レンズ千夜一夜

カテゴリ:Ivotal25/1.4( 10 )

1154 暮れ方の悦楽 (イヴォタール25mmf1.4もこれっきりレンズの資格十分かな?)



エキサイトのネットコラムでこんな記事を見つけました。

    今はなき美女たちの残像…妖艶すぎる100年前の美女写真がすごい
    (http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20141002/Goorank_172.html?_p=2)

伝説的な劇俳優サラ・ベルナールと美しさを競いあったという超美女。
彼女のポートレート集をご覧下さい。

    CLEO DE MERODE
    (https://www.youtube.com/watch?v=4OPDI2rxJqc)

本当に美しい女性ですね。

じゃ、この女性が最高の美女に決まりか?
そう問われますと、大阪弁でこう言い返したくなりますね、

    「アホなこと、言いなさんな」

    美しさは美しい心と相まってはじめて本当の美となります。
    容貌が美しくても、心が汚かったら、人間として価値が下がります。
    そんな人を美しいとは言えません。
    そのうえ、美しさには無限のバリエーションがあります。
    最高の美女たちはそれぞれに宝石のように輝きますから、
    比較対照することなど、無意味となります。

あらゆることがそうですね。

あなた、バッハとモーツァルトとベートーベンの内、
誰が一番偉大だと思いますか?
どの作曲家の作品が一番美しいと思いますか?

    こんな質問に答える人はバカかとんま。

同じことがレンズにも言えます。

    もっとも好きなレンズは?
    そう尋ねられたら、簡単に答えることができます。
    私の場合は、もちろん、ホロゴン15mmF8。

でも、もっとも優れたレンズはどれか?
そう尋ねられたら、美女と同じように、答えなどありません。

    これこそ最高、そう思えるレンズが数知れずあります。
    だから、レンズの海に溺れるのです。

疑いもなく、クックのイヴォタール25mmf1.4もその一本。
そう思いたくなる理由をごらん頂きましょう。

でも、これもまた、その人の好みでしかありませんね。

    今回の5枚をご覧になって、こうお感じになる方もおいででしょう、

        「ふーん、なんでこれが最高なの?」

    それで良いのです。
    そう感じるあなたは見る目がないか、見る目があるか?
    これも簡単には答えられない難問なのですから。




b0226423_15135992.jpg
b0226423_15144079.jpg
b0226423_15143381.jpg
b0226423_15145267.jpg
b0226423_15133387.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-09 15:18 | Ivotal25/1.4 | Comments(0)

927 華麗な冬 (イヴォタール25mmf1.4は明晰な観察眼を輝かせ)



b0226423_21503529.jpg
b0226423_21502986.jpg
b0226423_2150186.jpg
b0226423_21501229.jpg
b0226423_2150631.jpg
b0226423_21495823.jpg
b0226423_21501270.jpg
b0226423_2150577.jpg
b0226423_21495916.jpg
b0226423_21495336.jpg
b0226423_21494631.jpg
b0226423_21493976.jpg
b0226423_21484866.jpg
b0226423_21484373.jpg
b0226423_2148343.jpg
b0226423_21482983.jpg
b0226423_21482394.jpg
b0226423_21483246.jpg





今日はクックのレンズをオリンパスEP-L1に付けました。

    イヴォタール25mm1.4

スピードパンクロが35mm映画のフラッグシップモデルだったとすれば、
イヴォタールは18mm映画のフラッグシップだったのではないか、
そう思われます。

    明快そのものの描写は出色。

    前回のパンタッカーが幽玄の境地だとすれば、
    イヴォタール25mmf1.4は明晰の境地と言えそうです。

    同じクックが生み出したスピードパンクロは、
    幽玄と明晰の境で見事に舞い踊る、そんな境地。

どちらがよい、と決めなくてもよいのが写真の楽しさですね。

    それぞれに得手不得手があり、檜舞台が用意されています。
    うまく壺にはまれば、もう無敵。 

    出勤日の道中に撮った写真ですが、
    かなり飛んでいるではありませんか?
by Sha-sindbad | 2014-01-29 21:53 | Ivotal25/1.4 | Comments(4)

876 ますます冬(クック・イヴォタール25mmf1.4は冬をあたたかく写してくれる)



b0226423_21513329.jpg
b0226423_215126.jpg
b0226423_2150526.jpg
b0226423_21504550.jpg
b0226423_2151155.jpg
b0226423_21503422.jpg
b0226423_21504089.jpg
b0226423_2150125.jpg
b0226423_2150857.jpg
b0226423_21492860.jpg
b0226423_21473686.jpg
b0226423_2147251.jpg
b0226423_21471087.jpg
b0226423_21463365.jpg
b0226423_21462693.jpg
b0226423_21462130.jpg
b0226423_21461891.jpg
b0226423_21462946.jpg
b0226423_21452934.jpg
b0226423_21454749.jpg
b0226423_21453462.jpg
b0226423_21455340.jpg




クックの映画用レンズはどれも優秀ですが、

    おそらく民生用のIvotal25㎜と50㎜の2本は、
    正真正銘の名レンズ。

グーグルで検索しても、日本語表記の記事が見つからないので、
アイヴォタール、それともイヴォタール?
なんと発音すればよいのか、それも分かりません。

    でも、素敵に写ることだけは分かります。

火曜日、出勤に持ち出して、天気も良し、気分も良しで、
快調に撮影できましたので、その中からざっと選んでみました。

オリンパスE-PL1に付けて、とてもかわいい表情のレンズですが、
写りはがっしりとして、抜けがよく、文句なし。

偶然なのか、幸運なのか、ウソみたいに安い価格で見つかりました。
中古価格がレンズ性能に相応するべきだとしたら、
とても手に入らないレンズ、そんな感じがしています。
by Sha-sindbad | 2013-12-04 22:11 | Ivotal25/1.4 | Comments(0)

587 寒い日 (イヴォタール25mmf1.4は冬でもあたたかい写りで)



今日は、テーラー=ホブソンの映画用レンズを持ち出しました。

    イヴォタール25mmf1.4

いつの時代のレンズでしょうか?
オリンパスE-PL1に付けて、50㎜標準レンズとして使うのですが、
かなりコントラストのよい絵作りで、
古めかしさはちらっとも感じられません。

でも、現代風の切れ込みとは一味違います。
テーラー=ホブソンらしく、上品なのです。

冬の日を今回の4枚で表現しようとしますと、
雪国のみなさん、お怒りになるでしょうね、

    何が冬だ!
    とってもあたたかそうじゃないか!

おっしゃるとおりです。
でも、気温があたたかいのではなくて、
レンズがあたたかいのです。




b0226423_22354491.jpg
b0226423_22344541.jpg
b0226423_22343854.jpg
b0226423_2234364.jpg

by Sha-sindbad | 2013-01-30 22:38 | Ivotal25/1.4 | Comments(2)

515  正面 (イヴォタール25mmf1.4もシネマシーンを作ってくれます)



私が写真に関心を持ったのは2つのことからでした。

1つは、私が小学生低学年の頃から洋画に親しんできたこと。
もちろん英米仏独伊のモノクローム名画も沢山ありました。
その画像が実に刺激的でした。

2つは、高校生の頃、平凡社の大百科事典の「写真」の項。

    カルティエ=ブレッソンの大都会の路地で見つめ合う男と猫。
    木村伊兵衛の東北の青年たち。
    ケルテスの百合の活け花を覚えています。
    これらの写真が私に強烈な印象を残しました。

大学に入って、親友と私塾を経営して、その収入で購入したのが、

    ミノルタSR-1

こうして、写真を始めてからも、終始、私は映画を見つづけてきました。
映画の一シーンのような写真を撮りたい、
そんな気持がいつも心の奥深くにしっかりと根づいていました。

私の生涯最高の傑作は、イギリスのチェスターで撮った、

    コンタックスT2付きのゾナー38mmf2.8で撮った「驟雨」
    №44の写真です。

今、私はこの種のスナップをいたしません。
撮り方が完全に一変し、すべてをロボグラフィとして撮ります。
写真作品としては撮りません。

    火曜日出勤のお昼時、
    前方のシーンにふっと感じるものがあって、
    イヴォタール25mmf1.4をF8,3mのパンフォーカスに設定して、
    オリンパスE-PL1を突き出してひょいと撮りました。

    路地裏、
    無人のハイヌーン。

今では、こんななんでもない写真に、私はぐっと来ます。




b0226423_1271872.jpg




        [後書き]
            訂正があります。
            カーブミラーに人影が二つ。
            厳密には無人ではありませんでした。
by Sha-sindbad | 2012-11-15 12:10 | Ivotal25/1.4 | Comments(4)

514 路地 (イヴォタール25mmf1.4は英国紳士風かな?)



クック・イヴォタール・アナスティグマート25mmf1.4、

かなり平凡なデザインの寸胴レンズです。

クラシックレンズの楽しみの1つは、デザイン。
それぞれに個性的で、存在感があります。

一方、映画用レンズファンには、どうやら2種類いたようです。

    個性的デザイン派と、
    使い勝手優先派。

後者はメタリックな寸胴デザインが主流のようです。
でも、このレンズのデザインは平凡でも、
写りは非凡です。
今日は、出勤にこのレンズを携えましたが、
あまりにも見事な画像をプレゼントしてくれるので、
ついつい撮ってしまい、127枚に上ってしまいました。
4枚、選んでみました

    上品な写りです。




b0226423_22592277.jpg
b0226423_22535666.jpg
b0226423_2258396.jpg
b0226423_22582427.jpg

by Sha-sindbad | 2012-11-14 23:09 | Ivotal25/1.4 | Comments(0)

367 ロボグラフィ (クックのイヴォタール25mmf1.4で誰も撮らぬものたちを)



b0226423_21264173.jpg
b0226423_2126401.jpg
b0226423_21262597.jpg





クックのシネレンズ、イヴォタール25mmf1.4

銘玉の誉れの高いレンズだけに、
さすがに光彩陸離と言いたくなるような描写。

でも、それで撮るに事欠いて、
というか、別に事欠いていないのに、
わざわざこんなものを選んで、誰が撮りますか?

    私が撮ります。

3枚とも開放。
1枚目、なんだと思いますか?

    細い私道の両端に設置された、
    バイク通り抜け防止用のコンクリート柱の1つを真上から。

所有者の気持ちがよく分かりますね。
ブルブル、ドロドロと傍若無人にうるさいものはご免なのです。

ちょうど逆転現象のようですが、
この3枚の写真はバイク通り抜け防止用みたいなものです。

    オーソドックスな美しか認めない方、
    自分の美の基準に合わないものはみんなゴミと考える方、
    我が輩は最高の写真家だけど、まあ、見てあげようという方、
    そんな方が二度と来たくなくなるように、
    こんな写真をときどき掲載させていただいています。
by Sha-sindbad | 2012-06-22 21:40 | Ivotal25/1.4 | Comments(2)

302 コーラ (イヴォタール25mmf1.4はクックらしい標準レンズ)



b0226423_1785848.jpg




映画用レンズの各社がどんな風にしのぎを削ったか、
私はまったくわかりません。
スチール写真よりも商業規模は限定されていたのでは、
と思いますが、これも確かではありません。

しかし、各社のレンズを使い比べてみると、
各社が最高のレンズを揃えて戦っていたことは明らかです。

各社それぞれに独特に個性的で、しかも独特に優秀。

なぜか個性の発現がスチール写真用レンズよりも特徴的なので、
ユーザーが自分の映像表現にふさわしいレンズを見つける段になると、
あれこれと選択に迷う状態だったのではないでしょうか?
その中でも、クックはとくに優秀という感じがします。

もちろんスピードパンクロもありますが、
イヴォタールというレンズもその理由の1つ。

とにかく清澄で、麗しい描写なのですから。
ほんのわずかコーラが残ったボトル。
赤がなんとも言えず、上質ですね。
by Sha-sindbad | 2012-04-15 17:10 | Ivotal25/1.4 | Comments(0)

286 暮れ方 (イヴォタール25mmf1.4は英国紳士の夢の形なのかな?)



b0226423_2251676.jpg




今日は出勤にクックのレンズを携行しました。
私が抱くブリティッシュのイメージにぴったりのレンズ、
そう考えますと、
ダルメイヤーではなくて、クックがそうだと言うべきでしょう。

    イヴォタール25mmf1.4

クックの16㎜映画用レンズの標準レンズなのでしょうか?
これは、暮れ方の逆光での開放の描写。

イギリスのエリート層である貴族・紳士に課せられた責任があります。

    ノブレス・オブリージュ

高貴なるものが果たすべき義務があり、
地位、立場にふさわしい責任を果たすべきである、というのです。

    第一次大戦では、まだ封建制の名残のようなものがあって、
    貴族たちが各地域の連隊を組織して、
    その指揮官となって出征しました。

    第一次世界大戦は文字どおり肉弾相打つ殲滅戦でした。
    参戦した主要国、英独仏の指揮官の損耗率は、
    ダントツにイギリスが高かったのです。

    その理由は、将軍を含めて高級指揮官たちが前線で、
    兵士達の先頭に立って戦ったからです。

    独仏の将軍たちが前線から何十キロも後方に
    指揮所を設置して、安穏と「進めー!」とやったのと対照的でした。

イヴォタール25mmf1.4を使うと、
液晶でもはっきりと分かる、その明晰で毅然たる描写に驚いて、
思わずノブレス・オブリージュを思い出しました。

    開放で、もちろんフレアがかかり、バックはぼけるのですが、
    前方に向かってぐいぐいと切れ込んでゆく風情があり、
    浮かび上がる像に、凛然としたたたずまいが感じられるからです。
    
もちろん完全なるこじつけ。
でも、こんな風にこじつけたくなるほどに魅力的なレンズ。
by Sha-sindbad | 2012-03-30 22:07 | Ivotal25/1.4 | Comments(2)

191  ナンテン (クックのイヴォタール25mmf1.4は若武者の凛々しさで)



b0226423_1184021.jpg




前からよく書いていることですが、
テーラー=ホブソン、クックのレンズって、
とても清々しいほどに、抜けがよいものが多いようです。

明らかにレンズ会社としての方針が見られます。

    一種の矜持を感じさせるほどに、
    誇り高く、凛然とした写り、
    これがクックの登録描法というわけです。

イヴォタール25mmf1.4

本当はアイヴォタールかも知れませんが、
このレンズ、スピードパンクロの時代から見ると、
もっと後の世代の標準レンズのようです。

オリンパスE-PL1で撮りました。
その開放描写はちょっとした見もの。

    肩の力が抜けた若武者の凛とした正眼の構え、
    そんな感じがしませんか?
by Sha-sindbad | 2011-12-29 22:11 | Ivotal25/1.4 | Comments(0)