レンズ千夜一夜

2017年 08月 28日 ( 1 )

1865 奈良町(2017年7月21日バルター25㎜F2.3の大人の味わいに)4 穏やかなベール




映画でも、写真でも、現代は種々の画像処理プロセスを駆使して、
リアリティは残しつつも、この世のどこにもないような、
独自の味わいの画像に仕上げる、離れ業を楽しめる時代となりました。
制作者自身があっと驚くようなアートさえも可能となりそうです。
これも一種のメタモルフォーゼ。

でも、実のところ、私はそんな離れ業、アートを楽しみつつも、
内心、いつもどこか居心地が悪いのです。
写真はアートじゃないのになあ?
そして、写真の価値って、一期一会、刹那の出会いじゃないのかな?

さりとて、私もメタモルフォーゼは大好き。
この2つのいわば相反する理念をそこそこに折り合わせたい素人にとって、
ほとんど唯一の方法がクラシックレンズによるキャンディットフォト。
撮ったままの、ほとんど細工を施さない、普通の写真なんだけど、
古代レンズたちの個性が現実に超現実的なフレアーを被せてくれます。

バルター25㎜F2.3って、比較的おとなしいメタモルレンズなんだけど、
そして、レンズにこんなことを言うのは子供っぽすぎるかもしれないけど、
私の画像記憶に穏やかなベールをふんわりと被せてくれます。
この魔法があればこそ、フォトジェニックなシーンなんか一枚もない、
いきあたりばったりのロボグラフィに心からうっとりできるのです。



b0226423_23215985.jpg
b0226423_23220511.jpg
b0226423_23221214.jpg
b0226423_23222842.jpg
b0226423_23223455.jpg
b0226423_23224196.jpg
b0226423_23224804.jpg
b0226423_23232059.jpg
b0226423_23232604.jpg
b0226423_23233265.jpg
b0226423_23233726.jpg
b0226423_23241414.jpg
b0226423_23242204.jpg
b0226423_23243150.jpg
b0226423_23243848.jpg
b0226423_23244766.jpg
b0226423_23243848.jpg
b0226423_23252570.jpg
b0226423_23293181.jpg



b0226423_23304571.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-28 22:50 | Baltar25/2.3 | Comments(2)