レンズ千夜一夜

カテゴリ:LionelHughes125( 1 )

1267 接吻  (L.HughesPetzval200㎜が我が家にお輿入れなされた)

私が落札した最初のペッツヴァールが今朝届きました.

ラック&ピニョンの部分だけメッキが残り、
レンズ本体は地肌だけというような感じの古びたレンズ。

    無名のレンズです。
    約3万円で落札しました。
    無名にしては高いかもしれないなと思っていたのですが、
    でも、なんと美しいレンズでしょうか?

売主はLionel Hughesなので、
彼に感謝する気持ちを込めて、仮称は、

    L.HughesPetzval200㎜

ウフフと一人笑いながら、
ソニーα7にメオスティグマートのボール紙鏡胴を付け、
その空洞にレンズ底部を付けてみました。

    鏡胴の長さは135ミリレンズを超えます。
    あれっ? フォーカスしません。
    1㎝ばかり離して、ようやくかろうじて合焦しました。

分厚いブルーのタオルを巻いて光線を遮断して、
中空でバラバラに離れたぐらぐらレンズで1枚撮りました。

    およそ125ミリと記載がありましたが、とんでもない、
    200㎜以上の望遠レンズ!

F値は不詳ですが、F3.5は間違いなくありそうな、明るい玉。
ホロゴン使いの私がなにを血迷って、ここまで踏み込む?

その画像が1枚目。
そこで、次に、メオスティグマートのボール紙鏡胴と
L.HughesPetzval200㎜を連結するように、固い紙を巻きました。
すると、L.HughesPetzval200㎜はその紙の胴の中を前後でき、
しかも一応遮光されました。
  
    即席200㎜鏡胴ができあがり。

この状態だと、とても軽い望遠レンズ。
撮りやすいこと、この上もない感じ。
さっそく撮った中から5枚選んでみました。




b0226423_15201169.jpg

b0226423_22532374.jpg
b0226423_22531556.jpg
b0226423_2253792.jpg
b0226423_22525830.jpg
b0226423_22524996.jpg



なかなかの描写ではありませんか?

    ほとんどぐるぐるボケはでていませんが、
    大型フォーマット用レンズであるために、
    35㎜判ではレンズの中心部だけしか使わないせいでしょうか?
    
オークションでは、こんな触れ込みでした。

Antique Petzval brass lens suitable for Daguarreotype, wet plate etc.

    19th century brass barrelled genuine Petzval type lens with cemented pair of lenses
    at the front and air spaced positive and negative lenses at the rear
    for that vintage Petzval effect in large format photography.
    Focal length 5 inch (12.5 cm.) approx. Smooth rack and pinion focussing.
    A few tiny scratches and pis to the outer lens surfaces
    (invisible to the naked eye- only visible with a jewellers loup.)
    Will have no effect on optical performance.
    Otherwise glass is clear with no chips, haze or fungus,
    The brass barrel patinated as shown but could be polished if desired.
    The outer barrel and focussing pinion are nickel plated brass.

    Dimensions:
        Ext. Dia. of main barrel: 53 mm. (2.08 inch)
        Ext. Dia. of outer barrel: 55.6 mm. (2.19 inch)
        Dia. of mounting thread: 57 mm. (2.24 inch)
        Dia. of front shade or filter thread: 52 mm. (2.04 inch)
        Visible dia. of front lens glass: 40 mm (1.56 inch)
        O/A length 87 mm. (3.43inch)
        Weight with flange: 0.42 kg. (0.93 Lb.)

クリムトの「接吻」、大好きなのですが、一つだけ不満。

    恋人たちの肌がやや不気味で、
    まるで死相をたたえているかのよう。
    でも、L.HughesPetzval200㎜なら、
    ハッピーエンドの予感を演出してくれます。

これは使いたいレンズ。

    ヤシカコンタックス時代はこう見えても、なにを隠そう、
    オリンピアゾナー180mmF2.8が私の主力レンズでした。
    たしか900グラム以上ある大砲のように重いレンズでしたが、
    軽々と扱っていたものです。

    私もそれからかなり歳を取りましたが、
    畏友のRAさんなど81歳なのに、やはり900グラムを超える、
    フォクトレンダーの史上初のズームレンズ、
    ズーマー36/82mmF2.8をキャノンイオス1Nに付けて、
    見事な写真を撮られます。

    遙かに若い私がくじけてなるものか?!
by Sha-Sindbad | 2015-02-23 15:29 | LionelHughes125 | Comments(2)