レンズ千夜一夜

カテゴリ:Kinic50/3.5( 1 )

558 冬の色 (キニック・アナスティグマート50mmF3.5はクックらしく上品な色合いで)



水曜日の出勤に携えたのは、

  オリンパスEP-L1と、
  クックのキニック・アナスティグマート50mmF3.5

中世の円塔のように、細くそそり立っています。
軽くて、ホールドしやすく、
各リングの作動も滑らかで、とても扱いやすいレンズです。

前回、同一系列のレンズを2種類用意した場合、
暗い方のレンズが概して優れた描写をしてくれると書きましたが、
映画用レンズについては、どうなのか、よくわかりません。
さまざまな用途で、さまざまなレンズ、焦点距離、明るさのレンズが用意されたようです。
たとえば、アストロ・ベルリンは、
F1.8、F2、F2.3と開放値の異なる系列レンズを用意しました。
私が使ったことのあるのは、1本を除き、全部F2.3。
だから、各系列にどんな特色があるか、わかりません。
おそらく、それぞれに個性的な描写で、違った用途に使われたのでしょう。

とすると、他の映画レンズ各社も似たような戦略をとっていたのでは、
と推測されるますが、クックはどうなのでしょう。

主力レンズだっただろうと思われるのは、スピードパンクロとキネタール。
この両レンズ系列の棲み分けも分かりません。
キネタールがスピードパンクロの後継機種なのではと推測するばかり。

今回のキニックは明らかに廉価版です。

  でも、驚くほどよく写ります。
  立体感も解像力も申し分がありません。
  そして、色合いまでとても上品。
  要するに、申し分のない高性能レンズに思えるのですが。

今回はオリンパスE-PL1につけたので、
100㎜長焦点レンズとして撮っているわけですが、
不思議なことに、そんな望遠として撮っているという窮屈感はありません。
液晶で見ても、50㎜標準で撮っているような気分。
結果的に、長焦点レンズ的な畳み込みに気づく、その程度。




b0226423_22294019.jpg
b0226423_22295353.jpg
b0226423_22292829.jpg
b0226423_22292233.jpg
b0226423_22291744.jpg
b0226423_22293256.jpg
b0226423_2229672.jpg
b0226423_2228591.jpg

by Sha-sindbad | 2012-12-29 22:31 | Kinic50/3.5 | Comments(0)