レンズ千夜一夜

カテゴリ:S.WideHeliar15( 7 )

1618 西九条(スーパーヘリアー15mmF4.5はまさに現代風ホロゴンかな?)Part 2



私はレンズのことも、レンズメーカーのこともほとんど知りません。
クラシックレンズを手に入れる機会に偶然知った知識程度。
現代のメーカーになると、ますます門外漢。

コシナという会社がどんな会社かまったく知りませんが、
販売するレンズを知るにつけ、
現代の写真家たちの心をくすぐる巧みな販売戦略を採っている、
そんな感じがします。
現代の写真家の目から見れば、眠かったり、だるかったり、
鈍かったり、濁ったりというクラシックレンズの多くに見られる、
さまざまな偏向をきっぱりそぎ落として、
超高画質の現代レンズを提供するんだけど、
そんなレンズたちに、過去の偉大なレンズ名を冠することで、
ノスタルジックなオーソリティという後光をきらめかせる、
そんな演出を駆使してきたのですから。

そんな販売戦略の中で、
スーパーワイドヘリアー15mmF4.5は、
コシナのオリジナルブランド。
ツァイスから「ホロゴン」という商標の使用許諾を得ることが
できなかったのでしょうか?
ほとんど前後対称系のホロゴンとは異なり、
レトロフォーカス設計であったことも関係しているのかも知れません。

見事な画像を提供してくれます。
傑作写真を撮りたいとお望みでしたら、このレンズの実力は十分。
周辺減光がホロゴンよりもはるかに少ないし、
現代的なシャープで癖のない描写なので、
ホロゴンよりもはるかに使い勝手がよいようです。
現代の写真家なら、10人に9人はホロゴンよりもこちらを選択するでしょう。

じゃ、お前はどうなの?
そんな質問が飛んで来そうです。
「聞くだけ、野暮じゃありませんか?」
そんな風に答えたくなりますね。
表題には、「現代風ホロゴンかな?」と書きましたが、
実はこれはレトリックに過ぎません。
ホロゴンは正真正銘比類のない不思議レンズなのですから。

親友がヘリアーを手に入れたいという気持ちを高めつつあります。
「よかったら、ぼくのを譲りますよ」、
まったく何の惜しみもなく、そうは言ってあるものの、
彼は万事形から入る人なので、二の足を踏みそうです。
(形がモチベーションを高めるので、
形が壷にはまると、無敵と言いたいほどに優れた写真家です。
形って、大切なのですね)

私のスーパーヘリアーは作り付けのフードを削り落としてあります。
Lマウントレンズなのですが、なぜかマウントにずれが生じるらしく、
私のリコーGXRに付けると、レンズが傾いてしま-い、
フードのおかげで四隅のうちの2個所が若干けられてしまうからです。
おかげで、ちょっと小振りで冴えない見かけになっています。
このあたりの風格(の欠如)を無視できるかどうか?
これにかかっていますね。

でも、このまま私の手元に残留しても、
FujiXPro-1やリコーGXRで実質21㎜レンズになりますから、
ホロゴンと競合しない撮り方も楽しめるので、
このままずっと私のサブ超広角の地位を保ちそうです。





b0226423_21371710.jpg
b0226423_21371249.jpg
b0226423_2137729.jpg
b0226423_2137153.jpg
b0226423_21365637.jpg
b0226423_21365139.jpg
b0226423_21364546.jpg
b0226423_21363851.jpg
b0226423_21363189.jpg
b0226423_21362558.jpg
b0226423_21361213.jpg
b0226423_2136553.jpg
b0226423_21355789.jpg
b0226423_21355191.jpg
b0226423_21354480.jpg
b0226423_21353728.jpg
b0226423_21352497.jpg
b0226423_21351725.jpg
b0226423_21351186.jpg
b0226423_2135529.jpg
b0226423_2135081.jpg
b0226423_21345316.jpg
b0226423_21344357.jpg
b0226423_21343424.jpg
b0226423_21342894.jpg
b0226423_21342327.jpg
b0226423_21341725.jpg
b0226423_21341010.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-26 21:42 | S.WideHeliar15 | Comments(0)

1617 西九条(スーパーヘリアー15mmF4.5はまさに現代風ホロゴンかな?)Part 1



7月11日月曜日、揚琴レッスンはしご日でした。
西九条と西大寺で道中撮影する道具は、

    ソニーα7
    コシナのスーパーヘリアー15mmF4.5

感度を800に上げ、絞りF8、距離1.7m程度に設定。
最初はレンズ本体の距離をそう設定していたのですが、
気がつくと、レンズの距離リングが動いています。
Mマウントアダプタのヘリコイドリングは容易に動きませんので、
本体の指標を無限遠に合わせて、
Mマウントアダプタで距離を1.7m程度に設定して、
ノーファインダー撮影をたのしみました。

ホロゴンのような周辺減光も、色の暴れもなく、
ふつうに撮れます。
2回セットでご覧頂きましょう。





b0226423_229987.jpg
b0226423_229067.jpg
b0226423_2285293.jpg
b0226423_2284420.jpg
b0226423_2283689.jpg
b0226423_2282822.jpg
b0226423_2282116.jpg
b0226423_228146.jpg
b0226423_228625.jpg
b0226423_2274610.jpg
b0226423_2273964.jpg
b0226423_2273187.jpg
b0226423_2272459.jpg
b0226423_2271551.jpg
b0226423_227777.jpg
b0226423_2265984.jpg
b0226423_2265176.jpg
b0226423_2264324.jpg
b0226423_2263474.jpg
b0226423_226068.jpg
b0226423_2255387.jpg
b0226423_2254785.jpg
b0226423_2253619.jpg
b0226423_22530100.jpg
b0226423_2252489.jpg
b0226423_2251846.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-25 22:11 | S.WideHeliar15 | Comments(0)

1490 奈良町散歩(スーパーワイドヘリアー15mmF8はホロゴン組合格!)


1月7日木曜日、
まだ体は本調子じゃないけど、
どうしても済ませておかなければならない所用が2つも重なって、
外出する妻のお供をしてタクシーでJR奈良駅に出ました。

昼食を二人で済ませて、彼女は西に向きゃ、尾は東、おっと違った夫は東に。
地頭は転んでただでは起きぬと言われましたが、
ホロゴンは転んでも、カメラは手から離せない!
気がついてみると、夢中になって撮っている!

一番軽いセットを用意しました。
ソニーα7に付けたのは、ホロゴンもどきの、
スーパーワイドヘリアー15mmF4.5

このレンズ、画像の深みはホロゴンに遠く及びませんが、
シャープネスは互角。
しかも、ロボグラフィにとっては誇るべき利点が一つあります。
開放値がF4.5まで開くことができます。
フォーカシングリングも付いていて、最短は30cm。
しかも、ライカM9にも付けることができます。
Hologon15mmF8MにもUにも対等に戦える武器が備わっているわけです。

いわば廉価版なので、使い回しも勝手気まま。
楽しい写真が撮れます。
このレンズは残しましょう。
そんな1枚をご覧頂きます。
なにに見えますか?
正解は後書きで




b0226423_22282342.jpg





     [後書き]
       さて、正解は?
       簡単。
       なんに見えてもいいのです!
       それがロボグラフィ。
by Sha-Sindbad | 2016-01-07 22:32 | S.WideHeliar15 | Comments(0)

894 弘法市の子供たち(スーパーワイドヘリアー15mmf4.5がソニーα7で生き返り)



b0226423_20265426.jpg
b0226423_20265335.jpg
b0226423_2026498.jpg
b0226423_20254122.jpg
b0226423_20255025.jpg
b0226423_20251562.jpg
b0226423_2025799.jpg
b0226423_20245467.jpg
b0226423_20244295.jpg





ライカM9の弱点は超広角レンズですね。

    ホロゴンはもちろん装着すること自体できませんが、
    それ以外の超広角も装着することはできても、露出はマニュアル。
    つまり、脳内露出計か、
    それをお持ちでない方は、ゴッセンのような露出計が必要になります。

ソニーα7は超広角レンズたちに活路を与えてくれたようです。

    まだ、スーパーアンギュロン21mmF3.5しか試していませんが、
    普通にAE露出で撮れるようです。

21日土曜日は京都東寺の弘法市。

    12月は仕舞弘法の名で知られて、
    正月の用意をこの市で調えようとする人たちでにぎわいます。
    境内一杯にのみの市が並び、その狭い通路をびっしりと群衆が行き交います。

当然接近戦になります。

    超広角レンズの出番だ!
    よし、ホロゴン、
    いや、よそう。スリも出店しているだろうから。
    でも、やっぱり15mmがいい、
    そうだ、スーパーワイドヘリア15mmF4.5だ。

ソニーα7に付けてみました。

    露出はF8、距離1mの固定焦点にして、
    被写界深度を利用して撮りました。
    ぶつかる寸前でシャッターを切る、これが15mmの作法。

    なにがどう写るか、なんて、構ってられるか!
    ただ撮って、撮って、撮りまくれ!

弘法市の子供たちを並べてみました。
1時間15分で386枚撮ったのに、たったこれだけ!

    子供はとても少ない!
    若い女性も少ない!
    その結果、至極当然のことですが、出会えた美女はたった一人。
    それなのに、ソニーα7の電池交換中だった!

デジカメには電池交換中だけ作動する非常用予備電源を内蔵すべきです。

    ほんの10枚分程度のミニマムでよいのです。
    誰か、カメラ会社の人、読んでくれないかな?
    無理。
    カメラ会社でない人も読まないのに!
    でも、とくにプロなら涙を流して喜ぶのではないでしょうか?

ノーファインダーで撮るヘリアは、腰付近の高さです。

    ちょうど子供たちの目線の高さ。
    ノーファインダーは子供スナップ撮影法でもあるようです。

それにしても、子どもたちの容貌、
昔の芋風味のゴン太とは変わって来た感じがしませんか?

    とくに出っ歯がもうほとんど見かけなくなりましたね。
    椅子生活が容貌や姿勢までも変えていくのでしょうか?
by Sha-sindbad | 2013-12-23 21:07 | S.WideHeliar15 | Comments(2)

833 奈良町接近(スーパーワイドヘリアー15mmf4.5で気楽におさらい)



b0226423_22495536.jpg
b0226423_22494944.jpg
b0226423_2250268.jpg
b0226423_22491851.jpg
b0226423_22494528.jpg
b0226423_22493116.jpg
b0226423_2249735.jpg
b0226423_2249115.jpg

b0226423_22482082.jpg
b0226423_2256205.jpg
b0226423_22475676.jpg
b0226423_22473854.jpg
b0226423_2248461.jpg
b0226423_22475523.jpg
b0226423_22472835.jpg
b0226423_22472327.jpg
b0226423_22471382.jpg





今日はリコーGXR+A12に超広角を付けました。

    スーパーワイドヘリアー15mmF4.5
    22.5mm相当で使います。

台風は袖をかすって過ぎ去ったようです。
どんより
曇り、寒い朝になりました。
6月来、久しぶりにネクタイを締めました。
ネクタイでも着けないと寒い、そう感じたか
らです。

    ネクタイをすると、体があたたかくなるということは、
    どうやら首付近を温めることが全身に影響するのでしょうか?

ヘリアーは、先頃、エプソンR-D1xに付けることで、
あたたかみが増して成功しましたが、
リコーではどうでしょうか?

    エプソンRD-1xに劣らず、重厚な性格を見せてくれる、
    そんな風に思うのですが。
    とにかくライカM9で使うよりも、楽しい。

    思わず106枚も撮り、
    思わず沢山作例を選んでしまいました。
by Sha-sindbad | 2013-10-16 22:55 | S.WideHeliar15 | Comments(2)

485 タオル (スーパーワイドヘリアー15mmf4.5は代役ならできそう)Part 2



b0226423_1963787.jpg





もう一枚、15mmの写真を追加しておきましょう。

スーパーワイドヘリアー15mmF4.5にホロゴンの代役を務めてもらえる、
そう考えさせてくれた一枚です。

ホロゴンは、周辺光量が中心部分の8分の1と読んだ記憶があります。
レンズが前後とも半球体なので、
中心から周辺に向かってなだらかに減光していきます。
この減光の自然さがホロゴンの最大の武器、
私はそう考えています。

この周辺減光を軽減するフィルターが2種類付属品として付いてきました。
16年前、一枚10万円もしました。
研磨して、周辺にむかってだんだんとレンズを薄くする加工で、
かなり手が込んでいます。

でも、どこに最大の武器を自分で無力化する人がいますか?
早速売りに出しましたが、とうとう売れませんでした。
ホロゴンを持っている人自体がとても少ない。
ホロゴンを持たない人には無用の長物。
だから、購買層そのものがないようです。
今でも持っていますが、ついにただの一度も使わずじまい。

ヘリアーは、ホロゴンのような三枚玉ではないので、
周辺減光は目立ちません。
周辺まで画像を活かす人には、こちらの方がよいかもしれません。
でも、私にはちっともおもしろくない。
フラットな光でヘリアーを使うと、
「は、さようですか」なんてセリフでうっちゃりたくなるような平凡さ。

ですから、周辺が激しく暴れるCマウントレンズ同様、
「日の丸構図」一点張り。
そして、周辺が暗い場所だけで撮ります。

今回の写真は、そんな写真の典型例です。

左に男女二人がかなりダイナミックに談笑しています。
でも、二兎を追うものは一兎も得ず、です。
私はスナップ屋じゃないので、スナップシーンは無視。
干しタオルに集中しました。

たいていの人には、「なんじゃ、これ?」写真。
でも、これがロボグラフィ。

    写真にいかなる情感も付け加えない、感じさせない。
    ただただ、路傍のものと私の見つめ合う。
    それがロボグラフィ。

なんですって?

    干しタオル、別になにもあんたを見ていないよ、ですって?

それは、あなた、
あなたにロボグラフィ適性がないからです。

確かに私をじっと見つめて、
うれしそうにつぶやきましたよ、

    「ハイ!」
by Sha-sindbad | 2012-10-16 19:08 | S.WideHeliar15 | Comments(2)

484 隠れ紳士 (スーパーワイドヘリアー15mmf4.5は代役ならできそう)



b0226423_19515544.jpg





今日は、久しぶりに15㎜レンズを使いました。

    コシナのスーパーワイドヘリアー15mmf4.5

なぜか?

土曜日、親友のDAさんから提案されたのです、
ヘリアー15mm要らなかったら譲って下さいよ。
使っていなかったので、安直に「いいですよ」と答えたのですが、
次の瞬間思い出しました、

    「待って!
    も一度ライカM9で使ってから、ね。
    先日、スーパーアンギュロンの2本をライカM9に使おうとして、
    とても使えないことに気づいた。
    まず、自動露出が使えない。
    これは脳内露出計でしのげるけど、
    撮れた画像の周辺の色がむちゃくちゃ。
    ヘリアーを使ってみてから、譲るかどうか決めます」

ヘリアーはライカM9に付けました。
今日、揚琴レッスンの後、西九条で330枚ほど撮ってみました。

最初はただの超広角写真ばかり。
2ヶ月ばかりホロゴンにご無沙汰して、
15mmのステップの踏み方を忘れていたのです。

    レンズの距離は1m、
    絞り8にすると、被写界深度指標は0.5mから無限。
    でも、親友のAKさんから土曜日聞きました、
    デジタルレンズの場合、被写界深度はもっと狭くなるらしいのです。
    だから、ASA感度を400に上げて、絞りをF11にさらに絞り込みました。
    50cmから80cmに超接近して撮り始めました。
    これで、なんとか撮れるようになりました。

今回の写真は、ビニール幕の影に隠れたチャップリンまがいの男の切り抜き絵。
50㎝ほどに接近して撮りました。

    ホロゴンの魔術性と立体感はありません。
    でも、15mmの雰囲気はちゃんと持っています。
    これならかろうじて代役を務めてもらえそうです。
by Sha-sindbad | 2012-10-15 20:06 | S.WideHeliar15 | Comments(6)