レンズ千夜一夜

カテゴリ:Elmar35mmF3.5( 8 )

1759 新大阪(エルマー35㎜F3.5なら急ぎ足でもなんとか撮れるようだ)


毎月1回の劉継虹先生の二胡レッスンは、
私にとっては、喜びであり、ヴォルガの舟歌でもあり、というところ。

朝9時半にJR新大阪駅に到着してから、
夕方先生を新幹線駅までお送りするまで、
身体を使う仕事は全部私が担当なのですから、
とくに今回のように3時間半の講習会を挟むと、
そのテーブル、椅子の設定から譜面台の調達、運搬まで、かなりの仕事。
まあ、普通の体力の人では無理でしょう。

水素吸入器Beautyflyでしっかり体力を付けているので、
私の場合は、ぜんぜん疲れませんし、後に疲労が残ることもありません。
大したものです。

バッグには軽量のセットを潜めました。

ソニーα7とエルマー35㎜F3.5

会場のココプラザとJR新大阪駅を3度往復しますので、
その行きずりにちょっとロボグラフィを楽しみました。
いつものように、開放でしか撮りませんが、
画角と開放の暗さを利して、目測で撮れるのが強み。
さらっと並べてみましょう。

とくに、土曜市のみなさん、撮影を嫌うので、
すべて、垂らした右手でブラインド撮影。
だから、写真としてはろくなものはありませんが、
おそらくは写真を始めたばかりのカルティエ=ブレッソンも使った、
そう推測されるこのレンズ、
ソフトなのに、リアル、
リアルなのに、どこか奥が深い、
そんな感じが一杯で、まさに、極上!
ズマロンは別として、
ズミクロンもズミルックスもディスタゴンも要らない!
そうお思いになりませんか?





b0226423_1152552.jpg
b0226423_11515748.jpg
b0226423_11515072.jpg
b0226423_11514395.jpg
b0226423_11513611.jpg
b0226423_11512952.jpg
b0226423_11512250.jpg
b0226423_11511614.jpg
b0226423_1151720.jpg
b0226423_1151013.jpg
b0226423_1150529.jpg
b0226423_11504532.jpg
b0226423_11503996.jpg
b0226423_11503159.jpg
b0226423_11502590.jpg
b0226423_11501797.jpg
b0226423_1150855.jpg
b0226423_1150282.jpg
b0226423_11495592.jpg
b0226423_11494764.jpg
b0226423_11494056.jpg
b0226423_11493194.jpg
b0226423_11492435.jpg
b0226423_11491753.jpg
b0226423_11491050.jpg
b0226423_1149495.jpg
b0226423_11485755.jpg
b0226423_11485184.jpg
b0226423_11484558.jpg
b0226423_11483970.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-15 11:58 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

1585 雨の奈良(エルマー35mmF3.5って、なんだか凄い!)Part 4



私が一番好きな撮影条件は雨である、
そう幾度も書いてきました。
そんな雨写真をさらに40枚近く並べてみましょう。

なんとまあ、スケールの小さい写真たちよ!
きっと撮影者は実にこんまい人間なんだろうか!
ご明察。
こんな人間だから、こんな写真が大好きなのです。

そして、ソニーα7のMマウントアダプタに付けたライカレンズ、
エルマー35mmF3.5って、なんだか凄い!
ライカL,Mマウントのレンズたちがごっそりマクロレンズ化して、
これまでにはまったく期待も夢想もできなかったような小宇宙を、
なぜかそれぞれに個性豊かに写し出してくれます。
「神は細部に宿る」という言葉がますます大好きになりそう。





b0226423_17474686.jpg
b0226423_1747401.jpg
b0226423_17473529.jpg
b0226423_17473052.jpg
b0226423_17472423.jpg
b0226423_17471593.jpg
b0226423_1747853.jpg
b0226423_1747111.jpg
b0226423_17465526.jpg
b0226423_17464943.jpg
b0226423_17464364.jpg
b0226423_17463673.jpg
b0226423_17463194.jpg
b0226423_17462374.jpg
b0226423_17461788.jpg
b0226423_1746986.jpg
b0226423_1746279.jpg
b0226423_17455655.jpg
b0226423_1745501.jpg
b0226423_17454496.jpg
b0226423_17453836.jpg
b0226423_17453371.jpg
b0226423_17452695.jpg
b0226423_17452047.jpg
b0226423_17451444.jpg
b0226423_1745977.jpg
b0226423_1745234.jpg
b0226423_17445560.jpg
b0226423_17444923.jpg
b0226423_17444313.jpg
b0226423_17443776.jpg
b0226423_17442980.jpg
b0226423_17442421.jpg
b0226423_17441824.jpg
b0226423_17441123.jpg
b0226423_174451.jpg
b0226423_17435373.jpg
b0226423_17434629.jpg
b0226423_17433965.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-28 17:49 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

1584 雨の西九条(エルマー35mmF3.5もやっぱり雨男専科だった)Part 3

この世の人間は、どうやら、2種類に分類できそうですね。

A 自分以外の誰かに夢中になる人と、
B 誰かに夢中になられる人と。

BはAを兼ねることがありますが、
AのすべてがBを兼ねることはできません。

なんでもいいです、名を挙げてみて下さい。
ご自分のことも考えてみて下さい。
すぐに、お分かりですね。
あなたと私は永遠にAなのです。
そして、Bにはなりっこない。

そして、エルマー35㎜F3.5はBのようです。
この世にエルマー族は5万と居るでしょう。
根強い人気を保っているようです。
でも、その理由が分かりませんでした。
今回の写真を観て、なんだか納得ができたようです。





b0226423_061025.jpg
b0226423_06194.jpg
b0226423_05527.jpg
b0226423_021318.jpg
b0226423_02445.jpg
b0226423_015787.jpg
b0226423_014957.jpg
b0226423_014254.jpg
b0226423_013511.jpg
b0226423_012824.jpg
b0226423_012212.jpg
b0226423_011326.jpg
b0226423_01691.jpg
b0226423_005775.jpg
b0226423_004933.jpg
b0226423_004290.jpg
b0226423_003211.jpg
b0226423_001445.jpg
b0226423_23572736.jpg
b0226423_23551348.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-27 23:58 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

1583 雨の西九条(エルマー35mmF3.5もやっぱり雨男専科だった)Part 2


西九条でのエルマー35mmF3.5、
私には文句無しによいレンズに見えます。
ズマロンの画像がシャープ過ぎるのでは?
そんな感じさせ抱かせます。
さすがにエルマー。





b0226423_22513025.jpg
b0226423_22512555.jpg
b0226423_22511912.jpg
b0226423_22511320.jpg
b0226423_2251856.jpg
b0226423_2251389.jpg
b0226423_22505611.jpg
b0226423_22505078.jpg
b0226423_22504495.jpg
b0226423_22503916.jpg
b0226423_22503458.jpg
b0226423_2250297.jpg
b0226423_22502412.jpg
b0226423_22501743.jpg
b0226423_22501299.jpg
b0226423_2250674.jpg
b0226423_2250091.jpg
b0226423_22495530.jpg
b0226423_22495051.jpg
b0226423_22494465.jpg
b0226423_22493888.jpg
b0226423_22493352.jpg
b0226423_22492731.jpg
b0226423_22492224.jpg
b0226423_22491681.jpg
b0226423_22491164.jpg
b0226423_2249565.jpg
b0226423_22485990.jpg
b0226423_22485240.jpg
b0226423_22484730.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-25 22:56 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

1582 雨の日(エルマー35mmF3.5もやっぱり雨男専科だった)Part 1



この日、ユニバーサルシティから始めて、
西九条、大和西大寺の定番コースは雨でした。

私の大好きな韓流ドラマは涙でグショグショ、
私の大好きなロボグラフィ路地は雨で濡れ濡れ。
私はさほどウェットでもドライでもない人間ですが、
どうもドラマもロボグラフィもグショグショが大好きなようです。

ただの片手間撮影なのに、いつもよりかなり大幅に大漁でした。
221枚なのですから、エルマー35mmF3.5、張り切ったのです。
153枚選んでみました。
少なくとも3回か4回でまとめたいものです。





b0226423_22434624.jpg
b0226423_22434123.jpg
b0226423_2243351.jpg
b0226423_22433081.jpg
b0226423_22432498.jpg
b0226423_22431865.jpg
b0226423_224383.jpg
b0226423_2243058.jpg
b0226423_22425229.jpg
b0226423_22424645.jpg
b0226423_22424024.jpg
b0226423_22422545.jpg
b0226423_22422097.jpg
b0226423_22421338.jpg
b0226423_224263.jpg
b0226423_2242079.jpg
b0226423_22415436.jpg
b0226423_22414311.jpg
b0226423_2241371.jpg
b0226423_22413112.jpg
b0226423_22412371.jpg
b0226423_22411670.jpg
b0226423_22411021.jpg
b0226423_2241585.jpg
b0226423_2240056.jpg
b0226423_22395194.jpg
b0226423_22394232.jpg
b0226423_22393665.jpg
b0226423_22392863.jpg
b0226423_22382122.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-24 22:47 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

1581 バス道(エルマー35mmF3.5一本でもなんとかなりそう)



エルマー35mmF3.5
エルマー35mmF3.5については以前の記事で少しデータを紹介しました。
このレンズの後に、ズマロン35mmF3.5とズミクロン35mmF2が続くのですから、
ライカの35mmレンズの正統に位置するレンズと言うことができそうです。

その描写力を一言で言えば、
質実剛健、でしょうか?

もしかすると、エルマーの後を継いだズマロンについて、
開放値が変わらなかったこともさることながら、
エルマー35mmファンが「腰が弱すぎる」と盛んに批判したために、
ライカ社は剛毅そのもののズミクロン八枚玉を開発したのかもしれませんね。
「これなら文句ないだろう!」というスタンス。

5月9日月曜日、幸い雨でした。
雨しか撮らないという雨派もおいででしょう。
私は全天候型(ただし、槍と放射能物質はのぞきます)ですが、
雨であれば、よけいに喜んで撮ります。

まず、バス停までの道。
バス時間まで8分。
行程が5分ですから、余裕は3分。
これだけあれば、十分。
ずいぶん楽しい写真が撮れました。

パンケーキですが、
フォーカシングレバーが付いているので、実に撮りやすい。
そのうえ、Mマウントアダプタで接近できます。
これも無敵。





b0226423_2242262.jpg
b0226423_2242203.jpg
b0226423_22421476.jpg
b0226423_2242784.jpg
b0226423_224211.jpg
b0226423_2241559.jpg
b0226423_22414851.jpg
b0226423_22414180.jpg
b0226423_2241359.jpg
b0226423_22412880.jpg
b0226423_22412269.jpg
b0226423_22411526.jpg
b0226423_2241910.jpg
b0226423_2241282.jpg
b0226423_22405674.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-22 22:45 | Elmar35mmF3.5 | Comments(0)

888 横尾忠則肖像図鑑(エルマー35mmf3.5はほんとに81歳の爺さんなんだろうか)



b0226423_15274152.jpg





昨日の日曜日、とても楽しい体験を2つしました。

1つは、土曜日に購入したばかりの最新カメラを試用したこと。

    ソニーα7

とても軽くて、これでフルフレームとはとても信じがたいところです。
この零歳児に付けたのが81歳の老レンズ。

    エルマー35mmf3.5

そして、試し撮りしたのは、天下の鬼才横尾忠則さんの絵。
これが2つ目の体験。

神戸王子動物園側にある横尾忠則現代美術館。

    1階ロビーの受付のあるホール正面に沢山の画用紙を貼り付けた、
    巨大なモザイク画。
    お二人の受付の見ている真ん前を通って、絵に直行し、
    横尾さんには申し訳ありませんが、試し撮りさせていただきました。

なにしろ81歳の老レンズが現代の鬼才に相対峙したのです。
負けてなるものか、と闘志を燃やしたらしく、
オリジナルの色調よりもかなり濃厚で陰鬱な画調に傾きました。

横尾忠則肖像図鑑展のことについては、別ブログで書かせていただきました。

    圧倒的な迫力と独創の歓びに満ちた作品が並び、
    驚愕と歓喜と敬虔と哄笑のカオス体験を味わうことができました。

一体この人の精神はどうなっているんだろう?

    きっと現代に間違って生まれたガルガンチュア的巨人なんだろう、
    そう思わざるを得ないようなけた外れの創造行為。

でもチマチマとした路傍のくさぐさを営々と撮っている私には、
横尾さんの本質を見通すことなどとてもできないでしょう。

    結局、人は誰も自分の足で歩いて、
    行き着くところまで歩いて行って、
    自分の手で水を汲むほかはないのですから、
    私は一人静かに写真を楽しむことにしましょう。

エルマーはこれが2度目の試写ですが、
そんな私の伴侶の一員となってくれそうです。
とてもゆったりとした画像をプレゼントしてくれるのですから。
by Sha-sindbad | 2013-12-16 15:54 | Elmar35mmF3.5 | Comments(6)

875 バイク(エルマー35mmf3.5は3Bの鉛筆でぐいぐい生き生きと描き)



b0226423_2201971.jpg




ライカの最初の広角レンズ、それが、

    エルマー35mmf3.5

1930年から1950年まで延々と作り続けられたそうです。

    第2世代のズマロン35mmF3.5が1946年製造開始なのですから、
    その後も4年間は製造が続けられたわけです。
    つまり、エルマーをより好むユーザーが居たからです。

ズマロン35mmF3.5はエルマーと比較すると、
一層線が細くなり、より一層柔軟な表現力を備える、
いわば成熟した広角レンズになっているように思えます。

    エルマーにはやんちゃな活力一杯青年の客気が感じられます。

ズマロンも息の長いレンズで、1960年まで作られたのですから、
ライツという会社は、当時は一本のレンズにしっかりと信頼を置いて、
どこまでも付き合おうという姿勢だった感じがします。

    そのうえ、今調べて気づいたのですが、
    ズマロンもまた、1958年ズミクロン35mmF2八枚玉登場後、
    2年間も作り続けられています。
    ライツがユーザーの気持を大切にした現れじゃないかな、
    そんな感じがします。

そこで、エルマー35mmf3.5ですが、
1枚だけごらん頂きましょう。

私はバイクには不案内のですが、かなり古そうですね。
このバイクの写真を眺めていて、やはり思うのですが、

    エルマー35mmf3.5は最初から完成された35㎜だった!
by Sha-sindbad | 2013-12-03 22:16 | Elmar35mmF3.5 | Comments(2)