レンズ千夜一夜

カテゴリ:SpeedPanchro40/2( 9 )

1628 ロボグラフィ三昧(スピードパンクロ40mmF2をもって家を出て、あちこち巡歴)Part 3



第二次世界大戦後のスピードパンクロ40mmF2のロボグラフィ、
西九条の残りと大和西大寺の撮影分を最後に並べてみましょう。

いつに変わらぬロボグラフィですが、
私にはパラダイス。
どうしてこんな道ばた写真がパラダイス?
ちらっとでも、そんな疑問が頭をかすめるようであれば、
悪いことはもうしません、
もう二度とこのブログにはおいでにならないことです。
私たちの人生って、いつ何が起きてもおかしくはないのです。
あなたにとって意味のないことはなさらないことです。

今、韓流ドラマ「二度目の20歳」を楽しんでいます。
チェ・ジウが主演して、かなり成功を収めたようです。
チェ・ジウ演じる大学教授の妻ハ・ノラは、
余命約半年の膵臓ガンを宣告されます。
その半年を有意義にすごそうと、ヒロインは悪戦苦闘します。
でも、しばらく後に、医師から告げられます。
まちがって、とてもよく似た別の女性の診察結果だった、
あなたは100歳まででも生きそうなほどに健康だ!

そう分かった途端に、
のんびりと何もせず何も考えない生活に戻ったか、
戻りませんね。
ますます、自分の人生がいつどんな理由で終わるとも知れないこと、
どんなことが起ころうとも、悔いのない人生を送りたいこと、
このことに気付かされたのです。

私はハ・ノラの気持ちが痛いほどに分かります。
いつ死んでもいいように、全力投球で生きて来ました。
今もそうして生きています。
のんべんだらりとテレビを観たりすることは極力しません。
そこで体験したことが後につながらないようなことはしない。
オリンピック?
なんですか?
今やっているのですか?





b0226423_21251963.jpg
b0226423_212588.jpg
b0226423_2125231.jpg
b0226423_21245622.jpg
b0226423_21245187.jpg
b0226423_21244137.jpg
b0226423_21243522.jpg
b0226423_21243012.jpg
b0226423_21242575.jpg
b0226423_21241988.jpg
b0226423_21241421.jpg
b0226423_2124863.jpg
b0226423_21235898.jpg
b0226423_21235331.jpg
b0226423_21234220.jpg
b0226423_21233618.jpg
b0226423_21233154.jpg
b0226423_21232574.jpg
b0226423_21231769.jpg
b0226423_21231299.jpg
b0226423_2123729.jpg
b0226423_212326.jpg
b0226423_21225638.jpg
b0226423_21225042.jpg
b0226423_21224420.jpg
b0226423_21223828.jpg
b0226423_21223229.jpg
b0226423_21222667.jpg
b0226423_21221888.jpg
b0226423_21221233.jpg
b0226423_2122594.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-15 21:28 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

1627 ロボグラフィ三昧(スピードパンクロ40mmF2をもって家を出て、あちこち巡歴)Part 2



私が手に入れた1930年代、40年代の映画用レンズたちは
たいていくたびれきっています。
使い倒されたのです。
まあ、定年までこつこつ働かされた万年課長みたいなものです。
簡単に言えば、私やあなたみたいなものです。

でも、一定範囲の仕事は手慣れたもので、
水際だった手さばきで仕上げてくれます。
スピードパンクロ40mmF2はその典型と言えそうです。

レンズ番号によれば、第二次世界大戦後の比較的新しいレンズ。
でも、描写は戦前のレンズよりも穏やかです。
使い倒された挙げ句の果てのレンズの性能の劣化のせいか、
それとも、レンズ描写の性格が変わったせいか、
私には分かりません。
でも、心地よいですね。

今回は西九条の広場での夏祭りの下稽古の場面まで。






b0226423_218052.jpg
b0226423_2175447.jpg
b0226423_217478.jpg
b0226423_2174028.jpg
b0226423_2173498.jpg
b0226423_2172653.jpg
b0226423_2171940.jpg
b0226423_2171280.jpg
b0226423_217440.jpg
b0226423_2165833.jpg
b0226423_2165228.jpg
b0226423_2164697.jpg
b0226423_2164062.jpg
b0226423_216347.jpg
b0226423_2162826.jpg
b0226423_2162255.jpg
b0226423_2161541.jpg
b0226423_216651.jpg
b0226423_2155789.jpg
b0226423_2155283.jpg
b0226423_2154686.jpg
b0226423_2153992.jpg
b0226423_2153331.jpg
b0226423_2152693.jpg
b0226423_215209.jpg
b0226423_2151398.jpg
b0226423_215626.jpg
b0226423_2145999.jpg
b0226423_2145360.jpg
b0226423_2144154.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-13 02:21 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

1626 ロボグラフィ三昧(スピードパンクロ40mmF2をもって家を出て、あちこち巡歴)Part 1



私がもっているスピードパンクロ族の一番長玉がこれです。
つまり、私でも買えるのは40mm、35mmが精一杯。
私がどの程度の資産家かがばれてしまいますね。
つまり、ただの年金生活者。
だから、今回のスピードパンクロ40mmF2も、
なけなしの財布をはたいて買った廉価版ぼろレンズです。
他のスピードパンクロ同様に、
ブラックペイントがかなりしっかり残っていますが、
やっぱりいかにも使い倒されたという感じ。

宮崎さんにライカMマウントに改造していただいたので、
リコーGX-Rに付きました。
実質60mm。

3回に分けてご覧頂きます。
まずは、①我が家からバス停まで、②ユニバーサルシティ、
③西九条駅西界隈のパート1をご覧頂きましょう。
どんな描写性を見せてくれるか、まず、とっぷり写真をご覧下さい。

ところで、液のポスターなんかの人の写真を、
まったく枠組みなしにバンバン撮っていますね。
私は森山大道さんのお説に賛成です。
目の前にある、写真にとれるものはすべて被写体として、
等価(イクイバレント)である。
大道さんの説を知るまでもなく、
私もロボグラフィに目覚めた30数年前からどっさり撮ってきました。
それが気に触るようでしたら、
このブログはほかにも気に入らないことが沢山ありそうです。
もうおいでにならないことをおすすめします。
私もそうしていますから。




b0226423_23371231.jpg
b0226423_2337672.jpg
b0226423_2337133.jpg
b0226423_23365427.jpg
b0226423_23364863.jpg
b0226423_23364381.jpg
b0226423_2336373.jpg
b0226423_23363284.jpg
b0226423_2336265.jpg
b0226423_23362156.jpg
b0226423_23361453.jpg
b0226423_2336986.jpg
b0226423_2336349.jpg
b0226423_23355741.jpg
b0226423_23355076.jpg
b0226423_23354455.jpg
b0226423_23353739.jpg
b0226423_23352374.jpg
b0226423_23351828.jpg
b0226423_2335677.jpg
b0226423_2335179.jpg
b0226423_23345357.jpg
b0226423_23344821.jpg
b0226423_23344269.jpg
b0226423_2334377.jpg
b0226423_23343111.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-11 23:39 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

1074 笑い(スピードパンクロ40mmf2でロボグラフィを撮ってみたら)



b0226423_22175053.jpg





私はスピードパンクロを3本持っています。
こう書いても、あまり自慢のできるコレクションじゃありません。
みんなもの凄いと言いたいほどに廉価版レンズたち。

それでも、25㎜F2と35㎜F2の描写はそれぞれに、
さすがスピードパンクロ! そう言いたくなるほど見事。

問題はこの40㎜レンズです。

    誰かさんにコーティングされてしまいました。
    おそらく疵だらけ、スモッグだらけの使い古しを手に入れて、
    ボケボケの画像しか撮れなかったのでしょう。

でも、レンズを研磨した上にコーティングをするって、
現代の七変化化粧法に似てはいませんか?

    やっぱり不自然。

それでも、どこか現代レンズにはない味わいがないわけではありません。
こんな写真を撮れるのですから、
これはこれで使ってあげなきゃ、という気持ちにさせられてしまいます。

    たいていの方は、使いたくない、という気持ちになるでしょうけど....
by Sha-sindbad | 2014-07-13 22:39 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

895 京風景(スピードパンクロ40mmf2だって、ソニーα7と相性よし!)



b0226423_22521662.jpg
b0226423_22521198.jpg
b0226423_22515073.jpg
b0226423_2252925.jpg
b0226423_22514641.jpg
b0226423_22515876.jpg
b0226423_22513056.jpg
b0226423_22514519.jpg





21日土曜日、東寺の仕舞い弘法を撮影した後、
午後は淸水坂から高台寺、八坂神社に至る道を撮影しました。

レンズは、スピードパンクロ40mmf2にスイッチ。

    古いノンコーティングレンズですが、
    誰かが誰かに研磨、コーティングを注文したようです。

    余計なことを!
    まるで高齢になったスターが整形で美しさを取り戻そうとする、
    それに似て、とても不自然で、とても不健全。

年齢のままに自然に振る舞える人に、
ある種の威厳を感じることがありませんか?

    レンズもまた老います。
    その老いの姿がまた美しい。
    その点では、人間と変わりがない。
    私はそう信じます。

ソニーα7に付けてみて、嬉しくなりました。

    このカメラのパラメータを最低に設定したおかげで、
    かなり地味なたたずまいを取り戻してくれました。
    どうやらライカM9よりも、設定変更は効き目がありそうです。
    雨だったことも幸いしているかも知れません。

でも、やっぱりちょっと「よそ行き」の顔をしている、
まだそんな感じがしますね。
このコーティングを剥ぎ取ることはできないのでしょうかねえ?

    これは冗談。
    整形美人を無理に元にもどそうとするようなもので、
    無理に無理を重ねても、ろくな結果になりませんね。
by Sha-sindbad | 2013-12-24 22:55 | SpeedPanchro40/2 | Comments(9)

672 春 (スピードパンクロ40mmf2は地味だけど、落ち着きがあって)



b0226423_21584043.jpg
b0226423_21583436.jpg
b0226423_21582061.jpg
b0226423_21581117.jpg





風景写真家の皆さんはラージスケールの写真専科です。
ロボグラフィの私はミニチュアスケールの写真専科です。

なんと器の小さいヤツなんだろう?
いつも足もとばっかり撮っている、
と、あきれかえっておられる向きもありそうですね。

私もあきれています。

    なんでこんなつまらないものたちに魅力を感じるのだろう?

でも、ありていに言えば、
私は、誰もが魅力を感じる美景は、観るだけでよいのです。

    誰もが魅力を感じないものを見つけることに情熱を感じるのです。

それを人がどう見ようと、知ったことか!
私の写真は、私だけがよいと思えば、それで終わり。

だから、色合いもできるだけ目立たない調子がいい。

    私の写真に、きれいな色は無縁、というより、邪魔です。
    くすんだ色もまた、世を忍ぶ隠れ蓑、というわけです。

リコーGXR/A12で撮りましたが、
シャープネス オフ、彩度、コントラストいずれも最低、
これが不動の設定。

    スピードパンクロ40mmf2は、地味そのもの
    けっして必要以上に自己主張しないけど、
    しっかりと形を出してくれます。
    だから、写真的な興味よりも、写されたものへの興味をかきたててくれます。
    ロボグラフィにふさわしい道具、そう言えそうです。
by Sha-sindbad | 2013-04-27 22:13 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

625  光へ (スピードパンクロ40mmf2は物語を予感させてくれる)



ついにスピードパンクロ50mmF2を手に入れることはできませんでした。
すこし、と言うか、沢山、と言うか、心残りではあります。

でも、縁というものはそんなものです。
人との出会いでもまったく同じことが言えますね。

    ある人とは出会い、ある人とは出会わない。
    運命の書にあらかじめ書き記されているかのように、
    すべての出会いは定められたとおりに起こるのかも知れません。

だとすると、人でも同様ですが、
レンズでも、私の手元に来たものは大事にしたいものです。

今日リコーGXR/A12に付けたのは、

    スピードパンクロ40mmf2

さすがに映画用レンズです。

    まるで今から一つの物語が始まるような予感。




b0226423_21364546.jpg

by Sha-sindbad | 2013-03-15 21:37 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

598  路地裏風景 (スピードパンクロ40mmf2は悠揚迫らざる横綱の風格で)



昨日持ち出したのは、クックの戦前の映画レンズ、

    スピードパンクロ40mmf2

宮崎さんに改造していただいたライカMマウントレンズ。
これをリコーGXR/A12に付けました。

たとえば小津映画では50㎜が活躍したそうですが、
アメリカの映画キャメラマンは40㎜を好んだと言われます。

    35㎜風に、ある程度深度を確保しながら、
    50㎜風に、対象をくっきりと浮き立たせる、
    この両面を同時に確保できるのが強みかも知れません。

私には見当もつきませんが、
35㎜映画の広さをカバーする画面でシーンを作るとき、
35㎜、40㎜、50㎜はそれぞれに独自の役割を持っていたのでしょう。

こんな風にレンズが違ううえ、ディスタンスも違うおかげで、

    小津の「東京物語」の重要なシーンのほとんどは四畳半程度の室内で、
    いつもかなり狭い空間を感じさせるのに対して、
    アメリカ映画の場合、戸外や邸宅の大広間のような、
    もっと広いシーンがどんどん活用されているので、
    いつもかなり広やかな空間を感じさせてくれます。

私の場合、40㎜を使っても、対象とのディスタンスは、
他のレンズの場合とまったく一緒。
私が前に行ったり、後ろに行ったり。

いつものとおり、昼食の往き帰りに撮った写真をごらん頂きましょう。

    小さな空間ですが、描写の性格がおっとりとして鷹揚なので、
    いつもより広やかな空気感を感じます。
    スピードパンクロはよいレンズなのです。




b0226423_1618861.jpg
b0226423_1618347.jpg
b0226423_16175813.jpg
b0226423_1616556.jpg
b0226423_16175227.jpg

by Sha-Sindbad | 2013-02-14 16:20 | SpeedPanchro40/2 | Comments(2)

437 村 (スピードパンクロ40mmf2はエネルギー感一杯で)



b0226423_0443351.jpg
b0226423_044183.jpg
b0226423_0413556.jpg





はっと気づきました。

私のお気に入りのレンズの一本、まだ記事にしていない。

    スピードパンクロ40mmf2

35㎜ばかり幾本も記事を書いてきたのに、なぜか失念。
折角ですから、3枚ごらん頂きましょう。

上の2枚は開放、3枚目はやや絞りました。
特筆すべきは立体感ですね。
35㎜と描写がとても似ています。
というか、双子のような共通性。

リコーGXR/A12に付けると、実効焦点距離60㎜。
かなり面白いレンズになっています。
もっともっと使わなくては。
by Sha-sindbad | 2012-08-31 18:26 | SpeedPanchro40/2 | Comments(2)