レンズ千夜一夜

カテゴリ:Raptar51/1.5( 5 )

5.5ラプター51mmf1.5 「5 ラプター51mmf1.5の開放には深みが?」


b0226423_2245429.jpg



ウォーレンザックは映画用レンズの制作会社でした。
ラプターはウォーレンザックの映画用レンズの中核だったようです。

ですから、オシロスコープ用のラプター51mmf1.5にも、
映画用レンズのノウハウが投入されたのは間違いがないところでしょう。

35㎜映画のスクリーンにどれだけ高精度に結像できるネガを作れるか、
それが映画用レンズのポイントだったとすれば、
逆に、オシロスコープ画面の平面をどれだけ精密に記録できるか、
というラプター51mmf1.5に使命は映画用レンズに似ているのですから。

このレンズはさるものです、
路地風景の空気感、風情をなかなか適確に表現しているではありませんか?
by Sha-sindbad | 2011-06-01 22:06 | Raptar51/1.5 | Comments(2)

5.4ラプター51mmf1.5 「4 ラプター51mmf1.5もやっぱり地味」


b0226423_222212100.jpg



ラプター50mmf1.5は冷色系でした。

前回と今回の写真をご覧になったら、
ラプター51mmf1.5が、50㎜と違って、暖色系であることがお分かりでしょう。

不思議ですね。

たとえば、ライカやツァイスは、
その歴史にわたって、様々なレンズを開発してきましたが、
色再現の統一性を維持するためにかなり苦労してきた感じがします。
モノクロームの時代からカラーの時代に移行しても、
不思議に、両社ともに、かなり共通性が保たれているように思われます。

ところが、ウォーレンザックは、
同じ用途に供する、同じラプターをかなり自由につくっているらしい。

私は、オシロスコープを実際に見たことがありません。
グーグルで検索してみますと、現代のオシロスコープでも、
RGB三色といった単純な色がついているだけのようです。

ですから、高解像度一点張りで開発されていったのでしょうか?
そんなことを考えながら、今回の写真を見ますと、
かなりリアリティの欠如した、かなり地味な色再現のようです。
でも、これがラプターの個性、そう考えれば、
色再現をことさらにあげつらう気持ちはなくなります。

ラプターは、この切れ味こそが持ち味ですね。
そこを見てあげなくちゃ、ね。
by Sha-sindbad | 2011-05-31 22:39 | Raptar51/1.5 | Comments(2)

5.3ラプター51mmf1.5 「3 ラプター51mmf1.5は流転のレンズだった?」

b0226423_21212744.jpg



もっとも2つの名前のラプターが同じレンズという言葉には大きな幅があります。

Tkさんのラプター50mmf1.5は、異次元と言えるほどに高精細な描写でした。
私のラプター51mmf1.5は、質実剛健でドライ。
このどちらも周辺部まで像はくずれません。

ラプター50mmf1.5は、周辺が暴れ、中心部にエネルギーが集中しています。
 
映画用レンズによくあるようですが、長年にわたり作り続けられて、
名前だけは一緒で、どんどんと改良されたり、変化したりして、
共通点は名前だけというもののようです。
今回の写真、箱のエッジだけにヘアーピン。
ボケ味は悪くないじゃありませんか?
by Sha-sindbad | 2011-05-30 21:24 | Raptar51/1.5 | Comments(0)

5.1ラプター51mmf1.5 「1 ラプター51mmf1.5は50mmとかなり違うみたい」

当然の成り行きとして、
ラプター50mmf1.5の後には、
ラプター51mmf1.5を紹介させていただきましょう。

50mmの周囲が大ぼけすることに、最初は不満でした。
このレンズを譲ってくださったTKさんのラプターは、
周辺まで見事な画質だったからです。

そこで、ネットで探してみました。

縁ですね。
すぐに見つかりました。

それも奇妙な、2.04インチf1.5。

それがどんな由来のレンズかは次回に譲ることとして、
とりあえず、ごらん頂きましょう。



b0226423_013552.jpg

by Sha-sindbad | 2011-05-29 00:02 | Raptar51/1.5 | Comments(0)

4.8ラプター50mmf1.5 「8 ラプター50mmf1.5はどこかが違う」-完-



b0226423_2218013.jpg



ラプター50mmf1.5は、これ位にしましょう。

かなり撮りましたが、まだ3日撮り歩いただけ。
これじゃ、まだまだ実力のほどは表面をかする程度しか分かりません。

でも、これからずっと使いたい、そんな気分にさせるなにかがあります。
冷色系なのに、肌触りがとてもあたたかいのです。

今回の写真で、そのあたりをお感じいただければ、うれしいですね。
by Sha-sindbad | 2011-05-27 22:20 | Raptar51/1.5 | Comments(2)