レンズ千夜一夜

カテゴリ:Herar35/3.5( 1 )

295 落水 (ヘラー35㎜f3.5は戦前ツァイスのまぼろしのレンズだった)



b0226423_11481843.jpg




ヘラー35㎜f3.5

もちろん私の所有ではありません。
ジオグラフィックさんに使わせていただきました。

ホームページ「寫楽彩」(http://www.syarakuse.com/)で、
2群4枚のレンズとして、1938年からCarlZeissJenaで1000本製造、
ただし、市場のレンズのシリアル№からは500本程度では?
とお書きになっています。
とんでもない珍品レンズ。
地面にしゃがんで、バッグの上で丁重にレンズ交換。
これがすべてのレンズ交換の作法ですね。

次第に雲行きが怪しくなって、かなり暗い二月堂で撮りました。
私はこの龍が大好きなので、よく撮ります。

ヘラーの開放で撮ろうとしていると、
参拝客が杓子を差しだしました。
水盤からの滴りが杓子の水にしぶきを上げています。

私はそんなことに気づかず、何げなく、龍を撮っただけ。
でも、神様はピントを杓子に合わせてくださいました、
と、言いたいところですが、どっこいそうはまいりませんね。
無神論者で、神頼みはしないことにしていますので、
神社仏閣教会神域で手を合わせたことのない人間。
そんな私に神様が味方してくださるはずがない。

これは単なる偶然ですね。
(開放値が3.5だと、この程度には合うという説もあります)

私のように、のべつ幕なしシャッターを落としていますと、
こんな偶然の拾いものが一杯あります。
偶然の拾いものが楽しみで撮っている向きもありますね。
by Sha-sindbad | 2012-04-08 12:06 | Herar35/3.5 | Comments(0)