レンズ千夜一夜

カテゴリ:Thambar90/2.2( 13 )

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)2 ベールの陰から



YouTubeで、とてもありがたいアルバムを見つけました。

Chopin - Complete Piano Works/New Mastering
(recording of the Century : Alfred Cortot)
(https://www.youtube.com/watch?v=SPYR8QzU1-o)

往年の偉大なピアニスト、アルフレッド・コルトー演奏による、
ショパンのピアノ作品集です。
5時間45分という膨大な収録です。
でも、編集者はとても親切です。
どこにどの曲が収録されているか、ちゃんと一覧表を用意。
この比類のないピアニストによるショパンを満喫できます。
この人の生涯は1877年から1962年にわたっています。
何百回ものコンサートを開いたでしょう。
コルトーは亡くなり、聴衆もほとんど亡くなっているでしょう。
コルトーの生の演奏を記憶する人はほとんどいない。
演奏家たちの本当の芸術はすべて同様の運命にあります。
消え去りゆく。
偉大な画家たちの運命はもう少しマシかもしれません。
作品が残るからです。
でも、よく考えると、演奏家たちを憐れむ必要はありません。
私たちの人生そのものが同様の運命にあるのですから。
私たちの日々の人生は、自分の記憶の中からもどんどん去っていく。
これで分かります。
残ることは、私たちにとって、実はなんの意味もない。
本当に意味があることは、今、私たちはなにをし、どう感じるか?
これだけなのでしょう。
私は、なにか意味があったなと思ったことを、
2つのブログでかすかに記録しようとしています。
でも、誰も読まないし、自分自身も読み返すことなどほとんどない。
とすると、ここでも、意味があるのは、今、このブログを作る、
この行為だけ!
とすると、どんどん作ることにしたいものです。
かすかにではあれ、自分の中に記憶のよすがが残る希望があるからです。
さあ、奈良町でのタンバール写真、続けましょう。




b0226423_126486.jpg
b0226423_1255879.jpg
b0226423_1255193.jpg
b0226423_1254614.jpg
b0226423_1254034.jpg
b0226423_1231025.jpg
b0226423_123245.jpg
b0226423_1225519.jpg
b0226423_1224797.jpg
b0226423_1224179.jpg
b0226423_1223279.jpg
b0226423_1222617.jpg
b0226423_122215.jpg
b0226423_1221383.jpg
b0226423_122834.jpg
b0226423_1215873.jpg
b0226423_1215232.jpg
b0226423_1214652.jpg
b0226423_1213816.jpg
b0226423_1213133.jpg
b0226423_1212534.jpg
b0226423_1211862.jpg
b0226423_1211051.jpg
b0226423_121517.jpg
b0226423_1205840.jpg
b0226423_12050100.jpg
b0226423_1204330.jpg
b0226423_1203670.jpg
b0226423_1202642.jpg
b0226423_120218.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-26 14:50 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)2 ベールの陰から

今日は帰宅が遅れました。
仕事が一杯、時間は少し。
タンバール写真だけざらっと並べることにしましょう。





b0226423_23343950.jpg
b0226423_2334312.jpg
b0226423_23335116.jpg
b0226423_23334071.jpg
b0226423_23331896.jpg
b0226423_23325479.jpg
b0226423_23324695.jpg
b0226423_2332375.jpg
b0226423_23303467.jpg
b0226423_23302614.jpg
b0226423_23295054.jpg
b0226423_23294265.jpg
b0226423_23293416.jpg
b0226423_23292721.jpg
b0226423_23292027.jpg
b0226423_23291273.jpg
b0226423_23273385.jpg
b0226423_23272690.jpg
b0226423_23271936.jpg
b0226423_2327830.jpg
b0226423_2326586.jpg
b0226423_23255743.jpg
b0226423_23255079.jpg
b0226423_23254328.jpg
b0226423_23253330.jpg
b0226423_23252679.jpg
b0226423_23251953.jpg
b0226423_23251261.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-24 23:58 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1762 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)1 対比

近頃、ずっと宮崎貞安さんのニューレンズ、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4に付き合ってきました。
澄み切った清冽そのものの表現は、現代的夢レンズの極致、
そんな感じがしてきました。

そこで、考えました、
フローライトの対極となるレンズはないだろうか?
すぐに思いつきました。
どうやら、タンバール90㎜F2.2、

3月9日、ソニーα7に付けて奈良町に持ち出しました。
430枚撮りました。
かなりの数ですが、
今回の試写は「わが友ホロゴン」にはふさわしくない。
本ブログで、レンズの味わいをごらん頂くことで、
フローライトとのコントラストを楽しんでみたい。

かなり沢山並べることになりそうですが、
段々と両レンズの味わいを感得していけるのでは?
そう考えたのです。
楽しみ。





b0226423_11245668.jpg
b0226423_11244965.jpg
b0226423_11243984.jpg
b0226423_11243227.jpg
b0226423_1124172.jpg
b0226423_11241139.jpg
b0226423_1124379.jpg
b0226423_11235768.jpg
b0226423_1123491.jpg
b0226423_11234211.jpg
b0226423_11233338.jpg
b0226423_11232589.jpg
b0226423_11231895.jpg
b0226423_11231232.jpg
b0226423_1123668.jpg
b0226423_11225841.jpg
b0226423_11225090.jpg
b0226423_11224423.jpg
b0226423_11223713.jpg
b0226423_11223145.jpg
b0226423_11222574.jpg
b0226423_11221828.jpg
b0226423_11221050.jpg
b0226423_1122412.jpg
b0226423_11215753.jpg
b0226423_11214710.jpg
b0226423_11213998.jpg
b0226423_11213323.jpg
b0226423_11212780.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-22 11:25 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1538 通天閣変幻(タンバール90㎜F2が絵筆のように動き始めたようだ)






b0226423_22312382.jpg
b0226423_22311815.jpg
b0226423_22311178.jpg
b0226423_2231097.jpg
b0226423_22301495.jpg






上記は、吉田正さんの3月の写真教室に持参した5枚セット。
№1523 ビッグニュース!!で、
すでにタンバール異変のことは書きました。

タンバールを初めとするソフトフォーカスレンズの撮影法は、
露出を+1あたりまでオーバー気味に撮って、
あっさりとしたソフトの画像を仕上げる。
これが常識だったように思います。
私もそんな撮り方を概ね踏襲していたようです。

でも、よく考えますと、どんなレンズも例外なく、
マイナス方向に大きく振って、
暗い画像を撮ってきた私が、
プラス方向に揺れるなんて、
階段で足を踏み外すようなものだ、そう気付いたのです。

いわば正道に戻ったようなもので、
途端にタンバールが生き生きと歌い始めました。
水彩画が油絵に変わったように、画像が激変しました。
1935年のクラシックレンズがわっと歌い始めました。

でも、うれしいことに、
その画像が夢に近いことに変わりはありません。
別ブログの名称「わが友ホロゴン、わが夢タンバール」が
ようやく現実味を帯びてきた、そんな感じ。

写真素人に徹する私が、いわば作品ごっこをする唯一の場、
吉田正さんの写真教室でもまあまあ好評だったようで、
ちょっとご機嫌になっています。
by Sha-Sindbad | 2016-03-20 22:32 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1523 ビッグニュース!!(タンバール90mmF2.2って本当に夢レンズだったのだ!)


2月25日木曜日。
先週来の無理がたたって、まだ本調子ではないのですが、
3日も家に居ると、体がなまってしまいそうです。
無理矢理飛び出ました。

持ち出したセットが極めつけ。
ソニーα7
タンバール90mmF2.2

私の夢レンズです。
実は、近頃考えていたのです。
もうこのレンズ、処分しようかな?
クラシックレンズファンには最高の人気レンズの一つなのに、
ほとんど使わないで、持ち腐れになっている。
なんともタンバールに済まないという気分。

そして、エルマジ95mmF2.4が我が家にやってきて、
タンバールに向かって冷たく、
「ホロゴンの奥さんは私で十分よ。
あんたはもう遠慮したら?」
私もついその気になりかけたのです。

Mマウントアダプタという魔法のヘリコイドリングが出現して、
事情は一変しました。
Mマウント等の改造によって私の世界に入り込んできた、
魔法の描写を誇る映画用レンズたちに押されに押されてきた、
まっとう律儀な銀塩35mmレンズたちにも、
魔法レンズに化けるチャンスが到来したのです。

最短撮影距離が約1mだったタンバール90mmF2.2も、
Mマウントアダプタによって70cmほどまで短縮されました。
その効果は、Hologon15mmF8Mのときに負けないほど、猛烈でした。
なんだ!
タンバールって、こんなに凄いレンズだったのか!

シェースクピアにならって、ただ一言、書かせて頂きましょう、

    「タンバールの画像って、夢と同じ物で作られている」

まあ、ご覧になってください。




b0226423_2334926.jpg
b0226423_2334197.jpg
b0226423_2334360.jpg
b0226423_23335649.jpg
b0226423_23335031.jpg
b0226423_23334421.jpg
b0226423_23333932.jpg
b0226423_23333333.jpg
b0226423_10405548.jpg
b0226423_23332097.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-25 23:37 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1226 ラグタイム (2009年6月13日 タンバールは京都三室戸で撮っていた)



もう一枚、タンバールをご覧ください.
これがどうした?
そうお感じになる方も多いでしょう。
それがどうした?




b0226423_2344585.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-07 23:11 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1225 懐古気分で (2009年12月2日ぼくはタンバール持って奈良町を歩いたらしい)


b0226423_1143012.jpg
b0226423_1142566.jpg
b0226423_1141979.jpg
b0226423_1141427.jpg
b0226423_114823.jpg
b0226423_1135440.jpg
b0226423_1134976.jpg
b0226423_1134333.jpg
b0226423_1133683.jpg
b0226423_1132418.jpg
b0226423_1131952.jpg
b0226423_1131252.jpg
b0226423_113680.jpg
b0226423_1125972.jpg
b0226423_112536.jpg





前回書いたように、私は今1人家に籠っています。
おっと3人でした。

    長女(猫ですが)の静と長男ピッピは一階和室のこたつに籠っています。
    こたつと言っても、小型段ボール箱に古いセーターを敷いたもの。
    和室は大阪ガスのエネファームの床暖房でオンドル状態なのです。

ちなみに、このエネファーム、大成功でした。

    屋根の仕様の関係で太陽光発電を併用できなかったのですが、
    ガス発電だけで、電気使用量が激減して、
    電気代等の関係光熱費が年間十数万円セーブできましたので、
    保証期間10年の間に投入資金の大半を償還できる計算。
    さらに使えば、すっかり元を取れる可能性さえあります。
    電気使用に対する心構えが完全に一変したことも手伝っているのでしょう。

私は2階書斎で、久しぶりにカルティエ=ブレッソンを見ています。

    「アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成」(岩波書店)

その見開きの言葉が意味深長です、

    「つまりいったい何者なのだ?」

ほんとうにカルティエ=ブレッソンって、何者だったのでしょう?

    答えは自明と言いたいところです。
    一人の人間をとらえることなんか、他人には誰にもできません。
    私たちはカルティエ=ブレッソンの遺産を一枚一枚受け取るしかない。

    さらに一歩進めると、私自身、私をとらえることさえできません。
    どこに、自分のことが全部分かっている人がいるでしょう?

近頃写真を撮っていないので、今朝も5年前の写真を選びました。

    久しぶりにタンバール90㎜F2.2を使ったようです。
    撮ったときの状況は記憶によみがえりません。
    なんで、モノクロームなのかも分かりません。

でも、私の撮ったものに間違いがない証拠があります。

    路上に転がる携帯用の人形。
    たいていの写真家なら、人形をひっくり返して、顔を見せるでしょう。
    私はほぼ絶対にそんな考慮など頭に浮かびません。

    出会ったままに撮る、ただそれだけ。
    それがロボグラフィ。
by Sha-Sindbad | 2015-01-06 11:08 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1025 アメリカ村ファンタジー(タンバール90mmF2.2で抜くに抜けない伝家の宝刀かな)



b0226423_1343087.jpg
b0226423_13425532.jpg
b0226423_13425280.jpg
b0226423_13424774.jpg
b0226423_13424161.jpg
b0226423_13424349.jpg
b0226423_13423864.jpg
b0226423_13423262.jpg
b0226423_13422815.jpg







木村伊兵衛がタンバール90mmF2.2で撮ったポートレート、
とりわけ、「N夫人」と「沖縄の芸者」は絶品ですね。

    これらの名作に魅せられて、このレンズに憧れた私に、
    数年前好機が到来しました。
    ひところ数十万円もしていたタンバールの掘り出し物が、
    驚くほどの廉価で見つかったのです。
    飛びつきました。

別ブログの名前を「わが友ホロゴン」から、
「わが友ホロゴン、わが夢タンバール」とわざわざ変えました。

    ライカM3に付けて、幾度も出撃しました。
    それなのに、四苦八苦。

その理由は実は明らか。

    木村伊兵衛さんの口癖は「粋だなあ」だったと読んだことがあります。
    私は「粋」とは丁度正反対の境地に生きている人間。
    なんでもはっきりさせたいところがあり、
    曖昧模糊とした幽玄の雰囲気など、かけらもない人間だからです。

でも、ふっと感じたのですが、

    その後、Cマウントレンズに没入してしまったわけで、
    かなり曖昧模糊世界に半身を浸す体験を重ねてきたわけですから、
    カメラをソニーα7に変えて、ライブビューで撮ったら、
    タンバールで夢を見ることができるかも知れない!

近い内に試してみます。

    その対照群として、入手直後の2008年12月、ライカM3に付けて、
    銀塩フィルムで撮った写真を掲載しておきましょう。
by Sha-Sindbad | 2014-05-15 13:48 | Thambar90/2.2 | Comments(2)

507 レンズ出初め式 (トリプルアナスティグマート25mmf2.9の逸品がやってきた)

ダルメイヤーのCマウントレンズには2つの代表的系列があります。

    スピードアナスティグマート族
    トリプルアナスティグマート族

トリプルの方がマイナーの感じがしますが、
どうしてどうして、スピードアナスティグマートに負けていません。
開放から画像が前面均質に近いから、使い勝手では上。
私はまず、15㎜を手に入れ、
ミニホロゴンと呼びたくなるほどに見事な画像。

そこで、25ミリを手に入れたのです。
8000円ほどでした。
安いだけのことはありました。
もともとヘリコイドがなく、マウントのスクリューを代わりに使います。
これだけでもかなり不便なのに、
それだけではなく、絞り羽根もなかったのです。
これはオークションの説明になかった欠陥。

それでも、私は返却いたしませんでした。
開放値が2.9と暗いので、開放だけでかなり撮れるうえ、
とてもチビなレンズですが、
スリムで精悍な風貌にぞっこん惚れ込んでしまったからです。
写りの良さも、これまでの5回の作例で納得していただけるでしょう。

ところが、2週間前、見つけてしまいました。

    ヘリコイド付きのトリプルアナスティ前のレンズの倍に少し足が出る程度の廉価版。
到着したレンズは、まさに古典的な風貌。
フードもついて、オリンパスE-PL1ではけられません。
ヘリコイドもとてもスムーズに回転してくれます。
今日、出勤時のお昼、撮ってみました。
さすがに、これはダルメイヤー!




b0226423_2239169.jpg
b0226423_2238117.jpg
b0226423_223762.jpg
b0226423_22362089.jpg

by Sha-sindbad | 2012-11-07 22:43 | Thambar90/2.2 | Comments(4)

336 華麗 (タンバール90mmF2.2で心をなごませたいね)



久しぶりにタンバール90mmF2.2を使いました。
重い!
この重さを我慢して撮った甲斐があった、
そう思わせてくれる写真が撮れたでしょうか?

フィルターがありますが、
そこまでフレアを付けたくないので、使いません。
開放か、一段絞ってか、そのどちらかで撮ります。
ライカM9はかなりシビアに合焦してくれます。
でも、タンバールらしさが活きる光景になかなかぶつかりません。

まず、どんな場合に、タンバールらしさが活きるか、
これが分からないのですから、お話しになりません。
しかたなく、手当たり次第に撮ります。

ソフトフォーカスレンズとしては、
Cマウントレンズに使い勝手のよいものが沢山あり、
別にタンバールをかついでゆく必要がないとさえ、言えそうです。

じゃ、タンバールの活かし所って、どんなものなのでしょう?
もっともっと使ってみないと、言えることじゃありませんが、
当てずっぽうに書いてみることにします。

    心をなごませてくれる写真、
    これではないでしょうか?

ぎりぎりの鮮鋭映像ではなく、

    「うん、なかなか気持がいいねえ」と心から言える写真。

そんな写真になっているかどうか、分かりませんが、
とりあえず、気に入ったものを3枚並べてみましょう。



b0226423_22295064.jpg
b0226423_2229371.jpg
b0226423_22292568.jpg

by Sha-sindbad | 2012-05-21 22:31 | Thambar90/2.2 | Comments(2)