レンズ千夜一夜

カテゴリ:Summilux35/1.4( 18 )

1851 夜の宿場町(2011年12月24日ズミルックス35㎜F1.4はなぜか草津に居た)2

 
前回書いたコンサートのサウンドレベルのお話の続き。

いたたまれずに席を立ったのは、どうやら私一人でした。
極限レベルにアップして聞こえた席は少なく、
会場のほとんどの皆さんには適当なレベルだったのかも知れません。
もしかすると、スピーカーの音が交錯する私の席でのレベルを、
私でも耐えられるレベルに下げると、他の席ではおとなしすぎて、
とても盛り上がらないことになるのかも知れません。

私が映画館に行ったのははるか7、8年前。
なんの映画だったのかも忘れてしまいました。
突如、阿鼻叫喚の破壊音とともに、
ティラノザウルスがビルを真っ二つに破壊して出現する、
そんなシーンだけ記憶しています。
小津安二郎のシネマに慣れた人間にはなんとも違和感。

でも、その猛烈大音響に耐えることができました。
おそらく、映画館の壁面全体に埋め込まれた多数のスピーカーが、
観客席全体に偏りのない音響効果を与えるように、
サラウンド処理が施されていたので、
そんなに耐え難いほどの大きな音圧ではなかった?

でも、それ以来、映画館とはすっかりご無沙汰になったのは、
要するに、映画になんの内容もなかったから。
コンピューターの手が入れば入るほど、人間味を失い、
私の心から離れて行ってしまうようです。

ズミルックス35mmf1.4で撮る夜の草津宿。
ライカM9は、同じMでも、すでにカメラよりは、
コンピューターの色彩の方が強くなっている、
そんな感じがします。

感度を上げることで夜間でも撮れるのですが、
夜間撮影用の設定があるのかもしれませんが、
私には分からないので、撮影結果は、お昼間と一緒で、
まるでお日様に照らされているかのように明るい光景。

そこで、露出をマイナス2に補正し、
さらに、ブログに掲載する際に、夜間らしく補正。
そんな風に手を加える必要があるのも、どこか不自然。

でも、銀塩フィルムを使ったことがない人は、
デジタルカメラの夜間写真に不自然さなど感じないようです。
人間の感覚そのものが変わっていくのでしょう。





b0226423_1503459.jpg
b0226423_1502427.jpg
b0226423_1501889.jpg
b0226423_1501061.jpg
b0226423_150462.jpg
b0226423_14595090.jpg
b0226423_14594426.jpg
b0226423_14593654.jpg
b0226423_14592927.jpg
b0226423_14592325.jpg
b0226423_14591635.jpg
b0226423_145993.jpg
b0226423_1459314.jpg
b0226423_14585632.jpg
b0226423_14584595.jpg
b0226423_14583836.jpg
b0226423_14583227.jpg
b0226423_1458262.jpg
b0226423_14581685.jpg
b0226423_14581053.jpg
b0226423_145848.jpg
b0226423_14575357.jpg
b0226423_14574625.jpg
b0226423_1457405.jpg
b0226423_14573142.jpg
b0226423_14572626.jpg
b0226423_14572057.jpg
b0226423_1457920.jpg
b0226423_1457475.jpg
b0226423_14565730.jpg
b0226423_14565047.jpg
b0226423_14564296.jpg
b0226423_14553382.jpg
b0226423_14552482.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-06 15:01 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1850 夜の宿場町(2011年12月24日ズミルックス35㎜F1.4はなぜか草津に居た)1



外付けハードディスクの写真フォルダで面白いことが起こりました。
前項のキノプラズマート25㎜F1.5は2017年6月12日撮影分です。
そのフォルダの次ぎに、この草津のフォルダが出現したのです。
なぜか、私の意思によらずに、
フォルダがハードディスク内を勝手に放浪したようです。
ハードディスクから失踪する事件が起きなくて幸いでした。
5年半も前の写真たちとの、これも一つの巡り逢い。
早速、記事に取り上げることにしました。

どうやら妻がまだ参加していた草津のゴスペル合唱団のコンサートの夜。
じゃ、なぜ、コンサートホールに居ないで、
夜の宿場町を彷徨しているのでしょうか?
妻が歌っているのに!
理由を想像してみてください。
やむにやまれぬ理由があったから?
その通りですね。
じゃ、その理由とは?
まあ、推測は難しいでしょう。

私は、階段状の観客席のほぼ中央、最上の場所に席を見つけたのです。
舞台両脇に内向きに置かれた大きなスピーカーの線が交差する、
どんぴしゃりその交点に座って、ご満悦だったのです、
ゴスペルが歌い出す前までは。
コンサートが始まり、その途端に、死にそうになりました。
と言うと、ちょっと大げさですが、耐え難い音の拷問でした。
ものすごいサウンドレベル。
そのすべてが私に直撃するのです。
私とその隣の女性は耳を押さえていました。
数曲で耐え難くなり、ホールを飛び出しました。

というわけで、静寂の宿場の通りを幸せに撮影しながら、
妻がコンサートを終えるのを待ったわけです。
その心安らかな心境を、名玉ズミルックス35㎜F1.4(第1世代)が、
しっかりと映し出してくれたか、
そのあたりとご自分で確かめてくださいね。
ライカM9に付けています。





b0226423_10513923.jpg
b0226423_10513217.jpg
b0226423_1051264.jpg
b0226423_10511836.jpg
b0226423_10511212.jpg
b0226423_1051711.jpg
b0226423_105113.jpg
b0226423_10505427.jpg
b0226423_10504927.jpg
b0226423_10504283.jpg
b0226423_10503713.jpg
b0226423_10495590.jpg
b0226423_10483374.jpg
b0226423_1048261.jpg
b0226423_10481991.jpg
b0226423_1048852.jpg
b0226423_1048152.jpg
b0226423_10475626.jpg
b0226423_10474866.jpg
b0226423_10474129.jpg
b0226423_10473161.jpg
b0226423_10472476.jpg
b0226423_10472053.jpg
b0226423_10471369.jpg
b0226423_1046554.jpg
b0226423_10464974.jpg
b0226423_10464568.jpg
b0226423_10463721.jpg
b0226423_10463336.jpg
b0226423_10462331.jpg
b0226423_10461798.jpg
b0226423_10461047.jpg
b0226423_1046191.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-05 10:52 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1729 雨のバス停(田舎のバス停辺りをズミルックス35㎜F1.4でちょいと)

私のロボグラフィは、家を出た瞬間に始まります。
「男は家を出たら7人の敵がいる」なんて言葉がありますが、
「ホロゴン家を出たら700のロボグラフィがいる」というわけです。

バスが来るまでの町時間が3分ほど。
その間とバスに乗車してから30秒後に撮った写真をご覧下さい。
奈良町撮影分は後日「わが友ホロゴン」でごらん頂くとして、
ひさしぶりのズミルックス35㎜F1.4の路傍写真をアップしましょう。

ソニーα7に付けて、全部開放で撮りました。
かなり相性の良いセット、という感じ。
「出っコマ、引っコマ」の名句で有名な第1世代ですが、
デジタルカメラに付けると、普通の大口径開放写真という感じ。

でも、さすがにズミルックス35㎜F1.4。
生き生きとした雰囲気が浮き上がってきます。
撮影者の気分そのものでもありますが。






b0226423_2374271.jpg
b0226423_2373212.jpg
b0226423_2372454.jpg
b0226423_2371693.jpg
b0226423_237958.jpg
b0226423_237257.jpg
b0226423_236549.jpg
b0226423_2364532.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-04 23:08 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1484 白毫寺町で(ズミルックス35mmF1.4曰く、変幻自在は我が内にあり)Part2



保有レンズの大半を売却する方針を固めたことは書きました。
よほどの掘り出し物がない限り、
もうレンズを手に入れることはやめます。
宮崎貞安さんのニューレンズで気に入ったものは別ですが。

先日、エルマジ95㎜f2のMマウント改造を
宮崎さんに依頼しましたが、
これが最後に来たオールドレンズになるでしょう。

百数十本あるので、これをせめて20本、
いや30本まで選り抜きたいという気持ちです。

30本でも多すぎる!
そうお思いでしょう。
それは「写真家としては、」という意味合いででしょう。
もちろん、写真家として自分の作品世界を展開したいのであれば、
レンズ1本がベストかも知れません。

もちろん現代のデジタルズームは論外。
本当に写真家になりたかったら、ズームは捨てましょう。
私はズームを使ったのはたった1回、スリランカ旅行のときだけ。
ああ、なんという腰の据わらぬ立ち会いだったことか!
3本も剣を腰に差して果たし合いに臨む剣士のようなものです。
敵はすでに剣を抜いて、上段に振りかぶって、決死の表情。
それなのに、こちらは、どの剣にしようか?
抜いたら上段に構えようか、下段に構えようか?
いや、拳銃を持ってきたらよかったのにぃぃぃ.........

それならば、30本はもう論外。
もちろんそうです。
でも、私のように、ロボグラフィをただ撮って喜んでる素人は、
真剣勝負など頭の中にはありません。
お気に入りのレンズがどんなプレゼントをしてくれるか?
ただこれだけ。

だから、これからは順番にレンズテストをすることにします。
第一次選定試験として、順繰りにテストします。
30本以上残ったら、第二次試験となるわけです。
テストできるのは一か月にせいぜい10本でしょう。
第一次だけで1年以上かかります。
最終結果が出るまでには3年やそこらはかかるでしょう。
ああ、忙しい!

さて、今回のズミルックス35mmのテスト結果は?
このレンズ、メタモルレンズだった!
合格!




b0226423_1592413.jpg
b0226423_1584421.jpg
b0226423_1583710.jpg
b0226423_1583139.jpg
b0226423_1582479.jpg
b0226423_158198.jpg
b0226423_1581216.jpg
b0226423_158437.jpg
b0226423_157572.jpg
b0226423_1575130.jpg
b0226423_1574571.jpg
b0226423_1573860.jpg
b0226423_1573056.jpg
b0226423_1572314.jpg
b0226423_1571440.jpg
b0226423_157886.jpg
b0226423_157342.jpg
b0226423_156577.jpg
b0226423_1564882.jpg
b0226423_1564292.jpg
b0226423_156361.jpg
b0226423_1563074.jpg
b0226423_1562212.jpg
b0226423_1561534.jpg
b0226423_156924.jpg
b0226423_15633.jpg
b0226423_15558100.jpg
b0226423_155517.jpg
b0226423_1554561.jpg
b0226423_1554034.jpg
b0226423_1553361.jpg
b0226423_1552733.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-12-29 15:13 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1484 白毫寺町で(ズミルックス35mmF1.4曰く、変幻自在は我が内にあり)



12月25日金曜日、所用があって、白毫寺町に参りました。
どんなときでもカメラは必ず持参します。
ソニーα7
ズミルックス35mmF1.4

第一世代です。
開放的で大暴れすることで有名ですね。

三国志演義の張飛とか水滸伝の黒旋風李逵とかのように
男性的な暴れん坊ではなくても、
「風とともに去りぬ」のスカーレット・オハラななみの、
専制的な美女の奔放さを楽しめるのではないか、
そう期待していたのですが、大はずれ。
私が手に入れたときは、銀塩で撮ることを止め、
ソニーα7やライカM9のデジタルカメラでの使用したせいなのでしょうか?

それどころか、なんだかかなり優等生に変身。
とても大らかなのです。
画像はとても美しい。
でも、メタモルフォーゼはほとんど期待できません。
すでに13回記事を書いていますが、羽目を外した写真はついになし。

25日はクリスマス。
サンタさん、
ズミルックスをスカーレット・オハラに変身させてください、
そう心にお願いしながら歩きました。
なんだか、願いを聞き入れてくださった、そんな感じがするのですが..........




b0226423_23261141.jpg
b0226423_2326477.jpg
b0226423_23255829.jpg
b0226423_23255362.jpg
b0226423_23254827.jpg
b0226423_23254259.jpg
b0226423_23253767.jpg
b0226423_23253193.jpg
b0226423_23252635.jpg
b0226423_23252083.jpg
b0226423_2324464.jpg
b0226423_23243876.jpg
b0226423_23243398.jpg
b0226423_23242643.jpg
b0226423_23242147.jpg
b0226423_23241592.jpg
b0226423_2324972.jpg
b0226423_2324433.jpg
b0226423_23235848.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-12-28 23:28 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1354 誕生(ホッとしてズミルックス35mmF1.4でなおさら暗い写真を)



この世にまた一つ命が......
昨日午前11時8分、3番目の孫が誕生したのです。
一昼夜がかりのかなりの難産だったので、
娘のことを本気で心配してしまいました。
でも、終わり良ければすべて良し、です。

ホッとして、これが出す写真か?
そう疑われそうな暗い写真たち。
私の場合、幸せであればあるほど、暗い写真が並ぶ、
そんなものです。
当然です。
私はもともと暗い写真が大好き。
絶好調になればなるほど、写真は暗くなります。
人生、コントラストですね。
写真が暗ければ位ほど、心は輝いているのでしょう。




b0226423_102868.jpg
b0226423_1028180.jpg
b0226423_1027556.jpg
b0226423_1027503.jpg
b0226423_10274424.jpg
b0226423_10273894.jpg
b0226423_1027329.jpg
b0226423_10271757.jpg
b0226423_10271128.jpg
b0226423_1027316.jpg
b0226423_10265763.jpg
b0226423_10265196.jpg
b0226423_10264656.jpg
b0226423_10263965.jpg
b0226423_10263490.jpg
b0226423_10262860.jpg
b0226423_10262231.jpg
b0226423_10261176.jpg
b0226423_1026359.jpg
b0226423_10255737.jpg
b0226423_10254826.jpg
b0226423_10254139.jpg
b0226423_10253155.jpg
b0226423_10251727.jpg
b0226423_10251131.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-25 10:31 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1353 雨の日 (ズミルックス35mmF1.4付きライカでも雨の中使ってしまおう)



6月21日日曜日
吉田正さんの写真教室でした。
我が家の事情でこれまでの2回は涙をのんで欠席。
3ヶ月ぶりに出席です。

天が言祝いでくれたのでしょう、
家からバス停に着くまで、その時間帯だけ、
雨が降って大地を潤してくれました。

持ち出したカメラは、久しぶりにライカM9。
付けたレンズは、これも久しぶりに、
ズミルックス35mmF1.4第一世代

31枚撮りました。
ズミルックスらしい線の細い美しい描写です。
でも、いつもながらのことですが、
私の心をわっと躍らせてくれない。

小津安二郎の映画で原節子さんに出会い、
「冬のソナタ」や「美しき日々」でチェ・ジウさんに出会ってしまうと、
もう超美女のスターたちを見ても、
心はちっとも動かなくなるようなものですね。




b0226423_217386.jpg
b0226423_2165854.jpg
b0226423_2165377.jpg
b0226423_2164681.jpg
b0226423_2164013.jpg
b0226423_2163414.jpg
b0226423_2162797.jpg
b0226423_2162167.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-22 21:09 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1183 家路 (ズミルックス35mmF1.4の見直してしまいました)


近ごろ、大好きなレンズ談義だって、
そっちのけという事態がいろいろ発生して、
写真は移動時の片手間だけ。
とにかく忙しいのです。

それでも、昨日の金曜日、20分の行程を歩いて家に帰ったのですが、
1時間かかっていました。

    ソニーα7に付けたズミルックス35mmF1.4のようなレンズを使うと、
    歩みがちょっと遅れがちになります。

パソコンでチェックしてみて、さらに時間も遅れ勝ちに。

    186枚撮ったのですが、44枚だけはどうしてもブログで見たかった。
    かなり時間がかかりましたが、後悔していません。

    ズミルックス35mmF1.4第一世代って、やっぱりいい!




b0226423_2352335.jpg
b0226423_2345165.jpg
b0226423_235177.jpg
b0226423_2351255.jpg
b0226423_235622.jpg
b0226423_2342674.jpg
b0226423_2342562.jpg
b0226423_2341596.jpg
b0226423_2341170.jpg
b0226423_234464.jpg
b0226423_2335760.jpg
b0226423_233211.jpg
b0226423_2341273.jpg
b0226423_2334547.jpg
b0226423_2333376.jpg
b0226423_234043.jpg
b0226423_2332153.jpg
b0226423_2334873.jpg
b0226423_2331210.jpg
b0226423_233564.jpg
b0226423_2325971.jpg
b0226423_2325591.jpg
b0226423_2324970.jpg
b0226423_232439.jpg
b0226423_2323722.jpg
b0226423_2323029.jpg
b0226423_2322589.jpg
b0226423_2321751.jpg
b0226423_2313522.jpg
b0226423_2323216.jpg
b0226423_2312357.jpg
b0226423_2314636.jpg
b0226423_232473.jpg
b0226423_2313863.jpg
b0226423_2315314.jpg
b0226423_2312987.jpg
b0226423_2312486.jpg
b0226423_2304173.jpg
b0226423_231854.jpg
b0226423_23108.jpg
b0226423_230322.jpg
b0226423_2302688.jpg
b0226423_2301993.jpg
b0226423_2301594.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-15 23:06 | Summilux35/1.4 | Comments(2)

791 まなびや通り(ズミルックス35mmF1.4はますますやさしさをたたえて)



b0226423_17243868.jpg
b0226423_17261833.jpg
b0226423_1726477.jpg
b0226423_17241750.jpg





東大阪市長瀬のまなびや通りで撮った写真を4枚。

3枚目のピエロによく現れていますが、
1枚目や3枚目の白にうっすらほのかにフレアがかかります。
私の目には、ほかに画像の奇妙な暴れは見つかりません。
この程度のフレアなら、とても上品。

全部開放ですが、35㎜の広角では、開放で十分ですね。

    ズミクロンやズマロンたちとはまったく異質な、
    とてもやさしい表情の写真が撮れます。

これはとても使いやすい、使い勝手のよいレンズ、
そう言ってよいように思うのですが........
by Sha-sindbad | 2013-09-02 17:33 | Summilux35/1.4 | Comments(6)

790 洋品店(ズミルックス35mmF1.4の開放はやさしさ一杯)



b0226423_21561451.jpg





今日は、東大阪市の長瀬に参りました。

駅からある施設まで「まなびや通り」という商店街が通じています。
その施設とはなんですか?

    そんな問いにまともに答えられるのは、
    大学生の頃真面目だったあなただけでしょうね。

    私は真面目でしたが、大学で勉強をほとんどしませんでした。
    さまざまなことを独学独習していました。
    おかげで、本当に思索する、思考する、推論する、という、
    知的プロセスの基本は学ばないで終わったかも知れません。

長瀬のまなびやは近畿大学。

    太宰治の高校時代の下宿も「太宰治まなびの家」と名づけられて、
    名所になっているようですが、
    人によれば、当時、太宰はまるで勉強しなかったので、
    この命名はおかしいと言う人もおいでになるそうです。

近大の門前に並んでいたのも、麻雀屋さんばっかり。
近大生たちにも太宰並みに学んでいるのがいるようです。

今日はほとんど一日中雨。
おかげでズミルックスはほとんど終始開放でした。
この一枚もそうです。

    私の大好きなマリリン・モンローがこんな所にいました。

店内では、ご主人がレース越しに、
モンローに迫る私を見ていたかもしれません。
でも、これは是非撮りたい一枚でした。

    ズミルックス35mmF1.4第一世代の開放で撮りますと、
    今や伝説と化したスターにふさわしい舞台になった、
    そう思うのですが?
by Sha-sindbad | 2013-09-01 22:14 | Summilux35/1.4 | Comments(3)