レンズ千夜一夜

カテゴリ:Pentac38/2.9( 24 )

1887 画廊1(2017年9月1日ペンタック38㎜F2.9の時は静かに過ぎ行き)



b0226423_22070379.jpg
b0226423_22394351.jpg
b0226423_22395716.jpg
b0226423_22402770.jpg
b0226423_22405001.jpg
b0226423_22420837.jpg
b0226423_22422037.jpg
b0226423_22463072.jpg
b0226423_22464190.jpg
b0226423_22473458.jpg
b0226423_22475486.jpg
b0226423_22532545.jpg
b0226423_22534259.jpg
b0226423_22535882.jpg
b0226423_22541055.jpg
b0226423_22545922.jpg
b0226423_22544792.jpg
b0226423_22551475.jpg
b0226423_22552798.jpg
b0226423_22575140.jpg
b0226423_22581145.jpg
b0226423_22583419.jpg
b0226423_22593956.jpg
b0226423_22595131.jpg
b0226423_23000580.jpg
b0226423_23001895.jpg
b0226423_23003004.jpg
b0226423_23004293.jpg
b0226423_23005329.jpg
b0226423_23010497.jpg
b0226423_23011572.jpg
b0226423_23013006.jpg
b0226423_23014770.jpg
b0226423_23020286.jpg
b0226423_23021435.jpg
b0226423_23022832.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-10-02 23:07 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1855 バス道(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)4-完-



今日は久しぶりに東大寺に行ってきました。
昨日の墓参に引き続き、炎天下の3時間でした。
もっとも1時間は東大寺内で撮影しました。
その顛末は別ブログ「わが友ホロゴン」で書きます。

私がここで特記したいことは別のこと。
昨日も今日も、キャップ一つを日よけとして、
炎天下、歩き回りました。
でも、熱射病にも熱中症にもならず、疲れも残らず。
その秘訣を是非お勧めしたいのです。

実に簡単。
水をたっぷり飲み、塩あめを口に絶えず放り込んで、
塩分を補給する、ただそれだけ。

ただし、驚くのは、海外の人たち。
中国人と韓国人がもう一杯。
そして、ヨーロッパ、アメリカの人たちも、
誰も彼も、ほとんど帽子などかぶらず、元気一杯。
水は飲んでも、塩あめなんか舐めないでしょうね。

でも、彼らに負けない日本人も沢山いるようです。
ほとんどすべて若い女性たち。

太刀打ちできませんね。






b0226423_22433819.jpg
b0226423_22435127.jpg
b0226423_22440002.jpg
b0226423_22441607.jpg
b0226423_22442338.jpg
b0226423_22443377.jpg
b0226423_22443966.jpg
b0226423_22444584.jpg
b0226423_22445194.jpg
b0226423_22445894.jpg
b0226423_22450411.jpg
b0226423_22451233.jpg
b0226423_22451995.jpg
b0226423_22452875.jpg
b0226423_22453762.jpg
b0226423_22454485.jpg
b0226423_22455130.jpg
b0226423_22460194.jpg
b0226423_22463394.jpg
b0226423_22464198.jpg
b0226423_22464647.jpg
b0226423_22465595.jpg
b0226423_22470534.jpg
b0226423_22471209.jpg
b0226423_22471979.jpg
b0226423_22472638.jpg
b0226423_22473384.jpg
b0226423_22474002.jpg
b0226423_22474902.jpg
b0226423_22481282.jpg
b0226423_22482260.jpg
b0226423_22483099.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-10 22:52 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1854 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)3 逆転の構図


「写真」という言葉には、
ある種の祈り、希望、期待が隠されているのかもしれません。
つまり、一度も、たったの一度も実現されたことのない理想。

多くの写真家はこう言うでしょう。
「私はこの世にあるはずがないような美しい光景に出会いました。
そのときの光景を可能な限り写真に写し取ろうとしたのですが...」
あなたはどうですか?
ご自身の記憶に留められた美しい光景を、
レンズは忠実に再現してくれますか?
「もっと美しかったのに...............」
カメラ、レンズは再現の道具。

私は違います。
私は、ただの平凡な人間。
でも、クラシックレンズたちをカメラに付けると、
私の記憶に留められた実景とはまるで違った、
この世にあるはずがない美しいロボグラフィを撮りたい。
私自身が、「こんなものを撮ったのか?
なんで、こんなものが?」
そう仰天する、そんな写真が撮ってもらいたい。
つまり、撮るのは、私ではなく、レンズ。
美に出会うのは、レンズ。
私が再現の道具。




b0226423_2249172.jpg
b0226423_22482355.jpg
b0226423_22481657.jpg
b0226423_2244118.jpg
b0226423_2243522.jpg
b0226423_22424079.jpg
b0226423_22423290.jpg
b0226423_22422386.jpg
b0226423_2241319.jpg
b0226423_22405542.jpg
b0226423_22404436.jpg
b0226423_22403862.jpg
b0226423_22402924.jpg
b0226423_22402292.jpg
b0226423_22401535.jpg
b0226423_2240847.jpg
b0226423_22392470.jpg
b0226423_22391434.jpg
b0226423_2239317.jpg
b0226423_22385611.jpg
b0226423_22384877.jpg
b0226423_22382988.jpg
b0226423_2238152.jpg
b0226423_22374434.jpg

082.gif
b0226423_2244118.jpg

b0226423_2244118.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-09 23:31 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1853 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)2 石仏群


今回は石仏だらけの巻。
西大寺の石仏はこれまでも幾度も幾度も撮ってきました。
でも、今、思うと、私はものとしてしか見ていなかった。

石仏たちを石の彫刻とだけ見て、
その外観の向こうになにかがある、
なんて、ちらっとも考えたことはありませんでした。

レンズを換えて撮るという行為、
視力が衰えた人が眼鏡をかけるようなものかも知れません。
ダルメイヤーの古いレンズ、ペンタック38㎜F2.9を使って、
石仏たちを眺めたとき、
ここには、なにか見かけを超えたなにかが存在している、
そんな気配を感じました。

この石仏たちに面会するのは、いつも揚琴レッスンの途中。
行きがけの駄賃、ならぬ、行きがけの石仏では、
しっかり対面することなどできっこなかった。
今回だって、せいぜい5分の余裕しかありません。
でも、注意力散漫な私の代わりに、
ペンタックがじっくり見つめてくれました。
おそらく私より年上なのですから、落ち着きがあります。
私は、ブログに掲載してから、
ゆっくりと対面させていただきましょう。




b0226423_22534868.jpg
b0226423_22534293.jpg
b0226423_22533523.jpg
b0226423_22532783.jpg
b0226423_22531857.jpg
b0226423_22531065.jpg
b0226423_2253457.jpg
b0226423_22525289.jpg
b0226423_2252476.jpg
b0226423_22523737.jpg
b0226423_22522897.jpg
b0226423_22521824.jpg
b0226423_22521196.jpg
b0226423_2252527.jpg
b0226423_22515898.jpg
b0226423_22515288.jpg
b0226423_22514050.jpg
b0226423_22513524.jpg
b0226423_2251168.jpg
b0226423_2251884.jpg
b0226423_2251282.jpg
b0226423_22505245.jpg
b0226423_2250437.jpg
b0226423_2250342.jpg
b0226423_2250273.jpg
b0226423_22501830.jpg
b0226423_22501372.jpg
b0226423_2250728.jpg
b0226423_2249577.jpg
b0226423_22495136.jpg
b0226423_22494426.jpg
b0226423_22493844.jpg
b0226423_22493142.jpg







b0226423_22515898.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-07 22:56 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1852 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)1

8月7日月曜日、
一ヶ月ぶりに陳少林先生の揚琴伴奏レッスン日。

でも、暴風雨警報発令のため、YMCAは緊急閉校。
ネットニュースでは、
「台風第5号の中心は、7日10時頃に、
高知県室戸市付近を通過しました。
奈良県は昼過ぎに暴風域に入る見込みです。」

室戸台風、ジェーン台風、伊勢湾台風、
近畿にもっとも大きな被害を与えた台風たちのコースです。
静かに自宅蟄居がよいでしょう。

昔、宮崎に住んだことがありますが、
幾度か台風の直撃を受けたことがありました。
そんなとき、当時のアマチュアカメラマンには、
荒波を撮ろうと、海岸に走ったのが幾人も居ました。
勇敢、というよりも、バカに近いと言わせて頂きましょう。
今回の台風でも、
カメラを手にいそいそと出かける方もおいででしょう。
お大事に。

私は写真を始めてから現在まで、
異常なハプニングを写真に撮りたいと思ったことはありません。
自分の人生の一こまを記録したいという気持ち。
苦労して撮った写真はひとしお大切だと言う人がいます。
私は信じません。
レンガ積みの仕事じゃあるまいし。
苦労しないで撮っても、素敵な写真が撮れます。
それが写真の魔術。

7月17日月曜日は、前回の陳少林先生の揚琴伴奏レッスン日でした。
ダルメイヤーの古い映画用レンズ、ペンタック38㎜F2.9を、
リコーGXRに付け、57㎜標準レンズ仕様にしました。
半時間、YMCAまでの10分の道を回り道して、
全部苦労しないで、鼻歌交じりに、いつもの通り撮りました。

ロボグラフィたち139枚。
観る人が見れば「腰の据わらないゴミ箱行き写真ばかり」なのでしょう。
私の場合、そんな風に厳しくチェックしたら、残るものはありません。
だから、全部、私の大事な子供たちとして、引き受けてしまいます。
4回に分けて、ほとんど全部並べちゃいましょう。

それにしても、私は幸せです。
都会が大嫌いな人間が住むには、大和路は最高!
現代社会、現代文明が人間を歯車にしようとしている、
人間精神史の末期症状からひとときでも目をそらせて、
つかの間ではあれ、至福の一時を味合わせてもらえるのですから。




b0226423_13542332.jpg
b0226423_13541578.jpg
b0226423_13514326.jpg
b0226423_13513454.jpg
b0226423_13512874.jpg
b0226423_13512117.jpg
b0226423_1351141.jpg
b0226423_13501510.jpg
b0226423_1350848.jpg
b0226423_1350330.jpg
b0226423_13494822.jpg
b0226423_13494161.jpg
b0226423_13493357.jpg
b0226423_13492574.jpg
b0226423_13491874.jpg
b0226423_13491114.jpg
b0226423_1349557.jpg
b0226423_13485945.jpg
b0226423_13485178.jpg
b0226423_13484532.jpg
b0226423_13483898.jpg
b0226423_13482949.jpg
b0226423_13482485.jpg
b0226423_1348183.jpg
b0226423_13481181.jpg
b0226423_1348448.jpg
b0226423_13475836.jpg
b0226423_13474130.jpg
b0226423_13473229.jpg
b0226423_13472745.jpg
b0226423_13471886.jpg
b0226423_13471215.jpg
b0226423_13361921.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-07 13:56 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1688 バス道(ペンタック38mmF2.9を手にバス道を辿ってみたら?)


私には一つ強みがあります。

もし大震災で家がぶっ壊れて、焼けてしまい、
着の身着のまま放り出されることだってあるかも知れません。
たまたま手近にあったバッグをひっつかんで、戸外に飛び出して、
「やれやれ、妻も家族(猫ですが)も無事だった。
どれ、どんなカメラがバッグに入っているのかな?」
と、のぞいてみて、オリンパスEP-L1にCマウントレンズ一本、
そんな可能性だって十分想定できます。
そんなとき、どんなCマウントレンズでも喜ぶでしょう。
それなりに十分個性的なレンズたちだからです。

そんなとき、
「うん、これがあれば、撮りたいものはなんでも撮れる」
とは考えません。
考えることは、
「うん、これがあれば、撮ってくれた写真を喜ぶことができる!」

すると、どなたか、質問が飛び出しそうですね。
「そのレンズでは撮れない、だけど、撮りたい、
そんな光景に出会ったら、やっぱりがっかりするんじゃない?」
その方は、私のことがお分かりになっていない。
私は、撮影に出かけたとき、レンズにすべてを託します。
そのレンズに撮れない光景など、まったく目に入りません。
入っても、「ああ、撮りたい!」とは考えません。
ないものねだりをせず、あるものを心から楽しむ、
それが私のポリシー。

残されていたレンズが35㎜銀塩カメラ用だと、
事情は違ってしまいそうです。
いくら好きなレンズばかり手元に残していると言っても、
時には、こう感じて、げっそりすることがあります、
「もう少し、私のお好みに撮ってくれたら、どうなんだろね?」
Cマウントレンズとはえらい違いなのです。

チビのCマウントレンズたちって、不思議です。
揃いも揃って、私の心をくすぐる写真を撮ってくれます。
なぜなのか?
私には分かりません。

12月1日、新大阪ではそんなCマウントレンズ中のお気に入りの一本、
ペンタック38mmF2.9をOlympus EP-L1に付けて、
リコーダー練習に持ち出しました。
行きのバスに乗車すべく辿ったバス道の写真と、
JR大阪駅での大和路快速待ちの夜景をごらん頂きましょう。
こんなぼけた描写が私の好みなのです。
つまり、現代デジタルレンズは全部、落第。





b0226423_2250116.jpg
b0226423_2250527.jpg
b0226423_22495859.jpg
b0226423_22495078.jpg
b0226423_22494243.jpg
b0226423_22493650.jpg
b0226423_22493084.jpg
b0226423_22492342.jpg
b0226423_22491796.jpg
b0226423_22491070.jpg
b0226423_2249394.jpg
b0226423_22485778.jpg
b0226423_22485052.jpg
b0226423_22484316.jpg
b0226423_22483543.jpg
b0226423_22482791.jpg
b0226423_22481993.jpg
b0226423_22481346.jpg
b0226423_2248687.jpg
b0226423_22475971.jpg
b0226423_22475251.jpg
b0226423_22474545.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-11 23:48 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1683 フェスティバルホール(ペンタック37.5mmF2.9は暗所ではかなり古風に)


16年11月18日、久しぶりのフェスティバルホールでした。
ミッシャ・マイスキーのチェロリサイタル。
その模様、感想はすでに別ブログ「わが友ホロゴン」に書きました。

バッグに潜めて同伴したのはセットは、
ダルメイヤーのかなり古いレンズ、
ペンタック38mmF2.9と、
ソニーNEX-5
フェスティバルホールのロビーで撮りました。

ミッシャ・マイスキーが公演後ロビーでサイン会をしました。
このあたりに、スター的な姿勢を感じるのは私だけでしょうか?
妻は演奏に感動して、バッハの無伴奏チェロ組曲のCDを手に、
列に並んで、サインとともに、言葉を交わし、
彼と伴奏の娘さんのピアニストに握手をしてもらい、
満足の表情で戻ってきました。

私は列に並ぶのが大嫌いなうえ、サインをもらったり、
自分のカメラで写真を撮ったりということが大嫌い。
「よかったね」と温かく迎えましたが、その声に熱意はなし。
なぜなんでしょうね?
生涯、そんなことをしたことがありません。
どうやら、人と同じことはなるべくしたくない、という気分らしい。
でも、チェ・ジウが来たら、並んじゃうかな?

おっと、なんの話をしていたの?
レンズの話でしたね。
点光源が並ぶ天上のライトをチェックしたら、
やっぱり昔のレンズですね。
かなりの暗がりでは、大した画像にはなりませんでした。

現代のレンズだったら、しっかりと写るでしょうね。
でも、暗がりでもしっかりと写って欲しいなどと考えたこともない。
暗がりでは暗がりらしく撮れるのがよろしい。
宵闇でもお昼のように隅々までくっきり写っている写真なんて、
気持ちが悪くって、見たいとも思いませんね。





b0226423_22591520.jpg
b0226423_2259892.jpg
b0226423_2258599.jpg
b0226423_22585319.jpg
b0226423_22584462.jpg
b0226423_22583586.jpg
b0226423_22582850.jpg
b0226423_22581991.jpg
b0226423_22581215.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-04 23:53 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1603 幼子の家(ペンタック38mmF2.9にはいつも何かしらやさしさがあって)Part 2



かつては銀塩フィルムで写真歴を重ねてきた皆さんの多くが、
デジタルカメラに移行して以来、新設計のレンズたちに、
手放しで惚れ込んでおられるようです。
その意味では私はかなり少数派に取り残されているようです。

写真イメージの理想に関する意見、評価の違いが、
レンズの理想を大きく左右してしまいました。

    多くのカメラマン、写真家にとって、カメラ、レンズは道具。
    私にとって、カメラ、レンズは伴侶。

道具は使い手の望む機能を完全に実行しなければならない。
伴侶は違います。
すべてに完璧な伴侶なんて、どなたにとっても、真っ平ごめんでしょう。
そんな伴侶はあなたの欠点を許さないでしょうし、
まさに「あなたには過ぎた伴侶」になってしまい、
いつかは別れのときを迎える運命にありそうです。
互いの欠点を許し合いながら、慈しみあい認め合う、
そんな関係だからこそ、愛し合い、認め合えるのでは?

私のレンズたちは例外なくどこかに問題、悩みを抱えている。
だからこそ、私も気兼ねなく自分をさらけ出せる、
そんな気持ちがあるからこそ、写真をいつまでも愛せます。
非のうちどころのない人間なんか、付き合いたいとも思わない。
それと同様、非のうちどころのないレンズなんて、
あっという間に飽きてしまうでしょう。

ペンタック38mmF2.9って、非のうちどころだらけ。
だから、可愛い。




b0226423_21393911.jpg
b0226423_21393355.jpg
b0226423_21392784.jpg
b0226423_21392092.jpg
b0226423_21391587.jpg
b0226423_21391079.jpg
b0226423_2139394.jpg
b0226423_21385786.jpg
b0226423_21385146.jpg
b0226423_21384529.jpg
b0226423_21383938.jpg
b0226423_21383131.jpg
b0226423_21382542.jpg
b0226423_21382020.jpg
b0226423_21381437.jpg
b0226423_2138875.jpg
b0226423_2138298.jpg
b0226423_21375640.jpg
b0226423_21375074.jpg
b0226423_21374133.jpg
b0226423_21373476.jpg
b0226423_21372890.jpg
b0226423_21372272.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-01 21:41 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1603 幼子の家(ペンタック38mmF2.9にはいつも何かしらやさしさがあって)Part 1



5月23日に遡ります。
2歳直前の孫プリンセスがちょっと発熱。
共稼ぎの両親に替わり、
私が午前8時から午後6時までプリンセスと付き合いました。

日々新たな発見と学習で見る見る成長していく姿は、
何にも優る喜び。
でも、一応念のため、カメラセットはバッグに収めます。
ソニーNEX-5
ペンタック38mmF2.9
かなり古い設計、古い作りの映画用レンズです。
58㎜標準レンズとして使います。

プリンセスはすでに平熱に復しています。
でも、保育園の規定上、すぐには登園できないだけ。
元気一杯遊び、いきなり眠りについてしまいます。
近頃お昼寝が長い。
軽く1時間半を超えました。
そのお昼寝中も含めて、かなり撮りました。
2回に分けてごらん頂きましょう。





b0226423_2241299.jpg
b0226423_22405146.jpg
b0226423_22404633.jpg
b0226423_22404052.jpg
b0226423_22403317.jpg
b0226423_22402743.jpg
b0226423_22401479.jpg
b0226423_224093.jpg
b0226423_2240438.jpg
b0226423_22395797.jpg
b0226423_22395158.jpg
b0226423_22394691.jpg
b0226423_22394127.jpg
b0226423_22393361.jpg
b0226423_22392764.jpg
b0226423_22392052.jpg
b0226423_22391426.jpg
b0226423_2239835.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-29 22:43 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1556 西大寺(ペンタック38mmF2.9はますます古風の味わいで)Part 3



私が近鉄大和西大寺駅に下車するのは、
近頃は、ただ陳少林先生の揚琴伴奏レッスンのためだけ。
それも、駅とYMCAとの往復だけ。
しかも、いつも授業開始時間の10分前に着いて、
午後4時に受講を終え、16分の電車で奈良に帰る。
しかも、たいてい駅構内のマーケットで買い物するのですから、
往還せいぜい20分、撮る時間も被写体も限られています。

でも、飽きませんね。
同じものを撮っても、レンズが違うので、
見るときの印象も気持ちも違う。
同じロボグラフィたちがなぜか新鮮な顔をしてくれます。
よいレンズだと、そのレベルがアップします。
ペンタック38mmF2.9はその最上レベルだったようです。


57枚撮って、アップしたいものを抽出すると、37枚。
いいでしょう、一挙掲載します。
こんな風に記事を投稿するまでの気持ちの高まり、
これがブログの醍醐味ですね。
レンズたちがいつも後押しをしてくれます。
彼らはよき伴侶なのです。




b0226423_14253962.jpg
b0226423_14253364.jpg
b0226423_14252893.jpg
b0226423_14252334.jpg
b0226423_14251618.jpg
b0226423_14251039.jpg
b0226423_1425418.jpg
b0226423_14245876.jpg
b0226423_14245130.jpg
b0226423_14244545.jpg
b0226423_14244017.jpg
b0226423_14243570.jpg
b0226423_142430100.jpg
b0226423_1424231.jpg
b0226423_14241874.jpg
b0226423_14241219.jpg
b0226423_1424755.jpg
b0226423_1424266.jpg
b0226423_14235680.jpg
b0226423_14234443.jpg
b0226423_14233750.jpg
b0226423_14233275.jpg
b0226423_14232671.jpg
b0226423_14231915.jpg
b0226423_14231331.jpg
b0226423_1423628.jpg
b0226423_1423074.jpg
b0226423_14225410.jpg
b0226423_14224874.jpg
b0226423_14224158.jpg
b0226423_14223436.jpg
b0226423_14222795.jpg
b0226423_14222058.jpg
b0226423_14221374.jpg
b0226423_1422683.jpg
b0226423_1422054.jpg
b0226423_14215356.jpg





[後書き]
ラストに2枚、滑り台の写真がありますね。
先月、これが始めて見ました。
幼稚園の2階から、園児達が階段を使わずに下りられる、
素敵な設備ですね。
でも、先生方、工事業者たち、自分で滑ってみたのでしょうか?
大人なら、着地寸前に両足を下ろして、
落下してきた体を支えて着地できるでしょう。
でも、滑り台底部と地面との高さは20センチ以上、
短い園児達の下腿部の長さほどもあるのです。
それなのに、滑り台下はコンクリートのタタキなのです。
観た瞬間、ぞっとしました。
普通の滑り台よりも遥かに高いうえ、
つるつるピカピカの金属なのです。
中には両足を上げたまま滑り台から飛び出る子がいるでしょう。
中には頭を打つ子がいるかも知れない。
後頭部に致命的な衝撃を受ける危険があるのでは?
そう誰も気付かなかったようですね。
でも、想像力はそんな危険性を予見するためにあるのです。
幼児たちを預かる施設なのです。
なおさらに厳しく危険を予見しなければならないのは当然。
すぐに電話しておきました。
さて、ただちにクッション性のあるマットを敷くといった、
安全策をとったでしょうか?
明日、検分しておきましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-04-10 14:28 | Pentac38/2.9 | Comments(5)