レンズ千夜一夜

カテゴリ:CineEktar25/1.9( 4 )

1211 氷雨の中で (エクター25mmF1.9はエクター族の鬼っ子、それとも秘蔵っ子?)


12月16日火曜日は孫の家に応援に参りました。

朝9時、保育園に向かう長男プリンスにお別れし、
午後1時、ママが帰宅するまで長女プリンセスと一緒にいました。

    猛烈にかわいい!
    かなり足が長くなって、美人になりそう!
    おしめを代えて、ミルクを上げたら、ぐっすり眠ってしまいました。
    私が行くと、たいていよく眠ります。
    私のやさしい心が安心感を与えるからです。
    私はそう信じています。

今日はClub Sei-G写真展の初日。
スポットライトに照らされた写真たちに会いたくて、
午後1時半頃、孫の家を出たのですが、
駅まで撮影しつつ15分歩いただけで、帆布バッグはぐっしょり。
雨脚はさらに激しくなるようで、
これじゃ来客もあまり沢山見込めないのでは、と断念しました。

こんな日でも撮影します。
というより、本心では、雨の日こそレンズたちの出番。

    コダックの16mm映画用レンズにCマウントアダプタを付けたレンズ、
         シネエクター25mmF1.9
    これをオリンパスE-PL1に付けました。

かなり傷だらけのぼろレンズです。

    本来は別マウントなのですが、Cマウントアダプタが特製されています。
    ところが、雨のせいか、このアダプタの中でレンズが廻ってしまう。
    その度に、ぐっと締め直すという作業を繰り返しつつ撮影。
    でも、写りはぴっかぴか。

エクターには名にし負う名レンズが目白押しです。

    コダック社は、レンズ設計、コンセプトとは関係なく、
    高品質のレンズにエクターの名を冠したと聞いたことがあります。

    シグネットのエクター44mmF3.5
    レチナのエクター47mmF2
    エクトラのエクター50mmF2
    
全部その通りの名レンズです。
私の好みはこの順序。

でも、このエクター25mmF1.9を使う度に感じます、

    もしかすると、こちらのボロレンズの方が1番かな?
    15分で81枚撮り、47枚選びました。
    それほどに気に入った写真がばんばん撮れるのですから。




b0226423_1416382.jpg
b0226423_14155496.jpg
b0226423_14154825.jpg
b0226423_14154334.jpg
b0226423_14153793.jpg
b0226423_14153114.jpg
b0226423_14152517.jpg
b0226423_14152078.jpg
b0226423_14151361.jpg
b0226423_1415840.jpg
b0226423_1415085.jpg
b0226423_14145572.jpg
b0226423_14144867.jpg
b0226423_14144132.jpg
b0226423_14143560.jpg
b0226423_14142938.jpg
b0226423_14142380.jpg
b0226423_14141343.jpg
b0226423_140161.jpg
b0226423_13595293.jpg
b0226423_1359475.jpg
b0226423_13594188.jpg
b0226423_13593655.jpg
b0226423_13592568.jpg
b0226423_1359209.jpg
b0226423_13591411.jpg
b0226423_1359894.jpg
b0226423_1359317.jpg
b0226423_13585865.jpg
b0226423_13585123.jpg
b0226423_13584564.jpg
b0226423_13584094.jpg
b0226423_13583321.jpg
b0226423_1358265.jpg
b0226423_13581844.jpg
b0226423_1358996.jpg
b0226423_1358342.jpg
b0226423_13575072.jpg
b0226423_13574451.jpg
b0226423_13573671.jpg
b0226423_13573069.jpg
b0226423_1357248.jpg
b0226423_13571616.jpg
b0226423_1357944.jpg
b0226423_1357423.jpg
b0226423_13565769.jpg
b0226423_14191362.jpg

by sha-sindbad | 2014-12-18 14:19 | CineEktar25/1.9 | Comments(0)

878 一歩、冬へ(シネエクター25㎜F1.9はコダックの赤が印象的)



b0226423_2201330.jpg
b0226423_2203930.jpg
b0226423_2203472.jpg
b0226423_2202989.jpg
b0226423_2202892.jpg
b0226423_21594674.jpg
b0226423_21594110.jpg
b0226423_220586.jpg
b0226423_220673.jpg
b0226423_21592668.jpg
b0226423_2202384.jpg
b0226423_2202476.jpg
b0226423_21594725.jpg
b0226423_21593553.jpg
b0226423_220263.jpg
b0226423_21592061.jpg
b0226423_21591560.jpg
b0226423_21595222.jpg
b0226423_2159962.jpg
b0226423_2159361.jpg




ひさしぶりにコダックのレンズを持ち出しました。

    CineEktar25mmF1.9

    エクトラのレンズたちに通じる城砦風、
    無骨な作りのシルバーレンズです。

コダックの会社色はどう考えてもイエローですが、
レンズに限っては、どうやら赤を大事にしたようです。

    たいていのエクターレンズは多かれ少なかれ、
    とてもあたたかい色に上がります。

私としても、冷色気味のレンズに出会うと戸惑います。
レンズ会社のポリシーとして冷色を強調するはずがありませんので、
カメラとの相性にすぎないのかも知れませんが、
CRT上に冷ややかな写真が出現しますと、
冷水を浴びせられたような気分になってしまいます。

    シネエクターの場合、そんな心配はありません。
    色味があたたかいだけではなく、とても美しいコントラストで、
    文句なしの画像をプレゼントしてくれます。

目利きがチェックすると、さまざまの欠点があるのでしょう。

    私は気にしていません。
    その欠点が画像に出る出方によっては、
    曜変のような変幻を生み出してくれますので、
    レンズ光学上の欠点の多くは、たいていの場合、
    私にとってあることがのぞましいメタモルフォーゼギア。

レンズとしては欠点だらけのレンズの方が好ましいと考える人間が
こうしてレンズ紹介をするのですから、
このブログは、オーソドックスなレンズ志向の人向きでないことは明らか。

    いかなる収差もゼロの完全レンズを理想とされる人なら、
    クラシックレンズは無縁とお考えになることですね。

完全無欠な人間も完全無欠なレンズも近くにいてほしくない、
そんな方だけご覧になってくださいね。
by Sha-sindbad | 2013-12-06 22:04 | CineEktar25/1.9 | Comments(4)

658 春色 (シネエクター25㎜F1.9の開放は春の光に溢れ)



b0226423_22425913.jpg
b0226423_22424861.jpg
b0226423_22424036.jpg





コダックのCマウントレンズ、

    シネエクター25㎜F1.9

エクトラの交換レンズ群と設計者が同じなのでしょうか?
外観がかなり似ていて、
まるで鉄仮面が幽閉された砦のように、
小型ながら、ごつごつと屹立します。

ただし、使ってみると、たちどころに判明します。

    これは廉価版なんだ。

    絞りリングもヘリコイドリングも波状に切り込みが入って、
    一見ホールディングが良さそうに見えるのですが、
    この切り込みがただ工作しただけのようで、
    突起部分の指のかかりが鋭角的で痛いのです。

朝、バス停近くで撮りました。

    全部開放1.9。
    コダックらしく、画像はやや赤みがかかりますが、
    厚みもあって、あたたかい雰囲気がとてもいい。

使って楽しいレンズですね。
by Sha-sindbad | 2013-04-19 22:56 | CineEktar25/1.9 | Comments(0)

415  植木鉢 (コダックのシネエクター25mmF1.9は純粋にエクター族だった)



b0226423_19131416.jpg





コダックのエクターというレンズ、ただものではありませんね。

一杯名レンズがあります。

    ミリタリーカードンやレチナに付いているエクター47mmf2、
    エクトラに付いているエクター50mmf1.9、
    シグネット35に付いているエクター44mmf3.5、等々。

噂では、同じレンズデザインというわけではなく、
一定水準を超える高性能レンズにコダックはエクターを冠した、
と言うことだそうです。

今日の出勤に携えたのは、Cマウントレンズのエクター。

    シネエクター25mmF1.9。

生き生きとして、とてもあたたかで、臨場感を出してくれます。
やっぱりエクター、やっぱりシネレンズ。
他のエクターたちにけっして負けない、そう言いたいですね。
by Sha-sindbad | 2012-08-08 19:14 | CineEktar25/1.9 | Comments(0)