レンズ千夜一夜

カテゴリ:E.Anastigmat60/4.5( 1 )

1316 美少女 (エンラージングアナスティグマート2.4"mmF4.5もメタモルレンズかも?)



3本1万円で落札したダルメイヤーの引き伸ばしレンズ中、
一番焦点距離の短いレンズ、それが、
Enlarging.Anastigmat60/4.5

M42→Nexマクロマウントアダプタにそのままセットして、
ようやく45㎝ほどの一点にだけピントが合います。

今日子供達(猫ですが)の昼食を用意したときのことです。
末っ子のピッピはさっさと自室に入って、がつがつがつ....
私の部屋でいつも食事を取る姉の静が姿を見せません。
賢い猫が姿を隠すつもりになったら、絶対に見つかりません。
でも、今は自分でも昼食時間を分かっていますから、
隠れたりはしません。
いつもいる安息所にいるにきまっています。
安息所は押し入れの中、タンスや書棚のてっぺん、
そういった高いところです。

弟のピッピはシャム猫系なのですが、
なぜか高いところが苦手。
おそらく逃げるときはどこへでも飛び上がるのでしょうけど、
自分からよじ登ろうという気持ちにならないようです。
だから、お姉ちゃん、そっと静かに休みたいときは高所に。
案の定、2階の押し入れの中にゆったりと寝そべっていました。
声をかけても、「今はいいの」という風情。

思いついて、このレンズを持ち出して、開放F4.5で撮りました。
靜の美しさを十分表現してくれたとは思いませんが、
光があまりない暗所でもこれだけ写るのです。
レンズの素性の良さだけはちゃんと立証しているのではないでしょうか?

ジャンクものそこのけの廉価の理由は次のようなものでは?
①製品量が多い。
②レンズ改造をしないと、使えない。
③ちゃんと写ることを知らない。
ありがたいことです。

ついでに、と言っては失礼ですが、
至高のヴァイオリニストの一人チョン・キョンファさんの写真、
ザ・シンフォニーホールのパンフレット写真ですが、
私の書斎のいつも目に見えるところに置いているものを、
ちょっと長めのシャッターで、カメラをちょっとずらして撮ったもの。
この写真と静のポートレートとの対比がちょっと面白いので、
続けて掲載させていただきました。

なぜか?
よくご覧下さい。
このお二人、目がそっくりではありませんか?
内面に漲る自信と、
どんな難関にもたじろがない賢明さ、
この2つを合わせ備えていることを物語っているのでは?




b0226423_175369.jpg
b0226423_17525915.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-04-27 18:01 | E.Anastigmat60/4.5 | Comments(2)