レンズ千夜一夜

カテゴリ:MacroSwitar36/1.4( 14 )

1841 奈良町(2017年6月23日マクロスイター36㎜F1.4が水を得た魚のように)4-完-


マクロスイター36㎜F1.4
リコーGXRに付けて、約50㎜の標準レンズとして使いました。

撮影結果をいつも通り撮影順に並べて見ていると、
伝説的な名レンズの一本、マクロスイター50㎜F1.8と比較しても、
曰く言いがたい玄妙なファンタジー表現においては、
36㎜の方が優っているかもしれない、そんな感じがしてきました。

そして、もう1つ。
私は実に安直な写真人生なんだなあ。

多くの写真家は、ファンタジックな写真を撮るためには、
そんな題材、被写体をコツコツ探し歩いて、発見して、撮ります。
ご自分のコントロール、工夫の成果。

私の場合、レンズそのものが勝手にファンタジーにしてくれます。
ご自分はなんにも努力していない。
意図も発見もなにもない。
ただ撮ってみたら、ファンタジーになっている。

剣によって生きる者は、剣によって倒れる。
こわいですね。

私の場合は、
レンズによって生きる者は、レンズとともに笑う。
気楽ですね。





b0226423_22155381.jpg
b0226423_22154727.jpg
b0226423_22154146.jpg
b0226423_2215341.jpg
b0226423_22152744.jpg
b0226423_22152121.jpg
b0226423_22151492.jpg
b0226423_2215782.jpg
b0226423_2215185.jpg
b0226423_22145330.jpg
b0226423_22144736.jpg
b0226423_22144161.jpg
b0226423_22143535.jpg
b0226423_22142921.jpg
b0226423_22142268.jpg
b0226423_22141699.jpg
b0226423_22141061.jpg
b0226423_221445.jpg
b0226423_22135769.jpg
b0226423_22135246.jpg
b0226423_22134653.jpg
b0226423_22134040.jpg
b0226423_22132773.jpg
b0226423_22132117.jpg
b0226423_22131463.jpg
b0226423_22125613.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-23 22:31 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1840 奈良町(2017年6月23日マクロスイター36㎜F1.4が水を得た魚のように)3 レンズの声に


いつもの町を、レンズを取っ替え引っ替えしながら、流して、
ロボグラフィをこつこつ撮り集め、
そんなロボグラフィを、毎回30枚標準で、撮影順に並べる、
このやり方を飽きずに続けるコツを、私はつかんでいる感じがします。
コツと言っても、実に当たり前のことだけ。

  よい写真を撮ろうと思わない。
  人がどう思うか、なんてことは余計なお世話。
  レンズの声に耳を傾ける。

ただこれだけです。
そして、私は環境に恵まれています。
撮影面では、歩き飽きない、見飽きない町々。
ブログ面では、完全無反響、無反応。
ロボグラフィなるものについて、感想、意見など、
ブログを始めてからこの方、聴いたこともない。
だから、私のブログは、完全無雑音のオーディオシステムさながら、
私の、私による、私のためのブログを続けることができます。
だから、飽きない。
だから、レンズたちも、ロボグラフィも、
私の人生、生活に無理なく定着してくれました。

マクロスイター36㎜F1.4をリコーGXRに付けて奈良町逍遙。
いつもながらのロボグラフィをいつもながらの撮り方で。
でも、「所変われば品変わる」ならぬ、
「レンズ変われば品変わる」ですね。
マクロスイターの名を冠せられたレンズ、
さすがです。





b0226423_14405265.jpg
b0226423_1440454.jpg
b0226423_1440386.jpg
b0226423_14403276.jpg
b0226423_14402427.jpg
b0226423_1440187.jpg
b0226423_14401182.jpg
b0226423_1440419.jpg
b0226423_14395943.jpg
b0226423_14395086.jpg
b0226423_14394315.jpg
b0226423_14393661.jpg
b0226423_14392948.jpg
b0226423_14392163.jpg
b0226423_14391455.jpg
b0226423_1439882.jpg
b0226423_1439237.jpg
b0226423_14385426.jpg
b0226423_1424364.jpg
b0226423_14235421.jpg
b0226423_14234697.jpg
b0226423_14233731.jpg
b0226423_14232998.jpg
b0226423_14232038.jpg
b0226423_14231216.jpg
b0226423_14182164.jpg
b0226423_14181224.jpg
b0226423_1418541.jpg
b0226423_14175969.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-22 14:41 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1839 奈良町(2017年6月23日マクロスイター36㎜F1.4が水を得た魚のように)2 華麗さが身上

近頃、リコーGXRをよく使います。
マクロスイター36㎜F1.4もこれに付けました。
実質、50.4mmの標準レンズ仕様。
ただし、被写界深度はあくまでも36㎜広角の深さ。
ボケ味は出るけど、合焦面は分厚いので、
芯となる画像はしっかりと浮かび上がり、
弱さ、繊細さよりは、華麗さを身上とします。
いつも撮るロボグラフィたちです。
どんどん観ていただきましょう。





b0226423_042813.jpg
b0226423_04229.jpg
b0226423_041574.jpg
b0226423_04873.jpg
b0226423_034520.jpg
b0226423_033716.jpg
b0226423_025786.jpg
b0226423_025074.jpg
b0226423_024335.jpg
b0226423_023593.jpg
b0226423_022756.jpg
b0226423_01243.jpg
b0226423_011543.jpg
b0226423_01753.jpg
b0226423_01097.jpg
b0226423_005360.jpg
b0226423_23595878.jpg
b0226423_23591823.jpg
b0226423_2359918.jpg
b0226423_2359175.jpg
b0226423_23585022.jpg
b0226423_23584296.jpg
b0226423_23582973.jpg
b0226423_23582064.jpg
b0226423_23581369.jpg
b0226423_2358618.jpg
b0226423_23575882.jpg
b0226423_23574729.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-21 23:57 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1838 奈良町(2017年6月23日マクロスイター36㎜F1.4が水を得た魚のように)1 秘訣

目下面白い実験というか、調教というか、をやっています。

何度も書いていますが、私は楽器を4種類楽しんでいます。
どれもろくに弾けない初心者クラスですが、
揚琴で一つ発見しました。

深さ40センチ、幅80センチほどの広さに位置する4オクターブ少しの音を、
瞬時に琴竹と呼ばれるスティックの先端を飛ばして、
お目当ての音の位置に、ピンポイントに当てなければなりません。
おずおずとやっていては、身体に覚えてもらうことができません。
そこで、当たろうが当たるまいが平気で、バンバンと叩きまくる、
そんな練習方法を自分で考案したのです。

かなり効果的でした。
スティックで叩くことが怖くなくなったのでしょうか?
そこで、同じことを二胡、リコーダー、ハーモニカでやっています。
思いっきり音を出す、乱暴なくらい豪快に、
そして、音が外れても平気。
どの楽器でも、かなり効果的です。
やっぱり、音を出すことが怖くなくなる。

今日は、ハーモニカでそれをやりました。
明日がリコーダーとギターの演歌合奏の会。
中島みゆきさんの「時代」をやることにしましたが、リコーダーの音域外。
そこで、ハーモニカでやることにしたのです。
さて、どのハーモニカが演歌に合うか?
ここでも、「ぶっちぎりサウンド」で練習してみました。
結局、一番ダイナミックサウンドを出してくれる鈴木SCX-48、
これに決めました。

このとき、はっと気づいたのです。
私が各種のレンズを持ち出して、その持ち味を楽しむとき、
楽器と同じことをやっているんだ!
同じ撮り方、同じ場所で、
まさに無反省にガンガン同じ写真を撮りまくっているのは、
「ぶっちぎりサウンド」で練習してるのと同じだったのだ。
写真的効果、作品作りなんか完全に無縁。
どうせ誰も見ないんだから、気にしてどうする?
ひたすら開放でどう撮れるか、これだけに関心集中。
別に写真家志望でもないレンズ好きの私には、
唯一無二の撮り方です。
まあ、ご覧下さい。




b0226423_21485861.jpg

b0226423_21472726.jpg

b0226423_21471975.jpg

b0226423_21471224.jpg

b0226423_21461420.jpg

b0226423_21452990.jpg

b0226423_21435374.jpg

b0226423_21434663.jpg

b0226423_21434062.jpg

b0226423_21432786.jpg

b0226423_21431947.jpg

b0226423_21431287.jpg

b0226423_21431287.jpg

b0226423_2143089.jpg

b0226423_2142526.jpg

b0226423_21424165.jpg

b0226423_21423398.jpg

b0226423_21422449.jpg

b0226423_21421638.jpg

b0226423_2142853.jpg

b0226423_2142173.jpg

b0226423_21415274.jpg

b0226423_21413910.jpg

b0226423_2141316.jpg

b0226423_21412565.jpg

b0226423_2141121.jpg

b0226423_2141179.jpg

b0226423_21404831.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-18 23:36 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1509 おもちゃの乱(マクロスイター36mmF1.4ならおもちゃたちも手玉に)



私の子供の頃は、
と言いますと、一体いつ頃のことでしょうか?
まさに前世紀なのですが、家におもちゃなどほとんどありませんでした。
自分で作ったピストルや船で遊んでいました。
想像力が養われたことだけは間違いがありません。

今、孫たちのおもちゃライフを見ていると、
これじゃ、想像力を発達させるのは難しいんじゃないか?
そんな感じがしてしまいます。
これでもかこれでもか、という位におもちゃが氾濫しています。
不思議なことに、孫たちはおもちゃの氾濫に不便を感じていないようです。

羨ましいのは本ですね。
孫は恐竜図鑑だけで7冊、動物図鑑5冊をとっかえひっかえ引き出して、
繰り返し繰り返し読んでいます。
4歳になったばかりですが、2歳半過ぎから平かな、カタカナが読めるからです。
体とのプロポーションで言えば、大人が額縁を持つほどの巨大な図鑑を、
両手で抱えて持って来て、ソファーに座って、さっと頁をめくり、
目的の個所をさっと見つけます。
これだけは羨ましい。

私だって、現代の赤ちゃんだったら、
「クラシックレンズ図鑑」なんか、
7冊集めたいものです。
まあ、よく考えたら、まだ赤ちゃんなのかも?

マクロスイター36mmF1.4、
ソニーNEX-5に付けて、54㎜標準レンズとして使いました。
とにかく良く撮れるレンズ。

ケルンのレンズの共通の特性を一言で言うとすれば、
温かいリアリティ。
明快、明晰で精密な描写力って、
スイス製の時計にかなり近縁という感じがします。
でも、日本製ほど、無機的ではないというあたりが魅力でしょうか?




b0226423_22283085.jpg
b0226423_22282364.jpg
b0226423_22281743.jpg
b0226423_22281115.jpg
b0226423_2228234.jpg
b0226423_22275470.jpg
b0226423_22274844.jpg
b0226423_22274292.jpg
b0226423_22273615.jpg
b0226423_22272879.jpg
b0226423_22272267.jpg
b0226423_22271625.jpg
b0226423_22271097.jpg
b0226423_2227284.jpg
b0226423_22265231.jpg
b0226423_2226458.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-01 22:32 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(2)

1290 現代変身譚2 (マクロスイター36㎜F1.4も負けず劣らぬ変身譚作者で)


ケルンの16㎜映画用レンズのフラグシップはスイター群なのでしょう。
中でも、マクロスイター36㎜F1.4は出色。
その魔術的キャラクターは際だっているからです。

このレンズも宮崎貞安さんに改造していただきました。
そのままでは、1mほどまでしかピントが来ないからです。
レンズ後部の筐体を1㎜ほどでも削ってもらえたらと思って、
改造をお願いしたのですが、それは無理だったようで、
ライカMマウントレンズに生まれ変わって帰宅しました。

もっともライカM9に付けても、後玉がとても小さいので、
ほとんどまん丸にけられてしまうでしょう。
APS-Cのカメラ群でさまざまな可能性を試すことができます。
APS-Cサイズでも四隅がかなり大きくけられます。
でも、ユージェーヌ・アジェのファンなのです。
ちょっと位けられても、平気です。
平気どころか、かえってこれが画面を生き生きとしてくれます。

3月19日木曜日は雨の奈良東大寺界隈を撮影しました。
どうやら雨レンズとして活用できそうです。
やっぱりメタモルフォーゼ名人です。
前回の3枚目もそうでしたが、今回の4枚を一目見た瞬間、
これがなにか魔術的な存在にぱっと見えなければ、
あなたは私の2つのブログとは縁がないと思ってください。

前回の3枚目を撮っているとき、背後を母子連れが過ぎました。
小学校6年生らしい女の子、
私が撮っている白土土塀を見上げたようです、
「ママ、顔が一杯見えるよ」
ママは無言のまま、二人は通り過ぎていきました。

ママは私のブログの写真など見ても、なんにも感じないでしょう。
実際、私の写真を感じる方はとてつもなく少ない。

なにも顔だけ見えるのじゃありません。
夜の未舗装のでこぼこ路面の水たまりを見た瞬間、
異次元宇宙への入り口に見えてしまった少年が私でした。
今は、ちょっと少年より歳を取りましたが、同じことが起こります。
恐怖など感じません。
ただただうれしくなってしまいます。
私の別次元のお仲間たちとの懐かしい出会いなのですから。 

今はしませんが、在職中は夜遅くなると、バス停から家まで、
神社の林間道をバイパスしました。
闇です。
かすかな月明かりがぼんやりと道の存在を教えてくれます。
でも、怖くない。
さまざまな虫の音がささやきのように頭にしみ通るのを楽しみながら、
闇に包まれて一人歩く感触が大好きだからです。

マクロスイター36㎜F1.4はそんな私の思いをそのまま写真にしてくれます。
奈良公園がトールキンの闇の森に変身したかのようです。
4枚ご覧頂きましょう。




b0226423_16512831.jpg
b0226423_16512220.jpg
b0226423_16511786.jpg
b0226423_16505232.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-03-21 00:30 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(4)

1188 下町マクロPart3 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



さて、オーバーホールなって帰還したマクロスイター36mmF1.4、
その新生第1号の撮影結果報告もようやく第3回で終了です。

    まさに未曾有140枚出血サービスというわけで、
    投稿するだけでも、疲れました。

撮るのは簡単です。

    見つけて、近づいて、撮る、
    ホップステップジャンプで終わり。

加美界隈はすでに20回以上は撮りました。
でも、資源は豊富です。

    要するに、別のレンズを手にすると、別のものが見つかるからです。
    さて、そんなマクロスイター36mmによる発見ロボグラフィたちの
    最後の40枚ご覧下さい。




b0226423_21154859.jpg
b0226423_21154320.jpg
b0226423_21153771.jpg
b0226423_21153167.jpg
b0226423_21152640.jpg
b0226423_21152038.jpg
b0226423_21151573.jpg
b0226423_2115895.jpg
b0226423_2115185.jpg
b0226423_21145526.jpg
b0226423_21145038.jpg
b0226423_21144385.jpg
b0226423_21143764.jpg
b0226423_21143020.jpg
b0226423_211425100.jpg
b0226423_21141945.jpg
b0226423_21141327.jpg
b0226423_2114734.jpg
b0226423_2114234.jpg
b0226423_21135582.jpg
b0226423_21134861.jpg
b0226423_21134288.jpg
b0226423_21133699.jpg
b0226423_21133032.jpg
b0226423_21132385.jpg
b0226423_21131870.jpg
b0226423_21131224.jpg
b0226423_2113518.jpg
b0226423_21125934.jpg
b0226423_2112591.jpg
b0226423_21125324.jpg
b0226423_211247100.jpg
b0226423_21123936.jpg
b0226423_21123237.jpg
b0226423_21122388.jpg
b0226423_21121272.jpg
b0226423_2112379.jpg
b0226423_21115389.jpg
b0226423_21114452.jpg
b0226423_21113471.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-21 21:16 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(0)

1187 下町マクロPart2 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



残念なことに、ソニーNEX-5Aというカメラ、パラメータの調整ができません。

    撮影モードで幾つかの選択肢が用意されているだけ。

ソニーがこんなコンセプトを採用した理由が、私には分かりません。

    本気で写真を撮る姿勢のユーザーを軽く無視している、
    そうとしか思えません。

写真は、撮った後であれこれと細工するものではありません。

    撮る前にどんな風に撮るか、撮影者自身が選択する、
    そうであって初めて被写体と対決できるはず。

仕方がないので、
一番おとなしい色調と思われるポートレートを選択しています。

    これでもまだ派手すぎます。
    私は、パソコン処理で写真を作りたくないので、
    ソニーの派手な色調を無理に調整することなしに、
    他のデジタルカメラ同様、濃度だけ調整して並べています。
    だから、私の使用カメラでは一番ディジタル臭い画像なのかも知れません。

でも、私の最愛のレンズたち、キノプラズマート、スーパシックス、
そして、マクロスイターを焦点距離の1.5倍と、いわば穏当に使えるカメラ。
そして、手の中にしっとりとなじむ超小型ボディ。
そして、夢のようなマクロ空間。

    これはこれで手放せませんね。




b0226423_21475317.jpg
b0226423_21474667.jpg
b0226423_21474074.jpg
b0226423_21473169.jpg
b0226423_21472396.jpg
b0226423_21471645.jpg
b0226423_2147943.jpg
b0226423_21472100.jpg
b0226423_21465527.jpg
b0226423_21464779.jpg
b0226423_21464066.jpg
b0226423_21463386.jpg
b0226423_21462638.jpg
b0226423_21461985.jpg
b0226423_21461222.jpg
b0226423_2146491.jpg
b0226423_21444687.jpg
b0226423_21443631.jpg
b0226423_21442851.jpg
b0226423_21442050.jpg
b0226423_21441234.jpg
b0226423_2144455.jpg
b0226423_21435727.jpg
b0226423_21434932.jpg
b0226423_21434121.jpg
b0226423_21433214.jpg
b0226423_21432497.jpg
b0226423_2143820.jpg
b0226423_21551616.jpg
b0226423_21431587.jpg
b0226423_214379.jpg
b0226423_21433679.jpg
b0226423_21432231.jpg
b0226423_21431947.jpg
b0226423_21422628.jpg
b0226423_21421365.jpg
b0226423_21415951.jpg
b0226423_214234.jpg
b0226423_21414094.jpg
b0226423_21421996.jpg
b0226423_21413250.jpg
b0226423_21413010.jpg
b0226423_2142812.jpg
b0226423_21411559.jpg
b0226423_21414597.jpg
b0226423_2140582.jpg
b0226423_21413594.jpg
b0226423_21403576.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-20 21:56 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(2)

1186 下町マクロPart1 (新生マクロスイター36mmF1.4は加美で爆発した)



11月18日は朝午前8時45分から午後6時まで孫の家で、
プリンセスにお仕えしました。

    5か月のプリンセス、まだ寝返りが打てませんが、
    目と頭はしっかりと回って、周囲を冷静に観察しています。
    2歳あたりになれば、3つ年上のお兄ちゃんを完全に牛耳るでしょう。

私はすでに牛耳られて、既にいわば「愛の奴隷」状態なのですが、
ママが帰宅した後、1時間半ほど解放してもらって、
典型的な大阪の下町、加美の路地を撮り歩きました。

    喫茶店休憩を除けば、正味1時間のパラダイス。
    セットはちょっと珍しく、

        ソニーNEX-5A
        マクロスイター36mmF1.4

このケルンのレンズ、ブラックペイントの美しい極上の作りです。

    Cマウントですが、残念ながら、オリンパスE-PL1では、
    超接近でしか撮れません。
    ソニーNEX-5Aでかろうじて2m弱まで。
    基本的にマクロレンズとしてしか使用できない。

でも、F1.4という大口径を利用すれば、
本ブログの過去の5個の記事をごらん頂けばお分かり頂けるでしょう、

    魔術的な描写を楽しめます。

絞り羽根が突然ばらばらになってしまったのは丁度1年前。

    そのままレンズ棚に眠っていたのですが、
    ついにマツモトカメラで修理とオーバーホールをお願いしました。
    完全な新品レンズになって戻ってきました。

なにもかもスムーズそのもののなめらかな動き。
調子に乗って、217枚撮りました。

    とても美しい描写の写真たち。
    ますます調子に乗って、お気に入りを選んで見ますと、
    140枚も残ってしまいました。

今日から3日は我が家に籠もるつもりです。

    本ブログでは、3回連続で、
    マクロスイター36mmF1.4特集を組むことにします。




b0226423_16521096.jpg
b0226423_16515819.jpg
b0226423_1651588.jpg
b0226423_1656691.jpg
b0226423_16514294.jpg
b0226423_1651305.jpg
b0226423_1652310.jpg
b0226423_16515858.jpg
b0226423_16511839.jpg
b0226423_1651635.jpg
b0226423_1651151.jpg
b0226423_1651811.jpg
b0226423_16512100.jpg
b0226423_16504837.jpg
b0226423_16504384.jpg
b0226423_16511226.jpg
b0226423_1651633.jpg
b0226423_1651182.jpg
b0226423_16502114.jpg
b0226423_16502561.jpg
b0226423_16501153.jpg
b0226423_16501589.jpg
b0226423_1650492.jpg
b0226423_16495696.jpg
b0226423_16494628.jpg
b0226423_1649487.jpg
b0226423_16494292.jpg
b0226423_1650116.jpg
b0226423_1650539.jpg
b0226423_1650024.jpg
b0226423_16491461.jpg
b0226423_16491066.jpg
b0226423_1649576.jpg
b0226423_16485948.jpg
b0226423_1649312.jpg
b0226423_1649266.jpg
b0226423_16492160.jpg
b0226423_16485092.jpg
b0226423_16491432.jpg
b0226423_1649552.jpg
b0226423_16482247.jpg
b0226423_16481763.jpg
b0226423_16481190.jpg
b0226423_1648683.jpg
b0226423_16475941.jpg
b0226423_16475356.jpg
b0226423_16474766.jpg
b0226423_16474150.jpg
b0226423_16475066.jpg
b0226423_16472630.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-19 16:56 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(2)

834 京の夢(マクロスイター38mmF1.4はやっぱりマクロが本領らしい)



b0226423_22253146.jpg
b0226423_22252789.jpg
b0226423_22245922.jpg





遅まきながら、夏休みの名残のような休暇に入りました。
夏季にお休みを一切取らなかったので、18日をお休みにしました。

今日木曜日はもともと休業日なので、ゆっくりできる、
そう期待したのですが、孫が風邪でまたもや発病。
前回とはまた違うウィルスにやられたようです。
おかげで、共稼ぎの両親の代役ということで、今日明日は六時起き。
今日も一日中保育園をお休みしている孫と2人で留守番。

ずっと一緒に遊んでいると疲れますので、
ときどきテレビに応援を求めます。
楽しいシーンを見ました。

    スポーツの基本は幼いときに教えるのがよいという番組。
    サッカー選手らしい人物が3、5、7歳の女の子たちに、
    ボールの蹴り方を教えるシーン。
    足を後方に振り上げて、そのまま足を蹴り出すと、
    ボールはきれいに飛びますとコーチ。

    3歳の子はとてもかわいく賢そうな容貌ですが、
    赤ちゃんから一歩出た程度のチビさん。
    それなのに、とても自然なフォームで蹴り出して、
    ボールはとても美しいカーブを描いて飛びました。

師匠の言葉に素直に耳を傾け、そのまま実行する、
この当たり前のことが出来る人がとても少ないのです。
写真でもそうですね。

    退職して写真を始めた人はたいていの場合、
    師匠の言葉をまともに受け取りませんね。
    自分の経験判断を優先させて、勝手に修正してしまいます。
    だから、いつまで経っても、堂々巡り。
    私もその口なのでしょう。
    おかげで、レンズに頼らざるをえないことに。

丁度2年前に頼ったレンズはマクロスイター36mmF1.4。
これはこれで魔術的レンズですね。
by Sha-sindbad | 2013-10-17 22:27 | MacroSwitar36/1.4 | Comments(4)