レンズ千夜一夜

<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

704 茶店 (エクター47mmf2の開放はやさしいニュアンスに満ち)



b0226423_21411291.jpg





京の祇園と清水寺を結ぶルートはさまざまですが、
どれもかなり楽しいロボグラフィで一杯。

でも、愉快ではないことが一つ。
あからさまに客寄せのためのデコレーション、お店が増え続けていること。

でも、ある坂にひっそりたたずむ小さな茶店には、
長年の生活を経て、ロボグラフィの名にふさわしい壁面が生まれています。

    たいていの写真家は京都に来て、そんなものを撮りたいとは思わないらしい。
    でも、ここには唯一無二の歴史が刻まれている、
    私はそう感じるのです。

レチナに付いていた、エクター47mmf2。
名玉の誉れ高いミリタリーカードンの同名レンズと同じレンズです。

    寸分違わない写りです。
    カードンのエクターは、かなり高級感の有る作りで、
    ヘリコイドの歯車が、まるで西部劇のカーボーイの拍車みたいで、かっこいい!
    ところが、カードンを作ったアメリカ人の指って、
    オールドコンタックスを作ったドイツ人の指と同じくらい、鈍感だったらしい。
    痛くて堪らないのです。
    勢い、レンズ本体を握ってフォーカシングします。
    すると、一説によると、レンズが故障する危険があるとのこと。
    つまり、この歯車、無用の長物。

私はカードンを手に入れるのを取りやめ、
その10分の1ほどの廉価で、レチナを手に入れました。

ここには、華やかで、かすかに憂いに満ちた美のオーラが漂います。

    「象潟や 雨に西施が ねぶの花」 芭蕉

私の場合、別に ねぶの花など撮りたいとは思いません。
じゃなくて、西施を撮ってみたい、
とすると、西施を撮るのなら、やっぱりこのエクターかな、
そんなことを思わせてくれるレンズ。
by Sha-sindbad | 2013-05-31 21:43 | Ektar47/2 | Comments(0)

703  ジーンズの美女  (風邪の特効薬はやっぱりホロゴン15mmF8Mだな)



b0226423_21163747.jpg





先週金曜日夜から突然発症した喉風邪、
今日になってやや軽減したようですが、症状は相変わらず。
突然、止めようもなく喉の奥から咳がこみ上げてきます。

土曜日には、千住真理子さんのフランス・ヴァイオリン音楽の夕べ、
来週土曜日には、写真仲間とひさしぶりの撮影会。
なんとしてでも、直さなくちゃ。

というわけで、以前として最新の写真は出現しません。
nikphotoさんの最新記事で大阪の奇抜ファッションのおばちゃんたち。
(http://nikkyphoto.exblog.jp/)
それじゃ、というので、私の方はもう少しお上品に、
京都河原町のジーンズ美女を選んで見ました。

すでにレンズ名は記載しているので、お分かりでしょうけど、
レンズ名がなければ、これが15㎜超広角とは思わない方がかなりおいででは?
でも、これぞ、私の究極のレンズ、

    ホロゴン15mmF8M
    つまりライツCLに付けた超小型のホロゴンライカワイドというわけです。

先頭を切って渡る美女の直後について渡りながら、
せいぜい40㎝か50㎝で撮りました。
誰も、気が付きません。

「盗撮じゃないか!」
なんてわめくあなた、どこかの市長なみの頭ですね。

ストリートフォトの7、80%は、あなたの言う盗撮です。
カルティエ=ブレッソンのストリートフォトはもう少しパーセンテージが多いかも。

でも、写真家たちは誰も盗撮だとは思っていません。
キャンディット・フォトなのです。
だって、生命感が横溢して、美しいじゃありませんか?
by Sha-sindbad | 2013-05-30 21:20 | Hologon15/8 | Comments(4)

702 桜 (ヘキサノン50mmf1.9は真面目な割りには凄みもあって)



私はいわゆる風景写真なるものを撮りません。
わざわざ桜を撮るために足を運ぶこともありません。
祭と同じで、撮影途中でぶつかれば、撮ります。

本ブログはごく最近撮った写真をつかっていますが、
先週末から今日まで撮ったのは、土曜日だけ。
それもザ・シンフォニーホールの往還に撮ったものだけ。

そこで、昔のファイルをごそごそ探って、
趣向を変えて、日本製レンズを選びました。

    ヘキサノン50mmf1.9

このブログのカテゴリを探してみました。
ところが、見つからない。
約2年になろうというのに、このレンズは忘れ去られていたのです。

2011年4月9日、京都の桜を撮った写真を選びだしました。
ほんとうに四角四面にきっちりと写るレンズです。

ところで、真面目に見える人間ほど、自分を隠しているかも知れません。

    私の知っている好例は、極度に優秀な秀才人間でした。
    人柄はとても穏健であたたかい。
    でも、酔うと完全に人間が変わります。
    上司を柔道で背負い投げしたり、
    民宿の階段の上からおしっこをしたり、
    花火を片手に夜中一人で奇声を発しながら浜辺を走り回ったり。
    どちらが彼の本当の姿か、わかりません。
    どちらも彼の本当の姿なのでしょう。
    彼の優秀な頭脳の火花がさまざまに脱線を起こしているのかも知れません。

    結局、賢い奥様の厳命で完全禁酒を果たしてからは、
    とても立派な素行の人間に生まれ変わりました。

レンズに急性アルコール中毒など無縁ですが、
私のように、正しい露出から猛烈に逸脱して、
光を切り詰めるだけ切り詰める人間にかかると、
若干アル中風の写真ができあがります。

そんな一枚をごらん頂きましょう。

    真面目一方のヘキサノンがかなりならず者風によたっている、
    そんな感じを持っていただければ、私の意図通りということになります。




b0226423_21233988.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-29 21:26 | Hexanon50/1.9 | Comments(2)

702 驟雨  (ズマロン35mmF3.5は派手さはないけど、いぶし銀の写りで)



b0226423_1581012.jpg





人間でもそうなのですが、
レンズでも、猛烈に格好よいパフォーマンスは見せないけれど、
よく見れば、ただものではない、そんな写りを見せてくれるレンズがあります。

吉川英治の「宮本武蔵」って、そんなさりげない逸話に満ちています。
一番大好きなのは、伊賀に寄留中の武蔵が活け花の切り口を見るお話し。
すでに書いたかも知れませんが、かまいません。

    柳生石舟斎が生けた花であると教えられて、
    武蔵は活け花をぐいと引き抜いて、その切り口を改めます。
    そして、自分の修業がまだまだ不足していることを悟ります。
    眼に見えない場所ですが、石舟斎は疎かにしません。
    そして、その切り口は、歪みや崩れなしに、
    すぱっと自然に切りそろえられていたのでしょう。

レンズにも、そんな見た目は地味なんだけど、
よくよく見ると、凄い描写をしてくれるレンズがときにあります。
私の体験では、

    このズマロン35mmF3.5と、
    ツァイスのM42マウントレンズ、フレクトゴン35mmF2.4、
    この2本が双璧ではないか、と長い間考えてきましたし、
    今でも、そう考えています。

ょっと語弊があり、失礼かも知れませんが、
「ライカの35㎜でなにをメインにお使いですか?」
こう質問して、お答えがズミクロンやズミルックスではなく、
さらりと、

    「ズマロンです」

こうお答えになる方がおいでになると、
なんだか嬉しくなってしまいます。

レンズの凄みによる味付けを避けて、
ものそのものをナチュラルに表現する、そんな撮り方が偲ばれるからです。

    映画「七人の侍」で、野武士の集団を無事撃滅して祝う村人たちを見て、
    傭兵となって勝利に導いた武士たちは、
    「ほんとうの勝利者は村人たちだ」とつぶやいて、
    静かに立ち去ります。

ズマロンやフレクトゴンって、そんなセリフが似合うレンズのようです。
by Sha-Sindbad | 2013-05-28 15:11 | Summaron35/3.5 | Comments(2)

701 作業中 (ホロゴンウルトラワイドは超接近が命)



b0226423_2215249.jpg




ホロゴンついでに、もう一枚出しておきましょう。

作業員の手からおそらく4,50㎝だったはず。
超接近水平垂直撮影法なので、垂直なのですが、
ここまで接近すると、
実は周辺にデフォルメがあることが分かります。

でも、そんなこと、どうでもよいことです。

    この作業員、ここでは主人公なのです。
    普段、主人公だとは誰も思っていない人。
    でも、そんな人も彼の人生では、
    彼の仕事では主人公なのです。
    だから、主人公らしく撮る。

    それができるのが、ホロゴン。
by Sha-sindbad | 2013-05-27 22:14 | Hologon15/8 | Comments(5)

700 太陽をキック! (ホロゴンウルトラワイドは嵯峨野の夕べに似合っていた)



このブログでは、節目には必ずホロゴンの写真、と決めています。
ホロゴンこそ、究極のレンズ、そう心に決めているからです。

以前、コシナのスーパーワイドヘリアー15mmf4.5が発売されたとき、
カメラ雑誌がホロゴン15mmF8と比較して、

    中央部のシャープネスは同等、周辺部はホロゴンがやや勝る、
    なんていう性能比較を掲載していました。

私の親友は長い間合唱をやってきて、声楽には一家言があります。
20世紀における屈指の名メゾソプラノ、ジュリエッタ・シミオナートを聴かせました。
彼、平然と、こうのたまわったものでした、

    ビブラートが多すぎる、
    この程度の声なら、私の知っているのに、
    もっと優れたメゾが沢山いますよ。
    歌手も性能比較では肝心なところが抜け落ちてしまう典型例でした。

シミオナートをご存知の方なら、私の言わんとするところ分かっていただけるでしょう。

    ふくよかで、ノビのよい歌声からは、彼女のあたたかい人間性と、
    類い希な音楽性が馥郁と香り立つようです。

だから、彼女は世界最高のメゾソプラノとして比類のない名声を誇ったのであり、
私の親友のご存知の日本人メゾのことなど誰も知らない結果に終わったのです。
(親友、インターネットをしていませんので、遠慮なく書かせてもらっています)

有名な比較があります。
マリア・カラスはベルリーニの「ノルマ」を当たり役としていました。
でも、ときに絶不調のときもあるものです。

    若手のメゾ・ソプラノ、フィオレンツァ・コソットは劇場で、
    クリスタ・ルートヴィヒはレコード録音で、ここぞとばかり、
    カラスを圧倒しようと、張りのある若い歌声を張り上げました。

    一方、シミオナートは、カラスの弱い歌声に寄り添うようにして、
    けっしてカラスを圧倒したりしないようにして、歌ったそうです。

もちろん前者は間違いです。
音楽は競争とか、名声をうち立てるチャンス以上に、
共同で作り上げるべき総合音楽であり、
そこでは、主役を圧倒する助演など邪魔以外の何ものでもないのです。

    シミオナートは自分の役割をしっかりとわきまえて、
    だからこそ、その歌声にはそんなあたたかい人間性がにじみ出て、
    えもいわれぬほどに芳醇な美酒の味わいを感じさせるのでした。

私はヘリアーも使っています。
この2本、対比したり比較したりすべきものではありません。

    まるで十両の相撲取りを横綱と比較するようなもので、
    最初からナンセンスなのです。
    ついでに言いますと、もうしわけありませんが、ホロゴン16㎜もそうです。

残念ながら、ブログの掲載写真はかなり精度が低くて、
違いはお分かり頂けないでしょう。
だから、信じていただけないでしょうけど、

    ホロゴン写真にはえもいわれぬ生命感がみなぎっています。

レンズ比較の専門家たちに、それが分からないのでしょうか?
それとも、新しいレンズの販促に邪魔になるから、書かないのでしょうか?




b0226423_20462749.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-26 20:50 | Hologon15/8 | Comments(10)

699 ハイヌーン (キノプラズマート15mmf1.5で大阪福島のハイヌーンを撮ってみた)



今朝、起きてみると、声が出ませんでした。
4月に1か月という記録的な長期風邪を体験したのに、
また、風邪なのでしょうか?
どうやら、今週の月、木と風邪発熱の孫の面倒を一日中看たせい?

でも、ウィーン少年合唱団のコンサートです。
無理して出かけました。
往還の電車でも、ポメラでブログ文を書くのは3個に留めました。

大阪環状線福島駅とザ・シンフォニーホールの往還各約8分の行程、
持参のキノプラズマート15mmf1.5で撮りましたが、
かなり体調が落ちているせいで、たった52枚でした。

その中から5枚選んでみました。

   実効30㎜の広角レンズとして、ノーファインダー、パンフォーカス、
   F8あたりに絞っているのですが、かなりフレアーぽい感じで、

これはこれで楽しいレンズ。




b0226423_2234989.jpg
b0226423_2235492.jpg
b0226423_2233597.jpg
b0226423_2253459.jpg
b0226423_22491.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-25 22:07 | KinoPlasmat15mmf1.5 | Comments(2)

698 町の草、野の草 (アポクロマート18mmF2の近接で十画帖ができちゃった)



昨日、野の草、町の草を撮って、
ちょっと植物の近接撮影に関心が湧いてきました。

でも、久しぶりにキノプティックのレンズを持ち出して、気持が晴れ晴れとしました。

    アポクロマート18mmF2。

オリンパスE-PL1に付けて、32㎜広角で撮っています。
シネレンズ中屈指のコントラストのよい、あたたかな描写のレンズ。
近接で花を撮ると、そんなアポクロマートの美点がさらに顕著になります。

本日、出勤の合間に調子に乗って、120枚撮りました。
あれもこれもと候補がずらりと並びました。

    こうなると、やっぱり春たけなわなんだという思いが確かなものとなり、
    そうなんだ、このご時世、最後の春になるかも知れないんだぞ、
    この春をたのしまなくちゃ、という気持で一杯になりました。

中平卓馬は、まさになんの虚飾もない、あるがままの現実を撮ることを、
植物図鑑というコンセプトであらわしたようです。
彼が撮ると、ほんとにあるがままという気がしてきます。

でも、私にはなんだかつまらない。
中平さんには申し訳ないけれど、楽しいのかな、と思ってしまいます。

やっぱり植物ドラマを撮りたい、そんな感じがします。

そうは言っても、素人写真の悲しさ、
人から見たら、今回の写真、植物ドラマどころか、
マクロ写真としても落第なのでしょう。
私のロボグラフィは、中平さんのような思想を欠いた、
ただのもの図鑑、ただの無味乾燥な路傍図鑑なのでしょう。
ドラマ、だなんて、おこがましい限りだ、と外野席もやかましい感じです。

でも、私にとっては、花を撮るなんて珍しいのですから、
こんな地味な花たちでもわくわくしてしまいます。

    みんな、あちこちで頭をすっくともたげ、
    春の到来を喜んで、
    高らかに歌っています。
    その調べはそれぞれに違いますが、
    晴れ晴れとした気分だけは伝わってきます。

だから、大盤振る舞い、十画帖に仕立ててみました。




b0226423_21464467.jpg
b0226423_22153193.jpg
b0226423_22141693.jpg
b0226423_22152045.jpg
b0226423_2214345.jpg
b0226423_2214285.jpg
b0226423_22135254.jpg
b0226423_22135130.jpg
b0226423_22134427.jpg
b0226423_22141432.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-24 22:25 | Apochromat18/2 | Comments(2)

697 野の草、町の草 (カラー・ミノター35mmf2.8は楽々と撮れるレンズで)



「春眠暁を覚えず」の春が来ないまま、
なんだか初夏に突入しそうな気配に、
今年の夏は、昨夏に輪を掛けた猛暑になるのでは、
という悪い予感を感じるのは、私だけでしょうか?

それでも、草たちは元気一杯です。

ミノックスのコンパクトカメラに付いた小さなレンズ、
カラー・ミノター35mmf2.8
当時から評判のよいレンズでしたが、
オリンパスE-PL1で使うと、70㎜長焦点となるのに、
まるで35㎜広角であるかのように、使うやすいレンズです。

そのうち、ライカMマウントに改造してもらいましょう。





b0226423_22123975.jpg
b0226423_22122779.jpg
b0226423_22112012.jpg
b0226423_22121297.jpg
b0226423_22105389.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-23 22:21 | Colour-Minotar35/2.8 | Comments(2)

696 女性たち (トリプルアナスチグマート15mmF2.9は女性にも合うらしい)



火曜日、昼食の往き帰りでした。
腰のトリプルアナスチグマート15mmF2.9が活躍しました。

    黒い小さなブラックボックスなので、目立ちません。
    もっとも背広姿でカメラというスタイルそのものは目立ちそう。
    そこは、さりげない表情を作って、撮りました。
    でも、その表情でかえってばれるかもしれません。
    ああ、難しい!

ええい、気にせず、撮りたいものを撮りたいときに撮ろう!
というわけで、ばんばん撮ったものに、
帰宅途中のもつけ加えて、もう一度このレンズ特集です。

やっぱり28㎜相当の広さになると、
ノーファインダーでも、なんとかなるものですね。
このレンズ、ますます気に入りました。



b0226423_21375338.jpg
b0226423_21382958.jpg
b0226423_21365459.jpg
b0226423_21363298.jpg
b0226423_21362694.jpg
b0226423_2137752.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-22 21:58 | Sp.Anastigmat15/1.5 | Comments(0)