レンズ千夜一夜

カテゴリ:UrtraWidePeral17.8mm( 15 )

1740 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 4-完-

いつもホロゴン15㎜F8Uを使って、15㎜の画角に慣れ親しんでいるので、
ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5を使うときは、
どうもホロゴンの感覚で撮るので、どうしても窮屈な写真になってしまう、
17.8㎜を使うとき、これがかなり邪魔になる。

こんな風に大まじめで嘆くと、
さすがにホロゴン使いは違う、と尊敬の眼差しで見てもらったり。
と、行きたいところですが、本人は全然その気がない。

いつもどう撮れるかはレンズ任せ。
そして、どう撮れようと、レンズの功績なんだから、
あまりよい結果が出なくても、平気。

近江八幡の旧市街に到達して撮れる写真は、また格別です。
このレンズ、頑張ってるな、というのが正直な印象。

レンズの専門家はどうしてもレンズ性能で評価するでしょう。
その評価基準は常に現代的な高性能レンズに求められるものだけ。
古代レンズの個性って、そうした性能からずっこけた部分が輝いている。
そんな感じがします。
ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5が現代的に見て高性能か、なんて、
私にはなんの関心もありません。

    私の心を沸き立たせてくれたら、そのレンズは良いレンズだ!





b0226423_21383761.jpg
b0226423_21382695.jpg
b0226423_21381539.jpg
b0226423_21385987.jpg
b0226423_21285421.jpg


b0226423_21284664.jpg


b0226423_21273536.jpg

b0226423_21272939.jpg

b0226423_2129166.jpg

b0226423_21285421.jpg

b0226423_21284664.jpg


b0226423_21283125.jpg


b0226423_21283125.jpg

b0226423_21281849.jpg

b0226423_21281085.jpg

b0226423_212836.jpg

b0226423_21275557.jpg

b0226423_21274837.jpg

b0226423_21274296.jpg

b0226423_21273536.jpg

b0226423_21272939.jpg

b0226423_21272159.jpg

b0226423_21271414.jpg

b0226423_2127613.jpg

b0226423_21265713.jpg

b0226423_21264959.jpg

b0226423_21261451.jpg

b0226423_212652.jpg

b0226423_21255961.jpg

b0226423_21255119.jpg

b0226423_21254437.jpg

b0226423_21253630.jpg

b0226423_2125294.jpg

b0226423_21252125.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-19 22:21 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1739 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 3


実のところ、私の生活はすでに写真から音楽へ傾きつつあります。
写真45%、音楽55%、というところでしょうか?

今日、とても面白い体験をしました。
4月に初心者コンサートにリコーダー合奏で出演します。
コンサート企画者である音楽家HMさんと合奏するのです。

一人でリコーダー吹いたりしたら、もう雪崩現象でしょう。
音楽家のサポートを受けて練習し、
音楽家のサポートを受けてコンサートで演奏できるから、
なんとか崩れずに終わりまで行けるというところです。

今回は、アルトリコーダーの合奏を2曲と、
二人とも一番好きなルネサンスのジョン・ダウランドの歌曲を1曲。

   Now, O Now I Needs Must Part' from you.

ダウランドの歌曲はもともと4部合唱です。
リコーダーにそのまま翻案した楽譜が販売されているのです。
私はリードボーカルにあたるソプラノを吹き、
HMさんが残りの3部から随時一番ハーモニーを出せるパートを吹きます。
低音部の記号で書かれたバスパートとでも瞬時に飛び移れるのですから、
これはプロならではの離れ業。

私の大好きなビデオがYouTubeにあります。
wa John Dowland | Now, O Now | Lute Song by Les Canards Chantants
(https://www.youtube.com/watch?v=5l6jF8v_Wus)
ちょっとドラマ仕立てです。
なんど見直したか分かりません。
その度にため息をついています。
「ああ、この時代の音楽が一番人間的だなあ。
人間の声がほんとうに生き生きと華開いていたなあ」
これをリコーダーで吹くのです。
巧く行くでしょうか?
無理でしょうねえ........
なんとかならないものかなあ........

今日思いつきました。
もしかすると、このビデオの演奏にソプラノリコーダーで合わせられるかも?
やってみると、どんぴしゃりの音程で、ぴったりと合います。
面白いですね、不思議ですね、下手な私のリコーダーがきりりと締まって聞こえ、
ぴたりと合うのですから、もう完全な至福の世界。

そこで、考えました。
このような素敵な演奏者たちのサポートがあると、
初めてたった1年のど素人のリコーダーでも、なぜか美しく響く!
その理由はなんだろう?

まず、正しいリズムと正しい音程、メロディーをサポートしてもらえる。
美しい響きの中に埋没することで、自分のリコーダーまでも美しく聞こえる。
そんなところでしょうか?
そうか、YouTubeで、こんな素人趣味にも使えるんだ!
これから、このビデオと合奏しながら、ダウランドの歌い方を勉強します。

すると、いつものように、連想が閃きました。
カメラやレンズもYouTubeのビデオやプロの音楽家と同様に、
ド素人の私をサポートしてくれているんだ!
そして、レンズのキャラクターに応じて、
私の写真を彩ってくれる。
レンズごとに独特の味わいを私の写真に加味してくれる。

カラオケをあざ笑い蔑んできましたが(あなたが大好きなら、失礼)、
なんだ、なんだ、私も同じサポートを受けているのでした。
だからと言って、カラオケ趣味をあざ笑うのはやめる、
なんてことにはなりそうにありませんが、
自分の写真がレンズに撮ってもらっているというこれまでの確信を、
さらに強固にすることができそうです。

今回のウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5もかなり独特の味わいで、
私のロボグラフィに喜ばしいサポートをしてくれています。
たった4枚で超広角の画角をカバーするという大胆な創作なので、
どうしても周辺減光が大きく、画像もちょっと崩れます。
レンズのうるさ型や専門家からは、必ずその指摘を受けていますが、
肝心の描写の面白さに関する指摘はほとんどありません。
だから、私としては、そんな指摘はたいていにしてくれと言いたくなります。
肝心なのは、素敵な写真を撮ってくれるかどうか?
レンズ独特の個性を持っているかどうか?
こちらじゃないの、そう言いたい。
そちらの方が遙かに大事なんですけどねえ。

私のように、癖だらけ、欠陥ごろごろの古代レンズに
サポートしてもらって、ロボグラフィを楽しんでいる人間に言わせれば、
このレンズ、文句なしに傑作です。
そのあたりを感じ取っていただければよいのですが...............





b0226423_2204989.jpg
b0226423_2204117.jpg
b0226423_2203441.jpg
b0226423_2202848.jpg
b0226423_2202089.jpg
b0226423_220134.jpg
b0226423_220640.jpg
b0226423_21595975.jpg
b0226423_21595325.jpg
b0226423_21593829.jpg
b0226423_21593112.jpg
b0226423_21592480.jpg
b0226423_21591687.jpg
b0226423_2159166.jpg
b0226423_21585454.jpg
b0226423_21584795.jpg
b0226423_21584067.jpg
b0226423_21583318.jpg
b0226423_21582793.jpg
b0226423_21582058.jpg
b0226423_21581354.jpg
b0226423_21587100.jpg
b0226423_2158173.jpg
b0226423_21575411.jpg
b0226423_21574529.jpg
b0226423_21573886.jpg
b0226423_21573163.jpg
b0226423_21572529.jpg
b0226423_21571892.jpg
b0226423_21571070.jpg
b0226423_215724.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-15 23:45 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1738 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 2


ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5のロボグラフィ、
どんどんアップしましょう。

近江八幡駅から日牟礼八幡宮に向かって進むコース。
案外に温かい。
今年は雪があちこちに残る程度なのですが、
そのおかげでロボグラフィが多彩になっています。

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5は、
ソニーα7用フォクトレンダーのMマウントリングのお陰で、
ぐっと近づけます。
例年よりも多彩なロボグラフィ収集の旅となりました。

と言っても、私のロボグラフィって、
「そんなもの撮ってどうするの?」というものばかり。
ほとんどの方にとっては、
「訳が分からない。ちょっとおかしいんじゃないの?」
そうお感じになるのは、人間がまっすぐできておられる方。

「ははーん、やってますな」
そうお感じになる方は、かなり屈折しておいでの方。
もの、情景は、写真になるとき、当然ながら、
三次元の存在から二次元に平面イメージに変身します。
そのついでに、さまざまなイメージの変容が起きる、
それが面白いとお感じになる方なのでしょう。

私にしてみたら、私のロボグラフィを他人がどう見るか、
なんて、知ったことじゃありません。
どうぞ、ご勝手に。

私としては、撮る前から、ロボグラフィたちは変身しています。
私がその瞬間感じたイメージどおりに写るのは、
私にとっては、下のロボグラフィ。
私が「わあ、そんな風に撮ってくれたの!」と、
手放しで感謝感激できたときが上のロボグラフィ。
今回の近江八幡でもそんな写真がぞろぞろ並びました。




b0226423_22492486.jpg
b0226423_22491689.jpg
b0226423_2249760.jpg
b0226423_2248599.jpg
b0226423_22485245.jpg
b0226423_22484170.jpg
b0226423_22483410.jpg
b0226423_22482784.jpg
b0226423_22482155.jpg
b0226423_22481513.jpg
b0226423_2248321.jpg
b0226423_22475727.jpg
b0226423_22475040.jpg
b0226423_22474474.jpg
b0226423_22473889.jpg
b0226423_22473220.jpg
b0226423_22472419.jpg
b0226423_22471871.jpg
b0226423_22471060.jpg
b0226423_2247495.jpg
b0226423_22465762.jpg
b0226423_22465143.jpg
b0226423_22464529.jpg
b0226423_22463958.jpg
b0226423_22463291.jpg
b0226423_22462644.jpg
b0226423_22461959.jpg
b0226423_22461374.jpg
b0226423_2246624.jpg
b0226423_22455876.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 23:42 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1737 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 1



現代における稀代のレンズ製作者、宮崎貞安さんのニューレンズ、

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5

さらに、試写結果を4回に分けてごらん頂きましょう。

ライカMマウントなので、大抵のカメラに使えます。
F8に絞れば、パンフォーカスで大抵のものが撮れます。
とにかく小さく、目立たないので、ストリートフォトには最適。

もっとも私は全レンズ、開放でしか撮りません。
開放で撮った場合に、レンズの癖が際だつので、
そのレンズに特有の描写を狙うことができるから。

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5の個性って、どんなもの?
それは写真を眺めて、ご自分でお確かめください。





b0226423_18141917.jpg
b0226423_18141290.jpg
b0226423_1814764.jpg
b0226423_181411.jpg
b0226423_181356100.jpg
b0226423_18135068.jpg
b0226423_18134381.jpg
b0226423_18133787.jpg
b0226423_18133280.jpg
b0226423_18132617.jpg
b0226423_18132079.jpg
b0226423_181314100.jpg
b0226423_1813788.jpg
b0226423_1813124.jpg
b0226423_181255100.jpg
b0226423_18124953.jpg
b0226423_18124245.jpg
b0226423_18123579.jpg
b0226423_18122938.jpg
b0226423_18122331.jpg
b0226423_18121797.jpg
b0226423_18121184.jpg
b0226423_1812213.jpg
b0226423_18115614.jpg
b0226423_18115032.jpg
b0226423_18114348.jpg
b0226423_18113752.jpg
b0226423_18113092.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 18:15 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1724 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 6-完-

本ブログでは珍しく、ニューレンズのシリーズが6回、合計180枚。
宮崎貞安さんの2016年最後の渾身の力作には、
それ位がふさわしいですね。

私の総括的印象としては、
超広角であることを意識しないで、気楽に撮れる街レンズ。
周辺光量がホロゴン風に落ちるので、主題を絞りやすいレンズ。





b0226423_0384787.jpg
b0226423_0383373.jpg
b0226423_0382530.jpg
b0226423_0381458.jpg
b0226423_038725.jpg
b0226423_0375936.jpg
b0226423_0375264.jpg
b0226423_0374380.jpg
b0226423_0373635.jpg
b0226423_0372191.jpg
b0226423_0371319.jpg
b0226423_037397.jpg
b0226423_036565.jpg
b0226423_0364982.jpg
b0226423_0364339.jpg
b0226423_0363597.jpg
b0226423_0362724.jpg
b0226423_036195.jpg
b0226423_0354346.jpg
b0226423_0353721.jpg
b0226423_0352521.jpg




絞り比較の3セットを並べてみました。
すべて開放から3絞り。
私には、やっぱり開放が個性的、という感じがしますが、
いかがでしょうか?


b0226423_034181.jpg
b0226423_0335933.jpg
b0226423_0335038.jpg



b0226423_0333121.jpg
b0226423_0332253.jpg
b0226423_033892.jpg



b0226423_0324416.jpg
b0226423_0323424.jpg
b0226423_0322561.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-26 00:41 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1723 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 5



私は自分のことがかなり分かっている方だと考えています。
だから、けっして買いかぶりをしません。

写真に関して言いますと、私はスナップショットなどできません。
私の目も頭もそんな風にはできていません。
ただ、なんでもないところで、なんでもない瞬間にシャッターを切る、
これが私のやり方。
フォトジェニックな瞬間を切り取りたいという意識がありません。
長い写真人生でそれに近い写真を撮ったことがなかったわけではありません。
でも、それらはすべて偶然の産物。
たまたまそうなったというだけ。

そんな私にとって、超広角レンズは絶好の伴侶。
この広い画面の隅々まで頭を働かせるなんて、無理。
だからこそ、私には気楽。
なんでもレンズに入って来るものは拒まないで、受け入れる。

人間の視野は大体110度くらいだと聴いたことがあります。
つまり、ホロゴンやウルトラワイドペラールの視角。
長い間、さまざまのレンズを使ってきましたが、
超広角レンズこそ、私の故郷だったようです。





b0226423_2326546.jpg
b0226423_23255964.jpg
b0226423_23255223.jpg
b0226423_23254311.jpg
b0226423_2325343.jpg
b0226423_23252727.jpg
b0226423_23252057.jpg
b0226423_2325136.jpg
b0226423_232568.jpg
b0226423_23245382.jpg
b0226423_23244681.jpg
b0226423_23243961.jpg
b0226423_23243147.jpg
b0226423_23242398.jpg
b0226423_232416100.jpg
b0226423_2324940.jpg
b0226423_2324274.jpg
b0226423_23235698.jpg
b0226423_23234994.jpg
b0226423_23234256.jpg
b0226423_23233391.jpg
b0226423_23232533.jpg
b0226423_2323181.jpg
b0226423_23231279.jpg
b0226423_2323553.jpg
b0226423_23224129.jpg
b0226423_2322235.jpg
b0226423_23215257.jpg
b0226423_23214559.jpg
b0226423_23213864.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-23 23:20 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1722 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 4


写真教室で聴きました、
近頃のデジタルカメラ写真を作品化するためには、
撮影の作業のはるかに何倍もの比重がパソコンでの作業にかかる、と。
私の丁度逆ですね。
パソコン作業はレベル補正だけ。

見事な水平垂直の風景写真をお撮りになる方に尋ねました。
「三脚はお使いですか?」
「いえ、そんなもの、使いません。
パソコンで水平垂直にちゃんと直せますので」
私が写真を始めた頃は、水平垂直の写真を撮るのは至難であり、
内容は別として、水平垂直でありさえすれば、好評、
という時代でした。
えらい、様変わりです。
皆さんの作品が定規で引いたように見事に水平垂直なのは、
パソコンソフトのお陰なのか?
なんだ、なんだ、というところです。

私はそんなもの使いません。
完全ノートリミングでなくなってしまうから。

ウルトラワイドペラール17mmF4.5は超広角なだけに、
水平垂直はかなり難しいですね。
だから、ちょっと歪んでいても、平気、
という解決法を採用。





b0226423_2328143.jpg
b0226423_2328618.jpg
b0226423_23272418.jpg
b0226423_23271728.jpg
b0226423_2327819.jpg
b0226423_2327138.jpg
b0226423_23265321.jpg
b0226423_23264571.jpg
b0226423_23263865.jpg
b0226423_23263232.jpg
b0226423_23262330.jpg
b0226423_23261591.jpg
b0226423_2326774.jpg
b0226423_23255912.jpg
b0226423_23255252.jpg
b0226423_23254585.jpg
b0226423_23253765.jpg
b0226423_23253118.jpg
b0226423_23252382.jpg
b0226423_23251593.jpg
b0226423_23251072.jpg
b0226423_2325285.jpg
b0226423_23245654.jpg
b0226423_23244940.jpg
b0226423_23244324.jpg
b0226423_2324366.jpg
b0226423_23242998.jpg
b0226423_23242330.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-19 23:58 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1721 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 3



新大阪駅でウルトラワイドペラール17mmF4.5を本気で使ってみました。
このレンズ、使えます!
まだまだあります。
まあ、ご覧下さい。





b0226423_22551662.jpg
b0226423_22551074.jpg
b0226423_22535266.jpg
b0226423_22534760.jpg
b0226423_22534055.jpg
b0226423_22533482.jpg
b0226423_22532987.jpg
b0226423_22532458.jpg
b0226423_22531873.jpg
b0226423_22531250.jpg
b0226423_2253619.jpg
b0226423_22525918.jpg
b0226423_22525453.jpg
b0226423_22524840.jpg
b0226423_2252413.jpg
b0226423_22523191.jpg
b0226423_22522359.jpg
b0226423_22521858.jpg
b0226423_22521220.jpg
b0226423_2252615.jpg
b0226423_2252099.jpg
b0226423_22515584.jpg
b0226423_22514913.jpg
b0226423_22514330.jpg
b0226423_22513792.jpg
b0226423_22513231.jpg
b0226423_22512597.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-18 22:58 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1720 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 2


ウルトラワイドペラール17mmF4.5については、
撮影に関する考えを改めました。

このレンズは、なんと言っても、現代のレンズなのです。
17ミリほどの超広角レンズに、ボケ味だの、マクロだのを求める、
これは一般的にはナンセンス。

超広角の活かしどころはパンフォーカス描写にこそあります。
宮崎さんご自身、レンズ設計段階で、17ミリをマクロ的に使用するなど、
夢にも考えず、設計にもそのようなコンセプトは盛り込まなかったのは当然。
だとすると、開放描写での平坦性を求めるなんて、ないものねだり。
レンズは最高に能力を発揮する場面で評価するのが正しい。

新大阪では、ときに開放も使いましたが、3対1の割合でF8に絞りました。
ホロゴンの15㎜とは僅かな差ですが、使いやすさは遥かに勝りそうです。
超広角を使いたい方にどんどん使って頂きたいレンズ。

どんどんご覧頂きましょう。




b0226423_1643258.jpg
b0226423_16425765.jpg
b0226423_1642495.jpg
b0226423_16424329.jpg
b0226423_16423682.jpg
b0226423_1642307.jpg
b0226423_16422368.jpg
b0226423_16421723.jpg
b0226423_1642102.jpg
b0226423_1642343.jpg
b0226423_16415637.jpg
b0226423_16414983.jpg
b0226423_16414256.jpg
b0226423_1641354.jpg
b0226423_16412928.jpg
b0226423_16412227.jpg
b0226423_16411349.jpg
b0226423_1641792.jpg
b0226423_1641045.jpg
b0226423_16405425.jpg
b0226423_16404786.jpg
b0226423_16404135.jpg
b0226423_16403573.jpg
b0226423_16402894.jpg
b0226423_16402023.jpg
b0226423_16401389.jpg
b0226423_164071.jpg
b0226423_1640082.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-17 17:37 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1719 新大阪(ウルトラワイドペラール17mmF4.5改めて試写)Part 1


17年1月14日土曜日、
RJ先生の二胡教室のため新大阪に参りました。
持参したセットは、
ソニーα7
ウルトラワイドペラール17mmF4.5

宮崎さんからお電話をいただいたのです。
性根を入れてお作りになった最新の超広角レンズについて、
前作のペラール21mmF4.5ほどの性能が出ていないのではないか、
とちょっと懸念されているのです。

私はレンズに関してまったく専門知識を持たず、
ただ使用感だけでレンズたちとつき合っています。
その基本理念は実に簡単です。
すべてのレンズに活かしどころがある。
だから、愛情を持ってつき合い、決して他のレンズと比較しない。

ペラール21mmF4.5がすばらしいレンズであることは、
本ブログの5つの記事で明らかです。
でも、ウルトラワイドペラールの方もこれに勝るとも劣らない。
まさに名玉であることを疑ったことはありません。
このレンズもすでに5つの記事を入れていますから、
ご覧いただければ、納得していただけるでしょう。
そこで、今回改め、持ち出して、検証してみたのです。






b0226423_1721434.jpg
b0226423_17213017.jpg
b0226423_17212342.jpg
b0226423_17211735.jpg
b0226423_17211089.jpg
b0226423_1721320.jpg
b0226423_17205668.jpg
b0226423_17204960.jpg
b0226423_17204165.jpg

c0168172_17115959.jpg
c0168172_17114853.jpg
c0168172_17114124.jpg
c0168172_17112689.jpg
c0168172_17112045.jpg
c0168172_17111210.jpg
c0168172_1711666.jpg

c0168172_17105875.jpg
c0168172_17105090.jpg
c0168172_17104597.jpg
c0168172_17103725.jpg
c0168172_17103181.jpg
c0168172_1710239.jpg
c0168172_17101752.jpg
c0168172_1710247.jpg
c0168172_1795557.jpg
c0168172_1794994.jpg
c0168172_1794211.jpg
c0168172_1793685.jpg
c0168172_1793041.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-15 17:25 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)