レンズ千夜一夜

カテゴリ:Ultron50/2( 3 )

902 明日に向かって(ウルトロン50㎜F2にだって明るい未来を招き寄せてほしい)



b0226423_18554470.jpg
b0226423_18545349.jpg





フォクトレンダーという会社、
もし通だけがレンズユーザーで、
しかも、そのユーザーたちが沢山いたとすれば、
もしかすると、ツァイス、ライカ以上に成功したかも知れません。
レンズもカメラもそう思わせるほどに見事なものを輩出しました。

でも、惜しむらくは、
一貫した企業戦略、方針というものがなかったように思われます。

    天才的な技術者たちがてんでばらばらに傑作を生み出したという感じ。
    いつも、あとが続かなかった。

でも、そのお陰で、50㎜標準レンズにも、3種の名レンズ、
ノクトン、ウルトロン、カラースコパーを生み出しました。

    それぞれにはっきりと区別される特徴がありますが、
    私はまだその実態をはっきりと比較対照できないまま。
    これからの課題となりそうです。

私のウルトロン50㎜F2は、プロミネントに付いていたもの。
ヴィテッサという見事な一体型カメラのウルトロンの開放は、
とても柔和で暖色系のあたたかい画像でした。

    フィルムとデジタルの違いでしょうか?
    ライカM9に付けたプロミネント・ウルトロンは明快そのもの。
    色もニュートラルで、シャープネスも中庸。

それでも、今回の一枚はかなり暖色系で、ふっくらとしています。
でも、この程度じゃ、とても個性的なノクトン、カラースコパーに挟まれて、
大向こうを唸らせる売りに欠ける感じがしないわけではありませんが、
これはこれでなんら過不足がない画像。

    そのこと自体、名レンズのしるしなんじゃないかな?
    そう考えて、やはり大事に使いたいと思わせられてしまいます。

それがフォクトレンダーの味、なのかも知れません。
by Sha-sindbad | 2014-01-02 18:55 | Ultron50/2 | Comments(0)

831 日本人形(ウルトロン50㎜F2でも日本人形を撮っていた)



b0226423_18185773.jpg





すぐれた人形作家を知ったばかりに、
人形にすぐ眼が走ります。

今日は一日中家に籠もっていました。
昨日は、風邪で9度を超す孫の家で、
孫の相手をして過ごしました。
二日間、写真を撮っていないわけです。

さて、レンズ千夜一夜になにを出そうか?
ふっとウルトロン50㎜F2の名前を写真フォルダの中に見つけました。
近ごろ取り上げていません。

    フォルダを開いてみると、
    日本人形が一枚あるではありませんか?
    フォクトレンダーらしい描写です。

これは載せないわけには参りませんね。
by Sha-sindbad | 2013-10-14 18:20 | Ultron50/2 | Comments(5)

317 陶人形 (ウルトロン50㎜F2はかなり線の太いレンズらしい)



b0226423_22412634.jpg




フォクトレンダーのプロミネントⅡ

金属の固まりのような、重いカメラです。
巻き上げは重いうえに、2回巻き上げ。
たいていのカメラは右手で右肩を持ち、
右人差し指をシャッターに置き、
左手はレンズ鏡胴を巻いて、
カメラを支えながら、ヘリコイドを回します。

ところが、プロミネントは、
レンズ鏡胴にフォーカシングリングを探しても無駄。
なんと左肩ノブがそれなのです。

おかげで、両手の平でカメラを支えつつ、
両手人差し指、親指をカメラの両肩にかけて、
操作しなければなりません。
このあたりの操作に慣れれば問題はないのですが、
その姿はややダサイ感じがしてなりません。

メカニズム、構造上の必要からそうなったのかも知れませんが、
そのファサードのデザインはベッサにそっくり。
つまり、シンプルに左右対称形を狙っている感じ。
もしかすると、デザイン先行型かも知れません。

でも、使いやすいのは大窓のファインダー。
等倍です。
基線長は大変に短いのですが、
明るいので、ピント合わせがかなりしやすい。

でも、まだこれで撮ったことがありません。
久しぶりにノクトンを付けてみました。
これはこれで見事なカメラ!

巻き上げレバーがワンタッチで立ち上がったり、
ワンタッチで裏蓋が開いたり、
カラー、モノクロ、フィルムの違いを表示したり、と
いろいろ面白い工夫もあります。
重いけど、使ってみたくなりました。

今回は、ライカM9にアダプタでセットした、

    ウルトロン50㎜F2。

以前、ビテッサ付きウルトロンを使っていましたが、
あたたかく、ほんわかとして、線が太い、
だけど、ピントはきちんと合っているあたり、
開放描写はかなり似ています。

これもまた、独特の個性に満ちた標準レンズなのです。
by Sha-sindbad | 2012-04-30 22:43 | Ultron50/2 | Comments(3)