レンズ千夜一夜

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

611 夕べの調べ (ジュピター12-35mmF2.8は本家を忘れさせてくれる)



b0226423_15522910.jpg
b0226423_1556318.jpg
b0226423_15561657.jpg
b0226423_15521062.jpg





実は一昨日からまたオークションサイトをうろついていたのです。
スーパーアンギュロン21mmf4Rで大成功を収めた余波。
何本か、欲しいものが出現していました。
欲しい、という気持が先立って、浮き足だった感じ。
その中には、ビオゴン35mmf2.8Prewarも一本ありました。
欲しい!

そんな私の浮ついた気持を冷やしてくれる出来事がありました。
ふっと気づいたのです。
すでに持っているじゃないか?
それも、まさにビオゴンのコピー。

    廉価なロシアレンズ。
    ジュピター12-35mmF2.8

とにかくよく撮れるレンズです。
その以前の写真をつらつら眺めていて、溜息。

    「オリジナルとどれだけ違うんだろう?
    違うことは違うのでしょう。
    でも、私の好みはジュピターだってことがありえる?
    それに、違いがほとんど分からないかも?」

昨日、確認のため持ち出したのです。
リコーGXRに付けましたので、52.5㎜相当の標準仕様。
今回も立派に撮れています。
これで十分です。

折りから、遠く韓国からもだめ押しの忠告。

    法頂先生の「生きとし生けるものに幸あれ」(麗澤大学出版会)

すでに数冊持っていますが、今回は箴言集。
「無所有」の生き方を貫いた人。
その「無所有の生き方」に痛い言葉、

    「無所有とはなにも持っていないということではなく、
    不必要なものは持たないという意味だ」

このフィルターを通過できるものは少ないようですね。
by Sha-sindbad | 2013-02-28 16:24 | 未分類 | Comments(3)

610 駅 (オリオン15-28mmF6は隠れた名レンズ)


カメラはリコーGXR+A12。
レンズはロシア製、
トポゴンタイプの隠れた名レンズ、

   オリオン28mmF6

オリジナルのトポゴンに似て、
おそらく真鍮鏡胴の超軽量小型レンズです。
トポゴンを二周り小さくしたコピー。
かなり造りは安っぽい。
ところが、これが実によく写ります。

トポゴン、ビオゴン、ホロゴンなど、
ツァイス系超広角レンズに共通する異次元的なすごみはありません。
でも、とてもしっとりとして立体感ある描写力は並のものではありません。

28mmは名レンズがひしめく激戦区なのですが、
もしあなたが手軽に広角の世界を試してみたいとご希望であれば、
このレンズをお勧めします。
実力は伯仲なのに、段違いの廉価版。
私は8000円で手に入れました。

もちろんオートフォーカスでは撮れませんが、
F8に絞って、距離を3mに合わせれば、
約1.6mから無限遠までのパンフォーカスレンズとして使えます。

フォーカシングのことなど、なにも考えることはありません。

    ホップ、ステップ、ジャンプ、
    見た、押した、撮ったー!
    快調に撮ることができます。

ただし、リコーGXRやソニーNexなら、実効37.5mmになりますが、
描写性は28㎜と変わらないのが不思議ですね。
お試しください。

    近鉄学園前駅のホーム。
    折りから西日がまともにプラットフォームに突き刺さり、
    私が「黄金の時間」と呼ぶ、絶好の撮影条件です。
    近ごろ、なぜか光線の切れがよろしいようで、
    やたら黄金色に輝きますね。
    奈良行き快速電車がプラットフォームに滑り込むまでの3分間。
    光よし、人物よし、舞台よし、なのですから、入れ食い状態。

28㎜のパンフォーカスなので、撮り方は実に簡単。

    太陽に向かってどんと突っ立ったまま、
    カメラをお腹あたりに両手でそっと保持して、
    人物が2本の柱の間に入って、長い影を私に差し伸べてくれる、
    そんな光景を前にただシャッターを押すだけ。
    投網をふわっと水面に投げる、そんな撮り方です。
    帰宅してチェックしてみると、網の中に15尾の魚たち。
    中でも一番おいしそうなのを4枚選んでみました。

    Orion15-28mmF6って、よいレンズだなあ、
    そんなあたたかい気持になれる夕べでした。



b0226423_2128838.jpg
b0226423_2128249.jpg
b0226423_21275570.jpg
b0226423_21275614.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-27 21:45 | Orion28/6 | Comments(6)

609  自画像 (スーパーアンギュロン21mmf4Rはどこでもなにかを見つけてくれる)


ふっと気づいたことがあります。

写真をなんで撮ったか、どう撮ったか、私はかなり説明するのですけど、
そんなことをしている方にあまり出会ったことがありませんね。

創作の秘密であり、一種のノウハウなのでしょうか?
私のお気に入りのブロガーの皆さんたち、
素敵な写真をお撮りです。
カメラやレンズの道具なんか問題じゃない、
その人でないと撮れない写真をお撮りになっています。
だから、撮り方を知ったところで、とても真似できるものじゃない。

私の場合は違いますね。

    誰もが撮れる、ありふれたものを、
    誰もが撮れる撮り方で撮っているだけなので、
    創作ではまるでないし、秘密などまったくない。
    素人写真に創作の秘密なんてあったものじゃないので、当然。

その一番シンプルな形がホロゴン、スーパーアンギュロン。

    ただどんと近づいて、水平垂直に撮るだけなのですから、
    子供でも同じ撮れ方ができます。
    そして、ノートリミング。
    レンズが撮ってくれるのですから、信頼しなきゃ!

この撮り方でも、レンズによって撮れ方は違いますが、
たとえば、ホロゴンやスーパーアンギュロンを使えば、
私とまったく同じ写真が寸分違わず撮れる仕掛け。

お気づきの方もおいででしょうが、
自分の写真を「作品」とか「自作」なんて書いたことは一度もありません。

秘訣があるとすれば、

    レンズを信じること、
    こざかしい作為は捨てること、
    露出を可能な限り暗めに切り詰めること、
    これ位でしょうか?

今回の3枚も、大阪難波あたりの路地裏で見つけたものばかり。
ライカM9に付けたスーパーアンギュロン21mmf4Rをぐっと近づけ、
ノーファインダーで一枚ずつ頂きました。

    クィックビューをオフにしているので、
    一枚シャッターを落として、さわやかに立ち去る、ただし、
    心の中で、こう言ってあげましょう、

        「いい顔してるね、ありがとう」

老婆心の一言、

    声を出して言うのはよしましょう。
    おかしな人と間違われますから。




b0226423_10342879.jpg
b0226423_10342220.jpg
b0226423_10341616.jpg





    [後書き]
        どうですか?
        ほんとにいい顔しているじゃありませんか?
        とくに、2枚目。
        スーパーアンギュロンは3mに固定しているので、
        95センチあたりから無限遠までの固定焦点レンズとして使います。
        ゴミ箱とレンズの距離は80センチほどなのですが、
        近づきたいと思う距離まで気にせず、ずんずん近づきます。
        ピントなんかどうでもよいと言ったら、語弊がありますが、
        たとえば、あなたが男性として、
        妙なる美少女に出会って、とても仲良くなったら、どうしますか?
        私はそんな体験はゼロですが、孫(男の子)、娘(猫ですが)なんか、
        もうあんまり可愛いので、抱きしめ続けていますね。
        それと同じ気持ちで、ロボグラフィに接したいものですね。
by Sha-sindbad | 2013-02-26 10:49 | SuperAngulon21R | Comments(0)

608  自画像 (スーパーアンギュロン21mmf4Rが暴き出した私の人間像は?)



「東は東、西は西」という言葉がありますね。
さきほど、セバスチャン・サルガドの「エッセイ」を開いてみて、
その言葉を思い出しました。

    間違いなくニコンの世界。
    強烈なる切れ込み、完璧なシャープネス、
    サルガドのプロテスト、アピールを伝えるためのレンズ。
    私にとって、完全なる未踏の領域がここにあります。

かなり長い写真歴になりますが、
私はついぞニコンを使うことがなく、
また、ついぞリアリズムの写真を撮ったこともありません。

    私にとって、写真はいつも夢でした。

先ほどの言葉の語源となったラジャード・キプリングの詩は素敵ですね。

    Oh, East is East, and West is West,
    and never the twain shall meet,
    Till Earth and Sky stand presently at God's great Judgment Seat;
    But there is neither East nor West, border, nor breed, nor birth,
    When two strong men stand face to face,
    though they come from the ends of the earth!

宇宙って、こんな風に、さまざまな反対物のコントラストがあるがゆえに、
豊かなのでしょう。

現代写真世界はどうやらニコン的リアリズムが勝利を収めたようです。
軟弱、柔弱な古代レンズは、
現代人の描きたいものを描くには力不足なのでしょう。

そして、いつまでも写真にファンタジーを求める私はどうやら時代遅れなのでしょう。
どんなレンズでも、いつも担う役割は、このファンタジーをキャッチすること。

スーパーアンギュロン21mmf4Rはまさしく強烈にシャープ。
でも、私が出会ったたった1本のニコンとの比較でしかありませんが、
WニッコールC28㎜F3.5とはかなり性格が違います。

    28㎜はあくまでも冷徹、冷厳に情景をスパッと切り取ります。
    21㎜も冷徹に切り込んで行くように見えて、
    いつもなんだか歌が聞こえてくるのです。

歌っているのはレンズなのか、私自身なのか?
どうもよく分からないのですが、確かに聞こえてくるのです。

    場末の裏通りに食品ボックスが放り出されていました。
    50×200ほど、人間一人がすっぽり入るほどの大きさ。
    もちろん、中は空っぽ。
    内張りされた金属板は元はぴっかぴかの鏡面だったはず。
    でも、長年酷使されてきたせいで、でこぼこ。
    それでも、近づいた私の全身を写しています。
    もしかすると、真実の鏡なのかも?

そのボックスの扉付近までレンズを突き出して撮りました。

    自画像。
    自分でも把握し理解することが困難な私。
    その私の実像が浮き出しているのでしょうか?
    私の人生って、こんなものなのでしょうか?
    ハイド博士がジキルと向かいあったような気分ですが、
    でも、悪い気分がしないのはなぜでしょうか?




b0226423_1354386.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-25 01:37 | SuperAngulon21R | Comments(8)

607  奈良町 (シノール25mmF1.4はフランスらしいハーフトーンで)


今日の出勤に登場したのは、ソン・ベルチオのレンズ。

    シノール25mmF1.4

朝は事情があってタクシーで職場に直行したので、
一枚もとらず。
昼食は恒例のインド料理店。
歩いて5分の往還の間に撮ったのはたった26枚。
5枚をごらん頂きましょう。

すべてロボグラフィ。
ロボグラフィはものを撮るので、構図などは無縁です。
では、どうするか?

    オリンパスEP-L1のビューファインダーを拡大して合焦したら、
    そのままぐっとシャッターを押します。
    ここではこう撮りたい、とか、
    ここではこんなことを表現したいなどと考えるのは写真家に任せます。
    私は最初に構えた位置で、撮れる範囲をそっくり撮ります。

5枚目だけは、バックに太陽があったので、
怪樹をシルエットにするためにF8に絞りました。
このあたりの露出設定だけは細かくします。
怪樹のこぶにピント合わせをして、ぐっとシャッターを押し込んだら、
太陽がバックに写っていました。
おそらく太陽が、自分も写してほしくなって、
視野内にさっと移動したのです。

この瞬間に、太陽が地球に光を投げかける区域で、
何人のカメラが太陽を狙ったでしょうか?
私は知りませんが、
こんな場合の統計上の平均値をいつも10±Aと踏むのが無難ですから、
(誰がそんなことを言ったか? 
私が言ったのです)
世界中の9±Aのカメラマンは泣いたことでしょう。
仕方がありません。
神とお天道様の加護がいつも私にありますので、あしからず。

こんなとき、カメラマン根性を出して、
「おっ、それじゃ、ちょっと撮影位置を変えて、
こうしたら、もっとドラマチックになるのでは?」
なんて考えていたら、
きっとお天道様は腹を立てて、二度と私に協力してくれないでしょう。
無欲にプレゼントをそっくり受け取って、ありがとうと感謝する人間だから、
プレゼントしてくださるのですね。

ソン・ベルチオは、よく知りませんが、
基本的にシネレンズの会社のようです。
アンジェニューとともに、フランスの香りを濃厚に醸し出してくれることで、
とても人気の高いレンズを輩出しています。

このレンズがどれほどの評価を得ているか、よく知りませんが、
私の目には、アンジェニューやキノプティックと同等の、
堂々たる写りをくれるレンズに思えます。




b0226423_1843841.jpg
b0226423_1843741.jpg
b0226423_1843064.jpg
b0226423_18425262.jpg
b0226423_18423493.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-24 14:49 | Cinor25/1.4 | Comments(0)

606  路傍3景 (ディスタゴン35mmF4の描写には王者の誇りが満ち)



水曜日の出勤にはおもしろいレンズを携えました。

    ツァイス・コンタレックス用レンズ
    ディスタゴン35mmF4

史上最高のレンズだと主張する方さえいます。
あいにく史上最高のレンズはホロゴン15mmF8なので、
この御説に従うことはできませんが、
撮ってみて、仰天させられることは確かです。

レンズを軟派と硬派に分けますと、
ディスタゴンはまさに硬派の代表格でしょう。

でも、ディスタゴンをはじめとするコンタレックスレンズの目指した方向は、
結局ニコンと同じだったようで、しかも遙かにすごいレンズ群だったのですが、
はるかに廉価で機能性に富んだカメラを用意したニコンに完敗してしまいました。
コンタレックスのボディそのものは、当時すでに時代遅れだったのです。

    趣味性を重んじたレックス、猛烈に使い勝手の悪い操作性は、
    速射性、機能性を重んじたニコンに勝てっこなかったのです。

一方、レンズたちは時期尚早だった、私はそんな感じがします。
現代のデジタルレンズたちが求める精密無比の描写性を先取りしていたからです。

柔和で中庸を得た再現性を終始理想にしてきた私には過ぎたレンズでした。
一時期メインカメラとしていた私も、結局、凄みのありすぎるレックスにたじたじ、
一眼レフはペンタックスMEを中心にするようになり、
レンズもほとんど処分してしまい、
そのうち、一眼レフそのものもほとんど使わなくなったのに、
プラナー50mmF2付きレックス・スーパーと、
マクロスイター50mmF1.8付きアルパ9Dだけ大事に貯蔵してきました。

畏友RAさんがディスタゴンを処分されると聞いて、
無理に譲っていただきました。
このレンズだけは使ったことがなかったのです。
時折取り出して、レックス・スーパーで撮ったり、
ソニーNex-5aマウントアダプタを使って撮ったり。

    撮るたびに、あまりの強靱精緻な描写にあきれています。




b0226423_22224035.jpg
b0226423_22223483.jpg
b0226423_22222864.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-23 22:26 | Distagon35/4 | Comments(0)

605  奈良町幻影 (スーパーアンギュロン21mmF4はホロゴンの影武者第一候補か?)



レンズが写真の質を決めるという神話があります。
私も昔は信じていました。
でも、この神話、きっとレンズ会社が作ったものでしょう。
レンズを代えて、同じレンズを使っている写真家の作品に似たものが撮れたら、
世話はありませんね。

   分かりやすい話では、戦前のカルティエ=ブレッソンの名作群、
   おそらくエルマー50mmF3.5をメインに撮られたと推測しますが、
   私もエルマーを使いましたが、撮れた写真はいつも私の写真。
   ついぞカルティエ=ブレッソンの名作に似たものなんか撮れませんでした。
   他の人でそんな作品を作った人も知りません。

写真家であれ、素人であれ、例外なしに、
撮れるものは自分の写真だけ。

しかし、そんな作品制作を離れて、レンズの味わいに違いがあるかと問えば、
答えはもちろん一つ、

   断然違いがあります。

その一つのファクタとして、画像の迫力の違いがあります。
良い写真が撮れるか否かは、写真の才能にかかっています。
でも、写真の才能なんかなくても、迫力ある写真が撮れます。
つまり、レンズの力。
そんな好例となるようなレンズを木曜日に使いました。

   ライカR用のレンズ
   スーパーアンギュロン21mmf4R

前後対称型のビオゴン系のL/M用スーパーアンギュロンと、
レトロフォーカス型の一眼レフ用スーパーアンギュロンとは、
完全に別種のレンズと感じられます。

   木曜日、初めて使ってみて、
   kinoplasmatさんやジオグラフィックさんのとても高い評価も、
   実にごもっとも、とうなずくばかり。

もう一つよいところは、とても廉価なことなのですが、
世の中、良いことばかりではありませんね。
ライカM9にはとても大げさに見えるほど重くて大型のレンズ。
付属のフードを外すと、ややバランスが回復し、
お腹あたりに保持して、ホロゴン風超接近撮影をすることができます。

   撮れた写真はツァイスレンズに似た剛直で男性的な描写。
   スーパーワイドヘリアー15mmf4.5の描写がかなり腰の弱い今、
   ホロゴンの使えないライカM9で使えるホロゴン代用レンズと言えば、
   まずこのレンズが最右翼となりそうです。

まあ、ランダムに選んだサンプル5枚をごらんください。




b0226423_2282583.jpg
b0226423_2282895.jpg
b0226423_2282285.jpg
b0226423_2281652.jpg
b0226423_228486.jpg
b0226423_2281047.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-22 22:15 | SuperAngulon21R | Comments(2)

604  夕映えに (アポクロマート18mmF2はいつも確かな手応えを返してくれる)


b0226423_220204.jpg
b0226423_220434.jpg
b0226423_2159584.jpg





出勤時にカメラを携行する習慣を付けて、
すでに1年10か月が経ちました。
1日たりと、持たずに家を出たことはありませんし、
撮らずに家に帰ったこともありません。

    週3回、月12回、ということは、
    264個のフォルダが出来ていることになります。
    少なく見積もって毎回平均70枚程度なので、
    出勤時だけで1万8480枚撮ったことになります。

古いレンズを取っ替え引っ替え使っての感想は?

    1 どのレンズもよくよく写る。
    2 どのレンズもみんな決定的に違う。
    3 この違いの程度は、日本製が一番小さい。

当たり前のことばかりですが、
人間の個性比較にかなり近い感じがするのは私だけでしょうか?

さて、水曜日、アポクロマート18mmF2で帰宅時も撮りました。
かなり美しい夕映えの日でした。

3枚目は、昨日、帰りのバスの車窓風景。
ため池をぐるりと半分回り込み、
バスの左側の窓が西に向いた瞬間に撮りました。
10数mほどの走行区間に撮らなければなりません。
あらかじめ距離は無限遠近くに合わせ、2枚だけ撮れました。

    明晰なあたたかみ、
    なんだか奇妙な組み合わせですが、
    そんな独特の個性が感じられて、
    思わずつぶやきたくなってしまいます、

        かなり完璧に近いんじゃないかな?
by Sha-sindbad | 2013-02-21 22:08 | Apochromat18/2 | Comments(2)

603  雨の日 (アポクロマート18mmF2はいつも確かな手応えを返してくれる)



完璧なレンズがこの世にあるとすれば?
そんな質問に対して、
多くの人はこたえるかもしれません、

    「そんなレンズはない」

でも、人によれば、こう答えるかも知れません、

    「そりゃ、キノプティックのアポクロマートだよ」

昔使ったアルパ用の100㎜もそうでしたし、
今使っている2本の比較的廉価な18㎜、25㎜もそうですが、

    真面目だけど、窮屈でない。
    シャープだけど、キリキリじゃない。
    強いて言えば、悠揚迫らざる品格、というところでしょうか?

雨の日の出勤、オリンパスE-PL1に付けたのは、
アポクロマート18mmF2でした。
一見して分かります、

    かなりいい、
    しっかり見ると、なおさら、
    これはとてもいい!




b0226423_1911511.jpg
b0226423_19104690.jpg
b0226423_19102271.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-20 19:13 | Apochromat18/2 | Comments(0)

603  レストラン街 (ビオター25mmF1.4はツァイスの味わいで)



日曜日、妻とショッピングに出かけました。
バッグにオリンパスEP-L1を忍ばせました。

    レンズは、ツァイスのビオター25mmf1.4。

と言っても、ショッピングが目的ですから、撮る暇もありません。
イタリアンレストランでのおいしい夕食後、
会計をすませるとき、
夫婦ともに大好きな生ハムを200グラム注文しました。
注文後に薄くスライスしてもらいます。
その出来上がりを待つこと数分。
その間を利用して、店の周囲で10枚ばかり撮りました。

4枚ごらんいただきましょう。

なんだか知らないマウントから抜き出したレンズを
Cマウントレンズのボディに埋め込んだ改造版。
ツァイスレンズらしい毅然とした写りが際だつ名レンズです。

かなり暗い撮影環境でしたが、一応しっかりと写っています。
使うたびに思うのですが、

    あたたかで、豊かな、
    しかもきりりと引き締まったトーンは、
    やっぱりツァイスレンズの味わいですね。




b0226423_21301792.jpg
b0226423_21301691.jpg
b0226423_21304100.jpg
b0226423_2130332.jpg

by Sha-sindbad | 2013-02-19 21:35 | Biotar25/1.4 | Comments(6)