レンズ千夜一夜

カテゴリ:Jupiter35/2.8( 3 )

611 夕べの調べ (ジュピター12-35mmF2.8は本家を忘れさせてくれる)



b0226423_15522910.jpg
b0226423_1556318.jpg
b0226423_15561657.jpg
b0226423_15521062.jpg





実は一昨日からまたオークションサイトをうろついていたのです。
スーパーアンギュロン21mmf4Rで大成功を収めた余波。
何本か、欲しいものが出現していました。
欲しい、という気持が先立って、浮き足だった感じ。
その中には、ビオゴン35mmf2.8Prewarも一本ありました。
欲しい!

そんな私の浮ついた気持を冷やしてくれる出来事がありました。
ふっと気づいたのです。
すでに持っているじゃないか?
それも、まさにビオゴンのコピー。

    廉価なロシアレンズ。
    ジュピター12-35mmF2.8

とにかくよく撮れるレンズです。
その以前の写真をつらつら眺めていて、溜息。

    「オリジナルとどれだけ違うんだろう?
    違うことは違うのでしょう。
    でも、私の好みはジュピターだってことがありえる?
    それに、違いがほとんど分からないかも?」

昨日、確認のため持ち出したのです。
リコーGXRに付けましたので、52.5㎜相当の標準仕様。
今回も立派に撮れています。
これで十分です。

折りから、遠く韓国からもだめ押しの忠告。

    法頂先生の「生きとし生けるものに幸あれ」(麗澤大学出版会)

すでに数冊持っていますが、今回は箴言集。
「無所有」の生き方を貫いた人。
その「無所有の生き方」に痛い言葉、

    「無所有とはなにも持っていないということではなく、
    不必要なものは持たないという意味だ」

このフィルターを通過できるものは少ないようですね。
by Sha-sindbad | 2013-02-28 16:24 | 未分類 | Comments(3)

318 ジャングルジム (ジュピター12-35mmF2.8はどうやらツァイス直系らしい)



b0226423_2144297.jpg


b0226423_21442347.jpg




この世には、本家のコピーと言われるレンズがあります。
ズミクロンのコピーなら数知れないかも知れません。
誰だって、「お前はコピーだ」と言われたら、
良い気分はしないでしょう。
レンズたちも気分を悪くしているかも知れませんね。

ジュピター12-35mmF2.8はビオゴン35mmf2.8Prewarのコピー。
さまざまなバージョンがあって、
なかには、ツァイスのビオゴンと同じものだってあるそうです。
私のジュピターはかなり安っぽい、軽い造りなので、
何世代も経てからの製品なのかも知れません。

でも、今回、そんなことを忘れて、
性根を入れて撮ってみて、悟りました、

    これは凄いレンズ!

トポゴン25mm f4のコピーと言われるオリオン15-28mmF6同様、
単なる影武者を超えて、
私の35㎜ラインアップのレギュラーメンバーにふさわしい、
見事な実力レンズ。
そうではないでしょうか?
by Sha-sindbad | 2012-05-01 21:46 | Jupiter35/2.8 | Comments(2)

48  曲がり角 (ジュピター12は気だての良い娘で)



b0226423_20543161.jpg




ロシア軍が第二次世界大戦に得た戦利品の中で、
ツァイスの技術者や光学機器が占めた大きさは、
かなりのものがあったのではないでしょうか?

軍事技術及び科学技術の発展において光学が果たす役割は、
無視できないほどに大きいものがあります。
あらゆる種類の精密機械に必要とされる精度を確保するためにも、
光学検査機が必要なのですから。

その反面、戦後ツァイスがあまり順調に発展できず、
カメラ、レンズ部門に限って言えば、
自力で成功することができなかったことには、
ロシア軍がツァイスの技術者や光学機器を
ごっそり持ち去ったせいもあるかも知れません。

でも、そのお陰で、私たちは、高価なツァイスレンズの代わりに、
とても廉価で、性能の劣らないレンズ群を利用できるようになりました。
ジュピター12はそんなレンズの代表格。

ツァイスがレンジファインダー型コンタックスのために作った、
ビオゴン35mmF2.8は銘玉の誉れの高いレンズですが、
どちらかというと、戦前の方が評判がよいようです。

ツァイスはLマウントでも供給したようですが、レア。
戦後ビオゴンは私も持っていますが、強烈にシャープ。
なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとし、です。

戦前のビオゴンはもっと柔らかという評判なので、
そのコピーであるジュピター12はまさにねらい目。
近ごろ、縁あって、我が家にやってきました。

使ってみると、軽く小さく、使い勝手がよく、よく写ります。
いつか別の縁で、戦前ビオゴンが我が家に来たら、
一度、撮り比べてみたいものですが、今から推測できます。

1 必ずビオゴンの方が素敵な描写力を発揮するでしょう。
2 でも、突き合わせなければ、ジュピター12で十分でしょう。
by Sha-sindbad | 2011-07-31 20:56 | Jupiter35/2.8 | Comments(2)