レンズ千夜一夜

カテゴリ:Planar50/2( 5 )

905 大見得(プラナー50mmF2が大阪八尾の片隅で大見得を切った)



b0226423_157017.jpg
b0226423_1561751.jpg





5日、どんよりと曇り、寒風がかなりきつい冬の暮れ方を、
谷町線八尾南駅からJR大和路線八尾駅まで歩きました。

    時間にして約3.5時間
    距離は、直線で4キロちょっとありますが、

じぐざぐ曲がり、あちこちの方向に傾き、
ときには戻りと、しゃがんだり、身を屈めたり、
忍び寄ったり(ロボグラフィは気づかれると、まずい)、と、
実距離は6キロから8キロはあったでしょう。

3時間歩いて、ようやく喫茶店を見付けました。
ただ歩くだけなら、今日、私はかなりばててしまったはず。

    でも、カメラを手に歩くと、わくわく楽しみながらなので、
    どこまでもスタスタスタと、疲れもしません。

    ほとんど人にも出会わず、私一人で歩くのですが、
    一人でわいわいがやがや考えたり、感激したり、と、
    忙しいので、疲れる暇もありません。

実のところ、ほとんどが新しい住宅地なので、
一見撮るものなどなにもない不毛地帯。

    でも、探せば見つかるものです。
    150枚ほど撮った中から、2枚だけ選びました。
    今回はどちらも最短撮影距離でのマクロ撮影。

    1枚目は古びて捨て置かれたベニヤ板の剥がれ。
    2枚目はお好み焼き屋のショーウィンドウの小さな人形。

どちらも、もちろんF2開放です。

    この切れ味、このクリアさ。
    だけど、上品ではありませんか?
    コンタレックスによる写真の味を再現してくれるようです。

ソニーα7に感謝!
by Sha-sindbad | 2014-01-06 15:28 | Planar50/2 | Comments(4)

904 新年(プラナー50mmF2がソニーα7で甦った)



b0226423_21221314.jpg

b0226423_21325782.jpg




今日は休息日の予定でした。
でも、昨夜遅く、むらむらと心が沸き立ちました。

    正月休みに一度も撮影に出ないなんて!

今朝早々、雲雀のように飛び立ちました。
撮影地は、NKさんのブログで教えていただいた大阪文の里商店街。

    カメラはソニーα7
    レンズはプラナー50mmF2

ツァイスが満を持して発売した一眼レフの決定版、
コンタレックスの標準レンズです。

    ボディ側に絞り調節機構を組み込む特殊な作りのため、
    ライカMマウントに改造するのが極めて困難。
    ソニーNEXマウントアダプタだけが頼みの綱。
    ソニーα7のおかげで等倍で使えるようになりました。
    私がこのカメラを購入したメインリーズン。

パラメータは彩度だけ-2、後は全部-3の最低に。
かなり成功した感じがします。
今日は500枚近く撮りましたが、大成功。

    これなら、メインレンズとして使える!
    ソニーNEX-5Aと違って、しっとりと柔和に撮れています。

今回は、このレンズの貫禄をごらん頂きました。
次回は、このレンズの切れ味をごらん頂きましょう。
by Sha-sindbad | 2014-01-05 21:49 | Planar50/2 | Comments(0)

82 旅のメモ (プラナー50mmF2は僕には過ぎたレンズだった)



b0226423_15423192.jpg




過ぎたるは及ばざるがごとし

この言葉は、どんな場合にでも通用する、至言ですね。
さまざまのレンズを楽しんできましたが、
レンズの場合にも、この言葉はあてはまるようです。

以前、フレクトゴン35mmF2.4について、
「中庸のレンズ」であると書きました。
私にとっては、これが最大の讃辞。

スペックの内、なにかが突出しているというのは、
写真にした場合には、どこかまずい結果を生み出します。

標準レンズの王様、そう私が信じているのが、

    コンタレックスのプラナー50mmF2。

イギリスの小さな町で撮りました。

    アメリカから来た4人家族。
    その末っ子は、旅を心から楽しんでいます。
    なにやら旅のメモをしたためています。
    おそらくこの旅のためにもらった筆記用具がご自慢なのです。
    ちょっと大人に近づいた気分。

凄い写りです。
立体感、重量感、質感、実在感、
要するに、とても厚みのある描写をしてくれます。
全倍に伸ばしても、さらに精密感が増します。

しびれました。
でも、10年ばかり使って、思いました。

    もう、いい。

あなた、毎日、ビフテキやコース料理を頂けますか?

私は、ご馳走はせいぜい2、3か月、
いえ、4、5か月に1回で結構なのです。

妻のあっさりとして、適量(つまり少量)の手料理が一番。
友人と一緒なら、ビールがあれば、後はなんでもいい。
料理よりも話を味わう方に心が集中してしまうからです。

コンタレックスのレンズはすべて、まさに偉大。
でも、敬して遠ざけさせていただいています。
by Sha-sindbad | 2011-09-03 15:44 | Planar50/2 | Comments(4)

76 カーテン (プラナー50mmF2は標準レンズの王様だった)



b0226423_1846502.jpg




まだ銀塩を楽しもうとお考えでしたら、
ぜひお勧めします。

プラナー50/2付きの安いコンタレックスを一度使ってみてください。

昔は、殿様カメラと言われて、大変に高価でした。
今では、誰も見むきもしませんから、かなり安くなっています。

私が使ったのは、コンタレックス・スーパーでした。
私は殿様カメラを使えるほど、裕福ではありませんでしたから、
今と同じ、超格安のおんぼろカメラを手に入れました。

その後、2度、落としたりして、オーバーホールをする度に、
ボディを新品同様のものに、まずボディを、ついで軍艦部を
付け替えてもらいました。
サービスなので、2回とも、ただでした。

ただほど安いものはないのたとえどおり、
幸せなプロセスで、
ほとんどキズ1つない、ぴっかぴかのカメラに生まれ変わりました。

専念、畏友が長年垂涎のディスタゴン25mmF2.8だけ手に入れて、
程度のよいコンタレックス、どこかにないかなと探しているのを知りました。
上記のように、ぜんぜん財布をいためなかったカメラなので、
ケチな私ですが、お世話になったお礼に差し上げました。

実は、別のカメラ、レンズにメインが移ってしまい、
    (そのメインレンズ、まだ、この「千夜一夜」に登場していません。
     いつか出したいのですが、この世で最高のレンズ、
     レンズ中のレンズ、私はそう信じている、
     いわば至宝、至上のレンズなので、
     いつか、機会を見て.......)
コンタレックスは完全な居候の身になっていたので、
本人も大喜びで転居してしまいました。

このコンタレックス・スーパー、レックスの中級機種ですが、
一番使い勝手がよいカメラではないかと考えています。

    露出計も見事に働き、シャッターが古今最高!
    絶対に手ぶれが起こりません。
    その「シャーッ」という玄妙なる作動音を聞いてしまったら、
    病みつきになること、請け合いのお宝カメラ。

その標準レンズの下位レンズがこのプラナー50/2。
マクロから無限遠まで、完璧なる画像をプレゼントしてくれます。
    
    マクロスイターやズミクロンとともに、史上最高の標準レンズ、
    私はそう信じています。

もちろん50㎜前後は、レンズ界屈指の激戦区です。
至高の名レンズは無数にあります。

でも、がっしりと魁偉なる、実在感に満ちた表現をお好みなら、
コンタレックスのレンズが最高ですよ。
by Sha-sindbad | 2011-08-28 18:53 | Planar50/2 | Comments(0)

29  能面 (コンタレックスのプラナー50/2は怨念までも写しちゃう)



b0226423_20584829.jpg




夢にも、美しい夢もあれば、悪夢もあります。
憧れが導いた夢もあれば、怨念にどっぷり漬かった夢もあります。

前回のダルメーヤーはやさしい夢にふさわしいレンズでしたが、
ツァイスの超弩級一眼レフ、コンタレックスの標準レンズが、プラナー50/2。
怨念を秘めた能面を写すにはぴったりのレンズです。

なぜ?
一眼レフの歴史上、最強のレンズ群。おそるべき描写力を誇りますが、
あんまり凄すぎて、蝋燭をナタの一振りで吹き消す、
そんな過剰性能に仰天し、辟易した記憶があります。

私の使用したボディはコンタレックススーパーでした。
半世紀経つのに、強靱なるメッキのボディは傷がほとんどつかず、
ピッカピカのままでした。
レンズもボディも写りも含めて、もうティーゲル戦車そこのけでした。

過去形で書いている理由、それは、
十年ばかり使ったものの、あんまり凄すぎて、
なんとかしたいと思っていたところへ、
親友が食指を動かしました。
これぞチャンス到来、親友が気が変わらないうちに、
さっと上げてしまいました。

もつべきものは、友です。
ありがたい....
by Sha-sindbad | 2011-07-12 21:20 | Planar50/2 | Comments(2)