レンズ千夜一夜

2017年 09月 13日 ( 1 )

1877 奈良町(2017年8月5日スピードパンクロ35㎜F2で奈良町の奥底へ)6-完-「暗」レンズ



ギリシア神話にもギリシア哲学にも共通するところですが、
相容れがたい明暗の対立があって、人間に選択を迫り、
その選択の苦しみの中から、なにかが生まれる、
そんな弁証法に近いコントラストが基調になっています。

この世の支配者ゼウスと黄泉の王ハーデス、
知の神アテーネーと美の神アフロディテ、
力のアレースと巧のヘファイストス、
でも、もっとも印象的なコントラストは、なんと言っても、
清明な光の神アポロと夜の恍惚の神ディオニューソスでしょう。

そして、私のかってな思いつきなのですが、
レンズにも同様に明暗の対立があって、
私たちに選択を迫るようです。
その一つの対比が、
高精細、高精密に輝く明晰レンズたちと、
ソフトでフレアーに包まれたボケレンズたち。

私は、この明暗対立の間に立って、
どちらかを選択する気持ちはまったくありません。
誰でもそうでしょう。
自然には昼と夜の対立があるように、
私たち人間には常に明と暗の対立があります。
進むか退くか?
選ぶか捨てるか?
戦いを選ぶか、避けるか?
そして、生きるか死ぬか?
あらゆる気分、あらゆる情感を写真に写し取りたいものです。
そのためには、その気分、情感を表現してくれるレンズが必要。
各種の状況に素直に自然に対応できるレンズを使いたいものです。
そして、私はそんな各種のレンズをかなり集めました。
そんなレンズの中で、
「暗」を表現してくれるレンズが格別に魅力です。
スピードパンクロ35㎜F2は、そんな魅力において、
アストロ・ベルリンのパンタッカー50㎜F2.3と双璧。





b0226423_23164452.jpg
b0226423_23165093.jpg
b0226423_23165636.jpg
b0226423_23170125.jpg
b0226423_23170726.jpg
b0226423_23170125.jpg
b0226423_23171993.jpg
b0226423_23183638.jpg
b0226423_23184438.jpg

b0226423_23184948.jpg
b0226423_23185409.jpg
b0226423_23190015.jpg
b0226423_23190727.jpg
b0226423_23191207.jpg
b0226423_23191836.jpg
b0226423_23192371.jpg
b0226423_23192911.jpg
b0226423_23193543.jpg
b0226423_23194119.jpg
b0226423_23195261.jpg
b0226423_23195879.jpg
b0226423_23200434.jpg
b0226423_23201183.jpg
b0226423_23201856.jpg
b0226423_23202453.jpg
b0226423_23203520.jpg
b0226423_23211575.jpg
b0226423_23212027.jpg
b0226423_23212532.jpg
b0226423_23214548.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-09-13 23:31 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)