レンズ千夜一夜

2017年 09月 15日 ( 1 )

1879 伽藍写(2017年8月10日エルマジ95㎜F2.2で東大寺乱写)2 奈良公園へ



昨日は、友人のOYさんと近鉄奈良駅近くの喫茶店で歓談。

もう83歳なのですが、この年齢は畏友RAさんと同じ。
RAさんは、80歳を超えてからガクンと弱られて、かなり心配。
ところが、OYさんはまだ肌もかなり艶やかで、お元気。

2時間半ほど、夢中になって語り合いました。
音楽のこと(大変に繊細で透徹した感性で対決されます)、
オーディオのこと(良い音楽を鳴らすことを徹底的に追究)、
レコード、CDのこと(本格的なコレクターです)、
蔵書のこと(種々の稀覯本、写真集を収集しておられます)、
エトセトラ、エトセトラ......

そして、レンズ収集も本格的です。
コンタレックスレンズも、ライカレンズもそれぞれ10本以上。
百数十本を超える高級クラシックレンズのコレクター。

フィルムの退勢の現今、やむなくソニーα7に付けて、
今でも写真もお撮りになります。
面白いことをおっしゃいました、

  「コンタレックスのレンズもライカのレンズも、
  フィルムで撮ると、ものすごく個性があって、
  独特の味わいを出してくれました。
  でも、デジタルカメラに付けたら、
  個性も味もほとんど消えてしまう。
  現代のレンズとほんの少ししか違わない感じなってしまい、
  がっかりします」

私もまったく同感です。
私はレンズコレクターと名乗るほどのコレクションではないし、
第1、撮影のためという方向だけで集めてきたので、
いわゆる名レンズの系譜から離れているレンズが多い。
その理由が、ソニーα7のようなデジカメで撮っても、
銀塩時代の雰囲気を色濃く残しているレンズが欲しいから。

エルマジ95㎜F2.2はそんなラインにあります。
世評高い名レンズではありません。
ペッツヴァールレンズの改造版。
前玉の隅に貝殻状のキズがあり、
はっきり言って、ぼろぼろ。

ペッツヴァール特有の澄んだシャープネスが主題を引き立て、
周辺もペッツヴァール風の激しいボケ、フレアは少ない。
画像にペッツヴァールらしさはほとんどないのですが、
使い込めば使い込むほどに私の心になじみ、
今では、とりわけいとしいレンズ。
今回はなんのためらいもなく、
大仏殿で初めて使うレンズとして選び出しました。




b0226423_11352115.jpg
b0226423_11352793.jpg
b0226423_11353346.jpg
b0226423_11363074.jpg
b0226423_11364406.jpg
b0226423_11364963.jpg
b0226423_11365541.jpg
b0226423_11370546.jpg
b0226423_11372218.jpg


b0226423_11374346.jpg
b0226423_11374804.jpg
b0226423_11375336.jpg
b0226423_11375983.jpg
b0226423_11380549.jpg
b0226423_11381202.jpg
b0226423_11382769.jpg
b0226423_11383283.jpg
b0226423_11384321.jpg
b0226423_11384893.jpg
b0226423_11385749.jpg
b0226423_11390320.jpg
b0226423_11390936.jpg
b0226423_11391503.jpg
b0226423_11392198.jpg
b0226423_11392599.jpg
b0226423_11393168.jpg
b0226423_11394632.jpg
b0226423_11400951.jpg
b0226423_11402642.jpg
b0226423_11401832.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-15 11:43 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)