レンズ千夜一夜

2017年 09月 16日 ( 1 )

1880 伽藍写(2017年8月10日エルマジ95㎜F2.2で東大寺乱写)3 東大寺へ



東晋の時代、老荘思想の影響下、清談が流行しました。
その前の後漢字末から三国時代にかけて、
中国は秦から前漢への移行期に優る乱世となり、
全土荒れ果て、人口が激減しました。
まさにこの世の末、とでも言いたくなるような時代でした。
清談思想はな末世への厭世に後押しされていたのかも知れません。

2人の英才が隠棲し、自給自足の生活を楽しみました。
2人で畑を耕しているとき、1人の鍬がなにか固い物に当たりました。
彼はそれが何なのか調べるために取り上げました。
もう1人はそれを観て、娑婆っ気が残っているのを見抜き、
即座に友情を絶ったのだそうです。
厳し過ぎると言えそうですが、調べた方は後年出世して、
権勢のある政治家になったのですから、
もう一人の判断は正確だったようです。

いかなる取るに足りない言動にも人間が露呈する、
これは春秋時代からおそらく現代まで、
優秀な中国人が一貫して信じてきた、人物鑑定法。
春秋左氏傅、史記に同種の話は枚挙にいとまがありません。

そこで、問題。
そんな鋭い人間観察力を備えた慧眼の士が、
我がブログを偶然のぞいて、私のロボグラフィを観たとき、
撮影者である私をどう鑑定するでしょうね?
ロボグラフィを撮るって、土の下のものを持ち上げてみる、
これになんだか近い行動かもしれませんねえ?

一生の同志として共に生きるに値する人物である!
なんて、思うことはないでしょうねえ?
訳の分からない写真ばっかり撮りおって!
こんな人物、断じて信用できん!
なんだか、即座にそう鑑定されてしまいそうですね。

でも、不思議ですね。
そんな風に断罪されても、なんだか平気ですね。
私が自分のためにこんな写真を喜んで撮る、
そんなことができるって、面白い!
これも一種の竹林の思想なんじゃないかな?
むしろそんな感じですね。



b0226423_22540261.jpg
b0226423_22541576.jpg
b0226423_22542119.jpg
b0226423_22542722.jpg
b0226423_22543329.jpg
b0226423_22543883.jpg
b0226423_22544307.jpg
b0226423_22545016.jpg
b0226423_22545586.jpg
b0226423_22550089.jpg
b0226423_22550759.jpg
b0226423_22551233.jpg
b0226423_22551755.jpg
b0226423_22552436.jpg
b0226423_22552995.jpg
b0226423_22553554.jpg
b0226423_22554014.jpg
b0226423_22554869.jpg
b0226423_22555538.jpg
b0226423_22560218.jpg
b0226423_22560702.jpg
b0226423_22561544.jpg
b0226423_22562112.jpg
b0226423_22562644.jpg
b0226423_22563151.jpg
b0226423_22563792.jpg
b0226423_22564376.jpg
b0226423_22565588.jpg
b0226423_22570244.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-16 22:58 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)