レンズ千夜一夜

2017年 09月 01日 ( 1 )

1869 奈良町(2017年8月16日メオスティグマート50㎜F1の超絶開放で)3 イメージの奔流



民俗学の大家、レヴィ・ストロースだったと思います。
たしかアマゾンだったと記憶しますが、
土着の人たちに写真を見せたそうです。
でも、彼らは写真のイメージを理解することができなかった。

生まれてこの方、等身大の人間たちだけと接して、
画、写真などで人間を観た経験がないので、
写真に写っているものを正しく認識できなかったのだ、
そうレヴィ・ストロースは解釈していたと思います。

現代人は違います。
物心ついたときからイメージの奔流の中で生きている。
バーチャルリアリティとリアリティを区別する必要を感じない。

今、邦画の「永遠の0」を観ています。
近頃、就寝前のドラマ、映画鑑賞を1時間に限定しているので、
大抵2時間程度に長い映画の場合、二夜にまたがってしまうから。
零戦が帝国海軍の空母から飛び立ち、空中戦を繰り広げます。
ほとんど実写と間違うほどにリアル。
コンピュータグラフィックスがここまで来たのか?!!
感心してしまいます。

どうやらドキュメンタリータッチの映画でも、
場面設定にゴンピュータグラフィックスを使っている形跡があります。
あと数年すれば、お金のかかる生身の俳優を使わない、
リアリズム映画が登場するでしょう。

アマゾンの人たちはイメージをリアリティと関連づけることが
できなかったけど、現代人はその正反対のリスクを負いそうです。
いつか、イメージとリアリティを区別できなくなるかも知れない。

私のように、どんなレンズ、どんなカメラを使っても、
リアリティをファンタジックなイメージに変えたいと思っている人間は、
まっさきにそんな迷妄の渕にずぶずぶと身体を沈めてしまうかも?
メオスティグマート50㎜F1は私をファンタジーの世界に慣れさせる、
調教マシーンなのかも知れません。




b0226423_10141143.jpg
b0226423_10154633.jpg
b0226423_10155308.jpg
b0226423_10160293.jpg
b0226423_10161028.jpg
b0226423_10161778.jpg
b0226423_10162540.jpg
b0226423_10163266.jpg
b0226423_10163713.jpg
b0226423_10164747.jpg
b0226423_10170857.jpg
b0226423_10171528.jpg
b0226423_10172132.jpg
b0226423_10172814.jpg
b0226423_10173421.jpg
b0226423_10174016.jpg
b0226423_10174766.jpg
b0226423_10175410.jpg
b0226423_10180079.jpg
b0226423_10180745.jpg
b0226423_10182084.jpg
b0226423_10184846.jpg
b0226423_10191171.jpg
b0226423_10191780.jpg
b0226423_10192468.jpg
b0226423_10193140.jpg
b0226423_10194232.jpg
b0226423_10195021.jpg
b0226423_10200501.jpg
b0226423_10201383.jpg
b0226423_10202139.jpg
b0226423_10204351.jpg
b0226423_10205149.jpg
b0226423_10205907.jpg
b0226423_10210707.jpg
b0226423_10211439.jpg
b0226423_10212334.jpg
b0226423_10213642.jpg
b0226423_10214634.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-09-01 10:26 | Comments(0)