レンズ千夜一夜

カテゴリ:RapidRectilinear72/8( 2 )

1510 バス停まで(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8なら幻想的現実に会える)



私が持っていたベス単のレンズは、
ラピッド・レクチリニア72mmF8。

今回のダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8の原形は、
メニスカスアクロマート110mm。

どう違うのか?
私には分かりません。

本ブログには、前者の作例がたった一つ。
つまり、その描写にそんなに興奮しなかったようです。
だから、1回の出番で、お蔵入りしています。

今回のダブルメニスカスアクロマートの写り具合には、
なぜか興奮してしまいました。

レンズの違いばかりではなさそうです。
私が変わったのでしょう。
ペッツヴァールレンズに出会って以来、
私のメタモルフォーゼ傾向はさらに劇的に前進しているようです。

でも、そんな風に私が幻想に傾斜しているのは、
現実がいやになるほどに悪化しているから、
そう考えることができそうです。

実に芯がしっかりしているのに、ソフト。
夢の世界がこれほどに堅固な地盤の上に築かれているのであれば、
私も夢の世界に入り込んだままで居たい、
そんな気持ちを抱かせてくれます。




b0226423_22512982.jpg
b0226423_22511926.jpg
b0226423_22511263.jpg
b0226423_2251627.jpg
b0226423_2251015.jpg
b0226423_22505514.jpg
b0226423_22505078.jpg
b0226423_22504512.jpg
b0226423_22503997.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-03 22:53 | RapidRectilinear72/8 | Comments(0)

372 野道 (ベス単のラピッド・レクチリニア72mmF8初登場)



ヴェスト・ポケット・コダック(Vest Pocket Kodak)
ベス単の名前で人気を呼んだ古代カメラ。

さまざまなレンズがついていたようです。
最初は、1群2枚のメニスカス単玉72mmF11。
私が見つけたのは、ラピッド・レクチリニア72mmF8。

2群4枚なので、単玉とは言い難い。
調べてみると、ダルメイヤーのレンズなのです。
嬉しいですね。

このレンズをペンタックスKマウントチューブに付けたもの。
数千円で買えるのですから、飛びつきました。

Kマウントアダプタで、ソニーNEX-5Aに付けることができます。
でも、F8とやはり暗いうえ、実効108㎜なので、
ソニーNEX-5Aにつけてのピント合わせの難しいこと。
使い慣れるには、かなり時間がかかりそうです。

とりあえず、サンプルを一枚。




b0226423_2135146.jpg

by Sha-sindbad | 2012-06-27 21:37 | RapidRectilinear72/8 | Comments(2)