょう。
by sha-sindbad | 2014-11-26 12:16 | Hologon15/8Degital | Comments(2)

1189 とん1190 最後の一葉 (スーパーシックス25mmF1.9は秋の風情に似合って)



日曜日、京都清水界隈を散策してきました。

群衆の中を泳いだと言った方が正確かも知れません。

    私は沢山の人に交じるのが嫌いです。
    できれば、目の前には1人、2人、多くて5人程度がいい。
    それなのに、大勢の人を相手に仕事をしてきましたし、
    大勢の人が行き交うストリートで写真を撮る、

不思議なことです。

    要するに、人間、なんにでも慣れるということ。
    慣れたからと言って、好きになる筋合いはありません。

写真も同じ。

    私は、複数のファクターのコンビネーション、ハーモニーで、
    ものを語る、そんな写真は撮りません。
    いつも一つしか写っていない、そんな写真しか撮れません。

今回はそんなサンプルを撮ることができました。

    カメラはオリンパスEP-L1
    レンズはスーパーシックス25mmF1.9

ちゃんと写っている、ただこれだけの写真ですが、
私はこんな写真が大好き。
レンズも大好きですね。



b0226423_22363814.jpg

by sha-sindbad | 2014-11-24 22:38 | SuperSix25/1.9 | Comments(0)

1189 とんぼ返り (プリモプラン25mmF1.5を野暮用に持ち出してみたら)



金曜日、ちょっとした用ができて、朝外出し、
用を済ませると、とんぼ返りをしました。

そんなときでも、必ずカメラはバッグに潜めます。

    昨日はオリンパスEP-L1にプリモプラン25㎜F1.5を付けました。

このレンズの制作会社Meyerは色々と名前が変わっているようで、
キノプラズマートレンズとの関係はよく分かりませんが、

キノプラズマートよりもかなりおとなしい性格のレンズのようです。
でも、あれこれと用がいっぱいあって、撮影の余裕はほとんどなし。

    やむなくバスの中で過ぎ去る情景をすくい取りました。
    3枚目から8枚目がそれですが、そんな写真を見ても、
    たしかに暴れますが、暴れ方はかなり品行方正風。
    9枚目から最後までは、バス停から自宅までの200mあまりの行程での、
    いつもながらの路傍写真たち。
    これらもやっぱりきちんとしているけど、おとなしい。
    
その分だけ意外性がかなり減退するために、
キノプラズマートとの比較上は、一段と劣るといえそうです。

    それなのに、これはこれで存在感があるのが不思議です。
    人間と一緒。
    さまざまな性格、才能、人間性の人材が協力しあってこそ、
    この世の中でのさまざまな使命を果たすことができるようなものですね。




b0226423_21274017.jpg
b0226423_21272970.jpg
b0226423_21272348.jpg
b0226423_2127165.jpg
b0226423_2127928.jpg
b0226423_2127163.jpg
b0226423_21265481.jpg
b0226423_21264788.jpg
b0226423_21263942.jpg
b0226423_21262861.jpg
b0226423_21261854.jpg
b0226423_2126663.jpg
b0226423_21255939.jpg
b0226423_21255223.jpg
b0226423_2125438.jpg
b0226423_21253624.jpg
b0226423_21252985.jpg
b0226423_21252233.jpg
b0226423_21251372.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-23 21:20 | Primoplan25/1.5 | Comments(0)

1188 下町マクロPart3 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



さて、オーバーホールなって帰還したマクロスイター36mmF1.4、
その新生第1号の撮影結果報告もようやく第3回で終了です。

    まさに未曾有140枚出血サービスというわけで、
    投稿するだけでも、疲れました。

撮るのは簡単です。

    見つけて、近づいて、撮る、
    ホップステップジャンプで終わり。

加美界隈はすでに20回以上は撮りました。
でも、資源は豊富です。

    要するに、別のレンズを手にすると、別のものが見つかるからです。
    さて、そんなマクロスイター36mmによる発見ロボグラフィたちの
    最後の40枚ご覧下さい。




b0226423_21154859.jpg
b0226423_21154320.jpg
b0226423_21153771.jpg
b0226423_21153167.jpg
b0226423_21152640.jpg
b0226423_21152038.jpg
b0226423_21151573.jpg
b0226423_2115895.jpg
b0226423_2115185.jpg
b0226423_21145526.jpg
b0226423_21145038.jpg
b0226423_21144385.jpg
b0226423_21143764.jpg
b0226423_21143020.jpg
b0226423_211425100.jpg
b0226423_21141945.jpg
b0226423_21141327.jpg
b0226423_2114734.jpg
b0226423_2114234.jpg
b0226423_21135582.jpg
b0226423_21134861.jpg
b0226423_21134288.jpg
b0226423_21133699.jpg
b0226423_21133032.jpg
b0226423_21132385.jpg
b0226423_21131870.jpg
b0226423_21131224.jpg
b0226423_2113518.jpg
b0226423_21125934.jpg
b0226423_2112591.jpg
b0226423_21125324.jpg
b0226423_211247100.jpg
b0226423_21123936.jpg
b0226423_21123237.jpg
b0226423_21122388.jpg
b0226423_21121272.jpg
b0226423_2112379.jpg
b0226423_21115389.jpg
b0226423_21114452.jpg
b0226423_21113471.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-21 21:16 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1187 下町マクロPart2 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



残念なことに、ソニーNEX-5Aというカメラ、パラメータの調整ができません。

    撮影モードで幾つかの選択肢が用意されているだけ。

ソニーがこんなコンセプトを採用した理由が、私には分かりません。

    本気で写真を撮る姿勢のユーザーを軽く無視している、
    そうとしか思えません。

写真は、撮った後であれこれと細工するものではありません。

    撮る前にどんな風に撮るか、撮影者自身が選択する、
    そうであって初めて被写体と対決できるはず。

仕方がないので、
一番おとなしい色調と思われるポートレートを選択しています。

    これでもまだ派手すぎます。
    私は、パソコン処理で写真を作りたくないので、
    ソニーの派手な色調を無理に調整することなしに、
    他のデジタルカメラ同様、濃度だけ調整して並べています。
    だから、私の使用カメラでは一番ディジタル臭い画像なのかも知れません。

でも、私の最愛のレンズたち、キノプラズマート、スーパシックス、
そして、マクロスイターを焦点距離の1.5倍と、いわば穏当に使えるカメラ。
そして、手の中にしっとりとなじむ超小型ボディ。
そして、夢のようなマクロ空間。

    これはこれで手放せませんね。




b0226423_21475317.jpg
b0226423_21474667.jpg
b0226423_21474074.jpg
b0226423_21473169.jpg
b0226423_21472396.jpg
b0226423_21471645.jpg
b0226423_2147943.jpg
b0226423_21472100.jpg
b0226423_21465527.jpg
b0226423_21464779.jpg
b0226423_21464066.jpg
b0226423_21463386.jpg
b0226423_21462638.jpg
b0226423_21461985.jpg
b0226423_21461222.jpg
b0226423_2146491.jpg
b0226423_21444687.jpg
b0226423_21443631.jpg
b0226423_21442851.jpg
b0226423_21442050.jpg
b0226423_21441234.jpg
b0226423_2144455.jpg
b0226423_21435727.jpg
b0226423_21434932.jpg
b0226423_21434121.jpg
b0226423_21433214.jpg
b0226423_21432497.jpg
b0226423_2143820.jpg
b0226423_21551616.jpg
b0226423_21431587.jpg
b0226423_214379.jpg
b0226423_21433679.jpg
b0226423_21432231.jpg
b0226423_21431947.jpg
b0226423_21422628.jpg
b0226423_21421365.jpg
b0226423_21415951.jpg
b0226423_214234.jpg
b0226423_21414094.jpg
b0226423_21421996.jpg
b0226423_21413250.jpg
b0226423_21413010.jpg
b0226423_2142812.jpg
b0226423_21411559.jpg
b0226423_21414597.jpg
b0226423_2140582.jpg
b0226423_21413594.jpg
b0226423_21403576.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-20 21:56 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(2)

1186 下町マクロPart1 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



11月18日は朝午前8時45分から午後6時まで孫の家で、
プリンセスにお仕えしました。

    5か月のプリンセス、まだ寝返りが打てませんが、
    目と頭はしっかりと回って、周囲を冷静に観察しています。
    2歳あたりになれば、3つ年上のお兄ちゃんを完全に牛耳るでしょう。

私はすでに牛耳られて、既にいわば「愛の奴隷」状態なのですが、
ママが帰宅した後、1時間半ほど解放してもらって、
典型的な大阪の下町、加美の路地を撮り歩きました。

    喫茶店休憩を除けば、正味1時間のパラダイス。
    セットはちょっと珍しく、

        ソニーNEX-5A
        マクロスイター36mmF1.4

このケルンのレンズ、ブラックペイントの美しい極上の作りです。

    Cマウントですが、残念ながら、オリンパスE-PL1では、
    超接近でしか撮れません。
    ソニーNEX-5Aでかろうじて2m弱まで。
    基本的にマクロレンズとしてしか使用できない。

でも、F1.4という大口径を利用すれば、
本ブログの過去の5個の記事をごらん頂けばお分かり頂けるでしょう、

    魔術的な描写を楽しめます。

絞り羽根が突然ばらばらになってしまったのは丁度1年前。

    そのままレンズ棚に眠っていたのですが、
    ついにマツモトカメラで修理とオーバーホールをお願いしました。
    完全な新品レンズになって戻ってきました。

なにもかもスムーズそのもののなめらかな動き。
調子に乗って、217枚撮りました。

    とても美しい描写の写真たち。
    ますます調子に乗って、お気に入りを選んで見ますと、
    140枚も残ってしまいました。

今日から3日は我が家に籠もるつもりです。

    本ブログでは、3回連続で、
    マクロスイター36mmF1.4特集を組むことにします。




b0226423_16521096.jpg
b0226423_16515819.jpg
b0226423_1651588.jpg
b0226423_1656691.jpg
b0226423_16514294.jpg
b0226423_1651305.jpg
b0226423_1652310.jpg
b0226423_16515858.jpg
b0226423_16511839.jpg
b0226423_1651635.jpg
b0226423_1651151.jpg
b0226423_1651811.jpg
b0226423_16512100.jpg
b0226423_16504837.jpg
b0226423_16504384.jpg
b0226423_16511226.jpg
b0226423_1651633.jpg
b0226423_1651182.jpg
b0226423_16502114.jpg
b0226423_16502561.jpg
b0226423_16501153.jpg
b0226423_16501589.jpg
b0226423_1650492.jpg
b0226423_16495696.jpg
b0226423_16494628.jpg
b0226423_1649487.jpg
b0226423_16494292.jpg
b0226423_1650116.jpg
b0226423_1650539.jpg
b0226423_1650024.jpg
b0226423_16491461.jpg
b0226423_16491066.jpg
b0226423_1649576.jpg
b0226423_16485948.jpg
b0226423_1649312.jpg
b0226423_1649266.jpg
b0226423_16492160.jpg
b0226423_16485092.jpg
b0226423_16491432.jpg
b0226423_1649552.jpg
b0226423_16482247.jpg
b0226423_16481763.jpg
b0226423_16481190.jpg
b0226423_1648683.jpg
b0226423_16475941.jpg
b0226423_16475356.jpg
b0226423_16474766.jpg
b0226423_16474150.jpg
b0226423_16475066.jpg
b0226423_16472630.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-19 16:56 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(2)

1185 大阪は加美の夕映え (ズミクロン35mmF2八枚玉なら全部ノーファインダーOK)



b0226423_23154937.jpg
b0226423_23154419.jpg
b0226423_23151925.jpg
b0226423_2315271.jpg
b0226423_23145755.jpg
b0226423_23152374.jpg
b0226423_23151722.jpg
b0226423_23144434.jpg
b0226423_23151042.jpg
b0226423_23144591.jpg
b0226423_23142151.jpg
b0226423_23142432.jpg
b0226423_23144190.jpg
b0226423_23141379.jpg
b0226423_23143162.jpg
b0226423_2314115.jpg
b0226423_23135386.jpg
b0226423_23141985.jpg
b0226423_231352100.jpg
b0226423_23142032.jpg
b0226423_23133794.jpg
b0226423_23133236.jpg
b0226423_23133230.jpg
b0226423_23132640.jpg
b0226423_23125195.jpg
b0226423_23125772.jpg





ズミクロンのイメージは?
そう問われれば、私としては、いつもながら、

    「巖」
    峨峨たるイメージ。
    昔風で言えば、男性的。

今や、「男性的」と言うと、くだくだとして、腰弱。

    なにかと言うと、真っ向から反発して、
    「サシで来い、コテンパンに」などとわめく、どこかの市長は、
    さしづめ現代男性の典型でしょう。

昔の男性なら、「男は黙って勝負する」ものだったのにねえ.......

    ズミクロン35mmF2八枚玉はそんな昔風の男性イメージ。

今回は、概ね伸ばした腕の先で撮る式撮影でした。
どう撮れたっていい、というちょっと無責任な撮り方。

    どんな風に投げやりに撮っても、
    ブラインドで自然と水平垂直をとってしまうのは、
    ホロゴンで訓練しすぎた、私の悪い癖。
    おかげで、品行方正の写真ばかり並んでしまいました。
by Sha-sindbad | 2014-11-18 23:26 | Summicron35/2 | Comments(2)