レンズ千夜一夜

カテゴリ:Hologon15/8U( 32 )

1797 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)3 楽しいこと


ネットサーフィンはできるだけしないようにしています。
真実性、正確性を保証されない資料集、なんて、
まったく頼りになりませんが、それを超えて、危険が一杯。
罠が至る所に仕掛けられた草原を歩くようなものですから。

「元気、長生きの秘訣はなんですか?」というようなフレーズ。
ちょっと心が動いて、次の頁。
「楽しいことばかりしよう!」というようなフレーズ。
大阪弁で言いますと、「あったりまえやないか!」ですね。

さらに、ニュースとなると、見ない方がいいですね。
腹が立つやつらの腹が立つ横暴専断ばかり。
この世界、お先真っ暗。
そこで、「元気、長生きの秘訣はなんですか?」には、
「新聞、テレビ、ネットニュースは見ない!」が模範解答。
でも、それじゃ生きていけない、ですって?
生きてるじゃないですか?
あなたがニュースを見ようが見まいが、
世界は動いていますよ、あなた抜きで、ね。
よしましょう、こんな記事じゃ、「楽しいこと」になりませんね。

暗い気持ちを吹っ飛ばしたかったら、写真を撮りましょう。
自分が一番撮りたい場所で、一番撮りたい写真を。
私の場合、極く単純ですね。
旅行なんか、まったく必要がない。
自分が居る場所、どこでも、そこが今一番撮りたい場所。

そして、ホロゴンが一番使いたいレンズ。
ホロゴン写真をざらっとご覧になって、いかがですか?
私はいつも思います、
自分の写真は昔と全然変わっていない。
レンズに撮ってもらっているんだから、
当たり前、か?
でも、少なくとも、これだけは言えます。
楽しいことばかりしていますね。
だから、私は長生きできそう。





b0226423_1822967.jpg
b0226423_182226.jpg
b0226423_1821516.jpg
b0226423_182686.jpg
b0226423_1811419.jpg
b0226423_181786.jpg
b0226423_181159.jpg
b0226423_1805414.jpg
b0226423_1804618.jpg
b0226423_1803946.jpg
b0226423_1803245.jpg
b0226423_1802593.jpg
b0226423_1801834.jpg
b0226423_1801219.jpg
b0226423_180468.jpg
b0226423_17595025.jpg
b0226423_17594274.jpg
b0226423_17593450.jpg
b0226423_17592798.jpg
b0226423_17591735.jpg
b0226423_1759921.jpg
b0226423_1759226.jpg
b0226423_17585370.jpg
b0226423_17584772.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-15 20:52 | Hologon15/8U | Comments(0)

1796 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)2 朴葵姫


生きていると、楽しいですねえ。
時々、ああ、この人にはかなわないなあ、
こんな人が居るなんて、人間って、凄いんだなあ、
そう思わせてくれる人に出会います。
ギタリストの朴葵姫(パク・キュヒ)さんもそんな一人ですね。
まず、2つ、聴いてみてください。

[HIT] 윤건의 더 콘서트 - 박규희(Park Gyu Hee) - 가짜 탱고.20150311
https://www.youtube.com/watch?v=2JHFn8dVwug

[온스테이지] 227. 박규희 - CHOROS NO1
https://www.youtube.com/watch?v=QRNq2wJ1RRQ&index=2&list=RD2JHFn8dVwug

私はギターも好きで、あれこれ聴いてきましたが、
ギター演奏のことなどまるで知りません。
他の楽器でも同様です。
私は音楽が好きななだけ。
楽器のこともその他音楽知識もほとんどありません。
専門的な知識を沢山蓄えておられる方がよく居られますが、
私はひたすらたった一つのフィルターだけで聴いてきました。
私の心を喜びと憧れで一杯にしてくれるかどうか?
これだけ。
昔から言われている「琴線を震わせる」って、それなのでしょう。
偉大、と言われている演奏家で、このフィルターにかからない人、
一杯います。
巧さではなさそうです。
言葉では説明できない、そんな心の働き。
強いて言えば、もって生まれた血のようなものかも知れません。
技術的にはもっと巧い人が一杯居るでしょう。
もっと難しい曲を難なく弾き切ってしまう人もいるでしょう。
でも、難曲であればあるほど、心に食い込んでくるでしょうか?
そんなことはありませんね。
結局、この音楽に出会って、私という一人の人間の心が震えた、
ただそれだけの極微、レアな現象に過ぎず、だからと言って、
この人が世界一流の音楽家であることを証明するわけでもない。
でも、そんなことはどうでもよいことですね。
私という一人の人間の心を震わせることができた、
ただそれだけで、この人は、私の音楽の殿堂の女神となる、
このことだけは間違いがない。
私の人生は、そんな「私の」芸術家たちとの出会いで彩られている、
だから、私は心を躍らせて生きることができる、
そう言っても過言ではないでしょう。
どうやら、大リーグの「野球の殿堂」のようなものが、
一人一人の心の中にも密かに聳えているのではないでしょうか?
音楽だけではありません、
あらゆる種類にアートの神たち、
私が出会った美しい心の人たち、生き物、光景、場所、もの、
そんな美しい現象のすべてが数限りなく収まっている、
「私の美の殿堂」
あなたにもちゃんとありますね。
そんな自分の美のコレクターになりましょうね。
この文章をお読みになった方がおられたら、思わずつぶやくでしょうね。
「おいおい、おいおい、どうかしちゃったの?
これが「レンズ千夜一夜」の記事かい?
レンズのことなんか、一言も出て来ないじゃないか?」
ご心配なく。
写真をご覧下さい。
ホロゴンに説明は要りませんから。
(真相は、2つの記事、どっちも区別なんか忘れてしまいました。
どうせ、私の心の日記なのです。
どちらに何を書こうと、私の今を記録する意味しかないのですから)




b0226423_23111622.jpg
b0226423_2311924.jpg
b0226423_2311456.jpg
b0226423_23105659.jpg
b0226423_23105022.jpg
b0226423_23104244.jpg
b0226423_23103598.jpg
b0226423_23102877.jpg
b0226423_23102051.jpg
b0226423_2310143.jpg
b0226423_2310620.jpg
b0226423_231009.jpg
b0226423_2395396.jpg
b0226423_2394615.jpg
b0226423_2393998.jpg
b0226423_2393287.jpg
b0226423_2392634.jpg
b0226423_2391923.jpg
b0226423_2391229.jpg
b0226423_239044.jpg
b0226423_2384059.jpg
b0226423_2383215.jpg
b0226423_2382611.jpg
b0226423_2381966.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-14 23:12 | Hologon15/8U | Comments(0)

1795 診療所で(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)1


2017年4月24日月曜日はちょっとした祝祭日でした。
診療所の医師から無罪放免を言い渡された日なのです、
「肺炎は一応治りました。
これ以上治療は不要です。
1ヶ月後にもう一度レントゲンを撮って、
肺の炎症が完治したかどうか確認しましょう」

5月6日までの2週間は遠出を慎み、安静療養するように、
厳しく言い渡されました。
でも、ちょっと用があって、奈良町に出かけたのです。
これは担当医の先生には内緒にお願いします。

ちゃんとバッグにはカメラを忍ばせていました。

   ソニーα7
   ホロゴン15㎜F8U

完治のお祝いはベストフレンドと祝いたい、という気持ち。
診療所ですでにお祝いを始めていました。
レントゲンを撮ってから、診察を待つ間、
ホロゴンで待合室を撮りまくりったののです。
ホロゴンマクロ、という新しい楽しみ方にかなり夢中。
まあ、変わった患者さんに見えるでしょうね。

ホロゴン15㎜F8U(ホロゴンウルトラワイド)で、
マクロを楽しんでいる人間は世界中に数える位でしょう。
ソニーα7とフォクトレンダーのMマウントアダプタのお陰。
ホロゴンも私も喜んでいます。

ホロゴンの気持ちがどうして分かるの?
という質問者には、こうお答えしましょう。
ホロゴンと私とは一心同体なので、
(大阪弁で)
わからいでかあ!




b0226423_119920.jpg
b0226423_119236.jpg
b0226423_1185573.jpg
b0226423_118487.jpg
b0226423_1184277.jpg
b0226423_1183513.jpg
b0226423_1182784.jpg
b0226423_118217.jpg
b0226423_1175630.jpg
b0226423_1174971.jpg
b0226423_1174351.jpg
b0226423_1173622.jpg
b0226423_1172928.jpg
b0226423_1172238.jpg
b0226423_1171562.jpg
b0226423_117918.jpg
b0226423_117234.jpg
b0226423_1164626.jpg
b0226423_1163999.jpg
b0226423_1163332.jpg
b0226423_1162354.jpg
b0226423_11616100.jpg
b0226423_116657.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-14 15:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1773 危機を脱する(点滴の行き帰りには一番楽なホロゴンにしてみた)


月曜日から続いた肺炎治療も、運が良ければ、今日が最後。
終わったら、近鉄奈良駅までバスで出て、図書館に行こう、
そんな計画を立てて、バッグに忍ばせたのは、私のベストカップル。

    ソニーα7
    ホロゴン15㎜F8U

まず、レントゲンを撮り、無事点滴も済み、診察室に。
先生、2枚のレントゲン写真を並べて、

  「かなり肺の調子は回復しました。
  でも、もう一回、明日点滴しましょう。
  月曜日には血液検査をして、最終チェックをします」

ああ、もう一回で済むのなら、しかたないな。
先生、私の裏の計画を見抜いたかのように、

  「これほどひどい肺炎はあまりお目にかかったことがありません。
  その責任はみんなあなたにあります。
  自己管理をちゃんとしていない。
  (28.5度もあるのに、朝から晩までの外出を2日続けた!)
  肺炎は目立った症状なしに進行します。
  日々の生活をしっかりと健康的なものにしていたら、
  防げたかも知れません。
  昔なら、40日間入院隔離を当然指示するケースです。
  あと2週間は絶対安静をしてください。」

「奈良町あたりに散歩するのは?」

  「散歩は家の近くを半時間だけにしてください」

がっくり。
「でも、とても回復が早かった感じがするのですが....?」
と、私。
レントゲンはたった4回の点滴を処置した効果です。
ひどい肺炎がたった4回でほとんど治るものでしょうか?

  「そうですね。早かったですね。
  ウィルス性肺炎だったら、ぜんぜん効果がなかったのですから」

受付の女性にそっと尋ねてみました、

「とっても効果的な治療で、先生、とても良い先生みたいですね?」

女性、にっこり笑って、

  「名医として知られている先生です」

名医に巡り会えたのは幸運でした。
そこで、先生の指示にどこまでも従うこととして、
図書館行きは中止して、帰宅しました。

でも、ホロゴンは、往き30秒、還り3分だけそっと使わせて頂きました。
そのほとんど全部の写真を並べてみます。
私がホロゴンで撮りたいものの一つがタペストリーみたいな写真。
「タペストグラフィ」と命名しています。
そんな写真ばっかり撮れました。

ホロゴンウルトラワイドから抜き出したホロゴンは、
私にとっては、眼そのもの。
私の視界全部を写真にしたい、
そうだからこそ、私の体験の忠実な記憶になれる、
私はそう信じているからです。





b0226423_18145595.jpg
b0226423_18143625.jpg
b0226423_1814281.jpg
b0226423_18142182.jpg
b0226423_18141557.jpg
b0226423_1814883.jpg
b0226423_1814035.jpg
b0226423_18125279.jpg
b0226423_18124631.jpg
b0226423_18123436.jpg
b0226423_18122078.jpg
b0226423_18113287.jpg
b0226423_18112483.jpg
b0226423_18111612.jpg
b0226423_18111018.jpg
b0226423_1811411.jpg
b0226423_18105658.jpg
b0226423_18104513.jpg
b0226423_18103880.jpg
b0226423_18102976.jpg
b0226423_18102154.jpg
b0226423_18101484.jpg
b0226423_1810719.jpg
b0226423_1895960.jpg
b0226423_1895074.jpg
b0226423_1894163.jpg
b0226423_1893468.jpg
b0226423_1892657.jpg
b0226423_189174.jpg
b0226423_1891010.jpg
b0226423_189262.jpg
b0226423_1885586.jpg
b0226423_1884783.jpg
b0226423_1883866.jpg
b0226423_1883093.jpg
b0226423_188228.jpg
b0226423_1881462.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-21 20:01 | Hologon15/8U | Comments(0)

1736 ユニバーサルシティ(ホロゴン15㎜F8Uが駅界隈をさっとスウィープ)


ホロゴンウルトラワイドを手に入れて20年、
この15㎜レンズをこよなく愛してきましたが、
それまで21㎜レンズさえも使いこなせなかった人間が
どうして15㎜レンズに深くはまり込んでしまったか?
これは、当の本人にも謎。

分かっていることは、私の直感、これ一つ。
カメラのマツバラ光機で出会った瞬間、
このカメラ、僕を待っていてくれた!

使いこなしなどできると考えたことはありません。
ただ、ただ、馴染むこと、これだけ。
ただ、ただ、使い込むこと、これだけ。

思う存分使いこなせるレンズって、私が思うに、
大したことはないのです。
思うように使いこなせないからこそ、
レンズが私になにかをプレゼントしてくれます。
それは一種の賜物です。
ひたすら感謝して受けとるだけ。

一種の運命、私はそう信じています。
生涯に掛け替えのない人、ものに幾度か巡り会うことができました。
あなたもそうでしょう?
そんな巡り会いって、
いつも髪の毛一筋のチャンスが恵んでくれた幸運、
そうではありませんか?
そして、ひたすら感謝するほかはない、
そうではありませんか?





b0226423_182870.jpg
b0226423_181417.jpg
b0226423_18738.jpg
b0226423_18141.jpg
b0226423_165972.jpg
b0226423_165255.jpg
b0226423_164233.jpg
b0226423_163584.jpg
b0226423_162995.jpg
b0226423_161871.jpg
b0226423_161126.jpg
b0226423_16454.jpg
b0226423_155733.jpg
b0226423_155215.jpg
b0226423_154570.jpg
b0226423_153083.jpg
b0226423_152110.jpg
b0226423_151340.jpg
b0226423_15577.jpg
b0226423_145612.jpg
b0226423_144933.jpg
b0226423_144181.jpg
b0226423_143399.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 02:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1727 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 1


ちょっと思い立って懐かしのキーボードを購入しました。
Happy Hakking Keyboard Professional 2 英語版

長い間28インチシネマディスプレイ、マックプロを使う私の伴侶でした。
でも、どちらもなぜか一緒に逝ってしまい、キーボードだけ残りました。
職場で使っていたMacBook Airの伴侶となりした。
でも、十年以上経ったせいでしょう、接続部分がダメになってしまい、
あえなく引退。

その後、6、7年、MacBook Airのキーボードで我慢してきました。
滑らかなタッチで感触は悪くありません。
でも、Happy Hakking Keyboardのタッチの感触には敵わない。
長年使ってきたキーの間隔より微妙に狭いせいでしょうか、
ミスタッチも増えました。

今日帰ってきた懐かしのキーボード、やっぱり最高。
キーボードを意識せずに文章を書ける!
今気がつきました。
Happy Hakking Keyboard、お前は書斎のホロゴンだった。

そこで、私の隠れた伴侶の帰郷を祝って、
ホロゴンウルトラワイド時代のホロゴン写真を何回か並べましょう。
銀塩ホロゴンはコクのある描写と類い稀な立体感が際だっています。
思えば、私の在職時代の15年間は、ホロゴンウルトラワイドと
Happy Hakking Keyboardと一緒に生きた時代でした。





b0226423_22301536.jpg
b0226423_223073.jpg
b0226423_2230074.jpg
b0226423_22295379.jpg
b0226423_22294666.jpg
b0226423_22293962.jpg
b0226423_22292352.jpg
b0226423_22291767.jpg
b0226423_22291183.jpg
b0226423_2228584.jpg
b0226423_22284648.jpg
b0226423_22283936.jpg
b0226423_22283368.jpg
b0226423_22282639.jpg
b0226423_22282091.jpg
b0226423_22281245.jpg
b0226423_2228689.jpg
b0226423_22275852.jpg
b0226423_22275212.jpg
b0226423_22274087.jpg
b0226423_22273315.jpg
b0226423_22272544.jpg
b0226423_22271933.jpg
b0226423_2227129.jpg
b0226423_2227580.jpg
b0226423_22265856.jpg
b0226423_22265129.jpg
b0226423_22264381.jpg
b0226423_22263724.jpg
b0226423_22262957.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-31 23:23 | Hologon15/8U | Comments(0)

1677 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 2


今日は、フェスティバルホールでのコンサートです。

  ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル

曲目は以下のとおり。

  バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
  サン=サーンス:オペラ「サムソンとデリラ」より、アリア「あなたの声に心は開く」
  ドビュッシー:ミンストレル(前奏曲集第1集より12番/マイスキー編)
  ピアソラ:グラン・タンゴ
  フォーレ:エレジー op.24
  フランク:ソナタ イ長調(原曲=ヴァイオリンソナタ)

実はフェスティバルホールはおそらく10年ぶり。
巨大すぎて、私にはイベント会場としか思えないからです。
でも、このたび改装リニューアルなって、
妻が一度体験して、一階ボックス席の音響効果は良かった、
という報告で、それじゃ、行ってみようかということになりました。

でも、3000人収容なのだそうです。
チェロリサイタルを3000人で?
と、実はまだ半信半疑。
どんな楽器にもふさわしい器がある、そう私は考えています。
フェスティバルホールは、結局その名前にふさわしく、
お祭り、イベント的なコンサート用なのではないでしょうか?
今晩をこれを確認するために参ります。
もちろんマイスキーの円熟の境地もたっぷり味わうつもり。

そこで、また、我田引水。
写真にも、人それぞれにふさわしい見せ方があるのでは?
その意味で、見る人を激しく選んでしまう、と言いたいところですが、
有り体に言えば、たいていの人にはつまらないとしか思えない、
そんなロボグラフィにはまさにブログがふさわしい、
私はそう感じて、よい器を見つけたものだと満足しています。
今回のホロゴン写真なんか、その極致、典型ですね。
一口で言えば、「ナンジャコレグラフィ」




b0226423_15251392.jpg
b0226423_1525596.jpg
b0226423_15245997.jpg
b0226423_15245244.jpg
b0226423_15244541.jpg
b0226423_15243972.jpg
b0226423_15243131.jpg
b0226423_15242430.jpg
b0226423_15241764.jpg
b0226423_15241152.jpg
b0226423_1524284.jpg
b0226423_15235640.jpg
b0226423_15235046.jpg
b0226423_15234339.jpg
b0226423_1523364.jpg
b0226423_15233048.jpg
b0226423_15232448.jpg
b0226423_15231781.jpg
b0226423_1523442.jpg
b0226423_15225391.jpg
b0226423_15224790.jpg
b0226423_15224196.jpg
b0226423_1522447.jpg
b0226423_15214346.jpg
b0226423_15213469.jpg
b0226423_1521281.jpg
b0226423_15211851.jpg
b0226423_15211143.jpg
b0226423_1521395.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-18 16:17 | Hologon15/8U | Comments(0)

1676 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 1



「ダイヤモンドに目がくらみ」ではありませんが、
どうも「ニューレンズに目がくらみ」という事態がよく起こり、
伴侶のホロゴン同伴の外出が遠のきがちですね。
いけませんね。

   ホロゴン15㎜F8U

使ってみる度に、その凄さに仰天してしまいます。
もちろん銀塩の時代の描写とは違います。
銀塩のホロゴンウルトラワイドで撮ると、もっと立体感があります。
鋭角的に過ぎるデジタル臭さもなく、とにかく自然でした。
「昔を今に成すよしもがな........」ですね。
2回に分けてご覧下さい。




b0226423_23272286.jpg
b0226423_23271412.jpg
b0226423_232775.jpg
b0226423_23245721.jpg
b0226423_23243593.jpg
b0226423_23242858.jpg
b0226423_232421100.jpg
b0226423_232415100.jpg
b0226423_2324874.jpg
b0226423_232417.jpg
b0226423_23234330.jpg
b0226423_23233757.jpg
b0226423_23232946.jpg
b0226423_23231471.jpg
b0226423_2323133.jpg
b0226423_23225632.jpg
b0226423_2322472.jpg
b0226423_23223927.jpg
b0226423_23222510.jpg
b0226423_23222058.jpg
b0226423_23221353.jpg
b0226423_2322897.jpg
b0226423_2322396.jpg
b0226423_23215628.jpg
b0226423_23214547.jpg
b0226423_23213872.jpg
b0226423_23212970.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-17 23:28 | Hologon15/8U | Comments(0)

1550 加速(ホロゴン15㎜F8Uは秋田角館2日目もご機嫌だった)



4月2日土曜日、秋田の旅の2日目。
午前中は近くの町大曲で撮ることにして、
電車の出発時刻まで駅近くをぐるりと一巡。

脇道から高校生らしい大きな男が自転車で飛び出してきました。
私の脇をすり抜けて、左折しようとカーブを描きました。
その軌跡と私の導線がかなり接近しました。

私はホロゴン15㎜F8Uの付いたソニーα7を右手にぶら下げていました。
私の足に接するままのスタイルで、
最近接点をかすめた高校生をノーファインダーで撮りました。

高校生は道路西側、自車線を上ってくる車両の有無を回避するために、
顔を右に向けた瞬間です。
どう撮れるかなんて、レンズ任せの風任せ。
ホロゴンって、信頼すると、応えてくれるものですね。




b0226423_21161715.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-02 21:18 | Hologon15/8U | Comments(0)

1435 我が母校(ああ、大阪府立豊中高校のこと、卒業以来一度も考えたことがなかったなあ)




b0226423_11449100.jpg





あなたはご自分の高等学校のことを思い出しますか?
私は思い出したことがほとんどありません。

懐かしさで一杯になりますか?
とんでもない。
思い出さないので、懐かしさもなにもあったものじゃない。

顔を覚えているのは、たった二人。
じゃ、寂しいか?
とんでもない。
思い出す方が寂しい。

受験校だったから、というわけでもありません。
そもそも私は教えられること、課題をすること、これが大嫌い人間。
束縛されること、強制されることは物心ついてからずっと嫌い。
なんでも自分で勉強して、いつしか理解し、できるようになる、
ルールは自分で決める、
そんな人間だからです。

こういう人間は社会のヒエラルキーの上に昇ることがありませんね。
いつも、外に離れている。
一生、そうして生きてきたようです。
写真にもそれが現れているのでしょう。
だから、誰も近づこうとしない。

10月19日、その忘れていた母校を尋ねました。
普段撮らない撮り方を思わずしてしまっている。
私の写真は中心が一番近いのが原則。
超広角レンズの標準的な写真は中心が一番遠いようです。
そんな標準的な撮り方をしてしまっている。
自分から退いている、そんなスタンスが現れてしまったようですね。
by Sha-Sindbad | 2015-10-21 11:46 | Hologon15/8U | Comments(0)