レンズ千夜一夜

カテゴリ:Hologon15/8( 69 )

729 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 3-完-

昨日はブログはお休み。
音楽に集中していました。
リコーダー、揚琴、二胡、それぞれに宿題があって、
アップアップ状態。

そのうえ、ソニー・ウォークマンの増強作戦。
iPod64gGにたっぷり入れていたデータを、
マックからウォークマンになだれ込ませたのです。
これで、どこかに籠城しても、何日も音楽を楽しめます。
昨夜12時までかかりました。
まだ半分くらいですが、韓流ドラマの時間が来たので、ストップ。

今朝は、そのウォークマンで、
グールドの「ベートーヴェンピアノ協奏曲1番」を聴きました。
ピアノが神がかったほどに霊感に満ちて美しく歌います。
今日午後は孫プリンスのピアノレッスンの付き添いです。
この感動がプリンスにどうにかして伝わって、
突然、ピアノのスケールをキラキラと演奏してくれたら?
媒介者の私がそうならないのに、無理か?
まあ、いいでしょう。

それにしても、現代のピアニストたち、
絢爛たる超絶技巧をそれぞれに見せてくれます。
でも、誰もかも区別がつかない。
コルトーにしてもグールドにしてもそうですが、
そうした超絶技巧の現代ピアニストたちの遥か上に、
峨々として聳える感があります。
どうしてでしょうね?

ホロゴンウルトラワイドによる飛鳥路のロボグラフィ、
ラストの35枚です。
こうして久しぶりに並べてみて、結論は明らか。
銀塩ホロゴンはデジタルホロゴンと全然別ものです。
はっきり、段違い。
ここでも、ピアニストたちと似た隔絶感を感じます。
なにが進歩だ?





b0226423_1130921.jpg
b0226423_1130328.jpg
b0226423_11295745.jpg
b0226423_11295133.jpg
b0226423_11294576.jpg
b0226423_11293778.jpg
b0226423_11292570.jpg
b0226423_1129198.jpg
b0226423_1129142.jpg
b0226423_1129762.jpg
b0226423_11285978.jpg
b0226423_1128534.jpg
b0226423_1128467.jpg
b0226423_11283948.jpg
b0226423_11282746.jpg
b0226423_11281987.jpg
b0226423_11281217.jpg
b0226423_1128697.jpg
b0226423_11275957.jpg
b0226423_11275224.jpg
b0226423_1127442.jpg
b0226423_11273221.jpg
b0226423_11272512.jpg
b0226423_11271676.jpg
b0226423_1127866.jpg
b0226423_1127179.jpg
b0226423_11265350.jpg
b0226423_11264484.jpg
b0226423_11263825.jpg
b0226423_11262984.jpg
b0226423_11262180.jpg
b0226423_11261511.jpg
b0226423_1126631.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-03 11:32 | Hologon15/8 | Comments(0)

1728 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 2


約11年前に、ホロゴンウルトラワイドで飛鳥路を撮影した写真たち、
ニコンの六×九判フィルムまでスキャンできるスキャナー、
SUPER COOLSCAN 9000 EDでネガカラーからスキャンしました。
今回も34枚並べました。

よくご覧下さい。
現代のデジタル写真よりも遥かに素敵ではありませんか?
少なくとも、私がソニーα7で撮った写真よりも、
はるかに立体感があり、生彩が溢れる、そう思えるのですけどねえ.......





b0226423_23363521.jpg
b0226423_23362840.jpg
b0226423_23362237.jpg
b0226423_23361577.jpg
b0226423_2336929.jpg
b0226423_2336256.jpg
b0226423_23355584.jpg
b0226423_23354846.jpg
b0226423_23354152.jpg
b0226423_2335349.jpg
b0226423_23352887.jpg
b0226423_23352185.jpg
b0226423_23342856.jpg
b0226423_23341982.jpg
b0226423_23341337.jpg
b0226423_2334434.jpg
b0226423_23335780.jpg
b0226423_23334911.jpg
b0226423_23334220.jpg
b0226423_23333473.jpg
b0226423_23332614.jpg
b0226423_23331963.jpg
b0226423_23331294.jpg
b0226423_2333410.jpg
b0226423_23325630.jpg
b0226423_23324952.jpg
b0226423_23324115.jpg
b0226423_23323458.jpg
b0226423_23322748.jpg
b0226423_2332185.jpg
b0226423_23321122.jpg
b0226423_2332074.jpg
b0226423_23315240.jpg
b0226423_23314532.jpg
b0226423_23313883.jpg
b0226423_23312989.jpg
b0226423_23312080.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-01 23:37 | Hologon15/8 | Comments(0)

1227 命のかたち (2005年5月25日ホロゴンウルトラワイドは命に出会った)



私はいつもケルト文様を見る度に、命の形象を見ます。
そして、気がつきます、

    この世界には命の形象が充ち満ちている。
    ホロゴンウルトラワイドはそんな命のかたちの検出器。

今からちょうど10年前、岡山の牛窓を訪ねました。

    このとき、私はホロゴンのそんな力を本当に理解できた、
    そんな感じがしています。



b0226423_12164374.jpg
b0226423_12163678.jpg
b0226423_1216304.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-08 12:17 | Hologon15/8 | Comments(0)

1208  晩秋 (ホロゴンウルトラワイドの晩秋はさすがに貫禄の写りで)



昨日に続けて、在宅しています。
骨折している足のことを考えると、ときどき足を休ませてあげないと、ね。

退職する前は、海外旅行だ、国内旅行だ、と、逍遙を夢見ていました。

    中将姫光学さんが年間ASEAN諸国10か国制覇を目指しておられます。
    現役パリパリの身で、どうしてそんなことができるのだ?
    ご本人はいたって正常、明朗快活な紳士。
    ますます謎の怪人という感じですが、
    私の方はなんだか知らない間に根が生えてしまったのか?
    ちょっと不安。

でも、我が家に居て、書斎に籠もっていると、ごくごく平安。
これはこれで、いいものです。
    
    ああ、修羅場の職場に戻らなくてよいのだ!

本ブログは撮れ撮れの生鮮写真を作例にして、レンズを語るという趣旨。

    でも、現状は撮れ撮れの写真をどっと倉庫に放り込む作業。
    その撮れ撮れがないので、ハードディスクで探索。
    ホロゴンウルトラワイドの写真を探しました。
    ホロゴンNOVAの写真との対比のためです。

2007年12月1日京都真如堂のホロゴン写真を見つけました。
その一枚をごらん頂きましょう。

    ニコンCoolScan9000EDでスキャンすると、
    ネガカラーにも猛烈な情報量が記録されていることが分かります。
    しかも、ナチュラル。

    銀塩のホロゴンは格別だなあ、見る度にそう思います。




b0226423_1212314.jpg




        [後書き]

            ちょっと気になって、念のため書いておきます。
            この落ち葉、私が置いたものではありません。
            私は、絶対に、絶対に現場に細工しません。
            ホロゴンウルトラワイドはとくにそうですが、
            どう写るか、確認するすべはないので、
            完全ノーファインダー。
            心配は要りません、ホロゴンがなんとかしてくれます。
by Sha-sindbad | 2014-12-14 12:16 | Hologon15/8 | Comments(4)

1131 孤独 (ホロゴンウルトラワイドは結局私の人生に似合っていたらしい)



b0226423_1141840.jpg




別ブログ「わが友ホロゴン」№542.24で、Nkさんのブログに刺激されて、
自分の人生について思い当たったことを書きました。

    孤高とは言いがたいけど、孤独ではある、そんな人生。

でも、後悔はしていません。
別の人生を求めるつもりもありません。

    いかなる評判からも遊離して、一人で生きていきたい、
    それが私の願いであり、喜びでもあるようです。

幾年も前から、ときどき、自分の写真に讃辞を呈せられても、
ちっとも心が喜ばないことに気づいています。

    人がどう受け取るかは、私にとっては無縁になってしまったようです。
    私にとっては「唯一無二」の写真たちなのですから、それで十分。

だから、写真展に参加しても、ブログ名、つまり匿名を名乗っています。

    自分一人で自分の写真を楽しむ人間は、表現とは無縁なので、
    完全など素人、ならば、人に知られることもよしましょう、というわけです。

そんな私にぴったりの写真を一枚、古いファイルから見つけました。

    こんな私のスタンスは昔から一緒で、以前は私家版写真集を作って、
    秘蔵していました。
    60冊は超えますが、その1つ写真選集「古色拾い」の一枚。

この中にはあたたかい住まいがあるかも知れない。
そんなことを人に知られることも望まない住人が、
安穏楽天に住んでいるかも知れない。

    でも、外から見たら、寒々と寂しい家。
    私にそっくり、そう感じられるのです。

これが銀塩ホロゴンの描写です。

    デジタルカメラ世代の皆さんには、なんと汚い画像!
    私には、この感触がないと、心がざわめかないのです。
    完全に世代間の亀裂が確認できる写真かも知れません。
by Sha-sindbad | 2014-09-15 11:44 | Hologon15/8 | Comments(2)

1114 昼下がり(西九条駅付近を一巡してM用ホロゴンを補正なしで撮ってみた)



24日、午後2時30分大和西大寺着。
5分で行きつけの喫茶店に入り、

    席に座りながら、近くで片づけをしていた女性に、

        「オレンジジュース、
        おっと、コカ・コーラ」

    一瞬、汗だくの体にコーラの方が気持ちがいい、
    そう閃いたのです。

これも芸術的なインスピレーションでしょうか?

    違うでしょうね。
    ただ、腰が据わっていないだけでしょうね。

この喫茶店に腰をすえて約半時間、ブログ文を1個半書きました。

    ただ起こったことを記録しているだけなのですから、実に簡単。
    私には大切な記憶になりますが、
    読まされる方にはたまったものじゃない。
    だから、こんなブログにおいでになる必要はないのです。

おかしなことに気づきました。

    ホロゴンで撮っていて、光の加減で、
    なぜか画面の不特定の場所に黒い陰影がつくのです。
    CCDの能力が110度の画角を持つレンズ一杯には対応できないのでしょうか?

でも、なぜかこれって懐かしいなあ、そう考えて、
パッと閃きました。

    森山大道さんの暗黒の焼き込みにちょっと似ている!

    ははーん、大道さんも、フィルム現像、焼き付けのどこかのプロセスで、
    最初はなにかのミス、異常が起こって、
    こんな黒が出てしまったのではないでしょうか?

    そんなマイナスをプラスに転じて、
    意識的に利用するようになったのではないでしょうか?

私は作品づくりはしませんので、こんなものを意識的に利用して、
独自の境地を作りたいとは思いませんが、
ホロゴンをソニーα7で使ってみて、かなり色が暴れます。
紫やピンクが出て、リアリティを損なっています。

    つまり、独自の境地どころか、独自の異常画像。
    でも、平気です。
    なんでも撮れれば、私の写真なのですから。

64枚撮りましたので、その内から26枚選んでみました。

    西九条と比較しますと、ロボグラフィ産地としてはかなり落ちますね。
    でも、レンズ試写としては、まずまず成功、という感じ。




b0226423_2235628.jpg
b0226423_2225492.jpg
b0226423_2225985.jpg
b0226423_2225455.jpg
b0226423_2224695.jpg
b0226423_2225816.jpg
b0226423_2234723.jpg
b0226423_2223227.jpg
b0226423_222419.jpg
b0226423_222183.jpg
b0226423_223537.jpg
b0226423_2223840.jpg
b0226423_2215870.jpg
b0226423_2221772.jpg
b0226423_222085.jpg
b0226423_221599.jpg
b0226423_22252.jpg
b0226423_222022.jpg
b0226423_2215684.jpg
b0226423_2215111.jpg
b0226423_2214463.jpg
b0226423_2213959.jpg
b0226423_2212560.jpg
b0226423_2205411.jpg
b0226423_2211128.jpg
b0226423_2211518.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-27 22:09 | Hologon15/8 | Comments(0)

1114 昼下がり(西九条駅付近を一巡してM用ホロゴンを補正なしで撮ってみた)



b0226423_1155614.jpg
b0226423_11545198.jpg
b0226423_1155326.jpg
b0226423_11545485.jpg
b0226423_11544666.jpg
b0226423_11543499.jpg
b0226423_11543566.jpg
b0226423_11543558.jpg
b0226423_11542623.jpg
b0226423_11543198.jpg
b0226423_11545143.jpg
b0226423_1154272.jpg
b0226423_11544169.jpg
b0226423_11535214.jpg
b0226423_11534310.jpg
b0226423_11533478.jpg
b0226423_11532916.jpg
b0226423_11532874.jpg
b0226423_11534021.jpg
b0226423_11531738.jpg
b0226423_11531337.jpg
b0226423_1153438.jpg
b0226423_11525480.jpg
b0226423_11532450.jpg
b0226423_11525357.jpg
b0226423_1153634.jpg
b0226423_11523679.jpg
b0226423_11522815.jpg
b0226423_11522236.jpg
b0226423_11522533.jpg
b0226423_11523143.jpg
b0226423_11523867.jpg
b0226423_11521950.jpg
b0226423_11522434.jpg
b0226423_11514483.jpg
b0226423_11513944.jpg
b0226423_11513493.jpg
b0226423_11513214.jpg
b0226423_1151479.jpg
b0226423_1151411.jpg
b0226423_1151865.jpg





昨日のホロゴンαウルトラワイドの試写第2弾です。
JR西九条駅界隈の41枚。

    駅の西口を下りて、南側の裏通りをぐるりと一巡し、
    JR線の高架をくぐって、北側に出て、
    JR駅の北に隣接する阪神線西九条駅にたどり着く、
    定番の一周コースです。

このコースで印象的だったのは、やっぱり女性。

女子高生の親友らしい2人に出会いました。

    すれ違いに一枚。
    とても美しい2人でした。

よく思うのですが、親友というものは、

    1 両方とも良く似たすぐれた容貌、もしくは、
    2 凸凹コンビ、このどちらかが目立ちますね。
    私の場合は断然1なのですが、誰も信じてくれませんね。

そして、最後の1枚の女性。

    圧倒的な迫力でした。
    まるで掃き溜めの鶴のような堂々たる押し出しでやってきました。
    (まわりの方、ごめんなさい)

あなた、こんな姿できますか?

    この姿で家を出た途端、
    「そこ退け、そこ退け」という感じで、
    颯爽と肩で風を切って歩いてきたに違いありません。
    気力横溢の姿。

こんな男を見たいですね。

    そう言えば、土曜日の帰りの地下鉄でも、
    見たことがないほどにすらりと伸びた美しい脚の女性が立っていました。
    写真の女性とそっくりの姿でした。

一体どうしてこんな女性たちが生まれてきたのでしょう?

    それとも、昔から居たんだけど、
    目立たない服装で隠されていたのでしょうか?
    ちょっと気になって「日本女性の体格の変化」でグーグル検索してみました。

    いくつか記事が見つかりますが、いずれも古いようです。
    でも、10年前のワコールの研究結果を見ても、
    バストが上がり大きくなり、ウェストが細身に引き締まってきたそうです。
    やっぱりかなり西洋人風の体型に変わってきているようです。

「男性は大柄に、女性は細身に」、これが顕著な傾向なのだそうです。

    これを言いかえてみましょう、

    「男性はたるみ、女性は引き締まってきた」

    これは精神そのものの現れではないか、そんな風に疑ってしまいますね。

それにしても、ホロゴンは好調という感じがします。
by Sha-sindbad | 2014-08-26 11:59 | Hologon15/8 | Comments(2)

1113 お休みの日(M用ホロゴンをユニバーサルシティで補正なしで撮ってみた)



付虹先生の揚琴レッスン後、いつも通り、
韓国チゲ鍋料理店で豚肉とお豆腐の鍋に舌鼓。

午後2時5分ユニバーサルシティ駅発、10分JR西九条駅着で移動。

    今日はソニーα7にホロゴン15mmf8Mを付けました。
    昨日思いついたホロゴンをニュートラルな露出で撮る試みに挑戦。

    ユニバーサルシティ駅界隈で6分、西九条駅界隈で20分少々、
    合計183枚撮りました。

この試みはかなり成功のようです。

    細部がかなりよく出て、周辺部の光量落ちもモデストです。
    銀塩ホロゴンとかなり近い味わいを出せそうです。

近頃は付虹先生のレッスンの後、西九条をかなり撮っています。

    ロボグラフィ路傍としては、第一級とまでは行かなくても、
    第二級に数えることはできそうです。

    もちろん私のたった一つの定点観測地点である、
    古い椅子も数枚撮りました。
    これからも撮り続けましょう。

これが写真家なら、こうして撮り続けた写真を編集して、
なにかを表現しようということになりそうです。

    私の場合、たとえば鶴橋なら何十回と行っていますので、
    モデストに見積もって30回のファイルは、銀塩時代を含めると、
    1回ごとに平均200枚ほどにはなりますので、
    すくなくとも6000枚はあることになります。

まあそれらしいものがなにかできるかも知れません。

    じゃあ、やるか?
    やりませんね。

哲学の究極の目標は「汝自身を知れ」
ソクラテスの生涯はまさにこれですが、
私だって、若い私の最高の英雄がソクラテスだったのですから、
この言葉を実行しようとつとめてきた積もり。

    こと写真に関する限り、私以上に写真家に遠い人間はいないでしょう。
    創造意志、創造衝動なるものが皆無なのですから。
    だから、私が写真作品を意図的に創造したいという気持ちはまるでない。
    ちょっと写真をかじったことのある方なら、
    私の写真の撮り方はすぐおわかりになるでしょう。

        ものを撮る、ただそれだけ。

おもしろく見えたり、
ときにはフォトジェニッキな意外性があったりします。

    でも、そんな効果が生まれたのは、クラシックレンズのおかげです。
    要するに、レンズの描写性能抜きにすると、作品的要素はゼロ。

本多平八郎は生涯に57回の合戦に参加して、
一度も負傷しなかったそうです。

    常に激戦のど真ん中で真っ向から敵と組み合った人なのですから、
    よほど強かったのです。

私は生涯に何度丸一日の撮影に出かけたか、記憶にありません。

    どの一回と言えども、撮れない日はありませんでした。
    だから、いつも「今日は何本撮った」「何枚撮った」と妻に報告します。

    すると、妻は決まって怒ります。

        「写真は数で撮るものじゃないのよ!
        よい写真が1枚でも撮れたら良いけど、
        撮れなかったら、何十本フィルムを使っても意味がない!」

よく考えると、私は昔から、
良い写真、良くない写真の区別をしていなかったようです。

    好きな写真、好きでない写真で決めていました。
    私が撮ると、私が撮ったので、たいてい好きな写真でした。
    これじゃ、写真家にはなれませんね。

24日の収穫を3回に分けてごらん頂きます。

    まずは、ユニバーサルシティで撮った
    「私の好きな写真」を40枚ご覧ください。



b0226423_1932167.jpg
b0226423_1932948.jpg
b0226423_193249.jpg
b0226423_19321791.jpg
b0226423_19325383.jpg
b0226423_19313932.jpg
b0226423_19315650.jpg
b0226423_19312464.jpg
b0226423_19313520.jpg
b0226423_19311189.jpg
b0226423_19312425.jpg
b0226423_1931094.jpg
b0226423_1931415.jpg
b0226423_19304717.jpg
b0226423_19304157.jpg
b0226423_19313324.jpg
b0226423_1931287.jpg
b0226423_19304668.jpg
b0226423_19303474.jpg
b0226423_19302243.jpg
b0226423_19302480.jpg
b0226423_1930868.jpg
b0226423_19291077.jpg
b0226423_19292037.jpg
b0226423_19285044.jpg
b0226423_19284291.jpg
b0226423_19282013.jpg
b0226423_19282511.jpg
b0226423_19283831.jpg
b0226423_19275472.jpg
b0226423_19275130.jpg
b0226423_19273850.jpg
b0226423_1927388.jpg
b0226423_19273743.jpg
b0226423_19272819.jpg
b0226423_19271524.jpg
b0226423_1927613.jpg
b0226423_19273178.jpg
b0226423_19265945.jpg
b0226423_19272329.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-25 19:36 | Hologon15/8 | Comments(6)

1107 ふるさと(秘境菅浦をホロゴン15mmF8を銀塩で撮っていた時代が懐かしい)



b0226423_17214958.jpg





前回はホロゴンのデジタルバージョン。
今回はホロゴンの銀塩バージョン。

ストリートと風景の違いはありますが、
実は撮り方は一緒。

    どちらも腰高にカメラを持っていって、
    アバウトに方向を決めて、

    ノーファインダーで撮っているのですから、
    私が構図を決めたわけではありません。

前回の写真と来たら、もっとひどい。

    私はカメラを右手に握って歩いていました。
    目は前方を見据えたまま、すれ違いざま、一枚頂きました。
    
このとき、カメラを見て、カメラの姿勢、
被写体との位置関係を確かめつつ撮るのも1つの方法。

    でも、私はそんなことはしません。
    撮れたらよいし、撮れなくても、どおってことない。

使命も目標も、傑作を撮りたいという野心もないのですから、
これ位のスタンスで気楽に写真を撮り歩くことにしています。

    とても気楽です。

今回の写真だって、ちょっと高くなっている道から、
直ぐそばのハウスを見下ろして、
カメラを前傾にして撮りました。

    銀塩カメラなのですから、どう写るかなど、あてもなし。
    レンズと私の目とはまったく高さが違うので、
    どこが光るか、どう写るかなど、肉眼で確かめようもない。

写真は、私にとって、すべてプレゼントなのです。
by Sha-sindbad | 2014-08-19 17:30 | Hologon15/8 | Comments(2)

1106 ルネサンス!(ホロゴン15mmF8Mがソニーα7で新たな生涯を刻み始めた)



今日、大阪平野で試してみました。

    ソニーα7で「電子先幕シャッター」を切にして、
    ホロゴン15mmF8Mを使ってみたのです。

どんぴしゃり、本当に黒つぶれが無くなりました!

ただし、露出補正はなぜか一層シビアになりました。

    マイナス2にしていたのはちょっとまずかったようです。
    全ショット、ほとんど真っ暗なのですから。

でも、いいでしょう。
私ごのみの暗い写真になるのですから。

一枚だけごらん頂きましょう。


b0226423_18543776.jpg






半逆光状態では、残念ながら、かなり色が暴れます。
解決策は今のところ2つしかないようです。

    ① モノクロームにする。
    ② 気にしない。

    私としては、今さらモノクロームに戻るつもりはありません。
    色が好きで、さまざまなレンズの色彩描写の違いを楽しんでいるのに、
    その楽しみを奪われてなるものか、というところ。
    ②の「気にしない」をもちろん採用することにします。

皆さんにはもう一つの選択肢があります。

    ③ 見ない。
    嫌な人は見なければよいのですから、ご遠慮なく。


いずれにせよ、ホロゴン15mmF8Mを心おきなく使えます。
ホロゴン15mmF8Mには、新たなレンズ人生を歩んでもらいましょう。
by Sha-sindbad | 2014-08-18 19:03 | Hologon15/8 | Comments(0)