レンズ千夜一夜

カテゴリ:Topogon25/4( 34 )

1844 奈良町(2017年6月30日トポゴン25㎜F4がホロゴンを凌ごうと)3 合唱讃歌


昨日からYouTubeで合唱を盛んに聴いています。
2、3年前、TBSの合唱番組がいくつもアップされていて、
東京、大阪の音楽大学の合唱グループが代わる代わる、
心を締め付けるような美しい合唱の天国を見せてくれました。
でも、ある日、著作権法違反として全部ばっさり削除されました。
このときの消失感は今でもはっきり心に残っています。
TBSの番組だと思っていたのに................................

昨日、合唱曲を100曲ずつ集めているサイトに突然ぶつかりました。
いくつも見つかりました。
合唱団の演奏光景とか合唱団名がありません。
とすると、素性はいかにも怪しい。
でも、今、開いているサイトは5年以上前に開設されて、
なぜかしっかり生き延びている。
「Amazonで楽譜購入」というボタンがあるところを見ますと、
著作権法違反サイトではないのかも知れません。
そう考えて、楽しんでいます。

心が洗われる曲がいくつも見つかります。
すべて青春の心を歌ったものばかり。
どの合唱も何百万ものアクセス。
合唱が大好きな人がこんなにも沢山いる。

コメント欄をのぞいてみますと、
青春から遙かに遠ざかった人たちばかりではない、
まだ青春のまっただ中の人たちも楽しんでいるようです。
小中高の卒業の機会に歌った体験を書いている人たちもかなり居ます。

中学生の合唱もあります。
「落葉松」女声合唱、詩:野上彰、曲:小林秀雄(八戸市立根城中学校合唱部)
https://www.youtube.com/watch?v=Tjl1ymZfsAA&index=27&list=RDt4FZ2uS3T9g
ただただ、驚嘆。

でも、ぜんぜん心に触れない曲も沢山あります。
私とその曲との相性が悪いだけでしょう。
ある曲になにも感じず、ある曲に心を揺さぶられる、
こんな体験の揺れ、波は私の人生そのものの形なのかも知れません。

写真だって、同じことが起こっています。
私はカメラを持ったときも持たないときも、
たえず、出会う光景にさまざまに心を躍らせてきました。
ロボグラフィはそんな私の心にかなった出会うの記録なのですが、
おそらくほとんどの人にはごみ写真の山としか映らないようです。
ロボグラフィとは私のプライベートな心の記録でしかないのでしょう。
近頃、その思いをますます強くしていたところに、
この合唱たちに出会って、心を決めました。

「わが友ホロゴン」「レンズ千夜一夜」2つのブログを分け隔てなく、
完全な私の日誌として遠慮なく心おきなく活用するぞ。
各ブログの性格にふさわしい文章、写真にしよう、
なんていう余計な配慮は一切棄てました。
私の人生の一こまをブログ作成という形で記録する、
完全垂れ流しブログ。
エキブロって、無制限に使えるのですから、最適、最高!
エキサイトさん、ありがとう!

エキサイトよ、永遠なれ!
なぜって、私は長生きして、
ずっとブログを使うつもりなのですから。




b0226423_1154447.jpg
b0226423_11543844.jpg
b0226423_11542820.jpg
b0226423_11542134.jpg
b0226423_11541427.jpg
b0226423_115489.jpg
b0226423_11535682.jpg
b0226423_11534670.jpg
b0226423_11533999.jpg
b0226423_11533313.jpg
b0226423_11532725.jpg
b0226423_11532137.jpg
b0226423_11531447.jpg
b0226423_1153775.jpg
b0226423_115317.jpg
b0226423_11525454.jpg
b0226423_11524854.jpg
b0226423_11522443.jpg
b0226423_11521760.jpg
b0226423_11521068.jpg
b0226423_1152267.jpg
b0226423_1151564.jpg
b0226423_11514998.jpg
b0226423_11513396.jpg
b0226423_1151272.jpg
b0226423_11511164.jpg
b0226423_1150595.jpg
b0226423_11505076.jpg
b0226423_11504223.jpg
b0226423_11503452.jpg
b0226423_11502767.jpg
b0226423_1150123.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-27 16:40 | Topogon25/4 | Comments(0)

1843 奈良町(2017年6月30日トポゴン25㎜F4がホロゴンを凌ごうと)2 ホロゴン的視角


トポゴン25㎜F4がホロゴンを凌ぐとすれば、
細部の繊細な描写力かも知れません。
でも、私はホロゴンをひたすら愛してきました。

なぜか?
私は人生のすべてにおいて、ホロゴン風に生きてきたからです。
要を押さえたら、細部にこだわらない。

いい加減すぎる、そんな批判もあることは十分承知しています。
でも、私は細部にこだわって、いつまでも決断しない、
そんなやり方が大嫌い、というより、できない。

他人が観たら、ホロゴン写真、トポゴン写真、好みはばらばらでしょう。
でも、私はどこまで行っても、ホロゴン一筋。
なぜか?
私はホロゴンの見た物しか見ていないからです。

トポゴンが見逃さなかった細部の大半は私にとって大切じゃない。
そんなものはどうでもいい、
そんな部分がどんなに美しくても、
私は、だから、シャッターを押したのじゃない。
他の多くのレンズにも共通しています。

ホロゴンが私の視角、志向を育ててくれたのかも知れませんが、
それでは、私がホロゴンと出会って、
「これだ!」と、ただちに悟ったという事実を説明できません。
結局、私は、生まれつき、ホロゴン風に世界を見てきた、
そう考えるのが一番自然、そんな風に感じています。





b0226423_2383211.jpg
b0226423_2382525.jpg
b0226423_2381838.jpg
b0226423_2381154.jpg
b0226423_238512.jpg
b0226423_2375956.jpg
b0226423_2374694.jpg
b0226423_2373931.jpg
b0226423_237488.jpg
b0226423_2365485.jpg
b0226423_236476.jpg
b0226423_236378.jpg
b0226423_2363156.jpg
b0226423_2362384.jpg
b0226423_236340.jpg
b0226423_2355449.jpg
b0226423_2354738.jpg
b0226423_235401.jpg
b0226423_2353443.jpg
b0226423_2352775.jpg
b0226423_2352060.jpg
b0226423_2351116.jpg
b0226423_235516.jpg
b0226423_2345987.jpg
b0226423_2345343.jpg
b0226423_2344393.jpg
b0226423_2343730.jpg
b0226423_234297.jpg
b0226423_2342045.jpg
b0226423_2341140.jpg
b0226423_234335.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-26 23:43 | Topogon25/4 | Comments(0)

1842 奈良町(2017年6月30日トポゴン25㎜F4がホロゴンを凌ごうと)1 理想の結婚


トポゴン25㎜F4

使う度にため息が出ます。
ホロゴンウルトラワイドに出会うより前にこのレンズに会っていたら、
もうこれでよい!
このレンズで撮り続けよう、
そう心を決めてしまい、
ホロゴンを使ってみようという気にならなかったでしょう。
そう考えると、レンズとの出会いはかなり結婚に似ている、
そんな感じがしてきました。

私に言わせれば、理想の結婚とは、
出会ってしまうと、世界中の誰よりも自分にふさわしい、
そう考えて、一生、その心を変えない、そんな結婚。
まあ、私はそんな結婚をしたと信じていますが、
トポゴンには悪いけど、君に先に会わなくてよかった。
会っていたら、もうこれ以上広い写角のレンズは不要、
これで十分、そう考えたかもしれないからです。

しかし、レンズでも、まずホロゴンに出会えたということで、
至高のレンズと崇めながら生きることができるようになりました。
でも、配偶者とは違います。
浮気という事態は起こりません。
いくらでも、ホロゴン以外のレンズと遊ぶことができる。

世にかなり棲息しているらしい女遊びの男性たち、
レンズ遊びに走っておけば、人生、もっと晴れ晴れと、
もっと清々しく生きることができたんじゃないかな?





b0226423_1852686.jpg
b0226423_1852060.jpg
b0226423_185143.jpg
b0226423_185745.jpg
b0226423_185138.jpg
b0226423_1845558.jpg
b0226423_1844829.jpg
b0226423_1844284.jpg
b0226423_1843456.jpg
b0226423_1842845.jpg
b0226423_1842046.jpg
b0226423_1841491.jpg
b0226423_184891.jpg
b0226423_1835916.jpg
b0226423_1835288.jpg
b0226423_1822622.jpg
b0226423_1822030.jpg
b0226423_182145.jpg
b0226423_182879.jpg
b0226423_1815716.jpg
b0226423_1813986.jpg
b0226423_1813238.jpg
b0226423_1812686.jpg
b0226423_1811843.jpg
b0226423_1811116.jpg
b0226423_18132.jpg
b0226423_1805722.jpg
b0226423_1805091.jpg
b0226423_1804370.jpg
b0226423_1803650.jpg
b0226423_1802969.jpg
b0226423_1802065.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-25 18:06 | Topogon25/4 | Comments(0)

1619 コンサートの午後(トポゴン25mmF4は接近戦自由自在で)



クラシックレンズの楽しさの一つに、
レンズの描写性にかなりのばらつきがあることなのですが、
それだけではない感じがします。

撮影の度に違った顔を見せてくれるのです。
もちろん基本はしっかりと保持しているのですが、
さまざまな条件で思いがけない描写を見せてくれることがあります。

カメラ、レンズを自在に駆使して自分の作品を作りたい写真家には、
このようなばらつき、遊びは耐え難いことでしょう。
でも、私のようなロボグラフィストは、
路傍のものたちが見せてくれる思いがけない顔を、
ひたすらありがたくエンジョイさせていただく向きには、
クラシックレンズこそ天与の賜物なのです。

ツァイスのオールドコンタックス用のトポゴン25mmF4、
ソニーα7に付けて、前橋汀子さんのコンサートの日に持ち出しました。

私の記憶力の貧弱なせいでしょうか?
これまでに見なかったほどの雄勁でどっしりとしたイメージ。
これだから、このブログを止めることができないのでしょうね。




b0226423_10442934.jpg
b0226423_10442462.jpg
b0226423_1044188.jpg
b0226423_10441313.jpg
b0226423_1044881.jpg
b0226423_1044144.jpg
b0226423_10435637.jpg
b0226423_10434925.jpg
b0226423_10434473.jpg
b0226423_10433887.jpg
b0226423_10433247.jpg
b0226423_10432764.jpg
b0226423_10432223.jpg
b0226423_10431694.jpg
b0226423_10431078.jpg
b0226423_1043444.jpg
b0226423_10425961.jpg
b0226423_10425344.jpg
b0226423_10424893.jpg
b0226423_10424378.jpg
b0226423_10423825.jpg
b0226423_1042328.jpg
b0226423_104227100.jpg
b0226423_10422152.jpg
b0226423_10421512.jpg
b0226423_1042946.jpg
b0226423_1042254.jpg
b0226423_10415320.jpg
b0226423_10414784.jpg
b0226423_1041427.jpg
b0226423_10413528.jpg
b0226423_10412924.jpg
b0226423_10412436.jpg
b0226423_10411761.jpg
b0226423_10411228.jpg
b0226423_1041423.jpg
b0226423_10405852.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-29 10:46 | Topogon25/4 | Comments(0)

1608 高畑町界隈(トポゴン25㎜F4はツァイス嫡出らしく貴公子然と)


ツァイスが自らカメラを製作し、
そのカメラのためにレンズを製作していた全盛時代、
ツァイスが世に問うた超広角レンズの花形トリオは、

   ホロゴン15㎜F8
   ビオゴン21mmF4.5
   トポゴン25㎜F4
   この3本ではないでしょうか?

今回はそのトポゴンを持ち出しました。
以前にも書きましたが、
このレンズの描写は撮る度に変わります。
ソニーα7の画質設定はすべて最低に落としてあります。
だから、カメラ上の設定変更による変化ではありません。
どうも時間、場所、空気に敏感に反応するレンズのようです。
そのせいで、いつまで経っても、謎のレンズ。

でも、よく考えますと、私のクラシックカメラ体験史では、
長い間、トポゴンは幻のレンズでした。
今は、ライカMマウントに改造ずみ。
このレンズをこうして日常使えるなんて、夢のよう。
もっと使ってあげなきゃ!




b0226423_23554311.jpg
b0226423_2354371.jpg
b0226423_23542842.jpg
b0226423_23542199.jpg
b0226423_23541679.jpg
b0226423_2354940.jpg
b0226423_2354253.jpg
b0226423_23535680.jpg
b0226423_23535096.jpg
b0226423_23534468.jpg
b0226423_23533624.jpg
b0226423_23532742.jpg
b0226423_23532049.jpg
b0226423_23531496.jpg
b0226423_2353629.jpg
b0226423_23525973.jpg
b0226423_23525261.jpg
b0226423_23513371.jpg
b0226423_23512224.jpg
b0226423_23511598.jpg
b0226423_2351883.jpg
b0226423_23505580.jpg
b0226423_23503474.jpg
b0226423_23502584.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-10 23:49 | Topogon25/4 | Comments(0)

1329 心斎橋美神 (トポゴン25mmF4を雨で使うと、感涙にむせんでくれて)



5月12日火曜日持ち出したのは次のセット。
ソニーα7
トポゴン25mmF4

トポゴン、私にとっては長年夢のレンズでした。
偶然、Hologon15mmF8Mとこのトポゴンを、
ウィーンのライカショップで見つけました。
それがいつだったか、忘れました。
宮崎貞安さんにライカMマウントに改造していただきました。

凡庸な人間がおもしろい写真を撮りたかったら、トポゴンに限る、
そう言いたくなるほどに撮りやすいレンズです。

ホロゴンもスーパーアンギュロンもビオゴンもかなり撮りにくいレンズ。
だから、昔の人たちの多くは、こうしたレンズはトリミング前提で使いました。
というより、どんなレンズも、35㎜カメラでなくても、というより、
ハッセル、ローライ二眼レフ等の中判になればなるほど、トリミング前提でした。
これも作画の一種である、トリミングはアートの行為なのである、
そう考える写真家が多かったのです。

カルティエ=ブレッソンのように、フルフレームを原則とする写真家が稀だったのは、
フルフレーム原則で撮ることが大変に難しいと考えられていたからです。
でも、おそらくカルティエ=ブレッソンと、
彼に影響を受けた35㎜カメラの写真家たちがこの潮流を変えました。
多くのストリートフォトグラファーが、このような潮流の中で、
ノートリミングこそドキュメンタリーの王道と確信するようになったのです。

私は、高校生のとき、百科事典を読むのが大好きでした。
古い26巻ほどの大百科事典、4巻の現代百科事典も私の座右の書でした。
現代百科事典には写真もたくさん収録され、
その「写真」のカルティエ=ブレッソンと木村伊兵衛の傑作に出会ったのが、
私の写真への目覚めでした。
カルティエ=ブレッソンの写真はもちろん「サン・ラザール駅裏の跳ぶ男」と、
「猫と対座するカウボーイハットの男」
木村の写真は、「馬のしっぽと塀」、そして、「田舎の青年群像」
よく考えてみると、今でもまだこの4枚は私の写真の理想像。

おもしろいものですね。
私はついにストリートフォトとは無縁に終わりましたので、
これらの理想像はあくまでも理想のゾーンに高く聳えているだけ。

ストリート上の人間模様、社会相を切り取る、
そんな芸当をしようと思ったことも以前にはありましたが、
今では、そんなことは所詮一時の気の迷いだった、そう考えています。
ストリートフォトの基本的な前提である、人々への関心、興味がまるでないからです。

私はどうやら写真を始めた最初から、ずっとロボグラフィストでした。
路上で出会うものたち、人たちが私に向かって開示してくれた、ある姿、
たいていの場合は、もの、人そのもののリアルな風貌ではなくて、
私の心にポンと投げ入れてくれた変身像。

今回も、プロデューサーが私、撮影者兼演出家がトポゴンのロボグラフィを、
6枚ごらんいただきましょう。

美神たち、私に気付いていません。
私はすっと視線をそらして、通り過ぎながら手元で撮っているからです。
人は、人を意識していないとき、一番自然で、一番美しい自分の表情を見せる、
人を意識した途端、自分がそう見せたいと準備している仮面をかぶる、
そう信じているからです。




b0226423_11294688.jpg
b0226423_11294040.jpg
b0226423_11293538.jpg
b0226423_11292830.jpg
b0226423_1129221.jpg
b0226423_11291533.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-05-13 11:35 | Topogon25/4 | Comments(0)

1135  裏町② (トポゴン25mmF4が大阪平野区加美でからから笑った) 



「わが友ホロゴン」№544.11 でヴィヴィアン・メイヤーのことを書きました。

    VIVIAN MAIER
            (http://t.co/UgZZ1PpwCd)

生涯で10万枚の写真を残したにもかかわらず、
ついに発表しないで、完全に無名のままに終わった写真家。

    膨大な撮影量ではありません。
    少なく見積もって30年間撮影として、
    6×6判(12枚)で約8333本、
    35㎜判(36枚)で約2777本、
    両方のフォーマットを半々に使ったと仮定すると、約4166本!
    30年間、コンスタントに撮ったとして、
    年平均138本、月平均11.5本なのですから、
    たいていのアマチュアカメラマンと比較しても、多い方ではありません。

でも、残されたコンタクトシートを見る限り、ハズレ写真がない!

    もしかすると、粒よりシートだけが選択されているのかも知れません。
    それにしても、残された写真たちは最高クラスのストリート作家たちと
    優に比肩するほどの質の高さ。

昼食どき、妻に言いました、

    「すばらしい写真を生涯撮り続けたのに、
    生涯、どこにも発表しようとしなかった。
    本当に凄い」

すると、妻、じっと私を見つめて、

    「ごみみたいな写真を撮り続けて、
    それを平気で発表している人も多いのに..........」

私、うろたえて、

    「ぼくは別に発表しているわけじゃなくて、
    匿名のブログにストックしているだけで..............」

妻、

    「別にあなたのこと言ってるわけじゃないのに、
    そんな風に慌てるところを見ると、やっぱりその気があるんじゃ?」

私の負けでした。

    そんなやり取りをした直後に43枚も一挙掲載というのも、
    ちょっと気が引けますが、まあ、いいでしょう。

    トポゴン25mmF4の描写力をご覧頂きたいからであって.....
    (やっぱり迫力ありませんねえ.......)




b0226423_1447734.jpg
b0226423_14471282.jpg
b0226423_14465383.jpg
b0226423_14473930.jpg
b0226423_14464730.jpg
b0226423_14473087.jpg
b0226423_1446344.jpg
b0226423_14464754.jpg
b0226423_144782.jpg
b0226423_1447426.jpg
b0226423_14461436.jpg
b0226423_14462048.jpg
b0226423_14461514.jpg
b0226423_14461017.jpg
b0226423_1446463.jpg
b0226423_14455421.jpg
b0226423_14455477.jpg
b0226423_14454081.jpg
b0226423_14462617.jpg
b0226423_14454082.jpg
b0226423_144532100.jpg
b0226423_14452657.jpg
b0226423_14452519.jpg
b0226423_14451550.jpg
b0226423_144515.jpg
b0226423_14445697.jpg
b0226423_14445730.jpg
b0226423_1445454.jpg
b0226423_14444775.jpg
b0226423_14443683.jpg
b0226423_1452345.jpg
b0226423_14444994.jpg
b0226423_14444268.jpg
b0226423_14442317.jpg
b0226423_14443211.jpg
b0226423_14441885.jpg
b0226423_14442686.jpg
b0226423_1444854.jpg
b0226423_1444183.jpg
b0226423_1444976.jpg
b0226423_14431643.jpg
b0226423_1443124.jpg
b0226423_14433052.jpg

by Sha-sindbad | 2014-09-19 14:53 | Topogon25/4 | Comments(2)

1133  林間道 (トポゴン25mmF4がバス停までに出会ったのは?) 大ニュース!


ニュースがあります。

別ブログ「わが友ホロゴン」にその事情は書きましたが、
ブログを2つ新設しました。

まず、第1のブログは旅行ブログ。

    遙かなる我がシャングリラ
        (http://kaibaran.exblog.jp/)

第2は大和路ブログ。

    さらば大和路
        (http://mahorobara.exblog.jp/)

要するに、写真ストックを増やしただけのことですが、
文章のほとんどない、写真ブログらしいたたずまいにしました。

    よろしかったら、のぞいてみてください。




b0226423_11381940.jpg
b0226423_11381671.jpg
b0226423_11381079.jpg
b0226423_11383063.jpg
b0226423_11385259.jpg
b0226423_11374558.jpg





駅に出るとき使えるバス停が2つあります。

    1つはすぐ側のバス停ですが、これは1時間に1本あればよい、
    という程度の田舎のバス路線。

    もう1つは細いながらも一応幹線道路。
    こちらは数分かかります。
    ルートは住宅地内と林間道。

もちろん林間道がお気に入り。
昨日は次のセットで外出し、このルートを使いました。

    ライカM9
    トポゴン25mmF4
    完全目測、ノーファインダー路線。

ゆったりとお気に入りの樹たちに挨拶しながら下りてゆきます。

    昨日トポゴン25mmF4が出会ったのは、こんなやつらでした。
    いつもながらの平凡な被写体、平凡な撮り方ですが、
    私にはかわいい写真たちです。

超広角のけれん味なんて薬にしたくても、ない。
そんな自然な画像を作ってくれます。

    記憶にはこんなレンズがいいのかも?
by Sha-sindbad | 2014-09-18 17:18 | Topogon25/4 | Comments(2)

1134  裏町① (トポゴン25mmF4が大阪平野区加美できらきら笑った) 



前回の続きです。

火曜日、孫の世話をしてから、午後3時半JR加美駅に向けて出発。
結局正味きっかり1時間で269枚撮りました。

トポゴンは終始絶好調。

    これまで十数回は歩いた道です。
    もう飽きたか?
    飽きませんね。

天知る、地知る、我知る、子(キミ)知る、という言葉があります。
写真も似たようなものです。

    天変わる、地変わる、我変わる、子変わる。
    その都度思いがけない発見があり、
    予測不能のハプニング、出会いがあります。
    
同じ場所、同じものもよく撮ります。

    大好きな場所、ものなんだし、レンズが変われば、顔も変わります。
    今回もさまざまなハプニングがありました。
    ハプニングがあったからと言って、スナップとして撮るわけではありません。
    心躍らせつつロボグラフィとして撮ります。

選んでみると、前回の6枚を除いて、87枚、
これだけはどうしてもブログに掲載したい。

    そこで、今回は44枚、次回は43枚のセットにすることにしました。

「そんなあ! わたしの大事な時間を無駄にできませんよ」
と退場のあなたのことはご自由にしていただくことにして、
健気にも、というか、ヤケ気味にというか、それとも暇なのか、
残っていただいたあなたのためにがんばりましょう。

    おや?
    この2行あたりにエコーがかかって聞こえるみたい。
    レンズ千夜一夜のウェブ空間の空気が突然稀薄になったせいかな?




b0226423_1574066.jpg
b0226423_156516.jpg
b0226423_1565157.jpg
b0226423_1571928.jpg
b0226423_1571374.jpg
b0226423_156363.jpg
b0226423_157856.jpg
b0226423_1563661.jpg
b0226423_156228.jpg
b0226423_156813.jpg
b0226423_1564083.jpg
b0226423_157697.jpg
b0226423_1555821.jpg
b0226423_156379.jpg
b0226423_1555871.jpg
b0226423_1511389.jpg
b0226423_1553859.jpg
b0226423_1563360.jpg
b0226423_1552045.jpg
b0226423_1555187.jpg
b0226423_1551330.jpg
b0226423_155317.jpg
b0226423_1553698.jpg
b0226423_1545643.jpg
b0226423_1555646.jpg
b0226423_1552015.jpg
b0226423_1544714.jpg
b0226423_1551622.jpg
b0226423_1543290.jpg
b0226423_1543120.jpg
b0226423_1541540.jpg
b0226423_1542745.jpg
b0226423_1542249.jpg
b0226423_1535973.jpg
b0226423_154818.jpg
b0226423_1542616.jpg
b0226423_153397.jpg
b0226423_1533244.jpg
b0226423_1531863.jpg
b0226423_1531220.jpg
b0226423_1531391.jpg
b0226423_15465.jpg

by Sha-sindbad | 2014-09-18 15:12 | Topogon25/4 | Comments(0)

1105 昼下がりの美女たち(トポゴン25mmF4持てば、乙女の姿しばし止めん)


午後1時、阪神今津駅裏の小さなレストランで恒例のランチセット800円。
その後、駅近くの裏通りを20分撮影して、午後2時55分発の奈良行き快速に乗車。

    午前中の吉田正写真教室は至福の3時間でしたが、
    午後も別の意味で至福浄福の境地に酔いしれています。

実は昨日、初めての方にコメントを頂いたのです。
超広角レンズをソニーα7で使ったときの黒つぶれについて。

    「α7の設定で「電子先幕シャッター」を切にすると
    画面の片側が黒く潰れる現象が解消するかもしれません。」

    地獄の迷宮をさまよっているとき、
    突然天使が顔を出して、にっこり笑って、

        「天国に行きたいかい?
        それなら、ぼくに「ゴメンナサイ」って、言ってよ。
        そしたら、連れてったげるよ」

    こう言ってくれたような気分です。

そんな設定があったかいな?

    メニューをどんどん繰っていくと、
    ありました、ありました!
    さっそく設定を「切」に切り替えました。

効果のほどを確かめるために、今日もソニーα7を持ち出しました。

    レンズはトポゴン25mmF4。

使ってみて、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

    これまでは縦位置写真の70%は右半分が、
    横位置写真の15%は下3分の1が、黒つぶれの惨状だったのに、
    新設定では黒つぶれなど跡形もなく消えている!
    すべての写真の隅々までクリアーに写っているではありませんか!

私のブログのコメント欄にはコメントなどほとんどないのですが、
つくづく思いました、

    コメント欄を残しておいてよかった!

わずか30分程度ですが、223枚撮りました。
その中から48枚選んでみました。

    トポゴン25mmF4は使えば使うほど、
    ツァイス嫡流の名玉という気持ちが強まります。

    とにかく毅然として明晰に写ります。
    それでいて、現代レンズの無機的な超高画質とは異なる、
    人肌のあたたかさがあって、気持ちがよくなります。

阪急西宮北口駅、阪神今津駅界隈には、なぜか美女たち。

    よく考えれば、今日は日曜日でした。
        (私には月火水金も全部日曜日なので、忘れてました)

俄然ソニーα7の存在価値が100%以上奔騰しました。
次はホロゴン15mmf8Mの出番です。

    ホロゴン15mmf8Mで全画面クリアーに撮れるようになったら、
    さらに100%奔騰するでしょう。
    明日使ってみます。
        (こんな言葉をさらりと使えるのが、自由の醍醐味)



b0226423_2221585.jpg
b0226423_22221140.jpg
b0226423_22214435.jpg
b0226423_22213696.jpg
b0226423_22213754.jpg
b0226423_22212642.jpg
b0226423_22212351.jpg
b0226423_22211372.jpg
b0226423_22205039.jpg
b0226423_22201424.jpg
b0226423_2220414.jpg
b0226423_2220492.jpg
b0226423_22195758.jpg
b0226423_22202640.jpg
b0226423_22194214.jpg
b0226423_2219361.jpg
b0226423_22192764.jpg
b0226423_22191688.jpg
b0226423_2219828.jpg
b0226423_2219674.jpg
b0226423_2219220.jpg
b0226423_221852100.jpg
b0226423_22192376.jpg
b0226423_22191641.jpg
b0226423_22183210.jpg
b0226423_22182427.jpg
b0226423_22182094.jpg
b0226423_221812100.jpg
b0226423_22181168.jpg
b0226423_22175994.jpg
b0226423_22175385.jpg
b0226423_22189100.jpg
b0226423_22173796.jpg
b0226423_2217324.jpg
b0226423_22172798.jpg
b0226423_221725100.jpg
b0226423_22171560.jpg
b0226423_2217633.jpg
b0226423_2217460.jpg
b0226423_22165855.jpg
b0226423_2216534.jpg
b0226423_22164568.jpg
b0226423_22163728.jpg
b0226423_22163616.jpg
b0226423_22162449.jpg
b0226423_22161941.jpg
b0226423_22161538.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-17 22:27 | Topogon25/4 | Comments(0)