レンズ千夜一夜

2017年 11月 12日 ( 1 )

1907 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)1 皮肉な綱渡り



銀塩フィルム時代のニコンレンズ群は、
まさに報道カメラマンが偏愛したように、
白と黒のコントラストが効いたメリハリのあるタッチで、
リアリズムの極致とも言える画像を生み出しました。

現代デジタルカメラ時代のほとんどの超高性能レンズ群、
偶然の出会いを除いて、使ってみたことがありませんが、
古いニコンレンズを遙かに凌駕する、超リアリズム、
そんな感じがします。
銀塩フィルム時代の写真家たちも魅了する超高性能の描写力、
それは、人間の視覚を遙かに超えてしまった感じがします。

皆さん、写真家も写真愛好家も、
レンズの性能不足を嘆く必要がなくなって、大満足、
そんな感じがします。
もしかすると、人類の視覚も、デジタル時代のレンズによって、
研ぎ澄まされてきているのかもしれません。

そんな潮流の中で、私はどんどん置いてきぼりになりそう。
私には、そんな超精密画像が気味が悪くてならないのですから。

それなのに、私も銀塩フィルムを使う経済的余裕が不足して、
ソニーα7のようなデジタルカメラに完全に移行して、
精度はかなり不足している銀塩レンズたちで、
いわばハイブリッドな高精密ボケ写真で我慢せざるを得ない。
かなり皮肉な綱渡りという感じ。

セプトン50㎜F2は、銀塩時代でも高性能をうたわれたレンズ。
私はともかく、セプトンの方はデジタル時代にすんなり適応し、
デジタル写真ライフを私より気楽に楽しんでいる様子。




b0226423_17021857.jpg
b0226423_17034807.jpg
b0226423_17035755.jpg
b0226423_17040628.jpg
b0226423_17041435.jpg
b0226423_17042351.jpg
b0226423_17043181.jpg
b0226423_17044281.jpg
b0226423_17045191.jpg
b0226423_17045742.jpg
b0226423_17050352.jpg
b0226423_17051049.jpg
b0226423_17051687.jpg
b0226423_17052995.jpg
b0226423_17053689.jpg
b0226423_17054475.jpg
b0226423_17055186.jpg
b0226423_17055722.jpg
b0226423_17060372.jpg
b0226423_17061242.jpg
b0226423_17061803.jpg
b0226423_17062954.jpg
b0226423_17063679.jpg
b0226423_17064226.jpg
b0226423_17064851.jpg
b0226423_17065733.jpg
b0226423_17070317.jpg
b0226423_17070823.jpg
b0226423_17071452.jpg
b0226423_17072209.jpg


b0226423_17072800.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-12 23:59 | Septon50/2 | Comments(0)