レンズ千夜一夜

カテゴリ:Rokkor28/3.5( 3 )

115 スイカ (ミノルタTC-1のロッコール28/3.5はスナップ名人)



b0226423_0342998.jpg




リコーGR DIGITALはIVまで進化!

新画像処理エンジンや光学フィルターの改良によって、
「GR史上最高画質」(同社)を実現したモデル、だそうですね。
デジタルカメラの勝負所は、この画像処理エンジンのようですね。
つまり、レンズはそこそこでも、ソフトでカバー。
つまらないですね。

その点、銀塩時代のカメラは違いますね。

    ミノルタTC-1はレンズの光学性能だけで勝負。
    そのレンズがロッコール28mmF3.5。

上海で使いました。
とにかく手の中にすっぽり収まり、
目立たないなんてものじゃない。
ぜんぜん見えない。    
路上でスイカを食べる少年に近づきました。
皮の直下まで食べようとしています。
友だちがあきれて、のぞき込んでいます。
ロッコール28mmF3.5もやはりあきれて、のぞき込みました。

    カメラも見えなければ、一方、
    スイカの果肉もぜんぜん見えない。

    史上最薄まで食べられたスイカと、
    史上最小容積の35㎜フルサイズカメラの対決。

もちろん、ロッコールに軍配をあげたいですね。
by Sha-sindbad | 2011-10-12 00:36 | Rokkor28/3.5 | Comments(0)

74 仮眠 (ロッコール28mmF3.5なら、女性はみんな優雅でしっとり)



b0226423_18421256.jpg




ソニーNEX-5Aは可愛く、手にすっぽりと収まるカメラです。

でも、ミノルタTC-1の前では、どんなに小さくなっても、
やっぱり水ぶくれの感じがしてしまいます。

チタンボディがとても高雅な雰囲気を醸しだしています。
いわゆる高級コンパクトカメラの極めつけは、
このカメラかも知れません。

コンタックスT2についているゾナー40㎜も逸品です。
でも、ロッコール28mmF3.5にはとても敵いません。
上には上がある、好例。

福岡で撮りました。
大宰府からの還りの電車だったと記憶しています。
私と向かいあった席の女性、
しばらくすると、ぐっすり寝込んでしまいました。
さりげなく腰からミノルタTC-1を取り出して、
目測距離に設定し、開放、ノーファインダーで一枚頂きました。

なに、盗み撮り?
違いますよ、
№69でも、同じ撮り方をさせていただきました。

女性と同じ高さで撮ることが、
女性を一番美しく撮る最上の位置なのですから。

(なんて、言っていますが、
実は、私は女性写真はほとんど撮りません。
ものを撮るときも、同じです。
私の基本ラインは水平)
by Sha-sindbad | 2011-08-26 19:52 | Rokkor28/3.5 | Comments(2)

45  艶麗 (ロッコール28mmf3.5はけれんみの無さが身上)



b0226423_21171670.jpg




コンタックスT2のライバルは沢山ありました。
でも、私が使った高級コンパクトカメラの白眉は、なんと言っても、

    ミノルタTC-1

この古典的なまでに端然としたボディに埋め込まれたレンズが、
28㎜レンズの白眉とも言うべき、
    
    ロッコール28mmF3.5

時は真夏、場所は、上海の下町。
両側に質素な民家が並んでいました。
その一軒の玄関扉が開いていました。
中はいきなり台所です。
その向こうに、いかにも涼しげな中庭も見えました。
人は誰も居ません。
玄関からちょっと身を乗り入れるようにして、一枚頂きました。

当時、リコーGRも使いました。
こちらも28㎜の銘玉が付いています。
いかにも凄い、と仰天させられる写りでした。

アラーキーがTC-1を、森山大道がGRを愛用していることは有名でした。
ミノルタTC-1の方がずっと上品端然としたたたずまいで撮れます。
それなのに、どうしてアラーキーなの?
これが不思議でした。
なぜって、私もミノルタTC-1の方が好みだったのですから。
私には似合っているけど、
アラーキーにはなあ......
by Sha-sindbad | 2011-07-29 21:24 | Rokkor28/3.5 | Comments(2)