レンズ千夜一夜

カテゴリ:Fujinon23/2( 1 )

1064 快投(フジノン23mmF2はやはり銀塩調に近い描写で一応及第)



b0226423_23294089.jpg






6月14日、2人目の孫が誕生しました。
あらかじめ女の子だと分かっていたので、
カメラを1つ新調しました。
私のような人間には考えられないような選択。

    FUJIFILM X100

    フジノン23mmF2というアスフェリカルレンズが付いています。
    パラメータの設定範囲が広く、かつ、
    できるだけ銀塩に近く、ニュートラルに撮れる現代カメラ、
    という条件を考えて、FUJIFILM X-Pro1の弟分のこれにしました。
    FUJIFILM X-Pro1と同じような最低の設定で使っています。

娘が孫たちを連れて里帰りして、産後の静養。
私たち夫婦も朝から晩まで休む暇なし。
2歳7か月のお兄ちゃんを散歩させるのが日課になりました。

    近くの神社境内を散策しました。
    孫は石ころ、松ぼっくりを手当たり次第投げ続けました。
    
シャッターボタンの押し方に工夫が要るようで、
ときにはシャッターが下りないこともあります。
ニコン製ソフトシャッター(超大型)を付けてみました。
まったく問題なく使えます。

    いくらパラメータを最低にしても、かなり高画質。
    でも、ロボグラフィの撮影に使うわけでなし。
    孫の生き生きとした動きを撮るには不足のないレンズ。

お兄ちゃん、かなりの運動神経の持ち主です。

    シャワーを浴びた後、風呂場から脱衣場の足ふきマットまで、
    約40㎝ほど、両脚を揃えてピョンとジャンプします。
    
    浴槽で2人で対面して遊んでいました。
    お湯を張った洗面器にイルカ人形を入れておいて、
    勢いよく水面から持ち上げて、イルカを落とします。
    イルカは生きているかのように一旦潜り、
    それから反転して、水面を破って飛び出します。

    孫大喜びをしたのですが、3度目のことです。
    私が洗面器を持ち上げようとした瞬間、
    さっと両手を伸ばして洗面器の縁を押さえました。
    頭に閃いたいたずらを次の瞬間には実行できるのです。
    その両手のスピードはただならぬほどに素早いものでした。

夜、12時近くになっているのに眠らないで、遊んでいます。

    パパが言いました、
    「あんまり遅いので、ママが怒ってるよ」

    孫、すかさず、
    「怒ってるんじゃないよ、心配してるだけ」

親の気持ちを適確に察知できるうえ、適確に言語表現できる。
人の気持ちを察する力量はかなりのものです。

    カウンセラーがよいのかな、などと思ってしまいます。
    なんという爺バカ!
    それにしても、ますます、このレンズで記録しておかなきゃ。
by Sha-sindbad | 2014-06-30 23:32 | Fujinon23/2 | Comments(2)