レンズ千夜一夜

カテゴリ:MacroSwitar26/1.1( 32 )

946 寒い日(マクロスイター26mmF1.1は酷寒の日にもあたたかさを演出し)



b0226423_22362168.jpg
b0226423_22354157.jpg
b0226423_22353311.jpg
b0226423_22353021.jpg
b0226423_22353531.jpg
b0226423_22351856.jpg
b0226423_22352610.jpg
b0226423_2235109.jpg
b0226423_2235680.jpg
b0226423_22345923.jpg
b0226423_2235278.jpg
b0226423_22345275.jpg
b0226423_22344318.jpg
b0226423_22343873.jpg
b0226423_22351015.jpg
b0226423_22343445.jpg
b0226423_22343741.jpg
b0226423_22342921.jpg
b0226423_22341693.jpg
b0226423_2234566.jpg
b0226423_22335825.jpg
b0226423_22335437.jpg
b0226423_22335133.jpg
b0226423_22333257.jpg
b0226423_223413.jpg
b0226423_22333750.jpg
b0226423_22332492.jpg
b0226423_22331081.jpg
b0226423_2233685.jpg
b0226423_22332584.jpg
b0226423_22331966.jpg
b0226423_2233833.jpg
b0226423_22322944.jpg




今日のレンズはマクロスイター26mmF1.1。

    小型ながらも、天下のマクロスイター。
    見事なブラックペイントの鏡胴が誇らしげです。

私がこの名玉を格安で手に入れたのは、

    絞りレバーが折り取られているため。
    絞り操作にコツを要しますが、不便ではありません。
    むしろ邪魔な突起物がないだけ、見た目すっきり。

写真作品を作る人であれば、
このようなレンズは、F2.8あたりで使い、
要所でF1.1の開放の威力を見せるという使い方をするでしょう。

    私の場合は、どんなレンズも原則として開放。
    このような原則を遵守する自体、私の素人性を暴露していますね。
    でも、平気です。
    写真作品など、私には無縁なのですから。

ケルン、アンジェニュー、キノプティック、ソン・ベルチオ、
これらフランス、スイスのレンズ会社に一貫するレンズの基本は、

    明晰でありながら、あたたかい質感を失わないこと。

上記各社のレンズたちが一様にとても人気が高いのは当然です。

今日は、温度はさほど低くないのに、
いわゆる「しばれる」ような厳しい寒さ。

    おかげで、雪もまだ随所に残っています。
    それなのに、レンズは喜々としてあたたかい色調で、
    ゆったりと落ち着きのある画像をプレゼントしてくれました。

    本日の撮影分56枚中35枚をごらん頂きましょう。
    今回が新記録かも知れません。

本ブログ、1記事の掲載写真が際限なく増加しつつあるようですね。

    原則として、無制限なので、遠慮しないでおきましょう。
    本当はもっと沢山掲載したいのですが、我慢します。
    これ以上削りたくない、削れない、というギリギリの譲歩。

ロボグラフィを撮るというのは楽しいものです。
    (注:「路傍写真」を英語風にした、私の造語です)

    今日は不調、不漁だったということは起こらないからです。
    私の心が躍っている限り、
    路傍のものたちもこれに呼応して、わっと立ち上がるからです。

    今日は、いわゆる「しばれる日」でしたが、
    私だけは心あたたか、心ウキウキと撮り歩きました。

でも、あなたもそんな風に撮りたかったら、
人に写真作品として認知してもらうことはあきらめましょうね。

    そういつもいつも両手に花じゃ、
    人生、退屈しちゃうでしょうからね。
by Sha-sindbad | 2014-02-18 22:39 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(2)

897 マドンナのイメージ(マクロスイター26mmF1.1が翼を拡げたのは夜だった)



b0226423_19541514.jpg
b0226423_19543970.jpg
b0226423_19534446.jpg
b0226423_19533794.jpg
b0226423_19535223.jpg
b0226423_19543117.jpg
b0226423_1954209.jpg
b0226423_19531899.jpg
b0226423_19533259.jpg
b0226423_19533016.jpg
b0226423_1954473.jpg
b0226423_1953479.jpg
b0226423_19525751.jpg
b0226423_19535789.jpg
b0226423_19534773.jpg
b0226423_19533578.jpg
b0226423_19533641.jpg




12月25日水曜日持ち出したのは、

    オリンパスEP-L1
    マクロスイター26mmf1.1

私がどうしてアンジェニューやケルンの超大口径レンズを入手できたか?
まことに不思議ですが、

    一つ言えることは、私が欲しかったから。

欲しいと思ったら、なんでも手に入れられると思ったら、大間違いですね。
むしろ、いくら欲しいと思っても手に入れられないものばかり、
それが人生ですね。

    しかし、オールドレンズというものは違います。
    マドンナだったら、この世に二人といないのですから、
    そして、ライバルもたくさんいるのですから、
    ほとんどの場合、手に入らない。
    私は手に入れましたが、これはこの世の奇跡というものです。
    その点、オールドレンズなら、違います。
    この世に何百、何千とあるものたちなのですし、
    デジタルカメラで、奇跡的な高画質を楽々と実現できる時代に、
    好き好んでボケレンズを手に入れたがる酔狂人は、
    世界中で見てもさほど多くはありません。

    だから、マクロスイター26mmF1.1のような夢レンズが
    我が家にお輿入れなさるという事態になるわけです。

超格安だったのは、絞りレバー2本がもぎ取られているからです。

    このレバー機構はすべてがマニュアル操作の時代の優れものです。
    1本のレバーで目的の絞りに設定し、
    もう1本のレバーを動かすことで、
    開放から設定絞りに瞬時に絞ることができます。
    
このレバーがないので、絞りを動かすにはコツがいります。
でも、慣れれば、ちゃんと操作できます。
相場で考えますと、およそ3から5万円低い価格で落札できました。

このお金を出しても、完品を手に入れたい、
こう考える方の多くは、クラシックレンズコレクタですね。

    理由は、高く売れるから。

このお金を節約できたと喜んでいる私は、コレクタではありません。

    自分で使うことだけ考えて、売ることなど考えていないから。
    このレンズも共白髪ですよ。
    そんなレンズばっかりなのですが.....

17枚並べてみました。
さすがに夜でも撮れます。

    うすら寒い真冬なのに、なんだかあたたかい画像たち。
    フレアがなかなか美しいですね。
    キリスト教会前の馬小屋には、幼子が誕生していました。
    そして、聖母の表情も心なしか平安に満ちていました。
    どの写真もはんなりとほほえみを浮かべる乙女のイメージ。

このレンズ、やっぱりいいんじゃないでしょうか?
by Sha-sindbad | 2013-12-27 19:58 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(2)

837 路面模様(マクロスイター26mmF1.1は小雨に出会っていきいきと)



b0226423_21354791.jpg
b0226423_21354111.jpg
b0226423_21353972.jpg
b0226423_21351320.jpg
b0226423_21354234.jpg
b0226423_21353813.jpg
b0226423_21353321.jpg
b0226423_21352845.jpg
b0226423_21344490.jpg
b0226423_21342948.jpg
b0226423_21341918.jpg
b0226423_21342776.jpg




今日の出勤に持ち出したのは、

    カメラがオリンパスEP-L1、
    レンズはマクロスイター26mmF1.1

Cマウントレンズとして、
アンジェニュー25mmf0,95と並び称せられる名玉。

    Cマウントレンズの大口径は、
    35㎜レンズよりも深い深度を持っています。
    それだけ撮りやすいレンズたちであり、
    できあがりは、たとえばゾンネタールとはまるで違います。
    つまり、独自の存在価値があるわけです。

お昼、職場を出ようとすると、小雨が降り始めました。
天のご加護でしょうか?

    このような状況でも、露出オーバーになることがあります。
    超大開放レンズではよく起こります。
    こんなときでも、完全に白飛びしない限り、
    平気でシャッターを切ります。

そんなときは、アップ時にレベルを補正します。
もう少し開放値が暗いレンズやホロゴンなら、
露出オーバーになることはありませんが、
私の眼目は適正露出にはありません。
そもそもどんなレンズも適正露出でなど撮っていないからです。

    超大口径レンズの場合、
    私の欲しいのは、開放での幻惑いっぱいのヘアピン描写なのですから。

私に言わせると、レベル補正だけは、
オリジナル画像の修正加工ではなく、たんなる調整です。

    これを加工と言うのであれば、すべてのモノクロームプリント、
    フィルムスキャンはオリジナルからの加工となってしまいます。
    撮影時のイメージに戻す、これがレベル補正の役割ではないでしょうか?

雨が降りますと、突然、路地裏のものたちが生き返ります。

    8、9枚目、顔に見えるでしょうか?
    石ころが1つあるだけですが、私には見えます。
    この石ころは私がここに置いたのか?
        違います。

    石ころがあって、顔に見えたから撮ったのであって、
    石ころを使って、顔に見えるように撮ったのではありません。

私は絶対に現場に加工はしません。

    私のやりたいことは創作ではなく、発見。
    こんな出会いがあるから、路地裏は楽しいのです。
by Sha-sindbad | 2013-10-22 21:46 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(2)

793 雨景(マクロスイター26mmF1.1は小型ながらゴージャスなレンズだった)



b0226423_21553877.jpg
b0226423_2156291.jpg
b0226423_2156085.jpg
b0226423_21552172.jpg
b0226423_2156555.jpg
b0226423_2156382.jpg
b0226423_21553566.jpg
b0226423_2155094.jpg
b0226423_21554887.jpg
b0226423_21545053.jpg
b0226423_2155915.jpg





今日、奈良はお昼前から夕方まで雨でした。
夏の雨とは思えないほどの冷たい雨。
台風崩れなら、もう少し熱帯のあたたかみを残しておいてほしい、
それほどとりつく島もない秋の雨でした。

でも、私はなぜかその雨に遭わず。
昼食後、雨粒で少し重く下がったかのような通りをそぞろ歩きながら、
濡れに濡れた写真ばかりどっさり撮りました。
今回はその一部。

惚れ惚れするほどに楽しく撮れるレンズですね。
この写真たちを眺めていて感じたことを書きましょう。

昨年来、完全にレンズ購入をやめてしまいました。

    寂しいか?
    ちっとも。
    おかげで我が家のレンズたちとのつき合いを深めることができるからです。

クラシックレンズとつきあえばつきあうほどに、
人間の友人とよく似ていることに驚かされます。

カール・ヤスパースはとてもうれしい言葉をプレゼントしてくれました。

    「人は、自分が思っている以上の存在である」

どんなに理解したと思っても、人はそれを超えるなにかを持っている。
良い言葉ですね。

あなたもそうですよ。
おっと失礼、言い換えましょう。

    あなたもそうかもしれないし、そうでないかもしれない。

いつも自分を過大評価して、どんなに失敗しても、
自分をいつも最高と思っておいでになるとしたら、
そんなあなたにはこう申し上げた方がいいでしょうね、

    「あなたは、自分が思っている以下の存在である」

もしあなたが、本気になってそれ位謙虚な姿勢を維持していると、
あなただって、いつかは、
「あなたは、自分が思っている以上の存在である」
そう言ってもらえることでしょうね、
自信はありませんが。

今日出勤に持ち出したのは、

    ケルンのマクロスイター26mmF1.1

アンジェニュー25mmF0.95とシネレンズ界双璧のスピードレンズ。
このレンズ、兄貴分の50mmF1.8とかなり似通った性格の持ち主です。

    どんなに使っても、その真髄に至ることができない。
    こちらが思った以上のすてきな写真を返してくれる。

生涯これ一本きりというのが、本当の付き合い方なんだ、
そう思わせる奥深さがこのレンズにはあります。

どこがどう違うから、あるレンズは生涯レンズとなり、
あるレンズはジャンクレンズとなるのでしょう?

    これも人間と同じですね。
    立派にパフォーマンスできるのですが、
    その程度の存在ではないことを感じさせる何かがある、
    そんなレンズ。

イチローや柔道の野村選手に共通するのは、そのような姿勢では?

    才能に恵まれながら、その才能に甘んじない、
    もうこれでよいという限界をもうけず、
    ひたすら高い目標を掲げて、志高く生きる。
    その目標達成のために、人よりも何倍も何十倍も努力をする。
    人の毀誉褒貶、中傷にくじけない。
    そんな人が未踏の高嶺を征服することができます。

レンズも同じです。

    ここでこの写真のパフォーマンスの限度いっぱいだ、
    という線が生涯レンズにはありませんね。
    マクロスイター26mmF1.1って、そんな生涯レンズの1つ。
    今日、はっきりとそう確信しました。
by Sha-sindbad | 2013-09-04 22:00 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(4)

732 バイク(マクロスイター26mmF1.1はどんな絞りでも同じ描写性をもっているらしい)



京都三条商店街の写真をもう一回紹介しましょう。

3枚。

    最初の1枚は開放。
    まん中の1枚は開放から1段か2段絞っていました。
    最後の1枚はF5.6程度。

でも、みんなとてもコントラストが良く、厚み、立体感も似ています。

    どうやら映画用レンズはこのように絞りに左右されない描写が
    基本条件だったようです。

私のように、レンズで遊びたい人間には、
余計なお世話、と言いたくなるような親切さですね。

さらに、もう一つの特性。

    メカニカルなものを撮っているのに、
    なぜか、あたたかい。

こちらの方の特性には素直にお礼を申し上げましょう、

    ありがとう!



b0226423_21503778.jpg
b0226423_21503365.jpg
b0226423_21502463.jpg

by Sha-sindbad | 2013-06-30 22:02 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(4)

731 京都三条商店街(マクロスイター26mmF1.1は開放一本あれば何もいらない)



京都二条城の南側に、
お城と平行に東西に長く延びた商店街に参りました。

    三条商店街。

ボディはオリンパスE-PL1。
レンズは、ケルンのマクロスイター26mmF1.1。

感度は最低の100に設定しました。
とても撮りやすい開放です。
朗朗たる歌声を感じさせてくれます。

デジタルカメラの感度設定、もっと低感度側に伸ばせないものでしょうか?
ASA感度を50に、願わくば25に落とせたら、
マクロスイターたち、超大口径レンズの開放が、
晴天の下でも盛大に歌いはじめるでしょうに。

将来の改良を待ちましょう。




b0226423_2220156.jpg
b0226423_22195232.jpg
b0226423_22184942.jpg

by Sha-sindbad | 2013-06-29 22:21 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

644 春へ (マクロスイター26mmF1.1は母の眼差しに似て)



人間でもそうですが、
レンズも暖色系がいいですね。

    冷たさは人を突き放し、
    あたたかさは人を抱擁します。

写真は人と一緒なのです、

    愛と美、これこそが理想なのですから、
    すみずみまで愛情がこもっていてほしいものです。

以前、優れたアマチュア写真家に出会ったことがあります。
驚くほど見事な写真を撮る人でした。

    一枚、一枚、あっと仰天し、
    ぼくには絶対に撮れないと、脱帽あるのみでした。
    でも、心はちっとも喜んでいないのです。

あたたかい写真は、私の心を喜びで沸き立たせてくれます。
元気が出て、感謝の気持ちで一杯になります、
ああ、こんな写真を見ることができて幸せだ!

ところが、彼の写真を前にして、
そんな気持ちがまったくわき上がってこないのです。

    すべてが計算しつくされているようで、
    いわば、冷徹な外科医の執刀を見るような気分。
    すごい、
    だけど、こんなもの見なくて済めばもっとよかったのに!

私はすべての打算を排除するために、
構図を考えず、四隅に気も配らず、
写真のできあがりを予見できないよう、ノーファインダーで撮ります。
だから、写真作品になるようなものは撮れません。

    でも、すべてが私の愛の産物なのです。
    どんなに不細工な子供でも、母から見れば、この世の奇蹟。
    ロボグラフィは、この母の心でしか撮りたくない、
    私はそう願っています。
    マクロスイター26mmF1.1の開放って、母の眼差しなのです。




b0226423_22372530.jpg
b0226423_22371972.jpg
b0226423_22371332.jpg
b0226423_2237330.jpg

by Sha-sindbad | 2013-04-03 22:39 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(5)

499 光の中を歩め  (マクロスイター26mmF1.1もまた無敵のレンズらしい)



今日オリンパスEP-L1に付けて出勤に持ち出したのは、

    マクロスイター26mmF1.1

50mmf1.8とブラックペイントの雰囲気は大変によく似ています。
違いは、プリセット絞り用のレバー。
これが、Cマウント・マクロスイターのトレードマークなのですが、
私のスイターはこのレバーが撤去されています。
おかげで、絞りセットのリングに親指と人差し指を回して、
しっかりホールドして回さなければなりません。

でも、利点があります。

    1 プリセットレバーって、面倒で、しかも邪魔なので、ない方がいい。
    2 それだけ格安に下落して、私でも買えました。

マクロという言葉が冠せられているだけに、
20㎝近くまで接近できます。
ヘリコイドリングの動きがとても滑らかなので、
スピーディで使用感は最高。

私が所有している超大口径の女王はもちろん、
ゾンネタール50mmf1.1ですが、
マイクロフォーサーズでライブビューを使用すると、
超大口径が俄然威力を発揮することも否定できません。

そんなサンプルを今日一枚撮ることができました。




b0226423_2147479.jpg

by Sha-sindbad | 2012-10-30 21:49 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

434 日傘 (マクロスイター26mmF1.1はオードリー・ヘプバーンか?)



アルパ用のマクロスイター50mmF1.8の次に、
弟分のマクロスイター26mmF1.1を持ち出しました。
オリンパスE-PL1に付けています。

実効焦点距離52㎜ですから、
まるで兄弟同士のガチンコ勝負。
でも、心配は不要。
レンズ設計がどうなっているのか、皆目見当もつきませんが、
描写性はかなり違い、それぞれに独特の個性を見せてくれます。

柔和で優雅な50㎜に対して、
26ミリはかなりビビッド。
切れ味も26㎜の方がまさっています。

50㎜は女王の風格みなぎる大人のレンズですが、
これに対して、Cマウントの26㎜は、
まるで「昼下がりの情事」のオードリー・ヘプバーンのように、
ちゃきちゃきとして茶目っ気と愛嬌がたっぷり。

そんな愛らしさを2枚の写真にご覧いただけるでしょうか?




b0226423_19405773.jpg
b0226423_19405322.jpg

by Sha-sindbad | 2012-08-29 19:42 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(1)

406 動物たち (マクロスイター26mmF1.1はやはり夢への扉らしい)



b0226423_22271461.jpg
b0226423_22271395.jpg





1枚目が開放、2枚目はF5.6に絞っています。
昨日、寝屋川で撮りました。

開放であれ、F5.6であれ、描写性は変わりません。
あくまでもあたたかく、あくまでも毅然としています。

うつつと間違う夢があります。
細部までくっきり、明確に見えるイメージ、
だけど、夢、そんな夢をときに見ることがありませんか?

私は幾つか、けっして忘れることのない夢があります。
そんな夢は、隅々まで精密なイメージなのですが、
その基調はあくまでも夢幻、まぼろしの風味。

そんな私のいわば記念夢とマクロスイター画像とは、
とても似ています。
そんな似寄りに気づいて、
このレンズへの愛情がにわかに深まりました。
by Sha-sindbad | 2012-07-30 22:35 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(3)