レンズ千夜一夜

カテゴリ:Coral45/1.9( 1 )

1245 美章園高架下商店街 (コーラルH45mmF1.9はまるでノクトン)



アイレス写真機製作所が1959年発売したレンジファインダーカメラが、
アイレスバイカウント(Aires Viscount)
そこに付けられたレンズは、

    コーラルH45mmF1.9。

当時一流だったフォクトレンダーのプロミネントに対抗する、
日本製だったようです。
レンズもノクトン50mmF1.5に対抗して、F1.5まで用意されたようです。

畏友RAさんからお借りして使ってみました。

    ライカMマウント改造版です。
    まるでノクトン50mmF1.5そっくりに華麗で切れがいい。
    
このあたりの日本製レンズの性能は、
なかなかどうしてドイツ製に負けていません。

    レンズに堪能な写真家なら区別できるのかも知れません。
    でも、コーラルとノクトンの写真をランダムに見せられたら、
    両レンズの写りの差を判別できる人がどれだけいるでしょう?

    昔、ヤシカコンタックスのツァイスレンズが評判をとったとき、
    写真を見て正確に判別できたのは林忠彦さんだけだった、
    というお話を聞いたことがあります。

コーラルH45mmF1.9も、堂々たる標準レンズですが、
今では知る人ぞ知る、マイナークラシックの位置に甘んじています。

    日本製であることが邪魔をしたかも知れませんね。
    私の印象は、ノクトンと比べると、やや立派すぎる写り。
    ほとんど完璧な描写力。
    私のように、破綻だらけのレンズに魅力を感じる人間には、
    破綻がないのが、どこか物足りないという感じ。

これは当時の他の日本製クラシックレンズと共通している不満。

    独仏英のレンズたちが見せてくれるような、
    はじけるような閃き、きらめきをどこかに感じる、
    そんな遊び、余裕が心をくすぐります。
    そんな気配がみじんもない、というのはちょっと残念。




b0226423_15394054.jpg
b0226423_15393520.jpg
b0226423_15392873.jpg
b0226423_15392320.jpg
b0226423_15391610.jpg
b0226423_15391019.jpg
b0226423_1539479.jpg
b0226423_15385825.jpg
b0226423_15385279.jpg
b0226423_1538472.jpg
b0226423_15384162.jpg
b0226423_15383698.jpg
b0226423_15383195.jpg
b0226423_15382490.jpg
b0226423_15381746.jpg
b0226423_15381153.jpg
b0226423_1538592.jpg
b0226423_15375968.jpg
b0226423_15375315.jpg
b0226423_15374716.jpg
b0226423_1537415.jpg
b0226423_1537351.jpg
b0226423_15372920.jpg
b0226423_15372493.jpg
b0226423_15372079.jpg
b0226423_15371349.jpg
b0226423_1537068.jpg
b0226423_15365465.jpg
b0226423_1536488.jpg
b0226423_15364344.jpg
b0226423_15363643.jpg
b0226423_15362866.jpg
b0226423_15362299.jpg
b0226423_15361632.jpg
b0226423_1536830.jpg
b0226423_1536237.jpg
b0226423_15355570.jpg
b0226423_15354952.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-28 15:43 | Coral45/1.9 | Comments(5)