レンズ千夜一夜

カテゴリ:Primoplan50/1.9( 1 )

287 神官 (プリモプラン50mmF1.9は爽やかで重厚な描写)



b0226423_145228.jpg




ジオグラフィックさんからお借りしたMマウントレンズの2本目が、

    プリモプラン50mmF1.9

いかにもフーゴ・メイヤーらしい美しい形状、
堅固かつ緊密感に満ちた筐体、
ずっしりと来る重さ、
これらが相まって、まさに超高級レンズのたたずまい。

春日大社の脇道を神主さんの行列が上ってきて、
回廊づたいに本殿に向かいました。
その最後尾の若い神官を背後から撮りました。

2本向こうの柱の影にお一人、カメラを構えて、
まさに待ち伏せのスタイル。
下からあおって、臨場感溢れる動きを狙っているのでしょう。
きっとよい写真が撮れたことと思います。
これがまさにカメラマンスタイルですね。
自分の意図通りの写真を撮ろうと、狙い定める!

私は素人スタイルで、
近づいたから撮り、
通り過ぎたから撮るだけ。
ろくな写真になりませんね。

ただし、1つだけ、幸運でした。
レンズの距離指標でとっさに2メートルに合わせて、
目分量で撮ったのですが、ほぼ合焦してくれたようですね。

こうして使ってみて、分かりました。

    写りまで高級感が溢れています。
    紗に透けて見える薄い青のハーフトーン、
    柱のずしりと沈んだ朱の深さ、
    どっしりした色彩描写もなかなかのものがあります。

    キノプラズマートよりはかなりシャープネスの高い、
    清澄な描写ですね。

ぼんやり思い出しました、
なんかプリモプランというレンズ、もっていたぞ。

    プリモプラン58mmF1.9

M42マウントのMeyer Opticのレンズ。
50㎜はおそらく戦前、58㎜は間違いなく戦後のレンズ。
まるでなにもかも違うレンズなのでしょう。

でも、ご先祖レンズに出会ったのも、なにかの縁です。
いつか宮崎さんにお願いして、
Mマウントに改造していただき、使うことにいたしましょう。

もしかすると、プリモプラン50mmF1.9の味わいの残り香を
いくばくなりとも感じさせてくれるかもしれませんから。
by Sha-Sindbad | 2012-04-01 14:55 | Primoplan50/1.9 | Comments(4)