レンズ千夜一夜

カテゴリ:Sp.Anastigmat25/1.5( 63 )

1703 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 3-完-



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末から疾風怒濤の日々で、ブログ更新の余裕はほとんどない状態。
孫たちのお昼寝と入浴の合間を縫って、更新しましょう。

「人間は環境の産物である」

この言葉を巡って、そうなんだ、そうではないと、
長年論争がくりひろげられてきましたが、
どんな場合でもそうですが、
答えは、「yes and no」ですね。

環境を、人間の行動に因果関係を持つものの総体、と捉えたら、
もちろん、人間は環境によって形成されます。

でも、そのような総体のうちの、人間自身の心身(主体)を除く、
外界のすべて(客体)を環境と捉えるのであれば、
環境の影響は、主体の個性的な反応を引き出すことはあっても、
その反応はさまざまと言うことができ、
人間は必ずしも環境の産物とは言えないことになりそうです。

なんでこんなことを書いたかと言いますと、
先日、面白いことがあったのです。
友人の一人にメールでこんな趣旨のことを冗談に書いたのです。
「我が家では、妻が年末の大掃除のメモを作成し、
夫である私が実施します。
お宅では、逆でしょうね」
すると、彼の返事は、
「我が家では、私も妻も大掃除はしません(笑)」

徹底的に庶民の私には、そんな夫婦が存在するなど、
想像もしなかったので、びっくり仰天。
ほーーーー、そんな人もいるんだなあ..........!

私はかなり昔から大掃除を一手に引き受けてきました。
その代わり、妻がお正月のさまざまな仕事を受け持つという分担。
ボロ家で、しかも夫婦二人とも多忙で、整理整頓など無縁なので、
せめて年に一度は大掃除して、見違えるように美しくなって、
新年を迎えたいものです。
年末の数日間は重労働で、かなり疲労困憊しますが、
美しくクリーンアップされると、
心もまたブラッシュアップされたようで、清々しいものです。

でも、そんな作業をしたことがないなら、
人生の稀少な喜びの一つを逃している、
私はそんな感じがしてしまいます。

でも、そんな懸念は無用だよ、
あなたの知らない、はるかに高度な喜びで心をブラッシュアップできるから、
友人はそう答えるでしょう。

この格差はあまりにも大きいなあ、
ああ、やっぱり人間は環境の産物なんだなあ、
私はそう心から感じたのでした。

そして、レンズ学に上記の教訓を生かすとすれば、こうでしょう、
「写真はレンズの産物である」
スピードアナスチグマート25mmF1.5がこの言葉を見事に立証してくれました。
大阪西九条から奈良の大和西大寺にレンズは移動しました。
どこに行っても、スピードアナスチグマートは自分の個性を写真に刻印します。
私の個性は?
私にだって、個性がないわけではありません。
でも、自分の個性を写真に表現できる腕などない私です、
すべてをレンズに譲って楽しみましょう。





b0226423_17335152.jpg
b0226423_17334423.jpg
b0226423_17333425.jpg
b0226423_1733275.jpg
b0226423_17332043.jpg
b0226423_1733103.jpg
b0226423_1733213.jpg
b0226423_17325491.jpg
b0226423_17324750.jpg
b0226423_17323970.jpg
b0226423_17323271.jpg
b0226423_17322581.jpg
b0226423_17321864.jpg
b0226423_17262554.jpg
b0226423_17261755.jpg
b0226423_17261053.jpg
b0226423_1726436.jpg
b0226423_17222345.jpg
b0226423_17221633.jpg
b0226423_17221017.jpg
b0226423_17215948.jpg
b0226423_17215287.jpg
b0226423_1719262.jpg
b0226423_17191976.jpg
b0226423_171998.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-01 13:35 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1654 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 2



スピードアナスチグマート25mmF1.5を一言で表現すれば?
「穏やかなリアリズム」
でしょうか?

現代レンズを一言で表現すれば?
「皮の裏まで暴き出す超リアリズム」
でしょうか?

でも、ときおり、体験したことのない、ペンキカラーも。
「視覚を超えたモダンアート」
という側面もありそうです。

私は、銀塩写真の喜びを満喫してきた写真家たちが、
超リアリズムを喜び、モダンアートに至福をお感じになる気持ちが、
ぜんぜん理解できません。
私は自分の夢を写真で見たい、
現代カメラの機械仕掛けの夢なんか見せられたくない、
そんな気分ですね。

私がレンズに見せてほしい夢って、
スピードアナスチグマート25mmF1.5が撮ってくれる、
こんな写真たち。




b0226423_1039565.jpg
b0226423_10394997.jpg
b0226423_10394270.jpg
b0226423_10393599.jpg
b0226423_10392715.jpg
b0226423_10392291.jpg
b0226423_10391564.jpg
b0226423_1039749.jpg
b0226423_1039053.jpg
b0226423_10385180.jpg
b0226423_10384155.jpg
b0226423_10383511.jpg
b0226423_10381789.jpg
b0226423_103856.jpg
b0226423_1037598.jpg
b0226423_10375167.jpg
b0226423_10374345.jpg
b0226423_10373641.jpg
b0226423_1037299.jpg
b0226423_10372328.jpg
b0226423_10371670.jpg
b0226423_1035879.jpg
b0226423_1034567.jpg
b0226423_10344685.jpg
b0226423_10343342.jpg
b0226423_10342130.jpg
b0226423_10341434.jpg
b0226423_1034783.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-22 11:31 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1653 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 1



表題のように書きますと、
人気ブログなら、ただちに反論が出て来るでしょうね。

「hologon158さんの意中のレンズはホロゴンじゃありませんか?
そんなホロゴンをさておいて、幾つ収集するつもり?」

いいじゃないですか?
人間の配偶者はたった一人ですが、
レンズなら、意中の珠玉が幾つもあっていいじゃありませんか?
この世には、この逆の人だって一杯いるような感じですが................?

25mmF1.5ではキノプラズマートと、このスピードアナスチグマート、
この2本が私の意中のレンズたち。
もちろんもっと立派な描写をしてくれるレンズは数知れませんね。
でも、私の場合は、ここにいわゆる「立派な描写」など不必要。
このスピードアナスチグマート25mmF1.5、
ぼんやり画質が一番似合います。





b0226423_2141047.jpg
b0226423_214451.jpg
b0226423_213589.jpg
b0226423_213526.jpg
b0226423_213475.jpg
b0226423_2134163.jpg
b0226423_213353.jpg
b0226423_2132941.jpg
b0226423_2132290.jpg
b0226423_2131691.jpg
b0226423_213966.jpg
b0226423_213316.jpg
b0226423_2125787.jpg
b0226423_2125164.jpg
b0226423_2124593.jpg
b0226423_2123871.jpg
b0226423_2123315.jpg
b0226423_2122689.jpg
b0226423_212202.jpg
b0226423_2121497.jpg
b0226423_212932.jpg
b0226423_212361.jpg
b0226423_23223931.jpg
b0226423_23195920.jpg
b0226423_23195280.jpg
b0226423_23185946.jpg
b0226423_23185354.jpg
b0226423_2318469.jpg
b0226423_210225.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-21 02:16 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1613 大正エレジー(スピードアナスチグマート25mmF1.5が描くDecline and Fall)Part 2 

 
                                             スピードアナスチグマート25mmF1.5、
残りの32枚もごらん頂きましょう。

ホロゴンウルトラワイドと出会うまでの私は、
ストリートフォト専科でしたが、今から見返してみますと、
その半ばはすでにロボグラフィでした。

でも、コンタックス、ハッセル、コンタレックスの
現場再現性に富んだコントラストの良いツァイスレンズを愛用していたのです。
現場(現実の場)を幻場(幻想の場)に一変させてしまうような、
私のいわゆるメタモルレンズへの志向はまだ芽生えていませんでした。

その時代に、クラシックカメラの愛好者たちと語り合っても、
ダルメイヤーはとても評判の悪いレンズでした。
ダメメイヤーとかダルメヤー(大阪弁です)というような異名を耳にしました。
ボケレンズの会社、そんな評判ばかり聞いていたのです。
映画用レンズのことなどまったく未知の世界でした。

考えようによっては、私も長い間レンズの神秘に目覚めなかったのです。
多くの人から見ますと、逆に、私は久しく迷路に迷い込んだまままのです。
おかげで、我がブログを訪問する方もほとんどないままに、
この迷路をあっちにふらふら、こっちにふらふら。
そんな迷路の案内者である古代レンズの中でも、
ダメメイヤーはすっかり私のよき先達となってくれています。

私の大正区の迷路巡りも見ようによってはボケボケ写真の堆積。
思えば、このようなボケ写真に悦楽を感じるようになった私の人生、
どこかで歪んじゃったのでしょうねえ。

でも、と、いつもながら、つい反撃に出てしまいますね。
歪まない人生って、どんな人生?
私はゴメンですね。

実生活上でもネット上でも変わりがありません、
私の大好きな友人たちはみんな変わっていますよ。
それもかなり大きく。
思えば、私は小学生の頃から秀才、優等生が大嫌いでしたね。





b0226423_1582361.jpg
b0226423_1581639.jpg
b0226423_158115.jpg
b0226423_158559.jpg
b0226423_1575897.jpg
b0226423_1575356.jpg
b0226423_1574332.jpg
b0226423_1573956.jpg
b0226423_1573422.jpg
b0226423_1572843.jpg
b0226423_1572316.jpg
b0226423_1571291.jpg
b0226423_157720.jpg
b0226423_157179.jpg
b0226423_1565475.jpg
b0226423_1564917.jpg
b0226423_1564356.jpg
b0226423_1563861.jpg
b0226423_1563112.jpg
b0226423_1562629.jpg
b0226423_1562094.jpg
b0226423_1561530.jpg
b0226423_156932.jpg
b0226423_156392.jpg
b0226423_1555725.jpg
b0226423_1555186.jpg
b0226423_1554557.jpg
b0226423_1554080.jpg
b0226423_15534100.jpg
b0226423_1552879.jpg
b0226423_1552031.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-18 15:43 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1522 西大寺(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久々に楽しんだ)Part3



私も長い間写真を楽しんできました。
沢山の写真を観てきました。

昔からそうですが、私の選択基準はいつも一つでした。
自分の感じるがままに撮っているか?
ただ、それだけ。

良い写真を撮ろう!
人がびっくりするような写真を撮ろう!
そんな下心、魂胆が見えると、もう駄目ですね。
たいていの写真からはそれが見えてきます。
もう20年、写真雑誌をのぞいたことがありません。
コンテスト写真はまっぴらごめん。
ブログもほとんど訪問していません。
アマチュア写真家の世界から絶縁状態に。
作られた傑作を観て、たじたじとなることもないし、
人に自分の写真をとやかく言われることもなくなりました。
おかげで、ひっそりと自分の人生を楽しむことができます。

大和西大寺での二胡演奏家陳少林先生の揚琴伴奏レッスン。
この日は撮影時間がありませんでした。
やむなく急ぎ足のまま撮影しました。
最後に、レッスン会場のビルだけは足を止めました。
足場を組んでのビル修理風景なんて、滅多に見られませんからね。




b0226423_15114323.jpg
b0226423_15113852.jpg
b0226423_1511318.jpg
b0226423_15112642.jpg
b0226423_15112089.jpg
b0226423_15111440.jpg
b0226423_1511733.jpg
b0226423_1511116.jpg
b0226423_15105523.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-24 15:14 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1521 西九条(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久々に楽しんだ)Part2



まだ出会ったことはありませんが、
金鉱とか地下水を感知する人がいるようですね。
芸術的な直感もそれに近い離れ業なのでしょう。
もって生まれた貴重な才能です。
でも、才能と言うためには、我がため、人のため、世のために役立つ、
そんな条件があるようです。

ロボグラフィに出会える能力って、我がために役立つのですが、
人のため、世のために役立つという条件にはどうも達しないようです。
でも、ここだけの話ですが、それがどうした?
自分に役立つのだったら、それで十分。
人のため、世のために役立つんだけど、我がためには役立たない、
そんな才能で我が身を滅ぼした人たちが歴史を埋めているのですから、
私は運が良かった、そう信じたいものです。

スピードアナスチグマート25mmF1.5って、
私には第一級のロボグラフィ探知機。




b0226423_014231.jpg
b0226423_013524.jpg
b0226423_012140.jpg
b0226423_011554.jpg
b0226423_01728.jpg
b0226423_01099.jpg
b0226423_00532.jpg
b0226423_004523.jpg
b0226423_00389.jpg
b0226423_003146.jpg
b0226423_002338.jpg
b0226423_001615.jpg
b0226423_00983.jpg
b0226423_00235.jpg
b0226423_23595634.jpg
b0226423_23584861.jpg
b0226423_23584294.jpg
b0226423_23583588.jpg
b0226423_23583076.jpg
b0226423_23582596.jpg
b0226423_23581988.jpg
b0226423_23581465.jpg
b0226423_2358891.jpg
b0226423_2358387.jpg
b0226423_23575554.jpg
b0226423_235750100.jpg
b0226423_23574356.jpg
b0226423_235737100.jpg
b0226423_2357328.jpg
b0226423_23572684.jpg
b0226423_23572054.jpg
b0226423_23571499.jpg
b0226423_2357971.jpg
b0226423_2357061.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-23 23:59 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1518 ユニバーサルシティ(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久々に楽しんだ)



2月8日月曜日、揚琴レッスンのはしご日です。
オリンパスE-PL1に定番、と言いつつ、久しぶりに付けたのが、
ダルメイヤー
スピードアナスチグマート25mmF1.5
キノプラズマート25mmF1.5と並ぶ、Cマウントのぼけレンズの双璧。

気温は低いけど、陽光の強さは春近しを告げています。
レンズは常に開放なので、感度を最低の100にセット。
それでも、かなりのショットがオーバー、それも過剰なオーバーに。
でも、これは私にとっては夢レンズです。
撮りたいものを、こんな風に撮りたかったと思う以上の
夢見心地に仕上げてくれます。

そこで、突然、気がついたことがあります。
そうだ!
撮影仲間に「これ、いいですよ」と勧めるのはやめよう!
よけいなお世話だし、
第一、夢を壊してしまいかねません。

自分で見つけ、自分で心の中に「こうなるんだろうな」と夢を見て、
撮ったものを見ると、その予想とはまるで違ったなにかが浮かび上がる。
発見と結果予測と現実の結果、
この3段階での思いのギャップが乱高下する、
それが喜びの源泉。
その最大の喜びが発見にあります。
それなのに、友人から発見の喜びを奪ってしまっている。
罪ですね。

逆に、友人にも平気で教えていただくのがこれまででした。
独創性などかけらもないので、独創にこだわらないからです。
でも、やっぱり発見の喜びが自分のものです。
友人たち、私の好みを知り尽くしているから、
よく「これ、ここにありますよ」と教えてくれます。
そのたびに、「ありがとさん」とお礼を言って、
喜んで撮らせていただくのが常でした。
これもやめましょう。

もちろん独創性のためではありません。
写真趣味の最大の喜びがこの発見にあります。
その喜びを放棄するのは、馬鹿げていますね。
友人からこんな風に言われるようなものです、
「君、すばらしい女性と出会ったんだよ、
だから、これまでつきあっていた女性、
よかったら、君に譲るよ」
とても無茶な、女性に失礼な比喩ですが、
他意はないので、お許しください。
よくよく考えたら、被写体を教えあうという行為、
これに近いのではないでしょうか?
自分にも友人にも被写体にも、全部、よくないことです。
やめましょう。

さて、スピードアナスチグマート、
オーバー気味もたくさん混じりましたが、
やっぱり良い雰囲気ですね。
その過剰とも言えるぼけ味は、
レンズ設計者の意図に沿ったものとは言えないのでしょう。
オリジナルのフォーマットよりも無理を強いるカメラで使うことで生じた、
副次効果なのですから。

でも、設計者に遠慮する必要はありませんね。
このあからさまなぼけ味こそ、このレンズの身上。
今日は一人だったので、全部正真正銘私の発見。
人には分からぬ喜びを私一人感じる、
これが醍醐味ですね。

以前に富士フォトサロンの出展者が観客にした驚愕の説明を思い出しました。
「わたしら、特別なんやからね。
こんな特別な場所をよーく知ってる写真家に連れていってもらって
撮るんだから!」
あなたは、どちらをとりますか?




b0226423_22232192.jpg
b0226423_2223153.jpg
b0226423_2223870.jpg
b0226423_2223287.jpg
b0226423_22225616.jpg
b0226423_2222502.jpg
b0226423_22224360.jpg
b0226423_22223658.jpg
b0226423_222229100.jpg
b0226423_22213187.jpg
b0226423_22212438.jpg
b0226423_22211381.jpg
b0226423_2221451.jpg
b0226423_22205696.jpg
b0226423_2220496.jpg
b0226423_2220425.jpg
b0226423_222035100.jpg
b0226423_22194677.jpg
b0226423_2219409.jpg
b0226423_22193485.jpg
b0226423_22192871.jpg
b0226423_22192373.jpg
b0226423_22191721.jpg
b0226423_22191134.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-16 22:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)