レンズ千夜一夜

カテゴリ:Enlarg.Anastigmat50( 14 )

1559 加美(エンラージングアナスチグマート50㎜で撮る下町はひと味違い)



4月8日、孫プリンセスの具合がまだ良くないので、
応援に参りました。
お兄ちゃんの用2つをママが済ませるまで、
孫プリンセスと留守番です。
もうほとんど全快状態で元気。
なんでも自分でやりくりしながら遊べるので、
私も楽です。
あっという間に時間が経ち、任務完了。
かなり暗くなって孫のマンションを出ました。

ソニーα7に付けたダルメイヤーの引き伸ばし用レンズ、
エンラージングアナスチグマート50㎜F3.5は、
絞るとどんな風になるか、私は知りません。
ほとんどのレンズと同様、開放でしか撮らないからです。

一般的に、絞れば絞るほど、固くなり、現実感が増し、
開けば開くほど画像が柔らかくなって、幻想的になります。
写真の画像が現実感を増せば増すほど、
私の気持ちは冷えていきます。
幻想的になればなるほど、心が躍ります。

さて、このレンズはどうでしょうか?




b0226423_19343875.jpg
b0226423_19343330.jpg
b0226423_19342091.jpg
b0226423_19341355.jpg
b0226423_1934710.jpg
b0226423_1934142.jpg
b0226423_19335533.jpg
b0226423_19335065.jpg
b0226423_19334231.jpg
b0226423_19333632.jpg
b0226423_19333083.jpg
b0226423_19332553.jpg
b0226423_19332093.jpg
b0226423_19331492.jpg
b0226423_1933844.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-13 19:36 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(5)

1558 落花狼藉(エンラージングアナスチグマート50㎜は奈良町で開花した)



ダルメイヤーの引き伸ばし用レンズ、
エンラージングアナスチグマート50㎜F3.5は、
私にとっては、信じがたいほどの名玉。
平面性が命の引き伸ばし用レンズなのに、
この立体感、生命感はなんだろう?
撮る度に、驚嘆せざるを得ません。

覆面の暗闇の影にひっそり生きてきた黒子が、
覆面を取って、明るく脚光を浴びたとき、
ああ、なんということだ、絶世の美女だった、
そんな感じ。

そう言ったら、大げさ、と思う方がほとんどでしょうね。
でも、私にはこんな描写が美しいと思えるのです。




b0226423_055892.jpg
b0226423_055275.jpg
b0226423_054788.jpg
b0226423_053834.jpg
b0226423_053396.jpg
b0226423_052715.jpg
b0226423_051380.jpg
b0226423_05744.jpg
b0226423_05113.jpg
b0226423_045590.jpg
b0226423_044971.jpg
b0226423_043444.jpg
b0226423_042981.jpg
b0226423_042326.jpg
b0226423_041533.jpg
b0226423_04871.jpg
b0226423_04255.jpg
b0226423_034957.jpg
b0226423_034239.jpg
b0226423_033612.jpg
b0226423_033084.jpg
b0226423_032467.jpg
b0226423_031236.jpg
b0226423_03745.jpg
b0226423_03267.jpg
b0226423_025774.jpg
b0226423_025119.jpg
b0226423_024551.jpg
b0226423_023845.jpg
b0226423_023156.jpg
b0226423_022585.jpg
b0226423_021655.jpg
b0226423_02526.jpg
b0226423_015530.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-12 23:58 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1473 朝(ダルメイヤーはいつもながらの中庸の描写で存在感を)



先週土曜日はソニーα7に久しぶりのレンズをつけました。
ダルメイヤーの引伸し用レンズ、
エンラージングアナスチグマート50mmF3.5

私が愛する名レンズの一つです。
ダルメイヤーらしいぼけレンズではありませんが、
どこまでもやわらかい描写性にしびれます。
最短撮影距離が1m程度なの、私には不便ですすが、
それでも最高、そう言いたくなるレンズ。




b0226423_22411194.jpg
b0226423_2241639.jpg
b0226423_2241361.jpg
b0226423_22405825.jpg
b0226423_22405292.jpg
b0226423_22404553.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-12-12 22:42 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1171 西大寺で (エンラージングアナスティグマート50mは午後の光が似合うレンズ)



昨日、大和西大寺では、時間が急いていたせいで、
陳少林先生のYMC音楽教室の往還に、
ただ歩きながらの撮影にとどまりました。

その点、とても撮りやすいセットでした。

    ソニーα7
    ダルメイヤーのエンラージング・アナスチグマート50mmF3.5。

開放が暗いので、
適宜距離をレンズの指標であわせながら、
ノーファインダーで撮ることができます。

    時はよし、日が傾き、斜光線で撮れます。

廉価なクラシックレンズをオークションで買いあさるようになって以来、
ダルメイヤーのレンズに一番惚れ込んでいます。

    どれを使っても、極めて共通した雰囲気があって、
    レンズ会社としての濃厚なポリシーを感じます。

    かなり地味で、どこか落ち着きがあって、
    ゆったりとした情感を醸し出してくれます。

そんなダルメイヤーレンズの中でもこのレンズは決して劣っていません。

    ダルメイヤーらしい穏やかな雰囲気をとどめつつ、
    きりりと像を締めることで、
    すっきりとした上品さを演出してくれます。

    使うほどにうれしくなるレンズ、それがこれ。




b0226423_1459886.jpg

b0226423_14592695.jpg
b0226423_14592199.jpg
b0226423_14591076.jpg
b0226423_14591727.jpg
b0226423_14591243.jpg
b0226423_14591457.jpg
b0226423_1459859.jpg
b0226423_14585855.jpg
b0226423_14584374.jpg
b0226423_14583144.jpg
b0226423_14575151.jpg
b0226423_14581999.jpg
b0226423_14583123.jpg
b0226423_14574665.jpg
b0226423_14573130.jpg
b0226423_1458535.jpg
b0226423_14581219.jpg
b0226423_14574980.jpg

by Sha-sindbad | 2014-11-01 15:02 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1169 西九条は下町で (エンラージングアナスティグマート50mの写真から何かが)



JR西九条駅周辺をいつもどおり撮影しました。
約30分、絶好調でした。

いつも撮影する肉屋のご主人が出てきて、

    険しい目つきで、
        「なに撮ってんねん?」
    やましい下心などなしに、清らかな気持ちで撮っている私は、
    いつもながら、びくともしませんね。
    にっこりして、
        「お宅のお店、雰囲気が大好きなんですよ。
        いつも来る度に撮らせてもらってますよ」
    とたんにご主人にこやかな顔になって、
        「いや、このあたりいろいろあってね。」

それから5分ばかり、お店に雇った人と家族関係になり、猫ばばされ、
悪口言われて、と、長年続くややこしい家族のしがらみを聞かされました。

    最後に、私の方で、
    「みんな色々苦労があるものですねえ。
    でも、それが人生ですね。
    苦しいことって、生きてる利息のようなものですからねえ」
    と、まあ、その場を収める言葉をかけて、さよならしました。

別れ際に、撮った写真を見てもらいました。

    エンラージング・アナスチグマート50mmF3.5の写りを見て、

        「これなんか普通の写真と違うなあ。
        なんか立ち上がってくるみたいで......」

    うれしいことを言ってくださる!
    という次第で、お互い気持ちよくお別れしました。




b0226423_22523199.jpg
b0226423_22525573.jpg
b0226423_22521881.jpg
b0226423_22531664.jpg
b0226423_22525740.jpg
b0226423_22524764.jpg
b0226423_22525965.jpg
b0226423_22523424.jpg
b0226423_22524676.jpg
b0226423_22522333.jpg
b0226423_22512766.jpg
b0226423_22514476.jpg
b0226423_22511531.jpg
b0226423_22515372.jpg
b0226423_2252646.jpg
b0226423_225118100.jpg
b0226423_2251406.jpg
b0226423_22512769.jpg
b0226423_22513148.jpg
b0226423_22512580.jpg
b0226423_2251613.jpg
b0226423_22511235.jpg
b0226423_22511173.jpg
b0226423_22495933.jpg
b0226423_22505893.jpg
b0226423_22494784.jpg
b0226423_22503119.jpg
b0226423_22503895.jpg
b0226423_22503275.jpg
b0226423_22502627.jpg
b0226423_22494570.jpg
b0226423_2249592.jpg
b0226423_22492558.jpg
b0226423_22491890.jpg
b0226423_22481963.jpg
b0226423_22475371.jpg
b0226423_22473850.jpg
b0226423_22473143.jpg
b0226423_22472556.jpg
b0226423_22471964.jpg
b0226423_22475436.jpg
b0226423_22474713.jpg
b0226423_22465655.jpg
b0226423_22472393.jpg
b0226423_22471438.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-30 22:54 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1168 ユニバーサルシティ (エンラージングアナスティグマート50mF3.5が10分間がんばった)



前回の続きは、付虹先生の揚琴レッスンの前後各5分ずつの写真。
ユニバーサルスタジオジャパンの入口付近の群衆は、これまでで一番の盛況でした。
段々と観客たちが参加型になっていきますね。
若者たちは自分の人生を、たとえ独創的でないとしても、
それなりに楽しんでいます。
老人たちは旧態依然とした権力闘争で我が身を削っているというのに.........




b0226423_037374.jpg
b0226423_037314.jpg
b0226423_0371246.jpg
b0226423_036339.jpg
b0226423_0364520.jpg
b0226423_0354177.jpg
b0226423_0363052.jpg
b0226423_0353144.jpg
b0226423_0363287.jpg
b0226423_0355819.jpg
b0226423_036171.jpg
b0226423_0353992.jpg
b0226423_036982.jpg
b0226423_0355148.jpg
b0226423_0345287.jpg
b0226423_0353918.jpg
b0226423_0351187.jpg
b0226423_0352092.jpg
b0226423_0352660.jpg
b0226423_0345387.jpg
b0226423_0351111.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-30 00:38 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1167 さあ大阪へ (エンラージングアナスティグマート50mF3.5は信頼度100!) 



今日は付虹先生、陳小林先生の揚琴レッスンはしご日。
ウキウキと大阪に向けて出発しました。

    ソニーα7に付けたのはダルメイヤー。
    エンラージング・アナスチグマート50mmF3.5

まず12枚ごらん頂きましょう。

    最初の8枚はバス停まで徒歩3分の距離の間に、
    残りの5枚はバスの車窓から撮りました。

よく言われる言い回しを使いますと、

    このレンズ、侮りがたい!



b0226423_220912.jpg
b0226423_2202845.jpg
b0226423_2203553.jpg
b0226423_220185.jpg
b0226423_220245.jpg
b0226423_21594279.jpg
b0226423_21595856.jpg
b0226423_21594490.jpg
b0226423_220167.jpg
b0226423_21591834.jpg
b0226423_21592618.jpg
b0226423_2159766.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-27 22:02 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

882 夕闇迫り(エンラージングアナスティグマート50mF3.5はシャドウが命かも)



エンラージングアナスティグマート50mF3.5
このレンズはいかにもダルメイヤーらしい雰囲気に満ちています。

    パンタッカー50mmF2.3の幽玄なメタモルフォーゼもないし、
    ゾンネタール50mmf1.1Softの繊細で清澄な空気感もありません。
    ないものねだりしてはいけませんね。

このレンズには、このレンズしか出せない味わいがあります。

    暗部がストンと落ちることなく、
    最暗部までなんとかグラデーションを保っています。
    このあたりの地味だけど、どこか重厚な凄み。
    これがあるからこそ、撮る度に刮目させられてしまうのです。

大阪JR福島駅界隈で撮った写真から6枚並べてみました。



b0226423_2219117.jpg
b0226423_22192216.jpg
b0226423_2219254.jpg
b0226423_22185973.jpg
b0226423_22184293.jpg
b0226423_22182084.jpg

by Sha-sindbad | 2013-12-10 22:20 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(2)

881 マラソンから逃れて(エンラージングアナスティグマート50mF3.5は格調の高いレンズ)



b0226423_2217163.jpg
b0226423_22171151.jpg
b0226423_22165054.jpg
b0226423_22171286.jpg
b0226423_22171241.jpg
b0226423_22165088.jpg




土曜日、コンサートにはダルメイヤーのレンズを携行しました。

    エンラージングアナスチグマート50mmF3.5

どうやら引き伸ばしレンズはどれもこれも、
スチールレンズに流用してもかなり優秀のようです。

    私はまったくレンズ素人ですが、勝手に推測しますと、
    引き伸ばし機は、ときに直角に倒して、壁面に投影して、
    全倍もしくはそれ以上の大きさにまで大伸ばしをしなければなりません。
    30cm程度から数mまで、どの距離で投影しても、
    隅々の粒子までしっかりとピンポイントに焦点を結ばなければならないのです。
    そのためには、平面での結像性能が優れていなければならないのです。
    優秀になるのも当然ですね。

このレンズも例外ではありません。

    とてもすっきりと格調高く、
    しかもちょっと古めかしく写ってくれます。

奈良マラソンのおかげで、自宅からJR京終駅(キョウバテと読みます)まで、
半時間の道のりを45分かけて歩きました。

    マラソンのために封鎖寸前の幹線道路を突破するために、
    前半はひたすら歩き、
    後半の25分ばかりは撮影して、
    半時間に1本の電車に無事乗車できました。
    118枚撮れました。

駅近くの地名は肘塚(カイノヅカと読みます)。

    その名前の由来は、いつの時代か、敵兵を討ち取ったら、
    前腕部を持ち帰って功績にしたことからだそうです。
    その名前から想像できるような古代の街というわけではありませんが、
    旧天理街道そのものなので、ちょっと絵になる通りです。

その肘塚からJR京終駅付近の写真を作例とさせていただきました。
by Sha-sindbad | 2013-12-09 22:20 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

660 都会の片隅で (エンラージングアナスティグマート50mF3.5はやさしい視線でものを捉え)



三国志演義だったでしょうか?

    魏の曹操の宮廷に匈奴の使臣がやってきます。
    曹操は謁見の場に別の容貌の立派な人物を据え、
    自分は群臣に混じって使臣を観察しました。
    謁見を終えた匈奴の使臣に曹操の家臣が尋ねました、
        「陛下に拝謁して、どんな印象を受けましたか?」
    匈奴の使臣はこたえました、
        「陛下からは別に強い印象を受けませんでしたが、
        (曹操の位置を正確に言い当てたうえで)
         あの人は、容貌は貧弱でしたが、大変な人物ですな」

    驚いた曹操は、兵士を使わして、
    帰国の途についていた匈奴の使臣を殺害してしまったそうです。

エンラージングアナスティグマート50mF3.5、
この曹操を彷彿とさせます。

    名玉の誉れたかい各社のフラッグシップ的標準レンズたちは、
    それぞれに主人公にふさわしい堂々たる外観と、
    独特に押し出しのよい描写を誇りますが、
    ダルメイヤーの引き伸ばしレンズにそんな外観は不要です。
    描写も、ネガの情報を100%引き出す、黒子的な役割。
    でも、そこはそれ、ダルメイヤーです。
    なんでもない風景に思いもかけない位相を加味してくれるようです。

これこそ、ロボグラフィに望ましいレンズ特性。

    路傍のものたちが、自分の写真を見て色めき立っています、
        「えっ、これがぼく?
         ぼくって、なかなかのものじゃない?」




b0226423_22195868.jpg
b0226423_2220235.jpg
b0226423_2220249.jpg
b0226423_22193154.jpg
b0226423_22192457.jpg

by Sha-sindbad | 2013-04-21 22:22 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(2)