レンズ千夜一夜

カテゴリ:D.MeniscusAcromat63( 5 )

1514 西九条(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8は西九条も荒らしまくった)Part2



1月25日の西九条での撮影分の残りをご覧頂きましょう。
ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8は最後まで絶好調でした。

現代写真に見慣れた方には、ちょっと飲み込みにくい写真たちでしょう。
ボケているような、ボケていないような。
厚みがあるようで、それでいて、軽い。
要するに、つかみ所がない感じ。
私はそんな曖昧模糊とした雰囲気が好きですね。

私の写真はすべて私の個人的記憶であって、
パブリックな意味合いも意図もまるでないので、
ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8はまさに、
そんな私の気持ちにとてもしっくりとマッチしてくれます。

結局「レンズ千夜一夜」とは題しつつ、
当初は名レンズ白書のつもりだったのに、
さまざまな愛用レンズたちが私の記憶にどんな貢献をもたらしてくれるか?
その検証サイトとなってしまったようです。




b0226423_16582048.jpg
b0226423_16581457.jpg
b0226423_1658816.jpg
b0226423_1658327.jpg
b0226423_16575729.jpg
b0226423_16575120.jpg
b0226423_16574667.jpg
b0226423_16574146.jpg
b0226423_16573662.jpg
b0226423_16573159.jpg
b0226423_16572537.jpg
b0226423_16572028.jpg
b0226423_16571451.jpg
b0226423_1657916.jpg
b0226423_1657394.jpg
b0226423_16565764.jpg
b0226423_16565263.jpg
b0226423_16564545.jpg
b0226423_16564024.jpg
b0226423_16563466.jpg
b0226423_16562925.jpg
b0226423_16562455.jpg
b0226423_16541436.jpg
b0226423_1654831.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-12 17:07 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)

1512 西九条(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8は西九条も荒らしまくった)Part1


近頃、1910年代頃の3本にかかりきりですね。
今回のダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8
エルマジ20㎜F3.5
エルマジ95㎜f2.4
それぞれに少しずつ違うのが、いわば味噌。
みんなそっくりだったら、95㎜一本でよいはず。
でも、この3本、それぞれに慈しみたくなります。
その1本の写真を見ると、感じてしまいます、
もうこの一本でいいな!
でも、それができない。

生涯1本のレンズで撮り続けた人、いるでしょうか?
そんな人の写真はきっと腰が据わっていることでしょう。
一時、ホロゴンウルトラワイド一つでいい!
そう考えたこともありました。
でも、やっぱりできない。
きっと、私の人間の本質に問題があるのでしょう。

そう書きつつも、全然反省していない。
そんな理由の一つがここにあります。
ソニーNEX-5に付けると、実質、94.5mm。
まさにエルマジ95㎜f2.4と好一対。
硬軟両様のソフトレンズ。
運命のコンビかも知れない。

西九条での20分間に撮った写真を50枚選びました。
ロボグラフィの宝庫なのです。
2回に分けてごらん頂きましょう。





b0226423_11263774.jpg
b0226423_1126313.jpg
b0226423_11262663.jpg
b0226423_11262148.jpg
b0226423_11261235.jpg
b0226423_112678.jpg
b0226423_1126060.jpg
b0226423_1125552.jpg
b0226423_11255074.jpg
b0226423_11254465.jpg
b0226423_11253892.jpg
b0226423_11253264.jpg
b0226423_11252535.jpg
b0226423_11251831.jpg
b0226423_11251246.jpg
b0226423_1125676.jpg
b0226423_11245833.jpg
b0226423_11245223.jpg
b0226423_11244671.jpg
b0226423_11244022.jpg
b0226423_11243462.jpg
b0226423_1124284.jpg
b0226423_11242250.jpg
b0226423_1124174.jpg
b0226423_11241170.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-07 11:27 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)

1511 西大寺(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8がYMCAにやってきた)



前回に引き続き、ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8。
大和西大寺での撮影分をごらん頂きましょう。

なぜか新鮮、
なぜか存在感一杯、
でも、ソフト。
ますます気に入りました。




b0226423_11215484.jpg
b0226423_11214796.jpg
b0226423_11214030.jpg
b0226423_11213360.jpg
b0226423_11212722.jpg
b0226423_11212026.jpg
b0226423_11211386.jpg
b0226423_1121744.jpg
b0226423_1121086.jpg
b0226423_11205553.jpg
b0226423_11204985.jpg
b0226423_11204242.jpg
b0226423_11203687.jpg
b0226423_11202358.jpg
b0226423_11201734.jpg
b0226423_11201053.jpg
b0226423_1120423.jpg
b0226423_11195871.jpg
b0226423_11195273.jpg
b0226423_11194673.jpg
b0226423_1119408.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-05 11:23 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(2)

1508 文房具ファンタジー(ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8で企業スパイごっこ)



1月30日土曜日、うれしい日でした。
ヨドバシカメラに修理に出していたソニーα7が帰ってきた!

まったく理由なく、と、自分で思っているだけで、
なにか原因があったはずなのですが、
突然に壊れてしまったシャッター幕。
返却カウンターで対面。
病気は完治したようです。
3ヶ月の保証付きです。
人間の病気にもこんな保証をつけて欲しいですね。
「完治保証 
保証期間は生存全期間」
まず32ギガのSDカードと電池をセット。
4月30日までバンバン使いましょう。

そして、さっそくレンズをセット。
ダブルメニスカスアクロマート63mmF4.8
1910年代のレンズなのだそうです。
レンズ自身の直径がせいぜい19㎜、
鏡胴の大きさも直径25㎜、
ライカMマウント部を除く長さが50㎜、と、
63㎜の長めの標準レンズとしてはかなり小型。
使えば使うほどに、持てば持つほどに、
愛着のにじみ出て来る愛らしいレンズです。

カウンターから振り向いて、
近くのベンチで待っている男性を撮影。
見事に撮れました。
早速ヨドバシの地下2階、文房具売場を撮影。

このレンズ、絞ればさらに怪物ぶりを発揮しそうですが、
性格上、どうも絞りたくないので、
当分は開放専科で使います。

レンズの包みに付いていた輪ゴムをもらって、
絞りレバーをレンズに固定。
体裁の悪いことはしたくない、そんな気持ちで、
輪ゴムなどレンズに巻く人は少ないですね。
私は身なりも含めて、完全実質主義。
みすぼらしいけど、気になりません。
人にどう思われるか気にしないのが私の性格。

F4.8もあるのですから、被写界深度がかなりあって、
一見、ボケの効果など期待できないのですが、
実は文字通り朦朧状態で撮れます。
合焦部分も朦朧。
でも、拡大してみると、ピントの芯はしっかりとしている。
ソフトレンズとしての最適条件を満たしているという感じ。

エルマジ95mmF2.4で、私のレンズ歴は打ち止めにして、
これからは生活費も足しにするために、
ひたすら売却一方に、そう心に決めたのに、
このレンズには抵抗できませんでした。

まるで禅の境地に遊ぶような幽玄レンズ。
久々の愛機ソニーα7とともに、
すっと手になじみました。
なんだかヨドバシカメラをぐるぐる回るだけでも、
楽しいロボグラフィがどっさり撮れそう。
でも、企業スパイと間違われそうですね。
よしましょう。




b0226423_13321826.jpg
b0226423_13321368.jpg
b0226423_1332840.jpg
b0226423_1332313.jpg
b0226423_13315627.jpg
b0226423_13315086.jpg
b0226423_13314351.jpg
b0226423_13313862.jpg
b0226423_13313170.jpg
b0226423_13312699.jpg
b0226423_13312189.jpg
b0226423_13311680.jpg
b0226423_13311026.jpg
b0226423_1331543.jpg
b0226423_13305858.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-31 13:36 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)

1506 大王町で試写(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8って、一体何なのだ!!) 



親友のAKさん、おもしろいことを考えました。
レンズ特性をあれこれと考慮した末のことなのだそうですが、
そのあたりは私にはチンプンカンプンなので、
結論だけ書きますと、
ポケットブローニーベス単の単玉レンズ、
メニスカスアクロマート120mmF11を2つ組み合わせて、
ニューレンズを作ってみよう、そう思いつかれたのです。

8個だったか、10個だったか、ベス単を買い集め、
宮崎貞安さんに相性のよいレンズをテストしてもらって、
ライカMマウントレンズに仕立ててもらいました。
プロターがその典型ですが、2つ組み合わせて、
ドッペルプロターに仕立てると、
焦点距離、レンズの明るさ、どちらも半分になります。
同様の変身を遂げて、できあがったニューレンズは、
だから、たった2群2枚です。
この世にたった一本のレンズ!
私が命名したのですが、

    ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8

ソニーα7が修理中なので、ソニーNEX-5につけました。
おもしろいもので、実質126mmと、
オリジナルの焦点距離近くに戻りました。

開放値が暗いので、開放以外では撮れません。
液晶ファインダーが見えないからです。
開放値は暗いのですが、実質上望遠レンズなので、
ちゃんとぼけてくれます。
フレアもあって、実に素敵な画像をプレゼントしてくれます。

でも、その画像はなんだか不思議なのです。
大口径レンズじゃないのに、猛烈にボケます。
開放値はF4.8とかなり暗いのに、なぜかペアーピン。
でも、写りの印象は軽くはありません。
颯爽とした雰囲気はないんだけど、
もっさりと鈍重で、野暮ったいというわけじゃない。
要するに、はやりの言葉で、
「経験したことのない」描写をプレゼントしてくれます。

被写体を選ぶし、撮り方を選ぶのかも知れません。
これはもしかすると、絞り込んでこそ価値あるレンズかも知れません。
じっくりと付き合うだけのなにかを持っている、
ひとまず、そんな結論に達しました。




b0226423_18315368.jpg
b0226423_18314787.jpg
b0226423_18314166.jpg
b0226423_18313580.jpg
b0226423_1831222.jpg
b0226423_18311552.jpg
b0226423_1831265.jpg
b0226423_18305698.jpg
b0226423_18305046.jpg
b0226423_18304121.jpg
b0226423_18303194.jpg
b0226423_18302423.jpg
b0226423_18301819.jpg
b0226423_18301050.jpg
b0226423_1830340.jpg
b0226423_18295794.jpg
b0226423_18295149.jpg
b0226423_18294559.jpg
b0226423_18293878.jpg
b0226423_18293237.jpg
b0226423_18292550.jpg
b0226423_18292040.jpg
b0226423_18291480.jpg
b0226423_1829820.jpg
b0226423_1829243.jpg
b0226423_18284830.jpg
b0226423_18284247.jpg
b0226423_1828351.jpg
b0226423_18282936.jpg
b0226423_18282323.jpg
b0226423_18281671.jpg
b0226423_1828918.jpg
b0226423_1828230.jpg
b0226423_18275656.jpg
b0226423_18274747.jpg
b0226423_1827397.jpg
b0226423_182732100.jpg
b0226423_18272348.jpg
b0226423_1827151.jpg
b0226423_1827856.jpg
b0226423_18262672.jpg
b0226423_18261751.jpg
b0226423_18261091.jpg
b0226423_18255187.jpg
b0226423_18254386.jpg
b0226423_18253567.jpg
b0226423_18252716.jpg
b0226423_18251955.jpg
b0226423_1825118.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-29 18:36 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)