レンズ千夜一夜

2017年 09月 12日 ( 1 )

1876 奈良町(2017年8月5日スピードパンクロ35㎜F2で奈良町の奥底へ)5 NKさん


近頃、至るところに見つかる石仏を撮影するのが楽しみです。

石仏のほとんどは時代とともに摩耗しています。
数年前、北魏の弥勒菩薩展を楽しみましたが、
どうやら硬い石から刻みだしたようで、
摩耗の気配はほとんどないものが幾つもありました。
でも、私には、この摩耗による時代色がたまらない魅力です。
あなたも感じませんか?

自分の若い頃の写真を観ると、
たじたじと後に退いてしまいませんか?
研ぎ立ての日本刀みたいに、ぴっかぴっか。
寄らば斬る!
そんな感じ。
でも、それは、出会うこと、出会う人、
すべてが未知との遭遇、
どう展開するか予測できない、真剣勝負だったから。

今では、どんなことも、出会った途端に、道筋が分かってしまう。
未知との遭遇を楽しめるのは、美の世界だけ。
だから、眼差しから殺気が消えてしまっています。
どんなことも、良い面をエンジョイし、悪い面は黙って引き受ける、
そんなスタンスで生きるようになっています。
これはこれで、若いときには想像もできなかった、境地、
人生の醍醐味ですね。

そんな人間には、
摩耗した石仏たちがことさらいとしく感じられます。
私と同じように、というより、私よりはるかに長く、深く、
時代の哀感を身に引き受けて生きてきたんだなあ、
そんな風に身をもって共感できるからです。

元興寺の一隅にかなり沢山の石仏たちが並んでいます。
おそらく奈良市一円の石仏が開発ととも移ってこられたのでしょう。
そのすべてが摩耗の極に達しています。
忍耐、運命の甘受、悟り、そんな気配が立ち上ってきます。

敬愛する大ブロガー、NKさんも愛された石仏たちです。
NKさん、どうしておられるでしょう?
長い間、電話も通じません。
ご健在を祈りたいのですが、こんな感じもします、
NKさんの存在もまた石仏に似て来たのかなあ?
元興寺を訪れるたびに、NKさんを思い出し、
NKさんの石仏写真を思い起こして、少しでもその境地に近づこう、
そんな気持ちも、石仏に向かう支えになっています。




b0226423_11574304.jpg
b0226423_11574871.jpg
b0226423_11575355.jpg
b0226423_11575931.jpg
b0226423_11580533.jpg
b0226423_11581275.jpg
b0226423_11581725.jpg
b0226423_11582202.jpg
b0226423_11582839.jpg
b0226423_11583428.jpg
b0226423_11585173.jpg
b0226423_11584585.jpg
b0226423_11585173.jpg
b0226423_11585656.jpg
b0226423_11590254.jpg
b0226423_11590719.jpg
b0226423_11591221.jpg
b0226423_11591802.jpg
b0226423_11592482.jpg
b0226423_11593043.jpg
b0226423_11595224.jpg
b0226423_11594615.jpg
b0226423_11595224.jpg
b0226423_11595854.jpg
b0226423_12000431.jpg
b0226423_12001042.jpg
b0226423_12001630.jpg
b0226423_12002224.jpg
b0226423_12004377.jpg
b0226423_12005123.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-12 12:03 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)