レンズ千夜一夜

カテゴリ:未分類( 23 )

1577 バス停まで(ズマロン35㎜F3.5はしっとり系レンズの白眉)


ツァイスとライカは35㎜カメラ用レンズの歴史における双璧、
そう言うことができそうです。
そんなライバル関係を記録した論述を見たことはないので、
ただの想像ですが、
ツァイスは、ライカレンズを恐るるに足らずと軽視し、
ライカは、ツァイスレンズをいつか凌駕してやるぞ、と、
敵愾心を燃やしていたのかも知れません。

両社のレンズの性格を簡単に各1文字で表現せよ、
そんな宿題を与えられたとしたら、どう答えますか?
私にはこう思えます。

    ライカレンズは柔
    ツァイスレンズは剛

ライカレンズの中でも、ライカの特質をよく体現しているレンズが、
戦後まもなく発売されたズマロン35㎜F3.5でした。
でも、ライカは結局、ズマロンではツァイスと戦えないと思って、
ズマロンの後継、ズミクロン35㎜F2を開発したのかも知れません。
その直後にツァイスはディスタゴン35㎜F4を出しました。
超ど級一眼レフコンタレックス用レンズでしたが、
ツァイスの伝統を受け継ぐ、比類のない剛のレンズでした。
コンタレックスが余りにも高価な機種であったために、
結局、コンタレックスは日本の一眼レフに敗北を喫してしまいます。
そのお蔭で、ディスタゴン35㎜F4はズミクロンに遅れをとり、
知る人ぞ知る、かなりマイナーなレンズになってしまいました。

そんなレンズ史の激闘の中で、とくにズミクロンの存在ゆえに、
かなりおとなしい性格のズマロンはあおりを食って、
本来得るべき名声を得ることなく終わったのかも知れません。
でも、使う度に思います。
ズミクロンよりずっと気品と優雅さを備えたレンズなんだけどなあ。

5月6日、このレンズを持ち出しました。
Rieさんがズマロンを手に入れたとコメントしてくださったので、
私も久しぶりに持ち出して大阪日本橋界隈を一巡したのです。

その朝、我が家からバス停までのいつもの田舎道を撮りました。
始点から1つ目のバス停なので、
奈良交通のバスはかなり精確に到着します。
余裕はせいぜい3、4分。
歩きながら、手当たり次第ズマロンで撮ってみました。
私にはとても美しい描写と思えるのですが.....

ただし、最後の3枚は近鉄奈良駅のポスター。
こんな渓流がバス停までの道にあったら、
私も、ロボグラフィトではなくて、
風景写真家になっていたかも知れませんね。
と言うのは、冗談。
渓流写真はとても美しい写真です。
でも、私は絶対に撮りません。
どこにもメタモルフォーゼが入り込む余地がないからです。
でも、ロボグラフィとしてなら、こうして撮ります。
この4行をあなたは理解し、容認することができますか?
できないでしょうね。
つまり、あなたは私と同類ではない、ということ。






b0226423_22374293.jpg
b0226423_2237361.jpg
b0226423_22373124.jpg
b0226423_22372453.jpg
b0226423_22371846.jpg
b0226423_22371285.jpg
b0226423_2237680.jpg
b0226423_22365988.jpg
b0226423_22365217.jpg
b0226423_22364436.jpg
b0226423_22363793.jpg
b0226423_22363092.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-11 22:48 | Comments(0)

1569 バス停まで(パンタッカー40mmF2.3は襤褸は着てても心は錦)



私はブログをほとんど廻らないので、
とても狭い知見の中での推測ですが、
ほとんど同じ場所、それも狭い場所で撮り続けて、
写真を掲載しているブログの筆頭は、私の知る限りでは、
pretty-bacchusさんのブログ「生きる歓び Plaisir de Vivre。」

ご自宅のマンションの窓からの光景だけで、
多彩で華麗な写真群を掲載されるのですから、
誰も真似ができません。

後は、2、3、4、5がなくて、6位に私のバス停シリーズ、
という感じかも知れません。
とは言え、私のシリーズは田舎道だけに、
時間経過とともに、古びて行く世界。
それだけ被写体となるものは多いのが利点ですね。

リコーGX-Rに付けたレンズはアストロ・ベルリン
パンタッカー40mmF2.3

私にとって、パンタッカー50mmF2.3は、
ホロゴンの最高の伴侶なのですが、
この40mmは50mmよりも少し古いレンズらしく、
もちろん第2次世界大戦前の製品。
同じくノンコートですが、もう使い倒されて、
白く混濁して、まさにボケレンズ。
でも、なぜか存在感があって、でも、
ほっとするような柔和でおとなしい描写をプレゼントしてくれます。





b0226423_15171637.jpg
b0226423_15171136.jpg
b0226423_1517612.jpg
b0226423_15165984.jpg
b0226423_15165425.jpg
b0226423_15164866.jpg
b0226423_15162332.jpg
b0226423_15161842.jpg
b0226423_15161391.jpg
b0226423_1516888.jpg
b0226423_1516317.jpg
b0226423_15155864.jpg
b0226423_15155266.jpg
b0226423_151546100.jpg
b0226423_15154198.jpg
b0226423_15153582.jpg
b0226423_1515298.jpg
b0226423_15152459.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-27 15:19 | Comments(0)

1424 バス道(この日、ホロゴン15㎜F8Uは懐かしの地を目指す私のお伴だった)



今日、私は、小学6年2学期から大学1年まで過ごした懐かしの地を目指しました。
バス停までの10分間、バス時刻をチェックしつつ、神社道を撮影しました。

いつもの場所、いつものロボグラフィ、いつもの撮り方、
でも、私も変わり、時も変わり、季節も気候も変わり、大地も変わっている。
だから、同じように見えて、微妙に違うロボグラフィたち。

でも、そんな風に見えるのは、この道をよく知っている私だけでしょう。
せめて、レンズが変わると、写真は変わることは気がついてほしいものです。
それも無理かな?




b0226423_231089.jpg
b0226423_2305237.jpg
b0226423_22595781.jpg
b0226423_2259495.jpg
b0226423_22594296.jpg
b0226423_225937100.jpg
b0226423_22593252.jpg
b0226423_22592728.jpg
b0226423_22592294.jpg
b0226423_22591647.jpg
b0226423_2259165.jpg
b0226423_22585335.jpg
b0226423_22584581.jpg
b0226423_22583917.jpg
b0226423_22583378.jpg
b0226423_22582864.jpg
b0226423_22582266.jpg
b0226423_22581611.jpg
b0226423_22581189.jpg
b0226423_2258527.jpg
b0226423_2258067.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-08 23:19 | Comments(0)

1222 正月は家族サービス (2年前の夏、2013年7月13日はダルメイヤーレンズで)

正月は疲れますね。
書斎の机に向かえたのは、午後10時半。
もちろん写真など撮る暇はなし。

    やむなくロシアンルーレット式選択法で、
    ハードディスクに満杯近いフォルダを任意に選択。

カメラはオリンパスEP-L1
レンズはダルメイヤー25㎜F1.9

    なにもコメントは書きません、
    というより、疲れてなにも書けないほど。
    24枚選んだのですが、今回は10枚だけ。

今年もよろしく!


b0226423_22592297.jpg
b0226423_22591727.jpg
b0226423_22591588.jpg
b0226423_22582865.jpg
b0226423_2258217.jpg
b0226423_22564582.jpg
b0226423_23541770.jpg
b0226423_2354852.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-03 23:05 | Comments(0)

1222 謹賀新年 (元旦の朝の雪模様はスーパーシックス!)



あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いします。

さて、写真は、元旦の我が家の裏景色を並べてみました。

    カメラはソニーNEX-5
    レンズはダルメイヤーのスーパーシックス25㎜F1.9

寒々とした光景ですが、自分の家の裏にこんな田園風景を持つ、
そんな贅沢を味わえる人間はあまりいないのでは?

    要するに、私が片田舎に住んでいるということ。
    都会に住みたいと一度も思ったことのない人間、それが私。

ただし、めでたい日なのに、この寒々とした景観ではねえ、
なんてことはちっとも感じません。

    雨も嵐もみんな天候。
    夏に吹雪襲来なら一大事ですが、
    真冬に雪は当然。
    近頃、時ならぬ時に、あってはならないことが頻繁に起こるご時世、
    めでたいではありませんか?




b0226423_2303669.jpg
b0226423_2303189.jpg
b0226423_2302571.jpg
b0226423_2302080.jpg
b0226423_2301415.jpg
b0226423_230739.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-01 23:02 | Comments(6)

1215 なぜか、輝いている (スーパーコーマット25㎜F1.9はClub Sei-G写真展最終日に活躍した)


先週金曜日から5日間出尽くめの多忙な日々。
おかげで、2本のブログの記事も更新が滞りがち。
でも、常にOlympus EP-L1を携行し、
毎日違ったレンズを付けてロボグラフィを楽しみました.
21日はClub Sei-G写真展の最終日。
午前中、吉田正写真教室日曜クラスの授業があって、いつもより早めに終了。
三々五々、西宮北口から香櫨園に移動しました。
私は行きつけの今津駅近くのぼろ料理店でランチを頂くのがルーチン。
阪神今津駅界隈を撮影しつつ、料理店に向い、
牡蠣フライ定食と食後のコーヒーをゆっくりと頂き、
香櫨園まで阪神電車で移動。
駅から徒歩8分程度の道中さらに撮影。
ギャラリーに着いたときには、吉田先生が日曜クラスのメンバー写真の講評中。
私の写真の一歩手前でした。
几帳面にどんぴしゃり間に合わせたのか、それともルーズなのか?
写真展会場でもかなり写真を撮りました。
撮影レンズはテーラーホブソン制作と記載された、
ベル&ハウエル社のスーパーコーマット25㎜F1.9
同系列の38㎜F1.9ですっかりお気に入りになったスーパーコーマット、
55撮って、31枚選んでみました。
25㎜も見事なテーラーホブソン系描写、そう私には思えます。
まじめなんだけど、くそまじめじゃない。
おとなしいんだけど、なぜか、輝いている。
by Sha-Sindbad | 2014-12-24 13:29 | Comments(0)

1205 あちらこちらで (キニック25㎜F1.5はどこに行っても豊饒のレンズで)




今日12月8日持ち出したレンズはテーラー・ホブスンの映画用レンズ、

     キニック25㎜F1.5

もうほとんどジャンクに近いボロレンズです。

     フォーカシングリングが要するに「死ぬほど」固い!
     朝、オリンパスE-PL1につけたレンズを回そうとすると、
     Cマウントアダプタの中でスクリューが回りました。
     やむなくレンズを一旦はずして、両手でぎゅっと握りしめつつ、
     ゆっくりゆっくりリングを回しました。
     あとは終始ギューギューと必死にリングを絞って、距離を設定。

ヘリコイドは無限を行きすぎているので、
レンズに刻印された距離指標は意味をなさず、
かなり苦労しました。

     ところが、苦になりません。
     なぜか?
          とてもよく撮れるからです。

おそらくそんなに高価ではないカメラに付けられて、
16mm映画を撮っていただけなのに、
どうしてこんなに高品位の画像が撮れるのでしょう?

     長年銀塩フィルムで撮影した経験のある方なら、
     フィルムに定着される画像はどんなレンズでも、
     独特の個性的設計でない限り、
     そんなに強烈な個性が感じられたわけではありません。

     たとえば、ヤシカコンタックスのツァイスレンズも、
     四つ切り程度だと、かえってニコン、キヤノンの方が
     きりりと高コントラストでエッジも立っていました。
     ツァイスはややおっとりとして黒も締まりません。

     ところが、全紙、全倍と大伸ばしすればするほど、
     像が締まり、立体感豊かに立ち上がりました。

でも、私たち素人が全紙、全倍に伸ばすなんて、年にほんの数枚程度。

     ポジならどうだったか、私はあまり知りませんが、
     モノクローム、ネガカラーでは、上記のような事情があって、
     レンズ間の個性はかなり曖昧でした。

デジタルカメラで大伸ばしをしたときの、
映画用Cマウントレンズのパフォーマンスはまったく未知なのですが、
そんな大伸ばしは生涯無縁になってしまいましたので、
問題はこうしてブログに掲載する写真でどれだけ個性が発揮できるか?

     こうなると、画像の個性豊かさという点では、銀塩カメラ時代のレンズたち、
     かなりCマウントレンズたちに譲ることになりそうです。

このキニックなど、そんな個性的な喜びという点で、
並みいる銀塩用50mmレンズたちに一歩もひけをとらないようです。

     もちろん銀塩用50mmの方が精密高画質です。
     でも、それがどうしたの?
     要するに、楽しい描写が見る人の心を楽しませてあげる、
     それでいいんじゃない? 
     と、Cマウントレンズたちは涼しい顔です。

私も心から同感ですね。

     もちろんどちらをとるか、という二者択一問題ではありません。
     それぞれのレンズの個性をエンジョイすればよいのです。
     でも、私に関する限りは、エンジョイできる程度、質の高さが
     Cマウントに軍配が上がる、そんな感じですね。

ユニバーサルシティ、西九条、大和西大寺、あちこちで撮りました。
いつもどおりの写真ですが、キニックの写りには満足。

さて、この日225枚撮って、ここにご覧頂くことにしたのは、何枚?
お暇でしたら、数えてみて下さい。




b0226423_15542983.jpg
b0226423_15542378.jpg
b0226423_15541774.jpg
b0226423_15541251.jpg
b0226423_1554635.jpg
b0226423_15535915.jpg
b0226423_15535399.jpg
b0226423_15534896.jpg
b0226423_15534272.jpg
b0226423_15533625.jpg
b0226423_1553306.jpg
b0226423_15532254.jpg
b0226423_15531669.jpg
b0226423_1553963.jpg
b0226423_1553378.jpg
b0226423_15525849.jpg
b0226423_15525269.jpg
b0226423_15524736.jpg
b0226423_15524246.jpg
b0226423_15523551.jpg
b0226423_15522939.jpg
b0226423_15522068.jpg
b0226423_15521432.jpg
b0226423_1552636.jpg
b0226423_15515223.jpg
b0226423_15514422.jpg
b0226423_1551384.jpg
b0226423_15512732.jpg
b0226423_1551216.jpg
b0226423_15511412.jpg
b0226423_1551741.jpg
b0226423_1551031.jpg
b0226423_15505478.jpg
b0226423_1550486.jpg
b0226423_15504272.jpg
b0226423_15503554.jpg
b0226423_15502959.jpg
b0226423_15502298.jpg
b0226423_15501570.jpg
b0226423_155094.jpg
b0226423_15495829.jpg
b0226423_15494818.jpg
b0226423_15494157.jpg
b0226423_15493524.jpg
b0226423_15492845.jpg
b0226423_1549214.jpg
b0226423_15491492.jpg
b0226423_1549720.jpg

by sha-sindbad | 2014-12-10 16:45 | Comments(0)

1156 心斎橋2 (スピードパンクロ35mmF2なら全面的にお任せできる)



プロ、アマを問わず、写真家の皆さんは、
日常、良い写真、自分の求める写真はどうすれば撮れるか、
いわば粉骨砕身の努力を傾注しておられることでしょう。

かつて、ある写真家の指導する撮影会では、
モデルを使い、完全にシチュエーションを創りだして、
どう撮るかを細かく指導すると聴いたことがあります。

    その撮影会で撮った写真は、いわば先を争ってコンテストに応募され、
    まさに稀なシャッターチャンスに遭遇した傑作という扱いで、
    見事入賞するのだそうです。

アサヒカメラかなにかの写真雑誌の例も印象的。

    夜の歓楽の巷、路傍にへたり込んだ若者の両眼からは溢れる涙。
    その顔の半分を右斜め下からクローズアップした写真が、
    月例で入賞していました。

やらせ丸見えなのに、入賞する、そのあたりが不思議でした。

    でも、選者としては、はっきりやらせと確信できるのだけど、
    人に向かって「絶対やらせなんだ」と断定できないので、
    やらせでない写真と峻別するわけには行かないのかも知れません。

でも、私としては納得が行きませんね。

    もし若者が本当に悲しんでいるのに出会ったのだとすれば、
    そんな若者の側近くまで接近してこれを撮るなんて、
    人間としてどうでしょうか?
    昆虫採集じゃなのですから。    
    まして、それを写真雑誌に公開できますか?

そんなことが私をアマチュア写真界から遠ざけたことは確かです。

    私はいかなる予測、予感、予期、期待もできるだけ排除したい。
    完全に排除できるわけではありませんが、心配は要りません。
    私のレンズたちは、私のかすかな期待を遙かに超えてくれます。
    私の予期しなかった写真をプレゼントしてくれるのです。

スピードパンクロ35mmF2はそんなサンタさんレンズの筆頭。

    前回に続いて、心斎橋から帰り道まで40枚ご覧下さい。
    全部私の作品ではありません。

        スピードパンクロのプレゼント。




b0226423_13503747.jpg
b0226423_13503187.jpg
b0226423_13504677.jpg
b0226423_13501778.jpg
b0226423_13503634.jpg
b0226423_1350822.jpg
b0226423_1350419.jpg
b0226423_13492186.jpg
b0226423_13492737.jpg
b0226423_13494099.jpg
b0226423_13492523.jpg
b0226423_13493163.jpg
b0226423_13491614.jpg
b0226423_1349065.jpg
b0226423_13495100.jpg
b0226423_13484996.jpg
b0226423_13483419.jpg
b0226423_13482884.jpg
b0226423_13485368.jpg
b0226423_1349087.jpg
b0226423_13483879.jpg
b0226423_13484680.jpg
b0226423_13483226.jpg
b0226423_13472718.jpg
b0226423_13475645.jpg
b0226423_13482568.jpg
b0226423_13481315.jpg
b0226423_1347663.jpg
b0226423_1348129.jpg
b0226423_13472843.jpg
b0226423_13464938.jpg
b0226423_13473842.jpg
b0226423_13473786.jpg
b0226423_13473092.jpg
b0226423_1347989.jpg
b0226423_13472155.jpg
b0226423_13463914.jpg
b0226423_1346447.jpg
b0226423_1346653.jpg
b0226423_1346144.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-15 13:56 | Comments(2)

1157 中秋明月祭 (キノプラズマート19mmf1.5はいつ撮っても、小さな巨人)



そこで、日中友好のために毎年開催されているのが、このフェスティバル。
ドラゴンも出演したらしく、首の人でしょうか、くたびれてぐっすり。
私は揚琴師匠付虹先生の招集を受けて、二胡との合奏に出演。
と言っても、たった3曲。
重い揚琴は先生に提供していただき、私はスティックだけという軽装。
軽いバッグの重しに入れたのがキノプラズマート19mmf1.5。
オリンパスE-PL1に付けて、空き時間に撮りました。
このレンズ、とっても小さなレンズですが、写りは極大と言いたいほど。
なぜか整然として大らかに写ります。
私の秘蔵のレンズ。




b0226423_22571862.jpg
b0226423_22555889.jpg
b0226423_22561482.jpg
b0226423_2256940.jpg
b0226423_22555417.jpg
b0226423_22565188.jpg
b0226423_22554968.jpg
b0226423_22555023.jpg
b0226423_22553212.jpg
b0226423_22551653.jpg
b0226423_2254752.jpg
b0226423_2254057.jpg
b0226423_22544093.jpg
b0226423_22544038.jpg
b0226423_22545810.jpg
b0226423_22545236.jpg
b0226423_22533844.jpg
b0226423_22534915.jpg
b0226423_2254549.jpg
b0226423_22542765.jpg
b0226423_2254221.jpg
b0226423_2253173.jpg
b0226423_22531944.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-12 22:57 | Comments(0)

1001 道(レンズ千夜一夜の最高の語り手はやっぱりホロゴン)



ついにたどり着きました。

    レンズ千夜一夜目の夜。

長かったような、短かったような.....

私は、本当にやりたいことについては、
連続と反復が大切だと考えて、それを実行してきた人間です。

    一度始めたら、ひたすら続ける、そうすると、
    気がついたら、なにかが変わっている、
    そんなことで、無理なく何かを達成できる経験を幾つも積みました。
    学生時代に、少し難しい国家試験を受けましたが、
    記憶力が悪いので、無理して暗記したりせず、
    20数冊ほどの参考書を繰り返し繰り返し読み続けることで、
    自分の中になにかが積み重なるのを待ちました。

このブログもそんな風に続けてきたのですが、
いつしか気づいてみたら、千一夜目になっていたという感じ。
誰かさんのセリフのように、

    このまま二千夜一夜も万夜一夜も行きたいわ、
    という気分になってきました。

写真も同じですね。

    写真を始めた最初から、ノーウェイティング、
    ノーメイキング、ノートリミングで通してきました。
    無理して作ると、傑作を撮ることができても、
    どこか自分のためにならないと感じていたからです。
    私のやり方は、感じたまま撮る、沢山撮る、これだけ。

千夜一夜目には、そんな私の心に最高にかなう写真を選ぼうと考えました。
でも、そう考えた途端に閃きました、

    これしかない!

すでに一度掲載したかも知れません。

    福井県の山間の廃村(と言ってもよいでしょう、
    何十軒もあるのに、1軒か2軒しか住人がいない村なので)。
    じとじとと雨が重く垂れ、もやが立ちこめる、
    かなり陰々滅々という印象に近い、
    聞こえるのは雨音と谷川の水音だけという、
    静まりかえった山腹の斜面に点在する家々。
    堂々たるたたずまいなのですが、すべて廃屋。

    その家々を結ぶ石段道は石を積み重ねて作られ、
    メインロードは斜面を埋める岩を段状に削り出した手作り。
    長年の人の上り下りが表面をとても滑らかに仕上げたようです。

私はその石段道を上りました。

    岩の滑らかな表面は雨でどっしりと輝いていました。
    ふっと感じて、傘の下、ちょっと身を屈めて、
    50cmほどの高さに縦位置のホロゴンウルトラワイドを下ろし、
    石段の傾斜角度よりちょっと上向きにして撮りました。

フィルムスキャンして出現した画像には、
そのときの私の気持ちが全部写っていました。

    村人たちのことを考えていたのです。
    この岩道を切り出した人たちは、
    辛抱強くこの道を作り上げていったのでしょう。
    そして、この道を通って去っていった人たち。
    亡骸となって去った人もいたでしょう。
    家族を残して、あるいは家族ぐるみ、
    新世界を求めて村を去った人もいたでしょう。
    みんなこの道を見つめながら、一歩一歩上っていったでしょう。
    それが人生ですね。

暗い道でしたが、上り道でした。
そんな人生が望ましいですね。

前回も今回もホロゴン15mmf8でした。

そして、フィルムもコニカ・センチュリア。

    私にとっては、最高のネガフィルムでした。
    前回は輝かしい陽光下で、今回は陰鬱な雨の中で。
    そのせいもあって、これだけ違う陰陽の写真が撮れます。
    ホロゴンの懐の深さを感じるのですが。



b0226423_21194149.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-04-19 21:21 | Comments(6)